ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰原(アガサ)「あっ///イくっ、博士えええぇぇ!!」シコシコ


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:51:36 ID:KRH/a0HL0

灰原(アガサ)「博士のおっきくて・・・気持ちいいいいい、いっちゃうううう///」シコシコ

コナン「おーい、博士」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:52:09 ID:rhszoVsF0

ちょっとよく分からない


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:54:58 ID:KRH/a0HL0

灰原(アガサ)「あああああああんん・・・・・・」

アガサ「あああああああんんんんん」シコシコ

ドピュルルル・・・

アガサ「ふぅ…、変声機オナニーはやめられんのぅ、いく時の快感が段違いじゃ」

コナン「おい博士。また変声機オナニーしてるのかよ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 22:58:31 ID:KRH/a0HL0

アガサ「おお、新一。来とったのか、何じゃね」フキフキ

コナン「ホント懲りねぇな・・・、麻酔銃の補充たのむ」

アガサ「そんなこと言って。君もいったい何に麻酔銃を使っとるのかね?」

コナン「決まってんだろ、蘭に打ち込んでそのあと俺の麻酔銃を打ち込んでんだよ」

アガサ「君もワシに負け劣らない変態じゃなww」

コナン「そんなことより、変声器オナニーなんかで抜けるのか? 自分で話しながら抜くなんて面倒臭くねぇか?」

アガサ「確かにそうじゃが、普通にやるよりはまだましじゃ・・・、そうじゃ!!いいことを思いついた。」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:00:49 ID:KRH/a0HL0

灰原(コナン)「あっん、博士…博士ぇぇぇ」

アガサ「気持ち良いじゃろ、哀君。もっと大胆になっていいんじゃぞ」

灰原(コナン)「あっ///博士、気持ちいいっっっ。もうイくっ・・いっちゃうぅぅ。中に出してぇぇぇぇぇぇ。あああああああんん」

アガサ「ぅぉおおおおおおおおおおお」

ドピュゥルル


コナン「……こんなんでいいか博士?」

アガサ「ああバッチリじゃ!名付けてロールプレイングオナニー!名演技だったぞ。ありがとな新一!!」フキフキ

コナン「これで少しはまともなオナニーが出来るな博士!!じゃあな」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:03:00 ID:KRH/a0HL0

後日

コナン「よぉ、博士今日も麻酔銃の補充頼む」

アガサ「その前にロールプレイングオナニー手伝ってくれ」

コナン「またかよ、博士。そもそも自分で灰原の声録音すれば、一人でできるだろ」

アガサ「録音だと臨場感がないんじゃよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:05:23 ID:KRH/a0HL0

灰原(コナン)「博士…、気持ちいい///もっと奥まで入れて」

アガサ「哀君そんなに欲しがるんでない、言われなくても入れてあげるぞ。全く哀君は変態じゃのう」

灰原(コナン)「博士…もういってもいい?」

ガチャ

REAL灰原「ただいま博士。あれ?女の人の声がするけど何?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:06:35 ID:KRH/a0HL0

アガサ「やばい哀君が帰ってきた!!!」

コナン(灰原)「やべぇ、早くチンコ隠せ博士!!!」

アガサ「おい!!新一変声機を外せ!!」

コナン「やべぇ(汗)」

灰原「あれ私の声がするわね」

アガサ「もう間に合わん、新一、哀君に麻酔銃じゃ!!!」

コナン(灰原)「OK博士!!!」

プシュ


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:07:52 ID:KRH/a0HL0

灰原「あれ?工藤くn・・・」

アガサ「ふぅ・・・間一髪じゃ。助かったぞ新一」

コナン「カギ位閉めとけよ博士」

アガサ「それより、哀君どうする」

コナン「ベッドにでも寝かせとけばいいだろ。なんか聞かれたら貧血で倒れたとでも言っておけば大丈夫だろ。ベッドに運んどいてくれ博士」

アガサ「おお名案じゃな、新一。よいしょっと」

アガサ「しかし、哀君はかわいいのう・・・」

アガサ「おおおおおおおおおおおおおおお」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:09:37 ID:KRH/a0HL0

コナン「どうした博士?」

アガサ「新しいオナニー方法を思いついたぞ!!!」

アガサ「その名も麻酔銃+変声機オナニーじゃww」

コナン「なんだそれ?」

アガサ「麻酔銃で寝かせた哀君を直接レイプ。声は変声機で新一が担当する。名案じゃろww」

コナン「さすが博士!!生の体温と生の声を同時に楽しめるって手法か!!」

アガサ「さっそく始めるぞ!!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:13:16 ID:KRH/a0HL0

