ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥「パレード」



1 ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 02:03:16.82 ID:PfAvQTWAO
ガチャ

P「お疲れさまですっと」

小鳥「お疲れさまです」

P「音無さん?まだ居たんですね?」

小鳥「なんですかー?私が居たらまずかったですか?」

P「あ、いや!そんなこと…」

小鳥「今日はプロデューサーさんの記念日ですからね」

P「記念日…そうですね」

小鳥「今日からは名実共に一流プロデューサーですよ!おめでとうございます」

P「ありがとうございます」

SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1361984596
2 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 02:08:55.82 ID:PfAvQTWAO
小鳥「良く頑張りました!二人きりですけど…祝杯あげましょ?」ガサッ

P「ありがたいっすね!是非とも」

小鳥「プロデューサーさんビールで良いですよね?」

P「焼酎に日本酒…ワインまで!?どんだけ飲む気ですか!」

小鳥「良いじゃないですか!せっかくの記念日ですよ!記念日っ!」

P「ははっ…そうっすね!二人きりでジャンジャンやりましょうか」

小鳥「そうですよ!ジャンジャン!はい」

P「いただきます」プシュッ

小鳥「じゃあ、私もビールで」プシュッ

P・小鳥「「乾杯っ!」」
3 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 02:16:07.79 ID:PfAvQTWAO
ゴクッゴクッ

P「プハァ~!ききますねぇ」

小鳥「なんかおじさん臭いですね…」

P「ほっといてくださいよ!」

小鳥「酒の肴もひととおり揃ってますけど…まずは!やっぱり最後のSランクアイドル萩原雪歩ちゃんのプロデュースを終えての感想を肴にしましょうよ」

P「感想ですか?…そうだなぁ」

小鳥「順当にアイドルのみんなをトップに押し上げて来たじゃないですか?でも、客観的に見たら雪歩ちゃんの時のプロデューサーさんは神掛かってたと言うか…」

P「そうですか?まぁ、気合いは入りました」
4 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 02:23:42.90 ID:PfAvQTWAO
P「雪歩はテンションの維持が大変でしたから…スイッチの入れ方がちょっと違ったかな?」

小鳥「ほうほう」

P「もちろん、ほかの奴らの時に手を抜いてた訳ではなくてベクトルの持って行き方が違ったんですね」

小鳥「美希ちゃんの時もちょっと違う感じがしましたけど」

P「そうですね!俺自身のポテンシャルは美希の時と近かったかも」

小鳥「美希ちゃんの時は苦労してましたもんね?」

P「そうですね…なまじ美希のポテンシャルが高いだけに如何様にも出来たから…」

小鳥「それでも良く導いたと思いますよ?」
5 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 02:32:46.02 ID:PfAvQTWAO
P「美希が一番輝く形を模索した結果、やっぱり千早とは違う形の…アイドルとは一線をかくす歌姫と言う最終型にもっていけたんですね」

小鳥「雪歩ちゃんの場合は?」

P「雪歩の場合、一貫した目標を持たせた方が良い!雪歩が身1つでホームグラウンドに変えれるほど自信が持てる何かを作ってあげた方が良い!と思って」

小鳥「雪歩ちゃんのアイドルの形は完成形ですよね!」

P「雪歩は言わば松田〇子の様な高みのアイドルって感じかな?」

小鳥「春香ちゃんの時もあくまでもアイドルの形にこだわってましたよね?」
6 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 02:42:41.95 ID:PfAvQTWAO
P「その前にもう一本」

小鳥「ピッチ早いですねぇ?良いですよ!ジャンジャンいきましょう」

P「アハハ…酔えない感じがして」

小鳥「……それで、春香ちゃんの場合は?」

P「アイツは最初から『アイドルになりたいんです!』って来たじゃないですか?」

小鳥「そうですね!今もハッキリ覚えてますよ」

P「その時に、ふと俺の理想のアイドル像みたいなものが出来上がって」

小鳥「理想の?雪歩ちゃんの感じとは違うんですか?」

P「ちょっと違うかな?雪歩は『憧れ』って感じ」
7 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 02:57:22.18 ID:PfAvQTWAO
P「ほら、昔のアイドル像で言うと雪歩はトイレに行かないオナラもしない…」

