ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菫「リレーか……」



1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 18:13:43.85 ID:8DeD9wrK0
 
照「菫」

菫「ん?」

照「明日のHRだけど……」

菫「あぁ、体育祭の事だっけか」

照「」コク

菫「それがどうした?」

照「菫は何に出るの?」

菫「私は……まだ決めてない。そもそも何があるのかすら分かっていないからな……」

照「そう……」

菫「お前は?」

照「まだ決めてない……」

菫「そうか」

照「うん」

照「……」

菫「……どうした?」

照「……運動苦手」



SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1360746823
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 18:53:31.38 ID:8DeD9wrK0
菫「まぁ……得意そうには見えないな」

照「50メートル走は13秒」

菫「ん、んん?そ、そうなのか……確かにそれは苦手かもしれないな」

照「バスケットの授業でボールを触れたことは無い」

菫「う、うん……(心が……痛い)」

照「バレーボールではいつも得点係」

菫「……」

照「野球では……」

菫「」ガシッ、ウルウル

照「どうしたの?」

菫「もう、いい。十分だよ……辛かったんだな」グスッ

照「う……ん?まぁ、あんまり楽しくなかった」

ガチャ 

淡「あっ、テルー!早かったね」

照「うん」

淡「……あれ?スミレ、目が赤くない?」

菫「むっ……気のせいだ」ゴシゴシ

淡「?」

淡「それはそうと、再来週は体育祭だよっ!」ビシッ
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 18:54:55.13 ID:8DeD9wrK0
菫「あ、ああ(おいおい、この流れは……)」

照「……」

淡「あれ?楽しみじゃないの?」

菫「ん……いや、全国大会も近いし……」

淡「ダメだよスミレっ!」

菫照「」ビクッ

淡「これは、白糸台高校生の頂点を目指す……」

淡「少女達のキセキっ!!」キリッ

淡「だよ?」

菫照「……」

淡「白糸台を代表する二人がそんな事じゃ……あーーー!!」

菫「……(なんなんだ、騒がしい)」

淡「分かった!!」

淡「二人とも運動苦手なんでしょっっ!!!」

照「」ギクッ

菫「な……(クソっ……淡め、調子に乗りやがって……私自身運動が苦手な訳では無いが照の事もあるし……口裏を合わせておくか)」

菫「あぁ、そうなんだ。苦手なんだ」

照「は?私は運動得意だけど?」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 18:56:58.89 ID:FjeXJ8dXo
照かわいそうなぐらい運動音痴だな
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 19:27:38.01 ID:8DeD9wrK0
菫「(なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃ?????)」

菫「(おい、照、お前何言って……)」

淡「へえ、テルー運動得意なんだ~」

淡「それにしても……スミレが苦手とはね~」クククッ

菫「ああ、恥ずかしながら……(こいつ、言わせておけば……)」

照「え、菫苦手なの?」

菫「」

照「意外だなー、すごく意外。運動できそーなのになー(棒)」

菫「は、ははは(こいつ……後でロンする)」

菫「あ、淡は何にするんだ?競技……」

淡「う~んとね、全部に誘われてるんだけど、リレーにしようかな~なんちって」

菫「リレーか……他の競技も誘われてるんだろ?もったいなくないか?」

淡「う~ん……リレーが一番得意だからな~」

淡「まっ、スミレはどーせ補欠だから私の応援でもしててよ」

菫「」ムカッ

菫「う~ん、私もリレー出よっかな~」

菫「お前も出るよな?照(潰す……)」

照「えっ?私は別に、ほ、他の競技とかっ、あるし」アセアセ

菫「え~そうなのか~?さっき50メートル走3秒とか言ってなかったか~??(棒)」

照「えっ?えっ?わたしはそんn

淡「えーーーー!!!テルーすごいねっ!!それじゃリレーやらないと損だよっ!!」

照「ちょっ、淡……」

淡「決まりですねっ!!うわ~楽しみだな~3秒とかすごいな~」キラキラ

菫「」チラッ

照「」ガタガタガタガタガタガタ

菫「照……(終わったな……)」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 21:01:05.87 ID:8DeD9wrK0
帰り道

