ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスカ「バカシンジの元気がない…」ミサト「いつもの事じゃない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:17:26 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ「今回ばかりはいつもと違うわ!」

ミサト「そーおぉ?ただ隅っこで体育座りしてるだけじゃない」

アスカ「それがおかしいっての!」

ミサト「シンジくーん?そんな隅っこでウジウジしてないで、こっち来なさい?」

シンジ「…」

アスカ「ほら!返事すらしないじゃない!!」

シンジ「」ビクっ

アスカ「あん?」

ミサト「ほらぁ…アスカが脅すから…」

アスカ「ケッ…別に脅してなんかないわよ…気分悪い!部屋に戻る!!」

バタン

ミサト「はぁ…アスカもまだまだお子ちゃまね」

シンジ「…」

ミサト「シンジくぅーん?お酌してくれない?」

シンジ「はい」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:22:12 ID:XxQ2cyyJ0

ミサト「あれ?」

シンジ「どうしたんですか?キョトンとして?」

ミサト「いや…普通…だなぁーと思って…」

シンジ「普通ですよ?」

ミサト「何かあった?」

シンジ「え?何も無いですよ?どうしてですか?あ、焼酎で良いですか?」

ミサト「えぇ…それならいいんだけど…ロックでお願い」

シンジ「はい」

バタン

シンジ「!!」ビクっ

アスカ「気分悪い!お風呂入って寝…バカシンジ!?」

シンジ「…」

ミサト「えっ…」

アスカ「ちょっと!私の顔見るなり隅っこで体育座りしないでよ!!感じ悪いわね!!」

ミサト「…アスカ、シンジ君に何かした?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:29:52 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ「ハァ?別に何もしてないわよ!!人聞き悪いわね!!」

ミサト「でも…さっきまで普通だったシンジ君がダッシュで部屋の隅に逃げたわ?」

アスカ「しっつれいな事言わないでよね!ミサト!!」

ミサト「でもシンジ君が…」

アスカ「バカシンジ!!ワケわかんないおふざけは止めなさいよ!!怒るわよ!!?」

シンジ「…」びくびく

ミサト「アスカ!シンジ君怯えてるじゃない!何したの!?中学生の男の子が怯える様な真似を…」

アスカ「しーてーなーいー!!」

シンジ「…」

アスカ「アンタも何か言いなさいよ!!」

シンジ「…」びくっ

ミサト「アスカ!アンタ、その威圧的な態度止めなさい!」

アスカ「ハァ!?二人して鬱陶しいわね!!気分悪っ!!…お風呂、先入るから!!」

バタン

ミサト「なーによあの態度!シンジ君、アスカに何かされたんでしょ?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:35:07 ID:XxQ2cyyJ0

シンジ「別にいつも通りですよ」

ミサト「え…?あれ?普通…ね?」

シンジ「はい、あ…焼酎ロックすぐ作りますね?」

ミサト「ありがとう…」

シンジ「はい、どうぞ」

ミサト「…シンジ君、本当に何もない?アスカと」

シンジ「無いですよ?どうしてですか?」

ミサト「いや…だって露骨に怯えてたし…」

シンジ「何の事ですか?」

ミサト「…アスカが大きな声出したらビクってしてたじゃないの」

シンジ「そうですか?」

ミサト「そうよ…それにアスカが来たらすぐに隅っこで体育座りして」

シンジ「そうでしたっけ?」

ミサト「シンジ君…あなた大丈夫?」

シンジ「大丈夫ですよ…はい、おかわりです…どうぞ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:42:29 ID:XxQ2cyyJ0

ミサト「ありがと」

シンジ「明日休みですよね?」

ミサト「そうねん」

シンジ「後は僕が見ますから、今日は気にせず飲んで下さいね」

ミサト「ホントー?じゃ、お言葉に甘えてぇーそうさせてもらうわー」

シンジ「ミサトさん気を張ってばかりだから、たまには息抜きも必要ですよ」

ミサト「流石シンジ君、わかってるぅ!こんな気の利く男の子を虐めるなんてアスカったら!許さないんだから!!」

ガラッ

シンジ「!!」ビクっ

アスカ「なーんか言ったぁ…?お気楽バカミサト…」

ミサト「ゲッ!アスカ…」

アスカ「失礼しちゃうわ…二人の世界をお楽しみの所申し訳ございませんわね!すぐ部屋に戻るから気にせずに…」

バタン

ミサト「なーによ!怯えるくらいの事をしておいてあの態度!!ねぇ!シンジ君!!」

シンジ「あの、何もされてないですよ?僕…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:46:51 ID:XxQ2cyyJ0