小鳥「なるほど!確かに私の子供の頃のアイドルはそんな感じです」

P「逆に春香はもっと近くて親しみやすいアイドル…言うなれば近代的なアイドル像かな」

P「まぁ、あくまでも俺の好みと言うか」

小鳥「アイドルと言う1つの形でも方向性で大分変わりますね」

P春香はたんぽぽ、雪歩は白百合ってイメージしてましたからそのイメージがそのままアイドル像につながりましたね」

小鳥「たんぽぽの花言葉は明朗な歌声、白百合の花言葉は純潔でしたっけ?確かに二人にピッタリです」
8 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/02/28(木) 03:06:41.70 ID:PfAvQTWAO
小鳥「プロデューサーさんは凄いですねぇ…」

P「アイツらの真っ直ぐな目を見てると『やんなきゃ!』って思ったから頑張っただけですよ」

小鳥「……無理もいっぱいしたでしょ?」

P「無理なんてしてないですよ」

小鳥「だって…前より大分痩せましたよね?」

P「そんなはずはないですよ?変わるわけないですもん」

小鳥「……そうですか」

P「ワイン開けません?これくらいじゃ全然酔えないです!」

小鳥「そ、そうですね!」
9 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:04:00.37 ID:EQ/AHuDAO
P「ん!このワイン飲み易いですね」

小鳥「そうですか?ちょっと辛口な気が…」

P「そうかなぁ?酒の味もわかんなくなったんですかねアハハ」

小鳥「……プロデューサーさん、楽しかったですか?辛いこととか苦しいこととかばっかりじゃありませんでした?」

P「楽しい事ばっかりでしたよ?確かにちょっとしんどい時もありました…だけど、今になって思えばそれすらも楽しかった」

小鳥「本当ですか?」

P「本当ですよ!フェス終わりで行った社員旅行なんかとくに楽しかったなぁ」
10 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:10:36.03 ID:EQ/AHuDAO
小鳥「真ちゃんと響ちゃんのSランクアップ記念も兼ねて行った旅行ですね?」

P「そうそう!あずささんが予想通りに迷子になって奇跡的に旅行地の沖縄についてたり」

小鳥「亜美ちゃんと真美ちゃんがイタズラしてシーサー壊しちゃったり」

P「あれには血の気が引けましたね…」

小鳥「響ちゃんのご実家にもお邪魔しましたね」

P「大所帯なのに良くしていただいて…もう一回くらいお礼の品物送れば良かったなぁ」

小鳥「海にも行きましたね」

P「千早が妙に拒んでましたけどね?…なんでなんだろ」

小鳥「ノーコメントで」
11 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:15:54.65 ID:EQ/AHuDAO
P「楽しかったなぁ…あと一回くらい社員旅行に行ければ良かったんだけど…」

小鳥「……いきましょうよ」

P「さすがにもう無理かな?こんなにいっぱい楽しい思いをしたんだから贅沢は言えないしね…」

小鳥「……いやですよ?私は、またみんなで行きたいです」

P「アハハ…律子が目を回しちゃいますよ?アイツ一人じゃ大変ですって」

小鳥「プロデューサーさんも!」

P「そういえば律子のアイドル復帰の時もアイツ大変そうだったなぁ…」

小鳥「……いけず」
12 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:23:19.72 ID:EQ/AHuDAO
P「アハハ……俺のワガママで律子には迷惑かけたな」

小鳥「でも、感謝してましたよ」

P「だったら救われますね…律子にはアイドルとしてちゃんと天辺とってからプロデュース業に専念して欲しかったから…」

小鳥「律子さんもちゃんとケジメつけたいって前に言ってました…だからプロデューサーさんのその情熱は間違いじゃないです」

P「ありがとうございます」

小鳥「……いえ」

P「そこまで言ってもらえたなら間違いじゃなかったんだなって救われます…音無さんにはいつも助けられますね」
13 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:29:51.52 ID:EQ/AHuDAO
小鳥「……私なんて何にもしてあげられてないですよ」