照「菫……どうしよう」

菫「……知ったことか。お前が蒔いた種だ」

照「でも、このままじゃ……本当にリレーに出ることに……」

菫「大丈夫さ。なんたって運動得意なんだろ?」ニヤニヤ

照「……あの時はごめん。見栄張りたくて……」

菫「まぁ、適当に理由つけて違う競技に出れば良いんじゃないか?」

照「……」

菫「……淡には悪いが」

照「それは……ダメかも……」

菫「だったらどうする!あと二週間、リレーの練習でもするのか!?」

照「……それだ」

菫「」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 21:17:17.74 ID:8DeD9wrK0
次の日 部室

淡「ツッコんでもいいのかな?」

尭深「……ダメだとおもう」ズズズ

ガチャ こんちわー

誠子「うわっ、なんで部長と宮永先輩が体操服なんですか??」

淡尭深「(あ~あ)」

照「……練習」

誠子「へ?」

照「今日から」

誠子「???」

菫「ゴ、ゴホン////、それについては私から話そう。照、先に校庭に行っててくれ」

照「分かった」トテテテ ガチャ

菫「……実は」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 21:53:32.36 ID:8DeD9wrK0

菫が全貌を説明


淡「……そんなことが」

誠子「宮永先輩……運動音痴なんですか……」ガッカリ

尭深「天は二物を与えない……」ズズズ

菫「本当にすまんな。だが、白糸台エースのイメージを悪くするのも酷だと思うんだ。だから、あいつにリレーの練習をさせてやってくれないか?せめて……せめて人並みくらいには走れるように……」

淡「テルー、本当の事言ってくれればよかったのに……」ウルウル

誠子「私はまったく構いません。いつも宮永先輩にはお世話になっていますし」

尭深「賛成」ズズズ

菫「みんな……ありがとう」

淡「それはそうと」

菫「?」

誠子「なんで部長も体操服なんですか?」

菫「こ、これは、照の練習につきあうためにだな……///」ゴニョゴニョ

淡「へぇ~」

誠子「ほ~」

尭深「似合ってる」

菫「……行ってくる///」ダダダ バタン


淡「……全国大会は?」

誠子「……」

尭深「……」





14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 23:20:33.29 ID:8DeD9wrK0
校庭

照「遅いよ菫」

菫「すまん」

照「許す。さぁ、練習しよう」


あれ、宮永さんじゃ無い?   えぇ、うっそ~  キャハ、なんか体操服だよ~

おいおいまじかよ宮永じゃん  あれ?シャープシューターもいね?

写メお願いしてみたら?  菫たんカワユスぐひひ  シャープシューターのポニテなんてなかなか見れないぞぉぉぉ

        ワハハ


菫「……」

照「なんだか目立ってるね……」

菫「まあ、麻雀部が体操服で校庭に居たら注目の的になるだろうな……」

照「シャープシューターなだけに」ボソッ

菫「あ?」ゴゴゴゴ

照「すいません」

菫「……(なんでシャープシューターなんて仇名がついたんだ……?)」

菫「……それで、何を練習したらいいのか分かっているのか?」

照「さあ」

菫「うん、まぁそうだろうな。そうくると思って、練習メニューを用意した」

照「よくやったぞ舎弟」ナデナデ

菫「……次は無いぞ」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/13(水) 23:46:04.63 ID:8DeD9wrK0
菫「それで、これが練習メニューだ」

照「うんうん」ペラペラ

菫「……」

照「……なるほどなるほど」

菫「……」

照「菫?」

菫「ん、ん?どう……だ?」

照「すごくまとまってて良いと思うんだけど、これ弓道の練習法だよ?」

菫「なにっ?!」ペラペラ

菫「……持ってくるやつ間違えた///」

菫「申し訳ない」ペコリ

照「うん、いいけど、今日どうする?」

菫「そうだな……とりあえず校庭の外周走ってみるか」

照「分かった」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 00:04:18.89 ID:ncsCa4mQ0
2分後

照「」ピクピク

菫「おい、照!大丈夫か?まだ二分しか走ってないぞ」

照「私は……もうだめです……菫には一日三回エサをあげてください」ゼェゼェ

菫「私は犬か!」

照「大好物は……シャープシュート……」グフッ

菫「おい、いつまで弄る気だ」

照「私には……最初から無理だったんだ……」

菫「お前が弱気になってどうする。淡の口車に乗せられてここまで来たんだ。威厳を見せろ」

照「うう……」

菫「……帰りにプリンを買ってやってもいいぞ?」

照「うぉぉぉぉぉぉぉぉ」ギュルギュルギュル ズドーン

菫「……呪われたプリンの血族め」ボソッ



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 07:46:16.98 ID:ncsCa4mQ0
帰り道
 