灰原(コナン)「博士に顔見られながらイくの恥ずかしい。バックにして///」

アガサ「全く。裸になるとワガママじゃのう、哀君は。ほれ体を動かすぞ」

灰原(コナン)「ああん…博士、好きよっ///どこにも行かないでぇぇぇぇ」

アガサ「わかっておる。これ以上君にさみしい思いはさせん・・・」パンパン

灰原(コナン)「ああああああんん」

アガサ「うおおおおおおおお」

ドピュルル…


コナン「こんなんで良いか?」

アガサ「ふぅ、やっぱり本物は違うのう」

コナン「これなら蘭にもできるな!!帰ったら光彦にも協力してもらって蘭にもやってみる。じゃあな!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:15:28 ID:KRH/a0HL0

後日

コナン「よぉ博士最近灰原が学校来てないんだが、何か知らないか?」

アガサ「ああ、哀君ならワシが殺したからもう生きとらんよ」

コナン「おい博士!!なんてことを!!」

アガサ「ほら見ろ!!その名も哀君ダッチワイフオナニーじゃww」

コナン「なんだそれ?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:18:52 ID:KRH/a0HL0

アガサ「その名の通り、哀君のダッチワイフじゃ。じゃが死んどるから、やや温かみに欠ける。そこで、死んだ哀君の中身はくり抜いて脳を生きている状態にし、受精から30秒で出産する特製のメカを入れておいたぞww」

コナン「おお、クオリティ高いな!!俺にも使わせろよ」

アガサ「君は蘭君がいるじゃろ」

コナン「そうだ蘭も殺してダッチワイフにしてくれよ!!」

アガサ「ああ了解じゃ。これで新一も一段上級のオナニーライフがエンジョイできるなww」

コナン「ああ童貞同士協力しようぜwwまたな」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:21:31 ID:KRH/a0HL0

後日

コナン「おい博士、蘭のダッチワイフ出来たか?」

アガサ「新一見とくれ。じゃあああん」ヌギヌギ

コナン「なんだよ博士の真性包茎チンコじゃねーか」

アガサ「よく見ろチンコの後ろじゃ」ビロッ

コナン「なに、博士にマンコがついてるだと…」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:26:14 ID:KRH/a0HL0

アガサ「羨ましいじゃろww実はこれ哀君のマンコを移植したのじゃ」

コナン「さすがだな博士」

アガサ「こうすればもう哀君とセックスをしなくても、快感になれるのじゃww」

コナン「まさか、勃起したチンコをそのまま後ろのマンコに入れるだけでいいのか?!」

アガサ「その通りじゃ、新一」

コナン「マンコは男のロマンだからな!」

アガサ「羨ましいじゃろ。哀君のマンコかわいいのう、哀君のマンコかわいいのう」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:30:29 ID:KRH/a0HL0

アガサ「じゃがワシは重大な失敗をしてしまった。勃起したら後ろにチンコがいかないのと。そもそもワシのチンコが短いのじゃ。届きもせんわい…」

コナン「博士にしては珍しいミスだな…」

アガサ「まぁ、愛おしい哀君のマンコを触ってるだけで十分気持ちいいんじゃがな。よかったら新一に挿入させてやるぞ!」

コナン「ああ、入れさせてくれ博士!そうだ良い事思いついたぜ!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:38:01 ID:KRH/a0HL0

蘭(アガサ)「新一、痛いもっと優しくやって///」

コナン「蘭すぐにいかせてやるよ、だから我慢しろ」

蘭(アガサ)「新一ぃぃぃぃっぃ」

コナン「らああああああぁぁぁぁあぁぁん」

ドピュルルル…

蘭(アガサ)「ふうううう、マンコは哀君じゃが、蘭君の変装で挿入も悪くないのう」

コナン「ああ、やっぱりマンコが一番だな。博士の変装もイケてたし、演技もサイコーだったぞ!!」フキフキ

コナン「また、よろしくな、じゃあな!!」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:41:55 ID:KRH/a0HL0