P「いや、音無さんの支えがあったからですよ!俺一人じゃどうにも出来なかった場面がいくつもありましたもん!今回だって…」

小鳥「……言わないでくださいよ」

P「今回は本当にすいませんでした…としか言い様がないですね…迷惑もかけたし」

小鳥「……やめてくださいよ」

P「音無さんだけじゃなくて…社長やみんな、961プロの黒井社長まで…本当、謝罪と感謝しかないですね…贅沢のし過ぎですよね」

小鳥「……それくらい贅沢だなんて言いませんよ」
14 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:38:36.46 ID:EQ/AHuDAO
……… 半年前 ………

小鳥『社長!プロデューサーさんは!?』

社長『音無くん…今、緊急オペをしているところだよ』

小鳥『助かるんですよね!?』

社長『まだ…わからない…頭部に強い衝撃を受けているらしいんだ…運が良ければ回復するが植物状態になる可能性が高いらしい…』

小鳥『そんな…』

社長『事務所の方はどうかな?』

小鳥『律子さんがなんとかみんなをなだめてますけど…彼女も相当ショックを受けてます…』

社長『君もずいぶん顔色が悪い…ロビーで待っていた方が良い』
15 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:47:38.93 ID:EQ/AHuDAO
ウィーン

社長『先生…彼の容態は…』

医者『十中八九、遷延性意識障害…植物状態になるでしょう』

小鳥『そんな!どうにかならないんですか!?』

医者『普通、植物状態を判断するのに半年から1年の治療・経過を見るのですが…彼の場合、生命維持に必要な脳部分以外のほとんどがダメージを受けています…脳死にならなかったのが奇跡的と言って良いくらいです』

小鳥『…そんな…そんなのって…』グスッグスッ

社長『回復する見込みは…』

医者『植物状態であれば見込みはありますが…』

社長『では、その見込みを信じて治療を続けてください!彼はわが社に不可欠な人材なんだ!』

医者『善処はします…』
16 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/01(金) 02:59:55.71 ID:EQ/AHuDAO
社長『音無くん…今日はもう良いから帰りたまえ…秋月くんには私から言っとくから』

小鳥『いやです…私はプロデューサーさんの傍にいます!』ポロポロ

社長『……わかった。じゃあ、私は一回事務所に行って直接秋月くんに説明してくる』

小鳥『……はい』グスッ

社長『音無くん…回復の見込みがまるで無い訳じゃない…気をしっかり持つんだ…』

小鳥『……はい』グスン

社長『私も人の事を言えたたちじゃないな…今すぐにでも彼を轢いた車の運転手を見つけ出して同じ目に合わせたい衝動でどうにかなりそうだよ』
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/01(金) 03:11:14.54 ID:efpg9NtDO
なんか気になる期待
18 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/02(土) 02:32:07.57 ID:kHh/qkyAO
……… 翌日 ………

黒井『マスコミは規制しておいたぞ』

社長『…すまない』

黒井『ふんッ…腑抜けたか?そんな事では765プロも瓦解するだけだな』

社長『…そうかもしれん』

黒井『貴様ッ!なんだそれはッ!!たかがプロデューサー1人くらい…』

社長『彼がいなければ私の事務所は…』

黒井『確かにあの男は優秀だ…この私が一目を置いていたのだからな…だからこそ!貴様はヤツが築いてきた功績を守るために気を張るべきではないのか!?それが社長たる貴様の責任ではないのか!!』

社長『そうだな…アイドル達もずいぶん参っている…彼の代わりにあの娘達を支えねばな…黒井!ありがとう』

黒井『ふんッ…負けたままは性に合わんからな…』
19 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/02(土) 02:37:58.67 ID:kHh/qkyAO
小鳥『プロデューサーさん…みんな来てくれたんですよ?』