照「」モグモグ

菫「お前、本当にプリン好きだよな」

照「うん。特にこのとろけるような食感がたまらない」

菫「そうか……」

照「うん」モグモグ

菫「……」

菫「(こうして照と帰るのもあと少しか……)」

菫「(全国終わったら、照は世界選抜に選ばれるだろうし……)」

菫「(きっと大学に行ったら離ればなれになるんだろうな……)」ジワッ

照「」モグモグ チラッ

照「菫?」

菫「ん、ん?」

照「目が赤いよ?」

菫「む、そんなこと無いぞ」ゴシゴシ

照「……」ジー

菫「な、なんだ?」

照「怪しい」

菫「なっ、ほ、ほら、お前の家に着いたぞ」アセアセ

照「うん」

菫「ほら、早く帰って体を休めろ。明日もきついぞ」

照「うん……じゃあね」フリフリ

菫「ああ、また明日な」

照「……」ガチャ バタン

照「……」

照「(菫……?)」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 08:00:55.02 ID:ncsCa4mQ0
次の日 学校

おもち「菫ちゃん、大変よぉ~」

菫「なにが……?」

おもち「あなたが出る予定だった学年別対抗リレーだけど、今年から部活動対抗リレーになったの」

菫「」

おもち「昨日、生徒会の集会で急遽決まってね」

菫「そんな……」アワアワ

おもち「菫ちゃんはもちろんチーム虎姫で出るんでしょ?」

菫「う、うん。たぶん……」

おもち「期待してるわ~がんばってね」

菫「あ、ありがとう……」

菫「(なんてこった)」

菫「(淡は良いとしても、他の奴らが……)」

菫「(チームトロ姫になってしまう……)」ズーン




21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 08:41:05.00 ID:ncsCa4mQ0
部室

菫「……」トボトボ

ガチャ      あっ、スミレー遅いよっ

菫「あ、ああ。すまん」

尭深「……」ズズズーン

誠子「……」ワナワナ

照「……」

淡「みんなどうしたのーそんな辛気くさい顔をしてっ!」

菫「淡、お前は……知らないのか?」

淡「知ってるよ!どーせ部活動対抗リレーのことでしょ?」

菫「じゃあ、なんでそんなに……」

淡「え?だって楽しみじゃん!もちろんチーム虎姫で出るよねっ!?」

菫「……いや、そのことなんだが……」

照「もちろん」

菫「は?」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 08:41:39.62 ID:ncsCa4mQ0
照「もちろん、このチーム虎姫で出るよ」

淡「だよねっ!?やったー」キラキラ

菫「おい、照」

照「何?」

菫「おまえ……」

照「……菫はいつも体裁ばかり気にしてる」

菫「っ?!」

照「私は……別にそんな事どうでもいい」

菫「だが、お前はっ……プロの話もあるし……」

照「そんな事、どうでもいいっ!」バンッ

照以外「」ビクッ

照「……たとえ醜態をさらすことになっても、私は構わない」

誠子「で、でも……部長は、宮永先輩の事を思って……」

照「私、別に心配してくれなんて頼んでない」

淡「……」

尭深「……」

照「私は純粋に、みんなとリレーがしたい」

照「……」

菫「……そうか」

淡「スミレ……?」

菫「勝手にしろ」スタスタ バン

淡「……」

照「……」

尭深「……」

誠子「……」

淡「私……追いかけてきます」タタタッ

尭深「」ガシッ

淡「!?」

尭深「」フルフル

照「……私も今日は帰る」

照「お疲れ」スタスタ バタン

三人「……」

誠子「……あちゃー」

淡「……どうしよう」

尭深「……」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 08:56:19.90 ID:ncsCa4mQ0
菫 自宅

