ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P「例えばアイドルに調味料をかけたとして」



1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 18:28:38.44 ID:Rnhu7IEE0

P「それぞれに一番合う調味料は何だと思います?」

小鳥「それは……大変興味深い話ですね」

律子「…」

P「この時期、醤油やら塩やらさっぱりした物に逃げがちなんですが、忌憚のない意見を聞かせて頂きたい」

小鳥「そうですね、そういう逃げは好ましくありません、ね、律子さん」

律子「………え?いや、何言っているんですか?二人とも」

P「………ん?」

小鳥「………は?」

律子「いや、アイドルに調味料かけるとか、え?意味がよく…」

P「いや、俺は律子が言っている事の意味が良く解らん、ね、音無さん」

小鳥「律子さん、今回ばかりは律子さん庇いきれませんよ」

律子「えー…」

P「良いか?律子、例えばだな、一番解り易い所から言うと、千早は…」


P・小鳥「酢醤油!!」


P「と言う具合にだな?」

律子「…さっぱり解らないです」


SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1373621318
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 18:33:30.58 ID:Rnhu7IEE0

P「………どうしますよ、音無さん」

小鳥「困りましたね、基本中の基本で躓かれては…足手まといとしか言いようが…」

律子「いやいやいやいや、何か失礼な感じな事ガンガン言ってますけど、言っている意味サッパリですからね!!」

P「いや、解りますよね?音無さん」

小鳥「解りますよ、プロデューサーさん」

律子「くっそ!!こいつら、こう言う所では意見が合いやがる…っ」

P「そうだな~他に初級編で言うと…」

小鳥「そうですね…あ!雪歩ちゃんとかどうです?」

P「あ、そうですね、雪歩と言えばアレですよね!アレしかない!!」

小鳥「さぁ、律子さん、雪歩ちゃんに合う調味料と言えば?」


律子「………練乳?」


P「………………………………………………引くわ」

小鳥「真昼間から脳内どうなってるんですか?律子さん」

律子「うっせぇよ!!サッパリ解んねぇよ!!何だ!?人間に調味料って!!アホか!!またはゴミか!!!社会と会社的な意味でぇ!!!!」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 18:39:03.51 ID:Rnhu7IEE0

P「落ち着け、異端の発想を持つ女」

律子「はぁあああ!!!?」

小鳥「手本を見せますよ?プロデューサーさん、雪歩ちゃんと言えば?」


P・小鳥「グラニュー糖」


P「うっうー!!」

小鳥「はい・たーっち!!」

P・小鳥「イエイ!!」


律子「うっっっっっざ…」


P「初級編で練乳ブッコんで来るからなぁ、律子は今から異子な」


異子「はぁ?………やめろ、おい!名前変えんな!!!戻せ!!!!」


律子「………まったく」

小鳥「ともかく、これで二人は決定しているわけですし」

P「そうですね、残りのアイドル達の調味料を決めていきましょう」

律子「いや、お前ら何言ってんの!?【アイドル達の調味料】って言葉良く飲み込んでみ?まじで!!」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 18:43:58.32 ID:Rnhu7IEE0

P「解り易い子から行きましょう」

小鳥「となると、亜美ちゃん辺りですかね」

律子「亜美が解りやすいと言う基準を教えてくださいよ」

P「あー…亜美、亜美ねぇ」

小鳥「ん~~……」

律子「あの…亜美真美じゃ駄目なんですか?」

P「双子に同じ調味料かけるとか………その発想、サイコパスだな」

小鳥「解りますか?律子さん、本日二度目のドン引きですよ」

律子「だから、基準を教えてくれよ…」

P「とりあえず、粉末物では無いですね」

小鳥「レモンと塩と言う合わせ技も考えましたが」

P「それ、どっちかと言うと、音無さんじゃないですか~も~」

小鳥「ぴょっぴょっぴょっぴょ、こりゃ失敬!」ペシッ

律子「何言ってんだよ」

P「亜美、亜美、亜美……キました、コレ」

小鳥「ほう!」


P「亜美は、フレンチドレッシング!!」


小鳥「………あーーーー!!!だわ!!!」

律子「だわ、じゃねぇよ」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 18:48:35.77 ID:Rnhu7IEE0

小鳥「あー、そうね、うん、もうフレドリだわ!フレドリしか考えられない!!」

P「でしょー!!」

小鳥「引き当てましたねープロデューサーさん」

P「降りてきました、掲示が」

律子「うるせぇよ…」

小鳥「じゃあ真美ちゃんですけど、これは私言っていいですか?」

P「どうぞどうぞ」


小鳥「真美ちゃんは、シーザードレッシング!!」


P「たった一つの冴えたアイデアだわ」

小鳥「いや、フレドリあってこそですよ~」


律子「あ~!!もう!!サッパリわかんねぇよ!!何だお前ら!?何の話してんだよ!!」


P「いや、アイドルに合う調味料の話だよ」

律子「そもそもだよ!!生まれて19年間、話題にも上った事ねぇよ!!アホか!!!」

小鳥「あー、確かに、一般のご家庭ではあんまりね、私もお父さんお母さんに何かけるとかはあんまり」

P「そうだな、そう考えると、この職業だからこそって感じはするな」

律子「どの職業だろうとどの年代だろうとどの時空だろうとそんな話題上がらねぇよ!!!」

P「はっはっはっは、律子は面白いなぁ」

小鳥「入浴剤編も律子さんダンマリでしたしね~」


P「あ、律子、もしかして、ムッツリ調味料?」


小鳥「ぶはっ!ちょっと!失礼ですよ!プロデューサーさん!!……うぷぷ」

律子「ムッツリ調味料って何だよぉおおおおお!!!!!!!!!!」バゴン!!!
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 18:55:31.02 ID:Rnhu7IEE0