小鳥『だけど、今のプロデューサーさんの姿を見たらみんなショックを受けるから…きっと崩れてしまうくらい…』

小鳥『みんなに会いたいですか?仕事に戻りたい?律子さんきっと目を回してますよ…876プロから応援のプロデューサーさんが来てるらしいですけど…』

小鳥『でも、みんなのプロデューサーはプロデューサーさんだけなんですよ?』

小鳥『早く元気になってくださいよ…』

小鳥『……プロデューサーさん、答えてくださいよ』ポロポロ
20 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/02(土) 02:44:40.63 ID:kHh/qkyAO
……… 一週間後 ………

小鳥『プロデューサーさん、今日も美希ちゃん来ましたよ』

小鳥『ハニーが早く元気になるようにっておにぎりもって来たんです』

小鳥『こんなに美味しそうなおにぎり食べれないって可哀想だなー…』

小鳥『そうそう、伊織ちゃんと千早ちゃん貴音さんが午後にくるって…プロデューサーさんは人気者だなぁ…妬けちゃいますね』

小鳥『私ね…気合いを入れ直しました!しっかりプロデューサーさんが帰ってくる場所を守ろうって…だから早く治ってくださいね?』
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/02(土) 02:49:16.90 ID:Rzhp7fpDO
この黒ちゃんはいい黒ちゃんだな
22 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/02(土) 03:02:13.10 ID:kHh/qkyAO
小鳥『それじゃあ…私、事務所に戻りますね?』

ピー…ピー…ピー…

小鳥『プロデューサーさん!?ナ、ナースコール!!』

小鳥『だ、誰か!すぐに来てください!!早く…早く来てッ!!プロデューサーさんが』

小鳥『プロデューサーさん!しっかりしてくださいッ!すぐに、すぐに先生が来ますからね!?だからしっかりして下さい』

社長『音無くん居るかね?』

小鳥『社長…プロデューサーさんが…』

社長『なに!?ナースコールはしたのかね!』
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/03/02(土) 13:04:59.23 ID:vzPp5A7d0
黒ちゃんマジイケメン
24 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/06(水) 00:48:33.14 ID:lU039CdAO
小鳥『社長!プロデューサーさんは大丈夫ですよね?大丈夫ですよね!?』

社長『……治る見込みがあるとは言え、彼を植物状態のままにしておくのは本当に彼にとって幸せなんだろうか』

小鳥『社長!?プロデューサーさんが居なくなっても良いんですか?それでも良いって…』

社長『今まで私達は彼に頼り過ぎた…彼を植物状態のままで置くのは私達のエゴじゃないだろうか…』

小鳥『そんな!プロデューサーさんだってもう一度アイドルのみんなに会いたいはずですよ!!』

社長『彼の親御さんは植物状態には否定的だった…ただ、私達の思いを汲み取って…もう彼の思いに甘えるのは忍びないよ』
25 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/06(水) 01:01:03.95 ID:lU039CdAO
ウィーン

小鳥『先生!プロデューサーさんは…』

医者『……容態が悪化し脳死判定が下されました。一般的に、脳死状態は人の死の定義に当てはまりません…人工呼吸器をつければ一応の生は得られますが』

小鳥『……治らないんですか?』

医者『前例が無い訳ではありませんが、あくまでも奇跡の域をでません…』

小鳥『……そんな』

社長『親族から一応の許可は得ています…あとは我々の判断ですが…彼女はこの通りです…少し時間をいただけますか?』

医者『ええ、ゆっくり考えてください。』
26 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/06(水) 01:10:06.56 ID:lU039CdAO
社長『音無くん、彼を自由にしてあげないか?この状態を…彼の生と位置づけるなんて彼の人生を否定してる事にならないか?』

小鳥『……私は、私は彼に何もしてあげれてないのに』

社長『君の気持ちには気付いているよ…彼を慕っていたのだろう?そんな君に決断しろと言うのは酷だ…だけど、君にはアイドル達の分もちゃんと決めてもらいたい…大人としてちゃんと』