ミサト「…」Zzz

シンジ「寝た…」

ガサゴソ

シンジ「ふぅ…これで心置きなく」

シンジ「あ…その前にミサトさんを部屋に運ばなきゃ」

ミサト「…」Zzz

ズルズル

シンジ「重い…」

ミサト「むにゃ…かじぃ…らめぇー…」

ガラガラ

シンジ「よっと」

ドサッ

シンジ「これで良し!」

バタン

シンジ「これで邪魔者は居ないね…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:53:14 ID:XxQ2cyyJ0

ガサゴソ

シンジ「アスカにだけは見られたらおしまいだか…」

アスカ「何がよ」

シンジ「うぇえっ!!?」

アスカ「何よ…声出せるじゃない」

シンジ「これは…その…」

アスカ「何が私に見られたらおしまいだってーのぉ?」

シンジ「うぅ…なんで…アスカ…いつもなら寝てる時間じゃ…」

アスカ「アンタバカぁ?ドタバタうるっさいから寝れないのよ…」

シンジ「ご…ごめん、何でも無いから部屋に戻って寝ててよ!そうだ…明日もシンクロテスト…」

アスカ「ミサトが休みなのにシンクロテストなんて無いわよ…」

シンジ「あっ…アスカ、どっか出かけるって言ってなかった?」

アスカ「それは来週の話…あやしいわね…」

シンジ「な…何も怪しくないよ…」

アスカ「アンタ、何か隠してるでしょ?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 02:58:47 ID:XxQ2cyyJ0

シンジ「…なにも」

アスカ「嘘ね」

シンジ「何も無いって!」

アスカ「体育座りしながら言われても説得力が無いわね」

シンジ「これは…この方が落ち着くんだよ!」

アスカ「ふぅーん…立て」

シンジ「!!!?」

アスカ「何?立てない理由でもあるの?例えばそこに何か私に見られちゃいけないモノがあるとか…?」

シンジ「そ!そんな事ないよ!!」

アスカ「ふぅーん…へぇー…じゃ、立って?」

シンジ「嫌だよ!今はこの体勢で居たいんだ!!」

アスカ「意味わかんない…立ちなさい」

シンジ「嫌だ…」

アスカ「立て!!」

シンジ「うぅうー…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 03:04:31 ID:XxQ2cyyJ0

回想

トウジ「センセ、帰るでー?」

シンジ「あ、待ってよトウジ!!僕もすぐ…」

シンジ「!?」

シンジ「なんだコレ…」

シンジ(式波…?アスカの体操服か…)

シンジ「アスカの…?」

シンジ「うわぁああああああ!!!!!」

トウジ「どうしたんや、センセ?けったいな声出してからに…」

シンジ(なんで…アスカの体操服が…僕の鞄の中に…)

シンジ(とにかくコレはまずい…トウジやケンスケに知られたら絶対にからかわれる…)

シンジ「な…なんでもないよ…ちょっと虫が居て…」

ケンスケ「エヴァで使徒と戦ってるシンジが虫なんかで驚くなんて…地球の平和が心配だよ」

ケンスケ「初号機のパイロット、僕が代わろうか?なーんて…」

トウジ「アホゥ…お前に任せたら余計心配や…」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 03:12:47 ID:XxQ2cyyJ0

ケンスケ「つれないなぁ…あーあ!僕もエヴァに乗りたかったなぁ…」

シンジ「あはは…代われるなら代わって欲しいよ…」

シンジ(やばい…とっさに鞄に入れて帰ってしまった…)

シンジ(でも…よく考えたら僕とアスカは一緒に暮らしてるんだし、それとなく洗濯機に放り込んでおけば…)

シンジ(そうだ!そうしよう!アスカは普段から洗濯なんてしないし…)

シンジ(でも、どうして僕の鞄に…?)