………………………………


P「落ち着いたか律子?」

小鳥「デスク、クレーターできちゃいましたね…」

律子「すいません、取り乱しました…後で社長のデスクと取り替えときます」

P「うん、それが良いよ」

小鳥「さて、続いて、ですが」

律子「その話題は続くんですね…」

P「まだ四人だしな、そうだな、えっと……真か?」

小鳥「真ちゃんはごま塩のイメージがやっぱり強いんですよねぇ…」

P「解ります、でも、ごま塩って調味料か?みたいなジレンマがね…」

律子「……なるほど、解ってきましたよ!」ニヤリ

P「お!」

小鳥「覚醒の時ですか!!」


律子「ズバリ!真には黒酢!!どうです!?」


小鳥「あの、律子さん、ふざけるなら黙っててもらえますか?」

P「律子、今、大事な話してるから、な」

律子「くそがっ!!!!」バン!!
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:01:22.40 ID:Rnhu7IEE0

P「真はな、難しいんだよ、強い味の時もあるし、サッパリしているところもあるから…」

律子「味て」

小鳥「そうですよねぇ、下手な調味料だと素材の味を殺しかねない…ましてや黒酢……っぷ」

P「まぁまぁ音無さん、素人の言う事なんで…ふふっ」

律子「殺すぞ」

小鳥「真ちゃん、真ちゃん……うっわ!!キた!!」

P「え?マジッスか?」


小鳥「納豆のタレ」


P「………」


律子「あー、これはやっちまったパターンですよ!ね?プロデューサーさん?」


P「天才のソレだな」


律子「マジか!?」

小鳥「あの少し甘くて、それでいて醤油ベースでカツオ出汁が利いているあの味は」

P「まさしく、真!!」

律子「真の事どういう目で見てんだよ」

小鳥「我ながら良い仕事をしました…」

P「真がプロフェッショナル 仕事の流儀に出たら間違いなく「あの時ですかね、僕のターニングポイントは」とか言う場面だわ」

律子「僕が納豆のタレって決まったその時ですとか言われたら下手したらスポニチの一面だよ」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/12(金) 19:03:18.88 ID:GMu+rSWAO
入浴剤編があるの?
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:07:28.19 ID:Rnhu7IEE0

P「やー、難敵が片付きましたね!!」

小鳥「後で雪歩ちゃんにメールしときます」

P「喜びますよ!」

律子「困惑しかねぇよ」

P「さて…と、次はあずささんですが」

小鳥「カレー、と言いたい所ですが、カレーは調味料じゃないですしね」

律子「真っ先にカレー出てくる理由が知りたいんですけど…」


P「あずささんは…ごはんですよ!」


小鳥「あずささんはごはん(主食)ですよ!!」


律子「やめろ、続けて言うな」


小鳥「でもごはんですよは佃煮ですし」

P「あずささんに乗っけてホカホカの所をいきたい所でしたが…」

律子「コイツら何言ってんだよ」

P「でもまぁ、無難にオイスターソースでしょう」

小鳥「まぁ、無難に過ぎる感は拭えませんが、王道からズレるのも寒いですからね」

律子「人に調味料かける事の王道って何だよぉ!!!!」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:11:45.72 ID:Rnhu7IEE0

P「と、なるとだ」

小鳥「そうですね、おのずと貴音ちゃんもとんかつソースで片が付きますね」

律子「え?何?何か法則あんの?」


P「律子、そろそろ、いい加減に、だぞ?」


小鳥「こういう事に関しては無能だったんですねぇ」


律子「その法則解るやつ目の前に連れて来いよ!!」


P「と言う事は残るは」

小鳥「春香ちゃん、伊織ちゃん、美希ちゃん、響ちゃん、やよいちゃん、ですかね」

P「やよいは蜂蜜、頭からかけて食べたい」

小鳥「やよいちゃんはホットケーキのような子ですから、間違いないでしょう」

律子「いや、その発想って、私が雪歩に練乳って言ったのと同じでしょうよ」

小鳥「え?律子さん雪歩ちゃん食べたいんですか?」

律子「ちがっ!だからぁ!!「雪」だから練乳かけたカキ氷って言う発想で!!」

P「乱れてんなぁ」

小鳥「………淫乱」


スパパンッ!!