菫「(照は……)」

菫「(私の事を疎ましく思っていた……のか?)」

菫「(……確かに私は照ほど麻雀は強くない)」

菫「(もしかしたら、人生を一生懸けても追いつくことなんて不可能かもしれない)」

菫「(だからこそ、白糸台の部長としてしっかりしないといけないと思っていた……)」

菫「(時には白糸台の部長として厳しくしなければいけないと思っていた……)」

菫「(だが、照は……イヤだったのか……?)」

菫「(最低だな……私)」グスッ

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 09:24:55.05 ID:ncsCa4mQ0
次の日 部室

菫「(……)」

菫「(ちゃんと謝ろう)」

ガチャ スタスタ

照「……早いね」ストン

菫「ああ……」

照「……」ゴソゴソ ペラペラ

菫「……」

菫「照」

照「ん?」ペラ

菫「話がある」

照「うん」ペラ

菫「本は閉じてくれ」

照「」パタン

照「何?」

菫「……」

菫「昨日は……すまない」

照「うん」

菫「ついカッとなって……」

照「……」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 09:27:38.12 ID:ncsCa4mQ0
菫「私はずっと……お前のためだと思ってやってきたことがある」

菫「だが……それは間違いだった」

菫「……お前の気持ちも知らずに、ただ勝手な事ばかり……」

菫「本当に……ごめん」

照「……」

照「……」ダキッ

菫「なっ……」

照「菫が優しいのは知ってる」

照「いつも私の心配ばかり」

照「頼りなくてごめん」

照「でも、たまには私の事、信じて?」

菫「……ああ」

菫「……なぁ、照」

照「なに?」

菫「しばらく……このままでいいか?」

照「……」

照「うん」ニコッ
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 09:47:16.22 ID:ncsCa4mQ0
ダーン お楽しみはそこまでよっ!!

菫照「」ビクッ

淡「さぁ、練習しましょう!」

誠子「」キリッ

尭深「」ズズズ

菫「お前ら……」

菫「なんで体操服……」

淡「だぁーかぁーら、練習するからですよっ!どっかの誰かさんがすごく運動音痴って聞いたから、特訓してあげようと思って!」キリッ

尭深「(胸がきつい)」

誠子「(体操着……恥ずかしいなぁ)」

照「ばれてた……」

菫「あ、あぁ……」

淡「スミレがこっそり教えてくれたんですよっ!泣きながら『白糸台のエースに花を持たせてあげたいから練習する』ってね」

照「……」ウルッ

照「菫っ!」ダキッ

菫「お、おい照///」

誠子「よかったよかった」

尭深「仲直りできたみたい」ホッコリ

淡「さあ、校庭にレッツゴーです!!」グー

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 10:06:14.28 ID:ncsCa4mQ0
校庭

菫「渋谷はともかく亦野まで走るのが苦手とは……」

尭深「胸が重いだけ……です」

誠子「私はっ、ずっと釣りしてただけです///」

菫「ふむ……(どうしたものか)」

照「」ゼィゼィゼィ

淡「もう、テルーはすぐにバテちゃうんだからー」

淡「これじゃーアンカーは私かなっ!」

菫「……ああ。それで良いだろう。とりあえず走る順番を決めてみた」スッ

淡「う~ん??」

淡「団体戦と一緒だねっ!」

菫「ああ。その方が団結力も高まると思ったからな。ちょうどいいだろ?」

淡「うん!」

菫「淡には悪いが、アンカーは二倍の距離を走ってもらう事になる。大丈夫か?」

淡「うん。大丈夫っ!まかせてよっ」

菫「……照はとりあえず人並みの距離を走れるようにならないと」

照「う……ん。がんばる」ガクッ

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 10:21:46.40 ID:ncsCa4mQ0
体育祭 当日

チーム虎姫がリレーだってよ   まじでー  やっぱり速いのかな
おい、写真の準備できたか?   菫ちゃんがんばってー

あの美少女軍団がリレーか    おもちを拝むぞぉぉぉぉぉ   
       尭深がお茶を持っていないだと……

本部「さぁ~て体育祭の目玉、リレーがやってきました!!!!!」

本部「今年は我が白糸台の最強美少女麻雀集団、通称『チーム虎姫』が参戦するようです!!!」

本部「今年からは部活動対抗ということで、虎姫たちの本領が発揮されるのでしょうか!?非常に見物ですねぇ」

菫「めちゃくちゃ注目されている……」

「「「「「淡ちゃんがんばってー」」」」」

淡「わ~みんなありがと~がんばるね~」フリフリ

尭深「……」

誠子「すごい人気だ……」

照「……」

菫「おい、照。緊張してるのか?」

照「うん……すごく」

菫「ほら、これで大丈夫だろ?」ダキッ

照「///」

照「恥ずかしいよ……」

菫「ベストは尽くした。精一杯がんばればいいさ」

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 10:57:41.79 ID:ncsCa4mQ0
本部「……さて、第十チーム目、チーム虎姫のオーダーを発表します」