トウジ「センセ、聞いとんのか?」

ケンスケ「どうせ今晩のメニューでも考えてるんだよ」

シンジ「あ、うん…今日は体操ふ…じゃなくて…海藻サラダと…」

トウジ「女の人二人と暮らすのも大変やな…シンジ…」

ケンスケ「同情するよ…」

シンジ「あはは…ありがとう…はは、は…」

シンジ(何とか切り抜けられた…)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 03:21:00 ID:XxQ2cyyJ0

葛城家

アスカ「バカシンジー!」

シンジ「アスカ!?」

アスカ「ハァ?何よ…呼んだだけで大袈裟ね…ちょっと、国語のテキスト写させて」

シンジ「えっ…アスカならそんなの要らないだろ?頭良いんだし…」

アスカ「漢字ぃ…」

シンジ「漢字?」

アスカ「苦手なの!!いいからつべこべ言わずに貸せ!!」ぐいっ

シンジ(ヤバい…今鞄の中を見られたら…!!)

シンジ「うわぁああああ!!!」

アスカ「!!?」

シンジ「アスカの後ろにでっかい蜘蛛が!!!」

アスカ「いやぁあああああああ!!!!」

シンジ「今だっ!!」バッ

アスカ「何よ…何も居ないじゃない…バカシンジ!騙したわね!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 03:29:20 ID:XxQ2cyyJ0

回想終わり

シンジ(つまり、今僕が狂った様に体育座りをしているのは…)

シンジ(何故か鞄に入っていたアスカの体操服をアスカ本人から隠すためなんだ…)

シンジ(絶対に…負けるもんか…あと少し…アスカさえ追い返せば…僕の勝ちなんだ…)

シンジ(アスカを部屋から出しさえすれば…体操着を洗濯機にツっ込み、僕は何事も無く今日を生きれる…)

シンジ(その為にも…是が非でも…!!)

シンジ(変態のレッテルなんて貼られたら終わりだ…)

アスカ「チッ!なんなのよ…頑に拒むわね…このバカ…」

シンジ「…」

シンジ(どくもんか…どくもんか…どくもんか…)

アスカ「何か隠してんのはバレバレなのよ!!さっさと見せなさい!!」

アスカ(往生際が悪いわね…バカシンジの分際で!!)

アスカ(私の計画がパァじゃない…)

回想

アスカ「これで良し!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 03:35:27 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ(フフフ…)

アスカ(バカシンジは授業が終わるまで鞄の中身は出さない…)

アスカ(次の授業は科学ね…実験室で授業だっけ…?)

ヒカリ「アスカぁ?行こう?」

アスカ「えぇ…」

ヒカリ「でねー?」

アスカ(教室の人間は全員科学室に向かったわね…今だわ…)

ヒカリ「アスカ?聞いてる?」

アスカ「ごめん、ヒカリ…忘れ物しちゃったの…取りに行って来るから先に行ってて」

ヒカリ「もうー…遅れないでよ?」

アスカ「大丈夫よ!」

アスカ(ありがたく思いなさい?バカシンジ…この私の脱ぎたてホヤホヤ汗もしっかり吸った体操着を)

アスカ(アンタの鞄の中にぶち込んでやるんだから!!)

アスカ「…」キョロキョロ

アスカ(誰も居ないわね…)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 03:51:26 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ(ジャイアントストロングエントリー!!)

アスカ「…」

アスカ(こ…この背徳感…たまらないわ…)

アスカ(帰ったら一番にバカシンジに詰め寄ってやるんだから!!)

アスカ(あのバカシンジを変態扱いしつつ、弱みを握って一生こき使ってやるわ)

アスカ(それには私は無関係を装わないと…)

アスカ(テキストを借りようとしたら偶然見つけてしまった…そう言う体で行くわよ!アスカ!!)