後日

コナン「後でよくよく考えたら、博士で童貞喪失しちまった…、なんかいい手はないか…」

ガチャ

コナン「おーい、博士。マンコの調子はどうだ…ってなんて格好してんだ!!」

灰原コスプレアガサ「おお新一!!これは哀君のコスプレじゃ、わしのスカートとランドセル姿似合うじゃろwwもちろん哀君のマンコもついておる」

コナン「見ればそんなことわかるけどよ、声まで灰原じゃねぇか…どうしたんだよ?」

灰原コスプレアガサ「その名も哀君コスプレオナニーじゃwwのどに変声機を植えておる。哀君になりきって自分でオナニーすれば、もうセックスする必要なんてない。哀君の快感を生で感じられるのじゃww」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:50:15 ID:KRH/a0HL0

灰原コスプレアガサ「以前のようなダッチワイフオナニーだと、快感になる事は出来るが、二人の快感は別のもの。セックスで愛を共有しているように思えるが、実は二人は別々の快感を共有している」

灰原コスプレアガサ「そこでわしは1つの快感を共有することでより深い愛を極めようと考えた。その結果がこれじゃww」

コナン「なるほどww手間が省けるなww」

灰原コスプレアガサ「チンコはもう切除してしまった。ワシは今日から完全な女の子じゃww」

コナン「なかなか、かわいいぜ博士!!」

灰原コスプレアガサ「これからワシは女子力を極めてやるつもりじゃww」

コナン「ああ、かわいい女になれよ!!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/11 23:56:21 ID:KRH/a0HL0

灰原コスプレアガサ「もう、チンコいらずじゃwwチンコをしこる時代は終わったのじゃwwこれからは全身コスプレ+生殖器転換の時代じゃww」

コナン「さすが博士、その発想の転換の豊かさが、数々の発明を生み出したんだな」

灰原コスプレアガサ「今日もワシに挿入するか?新一?」

コナン「今日はいいよ…」

灰原コスプレアガサ「それなら、新一も蘭君のコスプレためすか?」

コナン「いや、俺はダッチワイフオナニーでいいよ…だから蘭のダッチワイフ早く作ってくれ」

灰原コスプレアガサ「おお、自分の開発に夢中で忘れとったわい。今度までには作っておくぞww」

コナン「頼んだぞ。じゃあな博士!!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:02:57 ID:sk+LCvKO0

後日

コナン「博士ダッチワイフは?」

アガサ「おお新一!!」

コナン「げっ、博士なんでズボンのチンコの部分だけ切ってチンコ露出させてんだよ」

アガサ「チンコなんて人聞きが悪い、なぁ哀君」ナデナデ

灰原(チンコ)「工藤君久しぶりね」ブラブラ

コナン「何!チンコがしゃべった…」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:03:18 ID:yn+k8R+30

謎のスピード感


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:03:38 ID:9/JAGpSa0

1レス先も全く予想出来ない


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:08:44 ID:sk+LCvKO0

アガサ「だからチンコじゃない。これは哀君じゃ」

灰原(チンコ)「ええ。私博士のチンコになったの。そういう事だからよろしく」ブラブラ

コナン「どういうことだよ、博士」

アガサ「哀君コスプレオナニーでも十分じゃったが、哀君がいなくて寂しいし、あとマンコはワシにどうも似合わんでのう…」ブラブラ

灰原(チンコ)「そこで私が博士のチンコになったのよ」ブラブラ

コナン「なるほど」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:13:50 ID:sk+LCvKO0

博士「そうすることでオナニーをすれば今度は哀君も快感を共有できる。そういう事じゃ」

博士「しかもいつも一緒にも居れて一石二鳥じゃww」

灰原(チンコ)「博士がオナニーすると全身に快感が広がって最高よ」ブラブラ

博士「哀君が苦しいと思って、いつも露出させてあげてるのじゃww」ナデナデ

灰原(チンコ)「ええ、しかも博士は童貞だからチンコがまだ汚れてないし、包茎だから暖かくて案外居心地がいいわ」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:19:45 ID:sk+LCvKO0

コナン「それより、灰原死んだんじゃなかったのかよ?」

アガサ「わしが黒の組織のボスってこと忘れとるな。組織の薬で生き返らせたのじゃ」

灰原(チンコ)「博士には感謝してるわ」ブラブラ

アガサ「新一ならもちろん蘭君をチンコにするじゃろ?まだダッチワイフにしないで脳死状態で地下に放置しておる」

コナン「いや、俺は良いよ、ダッチワイフで。だから早く作ってくれ!!」

アガサ「わかったぞ、新一。だが他に色々やることがあるからもうしばらく待ってくれ」

コナン「わかったぜ博士!!じゃあな!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:30:06 ID:sk+LCvKO0