本部「第一走者、大星淡!彼女は白糸台麻雀部では大将をつとめております。今回は先鋒でのエントリーです!!校内で人気の彼女はどんな走りを見せてくれるのでしょうか!!」

虎姫「え?」

菫「な、なんだと……ど、どうなってるんだ?」

淡「ちょ、ちょっと、スミレっ!私はアンカーなんじゃないの!?」

菫「ま、ちょ、え?分からない……なにがどうなってるんだ???」

尭深「本部に確認しに行った方が……」

菫「そ、そうだな。行ってくる」アセアセ



菫「すまない、オーダーが間違っているようなのだが……」

本部「オーダーですか?エントリーシートの通りに放送していますが……?」

菫「なに……?ちょっと見せてくれるか?」

本部「ええ。どうぞ」

菫「……」

菫「……書き間違えた」ガクガク

菫「……」ガクガク

本部「あの……弘世さん?」

菫「す、すまないんだがこれからオーダーを変えるというのは……」

本部「う~ん、ちょっと厳しいですね……すでに待機している係の者もそのように承っているので……これからとなると……」

菫「そ、そうか……すまなかったな……」アオザメ




31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 10:58:40.13 ID:ncsCa4mQ0
淡「あ、スミレー、どうだった??」

菫「……間違えた」ガクブル

淡「え……?」

菫「オーダーを全部逆に書き間違えたんだ……」

淡「なっ……」

菫「本当にすまない」グスッ

誠子「それじゃ、アンカーは……」

照「……私?」

菫「……」コクッ

淡「そんな……」

尭深「よりによって……」

誠子「宮永先輩とは……」

菫「うっ……ごめん。変更は……できないって……」グスッ

淡「……」

誠子「……」

尭深 「……」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/14(木) 11:00:19.20 ID:ncsCa4mQ0
照「大丈夫」

菫「へ?」

照「アンカーでも大丈夫」

菫「だが、お前に背負わせるにはあまりにも荷が……」

照「……信じて。きっと走りきってみせるから」

菫「……」

菫「……」チラッ

誠子「……」コクッ

尭深「……」コクッ

淡「……」コクッ

菫「わかった。信じる。任せたぞ、アンカー」

照「……」コクッ

照「……」スッ

菫「……?」

照「みんなで何かをするときはこうして手を重ねる……ってネットに書いてあった」

淡「……」スッ

照「淡……」

淡「やるからには絶対勝つんですよっ!!」

尭深「……帰ったら宇治茶おごってもらいますよ、部長」スッ

誠子「釣りしかしてないから、タコばっかりですけど……」スッ

菫「……」スッ

菫「全霊をもって挑む」

菫「いくぞっ、チーム虎姫っ!」

一同「おーー」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:45:36.85 ID:nBOObZbS0
淡「(私が二位から離して逃げ切る……)」

「位置について……」

パァン

本部「スタートの火蓋が切って落とされたぁぁ!さて、まず先頭集団には……おおっと!!チーム虎姫大星淡だぁぁ!」

本部「大星がぐんぐん二位との差を広げていくーー!!」

淡かっこいい!!  やべ、大星さんに惚れたかも
すげぇぇ、髪が逆立ってる……

本部「なんということでしょう!!大星が他の追随を許さない速さでこの場を支配しているーーー」

淡「(よし、これなら……)」

本部「さてここでバトンタッチだぁぁぁ、チーム虎姫の第二走者は」

本部「亦野誠子ぉぉぉぉぉ!」

淡「せんぱいっ!」

誠子「まかせとけっ!」パシッ

本部「亦野にバトンが渡ったぁぁ!!亦野は麻雀の他に釣りが得意なようで、リレーとはほど遠い存在であるにも関わらずこの走りはなんだぁぁぁ??!!」

本部「すごい、すごいぞこれは!!大星には劣るもののすごい速さで駆け抜けている。まさにフィッシャータイガーだぁぁぁ!!」

誠子「(練習しておいてよかったよ)」ホッ

本部「さて、そろそろ虎姫は第三走者にバトンが渡されます!!」

誠子「頼んだよっ!!」

尭深「……うん」パシッ
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:46:27.99 ID:nBOObZbS0
本部「今、第三走者にバトンが渡りますっ!!次は、渋谷尭深ぃぃぃぃっ!!」