小鳥『……少しプロデューサーさんと一緒にさせてください』

社長『わかった…酷な事を言う様だが以前の彼はもう戻ってこない…別れの挨拶を…するといい』
27 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/06(水) 01:19:48.53 ID:lU039CdAO
ガラッ

小鳥『ちょっと寒いかな…』

小鳥『社長の言う事もわかるんですよ?…わかるんですけど、私には』

小鳥『決めれないですよぅぅぅ』ポロポロ

P『……な………さ……ん』

小鳥『プロデューサーさあああああん』ポロポロ

P『音無…さん…』

小鳥『……え!?プロデューサーさん!』

P『すいません…呼吸器外してもらって良いですか…?』

小鳥『え!?だ、大丈夫なんですか?』

P『時間がないんで…』

小鳥『時間がないって、どういう事ですか!?』

P『しっー!ちょっと携帯貸してもらえませんか?』
28 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/06(水) 01:26:46.25 ID:lU039CdAO
P『はい…はい…にわかには信じがたいとは思いますけど…はい…それで、お願いできますか?はい…ありがとうございます』

小鳥『誰にかけてたんですか?って言うか病院から脱走して大丈夫なんですか!?』

P『黒井社長です。騒ぎにならない様に手をうってもらえないかとお願いしたら了解してくれました』

小鳥『そこまでして何を?時間がないっていったい』

P『プロデューサーの俺がする事は1つですよ?あと、時間がないって言うのは…音無さん、俺の胸に手を当ててください』

小鳥『え?なんです…か…』

P『心臓動いてないでしょ?』
33 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/06(水) 02:07:40.80 ID:lU039CdAO
P『今の俺は脳死状態で人工呼吸器を外したので心臓は止まってます…つまり死んでるんですよ』

小鳥『どういう事ですか!?私にはさっぱり…だってプロデューサーさんは今こうやって…』

P『生きてるようにしか見えない…だけど、心臓は動いてないし呼吸もしてないですよ』

小鳥『そんな事って…』

P『喋れる死体って感じですかね?…まぁ、自分でもビックリですよ』

小鳥『……思考が追い付きません』

P『とりあえず訊いてください。俺はアイドル達に約束した1人残らずトップアイドルにするって約束を果たしたいんです…多分、その強い執念みたいなものがこの超常現象に繋がってるんだと思います』
37 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 01:04:18.20 ID:xSSUqcgAO
P『そして、この超常現象も長く続かないでしょう…』

小鳥『…………』

P『本当の終わりを迎えるまで1年…いや、半年ないくらいですかね…それだけの間で良いから手を貸してもらえませんか?』

小鳥『なんで私なんですか?社長がいるじゃないですか…』

P『社長は俺のもう1人の親父みたいな人ですから…多分、止めるでしょう…だから黒井社長に頼んで遠ざけてもらうようにお願いしました』

小鳥『アイドル達にはどう説明するんですか!?』

P『他言無用でお願いします。にわかには信じないでしょうけど、それでもポテンシャルに多少関わってくるでしょうから』
38 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 01:17:27.34 ID:xSSUqcgAO
小鳥『なんで…なんでそこまでして…私にはわかりません…』

P『なんか、夢半ばで終わるのって気持ち悪いじゃないですか!』

小鳥『……え?』

P『いつかは、祭りの後の様に嫌になるくらい静かな時が来るんですよね…夢半ばでやりきれないまま…誰もいない、何もないそんな風な日々が来るんですよ?中途半端な夢の終わりでそんな日々に耐えられるとは思えないから…』

小鳥『でも、貴方は…』

P『最後の意地ですよ…こんな死体くずれの身勝手に付き合わせる事については本当に申し訳ないと思ってます…だけど、最後のお願い訊いてもらえませんか?』
39 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 01:25:51.31 ID:xSSUqcgAO
小鳥『こうまでなって貴方がプロデュースを続けようとしている事にも理解しきれてない自分がいます…だけど、私がほんの少しでも貴方の役に立てると言うのなら…手伝わせてください』