後日

コナン「博士調子はどうだ?」

アガサ「おお新一悪いがまだじゃ、今日ワシは出産するからのう」

コナン「なんだって?」

アガサ「哀君がワシのチンコになってから早くも3日。哀君はもう思春期になり、初潮を迎えた」

アガサ「ここ1日くらいワシのチンコ(哀君)から血が出てくるのじゃ」

灰原(チンコ)「ええ、体から血が出てきて最悪だわ」ブラブラ

アガサ「これが初潮の印でな。この状態で射精をするとどうなると思う?新一」

コナン「まさか…妊娠か!!」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:39:39 ID:sk+LCvKO0

アガサ「そうじゃ。しかし妊娠似た場合どのように卵子が成長し、どこから子供を産むのか疑問じゃろ」

コナン「確かに。博士には卵巣がないし、マンコもないから子供が出れねえな」

灰原(チンコ)「そこで今日試してみようってわけ」ブラブラ

アガサ「それではオナニーするぞ…」

シコシコシコ・・・

アガサ「うおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ、射精するぅぅぅぅぅぅぅ」

灰原(チンコ)「いやあああああああ痛いいいいいいぃぃぃぃぃ、体がはち切れるうううううぅぅぅぅぅ」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:42:11 ID:sk+LCvKO0

アガサ「頑張るのじゃああああ、あと少しじゃ」

アガサ「うおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

灰原(チンコ)「いやああああああああああああああああああ」


スポン・・・

博士「ふうう…」

灰原(チンコ)「ふうううう…」

コナン「何!!!博士のチンコからタマゴが産まれただと…」

博士「ふう、タマゴも哀君も頑張ったのう、偉い偉い」

灰原「どういう事かわかった工藤君?」

コナン「なぜタマゴなんだ?」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:50:46 ID:sk+LCvKO0

博士「簡単なことじゃ。今のワシの体で出産すると痛みに耐えきれん上に、子供はチンコから出る事が出来んわい」

博士「そこで、着床したらその場で体外に出すようにすれば、チンコも比較的いたくないし、子供もチンコから出てこれるじゃろ」

コナン「なるほど、卵子のまま出てきたら危険だから、タマゴなんだな!!さすが博士だぜ!!」

博士「まだタマゴは温かい。かわいい子が生まれてくると良いのう」

コナン「生まれたら、教えてくれよ!!じゃあな!」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 00:57:34 ID:sk+LCvKO0

後日

コナン「どうだ?子供は生まれたか?って博士なんでチンコが2本ついてんだよ…まさか…」

歩美(チンコ)「おはようコナン君。あたしも博士と結婚したの///」ブラブラ

アガサ「そうじゃ歩美君もワシのチンコになったのじゃ。」

歩美(チンコ)「これからもよろしく」ブラブラ

灰原(チンコ)「若干窮屈だけど、にぎやかで楽しいわね」ブラブラ

コナン「でも博士この状態で射精したらどうなるんだ?」

アガサ「もちろん両方タマゴを産むぞ!!今の状態は一夫多妻制チンコなのじゃww」

コナン「なるほど!!少子化対策になるな!!」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:06:36 ID:sk+LCvKO0

アガサ「さすが新一。目の付け所がいいのう。そもそも女をチンコにして体内に取り組むのは少子化対策のためなのじゃ。つい先日政府から少子化対策として何か策がないかと科学者のワシに要請が来たのじゃ」

コナン「流石だな博士。一連のはただの遊びではなく、研究だったのか」

アガサ「そういう事じゃ」

歩美(チンコ)「私も卵産めるように頑張る!!」ブラブラ

コナン「歩美ならきっとかわいい子供を産みそうだな」

アガサ「歩美君が出産したらまた来てくれ、かわいい子供を見せてやるぞ」

コナン「ああ楽しみにしているぜ!!じゃあな!」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:10:53 ID:sk+LCvKO0

後日

コナン「博士!!タマゴはどうだ?」

光彦「やあコナン君!!」

コナン「おお光彦!!…ってチンコ丸出しじゃねぇか…まさか…」

光彦「その通り。僕も子供を産むんです」

小林先生(チンコ)「コナン君、こんにちは!」

コナン「なに!!!相手は先生か!!」

光彦「そうです。僕には相手がいないので先生に頼んだんですよ!!」

小林先生(チンコ)「そうなのよ。どうしてもって言われたし、私も少子化に貢献したいから、光彦君のチンコになったのよ」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:16:12 ID:sk+LCvKO0