本部「渋谷は大のお茶好きということで、常にお茶を飲んでいる姿が印象に残っています!!走りのほうはどうなのでしょうか……」

尭深「……(重い)」

本部「おおっと、渋谷が胸を重そうにして走っている。これはとんでもないペースダウンだぁぁ!!」

   渋谷たんカワユス     おもちすげえぇ    
写真をとれぇぇぇぇぇ

本部「なんと、渋谷の走りは男子に大人気!!大幅なペースダウンではありますが取れ高は十分!!まさにハーベストタイムッ」

本部「さて、順位を落とし、男子を落とした渋谷の次の走者は……」

本部「そう、みんなお待ちかね!!!白糸台麻雀部主将、弘世菫ぇぇぇ!!!」

本部「まもなく、バトンタッチです」

尭深「っ……おねがいしまっす」ハァハァ

菫「まかせろっ!」ダッ

本部「さて、弘世がスタートしました!!弘世はシャープシューターの異名を持ち、多数の男子をオトしてきました。しかし生涯、彼女の隣を務めた者はおらず。まさに堅物!!」

菫ちゃーん     シャープシュートしてくれー  菫ガンバ
          菫たんカワユスぐひひ

本部「その走りはまさに戦場を飛び交う矢のようです!!速い速い、渋谷が落とした順位をぐんぐんと上げていきます!!」

菫「(これなら……いけるか?)」

照「……菫」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:47:01.22 ID:nBOObZbS0
本部「さて、勝負も終盤!!どんどんアンカーにバトンが渡されていきます。チーム虎姫も今バトンが渡ります!!」

菫「照っ!!」

照「」コクッ

照「」パシッ

本部「さぁ、虎姫のアンカーは高校生最強雀士、宮永照ぅぅぅ!!!」

本部「老若男女問わず人気を博している彼女の走りは如何に!!!」

淡「テルー!!」

本部「なんと……高校生最強雀士は走りも速かったぁぁぁ!!頂点を目指して走り抜いていきます」

菫「……照」

菫「練習の甲斐があったな……」

本部「さて、アンカーは通常の二倍の距離を走らなくてはいけません!!順々に折り返し地点を通過していくなか、おおっと、宮永が減速っ!!どういうことでしょうかっ!!」

本部「宮永がどんどん後ろから抜かれていくぅぅ!!」

誠子「先輩……やっぱり……」

菫「スタミナだけはどうにもならなかったか……」

菫「照……すまない」ウルッ

淡「……」チラッ

淡「スミレっ、まだまだ終わってないよっ!!」

淡「テルーががんばって走っているんだから、ちゃんと応援しよっ?テルーを信じてっ!」

菫「……」コクッ
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:47:56.71 ID:nBOObZbS0
本部「な、なんということだ……宮永がついにすべてのチームに抜かれてしまったぁぁ」

本部「やはり麻雀部にはこの距離はきつかったかぁぁぁ!?」

照「(まずい……意識が朦朧としてきた。……もう、だめなのかな……)」

照「(バトン……みんなでつないできたバトン……)」

照「(みんなの心が詰まったバトン……手放すなんて……できない)」

本部「なんと痛ましい光景でしょうか!!他のチームはすべてゴールし、未だトラックに残っているのはチーム虎姫!!宮永の表情は非常に苦しそうです!!」

本部「なにがそこまで彼女の足を動かすのかっ!!」

淡「テルー」ウルウル

誠子「どうしてそこまで……」ウルウル

尭深「すごく苦しそう……」ウルウル

菫「……」ウズウズ

菫「照ぅぅぅぅぅぅ!!!がんばれよっ!!お前は白糸台のエースだろっ!!!お前がそんなんじゃ、後輩に示しがつかないぞっ!!」

菫「みんな信じてるんだっ!!お前の足でゴールしてみろよっ!!」ウルウル

本部「おおっと、弘世の声援がトラックに響き渡るっ!!」

淡「スミレ……」

菫「みんな……信じてるんだ」ボソッ

淡「……」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:48:38.82 ID:nBOObZbS0
淡「テルーっ!!ちゃんと帰ってこなかったら、テルーのプリン食べちゃうぞっ!!」ウルウル