P『ありがとう!音無さん、本当にありがとう!』

小鳥『……手、冷たいですね』

P『既に死んでますからね…アハハ』

小鳥『どうしてだろ…あんなに泣いてたのに…涙が出ません』

P『混乱してるんですかね?…とにかく、時間がありません!事務所に行きましょう』

小鳥『あ、ハイ(1年…半年…出来る限りこの最後の夢の様な日々を大事にしなきゃ)』
40 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 01:33:45.35 ID:xSSUqcgAO
P「きっちり半年…そろそろ時間ですかね」

小鳥「……分かるんですね」

P「少しずつ…感覚が遠くなる様な…喧騒が静まってく様な…」

小鳥「……なにか、なにかやり残した事はありませんか!?みんなに伝えたい事は?」

P「んー…あ!とりあえず亜美真美にイタズラはほどほどにと」

小鳥「ハイ」

P「あと、やよいに大変な時は遠慮せずに誰かに相談するようにと」

小鳥「ハイ」

P「伊織は、時には素直に…美希はしゃっきりするように…貴音にはラーメン食べ過ぎるなよと」

小鳥「ハイ」
41 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 01:42:06.55 ID:xSSUqcgAO
P「あずささんには…方向音痴は仕方ないのでゆっくり直しましょうと」

小鳥「ハイ」

P「響にはハム蔵を逃がさないようにな?と…真にはお前はちゃんとカワイイから無理はするなよと」

小鳥「……ハイ」

P「雪歩には自信持って!それだけの武器はちゃんと備わってると…千早には好き嫌いせず仕事はちゃんとこなすんだぞ」

P「律子にはみんなをよろしく…ただ、無理はしないように…春香には笑顔を絶やさないよう自分らしくと…これで全部かな…」

小鳥「……ちゃんと、伝えておきますね?」
42 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 01:48:40.36 ID:xSSUqcgAO
P「音無さん…貴方には本当に感謝してもしきれません…」

小鳥「私こそ…最後の最後まで貴方の力になれたか分からないけれど…手助け出来た事を誇りに思います」

P「力になりました…と言うか、貴方が傍にいるだけで力になるんです…今さらこういうのは卑怯ですけど俺は音無さんに惹かれてたんですよね…」

小鳥「……本当、卑怯ですね」

P「すいません…アハハ。だから、無理にでも貴方に手助けして欲しかった…それも、もう終わりです」

『さようなら みなさま』

『ありがとう みなさま』
43 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 02:02:28.66 ID:xSSUqcgAO
 それっきり、呼びかけても返る声はなかった。

 私の隣には、正真正銘の彼の亡骸が、とても穏やかな笑みを浮かべて佇んでいた。

 いつか、彼が言った様な日々が訪れたんだ。彼にも、そして私にも。

 朝陽が、事務所の窓から射し込む。彼が天に昇っていく様な光を追いかけて私は、窓を開けた。

 冷たい風が、私意外に誰もいない事務所吹き込む。

小鳥「プロデューサーさん、さようなら」

 風に舞った言葉は、彼が居る場所に届いただろうか。

 ひっそりと夢を見てた。そんな時も終わり、ただ静かな日々を私は過ごして行くのだろう。

小鳥「いつか、私がプロデューサーさんの所に行ってノックしたらちゃんと応えてくれますか?」


おわり
44 : ◆aHGz2Nt3qM[saga]:2013/03/07(木) 02:05:14.76 ID:xSSUqcgAO
駄文ほんとに失礼しました。鬱話を書きたくて勢いで書き始めたんですけどね…。

ちなみにタイトルのパレードはSyrup16gの曲から借りました。

限界を感じて終わらせましたが、お付き合いくださった方ありがとうございました。
45VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/07(木) 04:22:08.01 ID:qa8QpyEFo
おつ
46VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/07(木) 06:18:08.51 ID:VMfaFTwDO
47VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/03/08(金) 20:49:34.76 ID:YVDqm3Wzo
いい話だった、かけ値なしに乙

http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1361/13619/1361984596.html
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。