回想終わり

アスカ(ところがどっこい…何よコイツ…めちゃめちゃガードが固いじゃないの…)

アスカ(意味不明な体育座りまでして…)

アスカ(待てよ…体育座り?まさか…コイツ!!)

アスカ(気付いているぅ!?)

アスカ(私がコッソリ入れた体操服に気付いているぅ!?)

アスカ(だとしたらそれはマズい…逆に私が変態扱いされて…)

アスカ(むしろ私が遊ばれているぅ…!?でないと体育座りの意味がわからない…)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 03:58:51 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ(まさかッ!!これは警告…?)

アスカ(バカシンジからの警告ッッ!!)

アスカ(私の企みは全て…いや…全てではないとしても…『感づいている』と言う警告ッ…!!)

アスカ(体操着に体する体育座り…間違いない…バカシンジは気付いている…!!いつから?)

アスカ(とにかく…このままでは…負ける…私は変態のレッテルを貼られて…)

アスカ(バカシンジを言いなりにするつもりが…これでは逆に私が…それはマズい…)

シンジ「…」ゴゴゴゴゴゴ…

アスカ「!!」

アスカ(このプレッシャー…バカシンジから放たれる…異様なプレッシャー…)

アスカ(これは間違いなく…『感づいている』ッッ!!)

シンジ「…」ズゴゴゴ…

シンジ(ダメだ…立っちゃダメだ…立っちゃダメだ…立っちゃダメだ…)

シンジ(立ったら負ける…変態扱いされてアスカにこれから一生良い様に…)

アスカ「っ…!!」

シンジ「…」ゴゴゴゴ…


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 04:08:28 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ「わ…」

シンジ「…」ゴゴゴゴゴ…

アスカ「わかった…もういい…眠くなったわ…寝る…」

シンジ「…」

アスカ「フン…アンタはそうやってずっと体育座りしてなさい!!」

アスカ(バカシンジには確証はない…ここは一旦引く…)

アスカ(私が居なくなればバカシンジは直ぐさま洗濯機に…)

アスカ(この私の体操服を放り込む…)

アスカ(そこを抑えるッ!!)

アスカ(フフフ…勝った!!バカシンジ…そうやってうずくまって凌ごうとしたんでしょうけど…)

アスカ(観察してあげる…アンタが洗濯機に!!)

アスカ(この私の体操着を洗濯機に放り込む様を!!)

アスカ(そして…それは現行犯!!直ぐにこの私の体操服を取り上げて…それで私の勝ちよ!!)

アスカ(アンタが私の罠に気付こうとも…アンタが私に勝つ事なんてありえないのよ!!)

アスカ「もういい…寝るわ…おやすみ…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 04:14:20 ID:XxQ2cyyJ0

バタン

アスカ(…)じーっ

シンジ「…」

シンジ「はぁ…強情だなぁ…アスカのヤツ…明日からは普通にしよう…」

アスカ(…)じぃーっ

シンジ「イテテ…さ、これで僕も寝れるよ…良かった…アスカのヤツ、やたらカンが良いからなぁ…」

アスカ(当たり前よ!私が入れたんだもの…バカね…)じぃーっ

シンジ「はぁ…ついでに洗濯機回しておこう」ぽいっ

アスカ(入れた!!)

シンジ「…」ピッ

アスカ「アンタ、何入れたのよ…」ゴゴゴゴ…

シンジ「!!!!!!?」

アスカ「チェックメイトね…バカシンジ」ズキュゥウウン

シンジ「な…何を…」

アスカ「洗濯機、止めるわよ…一番上、見るから」ゴゴゴゴゴ…


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 04:19:27 ID:XxQ2cyyJ0

シンジ「っ…!!」

アスカ(勝った!!これでシンジは私の下僕!!)

アスカ「やっぱり!!何よコレ!!私の体操服じゃない!!!」

アスカ(勝った!!完全勝利!!)