誠子「先輩の底力、見せてくださいっつ!!」ウルウル

尭深「お茶、おごりますっ!!!」ウルウル

本部「虎姫の声援が響くぅぅぅ!!おっと……これは」

がんばって     宮永さんガンバ     大丈夫、まだまだこれからっ

がんばるんだじぇ    がんばるんだし    あと少しっ


みんながついてるよっ    宮永さん      照っ    がんばれー
ファイトですっ
頑張れっ 宮永センパイっ!

本部「なんという声援の嵐!!みんなが応援しているっ!みんなが宮永の帰りを待ち望んでいるっ!!虎姫のエースを、宮永照をっ、白糸台が応援していますっ!!」

照「(みんな……みんなが私を……)」ゼェゼェ

照「(菫……みんな……ありがとう……信じてくれて)」ゼェゼェ

照「(大丈夫、私は最後まで走れるよっ!)」ゼェゼェ

照「(待ってて、みんな)」ゼェゼェ


本部「ゴールまであと少し、頑張れ宮永っ!!」

本部「そして、ついにそのときはやってくるっ!!」

本部「宮永、感動のゴォォォォォルッ!!……おっと、宮永が倒れこんだぁぁぁっ!!救護班、急いでくださいぃぃぃっ!!」ダッ

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:49:06.56 ID:nBOObZbS0
菫「照っ、おい、照、大丈夫か?!」ウルウル

照「う……ん……大丈夫」ゼェゼェ

菫「……よくやった」ダキッ

照「菫……」ゼェゼェ

菫「ん?」ウルウル

照「……ありがとう。応援してくれて」

菫「ああ」ポロポロ



39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:49:58.06 ID:nBOObZbS0







夕方 部室

照「はっ」ビクッ

菫「……起きたか」

照「……」

菫「ゴールしてからお前、すぐに気を失って大変だったんだぞ?」

照「……ごめん」

菫「……別にいいさ、良いものを見せてもらったしな」

照「!?」

照「制服……」

照「菫が脱がしたの?」

菫「ああ、悪かったか?汗だくのままじゃかわいそうだと思ってな」クスッ

照「……ありがとう」

菫「……なんだよ、調子狂うな……///」

照「……本当に感謝してる……リレーの時も……」

照「いろんな人に支えられてるんだ、って改めて思った……」

照「一人じゃないんだ、って」

菫「……」

菫「そうだな……じゃあ、先に外に行ってるから」スッ

照「待って!」ガシッ

菫「!?」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:50:28.59 ID:nBOObZbS0
照「……あの、なんて言うか……///」

菫「……なんだ?」

照「高校に入ってから……一人だったんだ……」

照「実家は長野で……妹とも今は別居してて……」

照「……寂しかった」

照「だから……」

菫「……」

照「あの……菫には、ずっと一緒に……居て欲しい///」

菫「あ……ああ、じゃあ、ここで待っててやるよ」

照「違う。そうじゃなくて……」

菫「……?」

照「前……言ってたでしょ?……プロの……事」

菫「……」

照「たぶん、卒業したら、私はプロに入る」

照「……その時に……ずっと隣に居て欲しい……///」

菫「でも……///」

照「ダメかな……?」

菫「な、何をいきなり……」

照「私は本気」

照「うすうす気づいてた。全国とか終わったら、それぞれの道を歩むことになる、って……そしたらみんなとは離ればなれになる……」

照「でも、菫とは、その後もずっと一緒に居たい」

照「ずっと……ずっと……隣に居て欲しい」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/02/15(金) 13:51:02.54 ID:nBOObZbS0
菫「……///」

菫「……お前と共に麻雀の道を行くのは疲れそうだ」

菫「……しょうがないなぁ……お前の気が済むまで付き合ってやるか///」

照「」パァァ

菫「///ほら、早く支度しろ。……プリン、食べに行くんだろ?」

照「うんっ!」ニコッ

カン






http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1360/13607/1360746823.html
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。