コナン「それにしても、光彦チンコちいせえなぁ?大丈夫か?」

灰原(チンコ)「本人目の前にして言うのはあれだけど、円谷君のチンコは窮屈そうでいやね」

歩美(チンコ)「しかも臭そう」

光彦「僕のも博士のとそんなに変わらないですよ」

博士「何いっとる。ワシのは太さが違うわい」

小林先生(チンコ)「大丈夫よ光彦君。窮屈なのがかえって落ち着くわ」

光彦「ありがとうございます。そろそろ出産しましょうか、先生」

小林先生(チンコ)「そうね」

シコシコシコ・・・

光彦「ウうううう、いくうううううぃぃぃ」

小林先生(チンコ)「あああああああんああああん」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:21:01 ID:sk+LCvKO0

光彦「うっっ…いたああああああああああああ」

小林先生(チンコ)「や、やめてええええええええ死んじゃうわあああああああああぁぁぁ」

光彦「うわああああああああああああああああああああああああああああああ」

小林先生(チンコ)「いやあああああああああああああああああああああああああ」

コナン「おい光彦大丈夫か!!!」


バタッ


光彦「………」

小林先生(チンコ)「………」

コナン「光彦おおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:24:31 ID:sk+LCvKO0

灰原(チンコ)「だめだわ…先生も円谷君も、もう死んでる…」ブラブラブラ

歩美(チンコ)「光彦君…死んじゃあいやあああああああああ」ブラブラブラ

コナン「駄目だ、もう手遅れだ」

アガサ「円谷君はまだ子供じゃし、尿道が小さくて、体に大きな負担だったんじゃろ…」

コナン「博士、おめぇはそもそも間違ってたんだよ」

アガサ「なんじゃと…」

コナン「確かにチンコ灰原&歩美と一体化すれば、快感を共有でき、深い愛になるように思える、そして少子化対策に繋がる」

コナン「だがそれでいいのか?どんなに体を繋げても相手とは快楽を共有できないからこそ、相手への思いやりが深くなり、性へ対して優しさが生まれる」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:26:52 ID:sk+LCvKO0

アガサ「…新一」

コナン「そして、性への優しさが生まれるからこそ、生まれてきた子供を大切にできるんじゃないのか…」

歩美(チンコ)「コナン君…」ブラブラ

コナン「簡単に子供を産めるようになれば、かえって子供を大切にしなくなり、少子化対策になんかならねぇぞ」

コナン「相手と簡単に快楽を共にできたら、今はいいがすぐに飽きてしまう。そんなんじゃせっかくチンコになった灰原や歩美それにタマゴに失礼だろ」

灰原(チンコ)「江戸川君…」ブラブラ


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:32:48 ID:sk+LCvKO0

アガサ「そうじゃった…、わしは大きな勘違いをしていたようだ…、ごめんよ哀君、歩美君。それに新一」

灰原(チンコ)「良いのよ博士。これから一緒に生きていきましょ」ブラブラ

歩美(チンコ)「元気出して博士!!」ブラブラ

コナン「まぁ、童貞にはよくある間違いだww」


(コナン)
博士は魂を吐き出すように貪り泣いた。博士は自分のやってきた事を反省し黒の組織を解体した。

それにより俺は組織から解毒剤を手に入れ、体を元に戻すことに成功した。

灰原にも解毒剤を試したが、博士のチンコだったため、元には戻らず、博士のチンコが大きくなり、皮が剥けただけだった。

俺は体が元に戻り、博士と灰原と歩美は巨根ズル剥けデビュー。

俺らは新しい道を歩んでいく。


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:38:23 ID:sk+LCvKO0

ダッチワイフになり損ね、なおかつ死に損ねた蘭や、短小チンコという不甲斐なさにより死んだ光彦や小林先生は、博士の家の地下で眠っている。

組織の力で生き返らせることも出来たが、多くの死者を出すことで発展した巨悪な黒の組織の力に頼るのは俺一人で十分だ。


せっかく元の体に戻れたのに会えなくてゴメンな、蘭。

これから俺は新しい人生を歩んでいく。

今までありがとう、さようなら蘭。




193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:39:12 ID:Ek+iuimf0



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12 01:54:22 ID:gOuPoESX0

追い付いたら終わってたでござる


198: 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:15) 2013/05/12 02:10:09 ID:hnHfN0zC0

また来た……


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368280296/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。