シンジ「…」

アスカ「何か様子がおかしいと思ってたのよねー…信じらんない…変態…」

シンジ「アスカ…」

アスカ「何よ!馴れ馴れしく名前で呼ばないでよね!?この変態!!痴漢!!バカ!!変態!!」

シンジ「アスカが何を言ってるのかわからないよ…」

アスカ「ハァ?アンタバカぁ!?私の体操服を盗んだ変態だって言ってんのよ!!気持ち悪い…」

シンジ「だから、アスカが何を言ってるかわからないよ…」

アスカ「ハァ!?」

シンジ「それは確かに体操着だけど…」

アスカ「そうじゃない!!」

シンジ「僕のだよ?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 04:25:02 ID:XxQ2cyyJ0

アスカ「えっ…?」



アスカ「!!!!!?」

シンジ「アスカが言ってるのってもしかしてコレの事?」

式波

アスカ「!!」

シンジ「やっぱり…」

アスカ「あ…あぅあ…」

シンジ「おかしいと思ったんだよ…今日はやたら絡んで来るし…」

シンジ「で、なんで僕がアスカの体操服を持ってるって知ってるの?」

アスカ「あ…えっ…とぉぉ…?」

シンジ「アスカが入れたからでしょ?」

アスカ「ちっ!違っ…!!」

シンジ「でも、体操服持って間髪入れずに私のって」

アスカ「う…」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 04:34:38 ID:XxQ2cyyJ0

シンジ「誰にも言ってないのに、なんで僕がアスカの体操着持ってるって知ってるの?」

アスカ「それはぁ…その…」

シンジ「アスカが入れたんだね?」

アスカ「入れてない…」

シンジ「じゃあなんでチェックメイトとか言っちゃうの?」

アスカ「知らない」

シンジ「僕を嵌めようとしたんでしょ?」

アスカ「別にぃー?」

シンジ「よくやるよね…自分の使用後の体操着を男子の鞄の中に放り込むなんて…」

アスカ「間違って入れただけよ!!」

シンジ「教室移動して科学の授業が始まる前、綺麗に畳んでアスカの鞄に体操着しまうの見てたんだけど…?」

アスカ「人の事ジロジロ見るの止めてくんない!?変態…」

シンジ「汗びっしょりの体操着こっそり放り込むの止めてよね、変態」

アスカ「ぐぅうう…!!」

シンジ「気持ち悪い…」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 04:41:23 ID:XxQ2cyyJ0

翌朝

アスカ「…」

ミサト「おはようー…あれ?どうしたの?アスカ」

シンジ「何か良くわからないんですけど、昨日の夜からずっとこうなんです」

アスカ「…」

シンジ「アスカ、隅っこで体育座りしてないで…ご飯食べなよ?」

ミサト「シンジ君と言いアスカと言い…ホントに何もない?おかしいわよ…昨日から」

シンジ「昨日も言ったじゃないですか…何も無いですって」

ミサト「なら良いんだけど…変なアスカねぇー?…シンジ君はホントにもう大丈夫?」

シンジ「はい」

ミサト「ふーん…流行ってんの?体育座り」

シンジ「さぁ?アスカ?いつまでもそうしてないで」

シンジ「早くご飯食べなよ?じゃないと…」

アスカ「!!?」ビクっ

アスカ「わーっ!!わぁあああ!!!わぁああーーー!!!!!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 05:03:36 ID:XxQ2cyyJ0

ミサト「どうしたの?そんな大声出して」

アスカ「何でも無い!!何でも無いの!!」

シンジ「アスカは元気だなぁ」

ミサト「いつもの事じゃない」

アスカ「う…うるさい…」

シンジ「元気過ぎて困っちゃいますよ…」

ミサト「やだぁー!アンタ達ぃ?保護者が寝てる間に変なコト…」

シンジ「ないです、ないない」

アスカ「無いわよ!そんな事!!ぜぇーったい!!」

シンジ「そうですよ…アスカに限ってそんな…ね?アスカ?」

アスカ「そ…!!そうよ…」

ミサト「ムキになってぇ…やっぱり、アスカもまだまだお子ちゃまね…」

シンジ「そんな事無いですよ?アスカにはすごく特殊な性癖がありますから」

アスカ「~~~~!!!!」

終劇


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18 05:13:15 ID:ltcQpR0PO

やっぱりアスカはかわいいな
乙乙


スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1374081446/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。