P「ふみふぁふぇんふぇしふぁ【すみませんでした】」

小鳥「もうにふぉふぉふぃふぃまふぇん【もう二度といいません】」

律子「………よろしい」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:17:36.65 ID:Rnhu7IEE0

小鳥「響ちゃんからいきましょう!」

P「響、響かぁ~」

律子「コーレーグスでしたっけ?あの泡盛に唐辛子漬け込んだ奴、あれとかじゃないですか?」

小鳥「律子さん、私、響ちゃんなら沖縄ぶっこんどけばOKじゃね?みたいな発想、大っ嫌いなんですよ」


P「謝って、律子」


律子「え!?い、いや!合わない事もないじゃないですか?」


P「謝って」


律子「いや、ですから」


P「律子」


律子「………どうも、すいませんでした」


小鳥「解って頂ければ良いんです」

律子「釈然としねぇ……」

小鳥「響ちゃんは…こうシャッキリポンといきたいです」

P「解ります、こう、ツォルっていきたいです」

律子「ポン酢とか?」

P「近いっちゃー近い、かぼすとか数滴垂らすとなお良し」

小鳥「でもポン酢は響ちゃんの風味を消しちゃうんですよね~」

P「凄く解る」

律子「全然解んない」

小鳥「となると…」


P「………………………塩ダレ?」


小鳥「……………………レモン絞って?」


律子「……………………ちょっと黒コショウとか振って?」


P「律子、ソレ要らないわ」

小鳥「謝ってください」

律子「またかよちくしょぉおおおお!!!!」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:26:34.86 ID:Rnhu7IEE0

小鳥「えっと決まったのは」

春香  =
千早  = 酢醤油
美希  =
伊織  =
やよい = 蜂蜜
雪歩  = グラニュー糖
真   = 納豆のタレ
亜美  = フレンチドレッシング
真美  = シーザードレッシング
あずさ = オイスターソース
貴音  = とんかつソース
響   = 塩ダレ(レモン入り)

P「いやー、腹減ってきたー」

小鳥「これ以上無いラインナップが揃いましたね、サーティーワンも真っ青ですよ!」

律子「私が真っ青だよ、なんだよこれ…」

P「さしずめオードブルだな」

小鳥「フルコースですよ、これ、トリコ辺り涎止まりませんよ」

律子「うるせぇよ」

P「ちょっと!!小鳥さん!!フルコースって!!」

小鳥「流石!!気付きましたか!!」

律子「え?何です?何なんですか?」

P「一番難関だと思われた、美希が決まってしまいましたね」

小鳥「じゃあ、せーので!行きますよ」

P「せーの」


P・小鳥「おろしダレ!!」


律子「塩」ボソッ


P「イエーイ!!!」グッ

小鳥「ヤーー!!!」ガッ

律子「う、うぇーーい!!」ビシィ

P「あれ?律子も同じ考えだった?」

律子「当然ですよー美希と言えばおろしダレですよー(棒)」

小鳥「解ってきましたね~律子さんも~!!!」

律子「あ、あはははははははは」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:31:01.46 ID:Rnhu7IEE0

P「伊織は」

小鳥「デザートですよね、やよいちゃんと一緒で」

律子「卑猥な表現にしか聴こえない…」

P「と、なると、だ」

小鳥「伊織ちゃんと言えばー?」

律子「オレンジソース P「と言う浅はかな考えが浮かびますがー?」

律子「うっぜぇ…」

小鳥「律子さんはね、引っかかると思いました、はい」


律子「本業お笑い芸人なのにクイズ番組に本気になって天才ぶってる人ぐらいウザイです」


P「やめよ!ね!律子!ごめん!そういう危ない話はやめよ!ね!!」

小鳥「すいませんでした!ほんと!もう!そう言うグレーなのは!ほんと!うん!」

律子「じゃあ、何なんですか?伊織は」

P「これは何となく解る気がすると思うけど、ベリーソースだな」

小鳥「伊織ちゃんは元から甘々なんで、甘酸っぱいソースが合いますよね」

律子「まぁ、何となく解る気がします」

P「やよいに蜂蜜かけた物の上に伊織のベリーソースがけを沿えて」

小鳥「 ハニーやよい ~伊織ベリーを添えて~ ですね、はい」

律子「やっぱり全く解らない…」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:35:55.53 ID:Rnhu7IEE0

P「さて、残るは春香だが」

小鳥「まぁ、春香ちゃんは千早ちゃんくらい簡単ですし、もう言わずもがなですよね」

律子「…」

P「じゃ、律子、書いちゃって」

小鳥「ちゃちゃっとお願いします」

律子「え!?………えっと、アレですよね?」

P「うん」

小鳥「それ意外あります?」

律子「いや、春香といえばアレですよ、間違いない」

P「でしょー」

律子(えっと………春香よね、うん、春香といえばクッキー…と言う事は粉砂糖?いや雪歩と被るわよね、じゃあ何か?春香にかけて美味しそうな調味料って何 かしら、って言うか春香にかけて美味しい調味料って何だよ!何言ってんだよ!何こいつらに合わせてんだよ!!アホか!人に調味料かけてんじゃねぇよ!!食 べ物にかけろってーの!!何て言ったらまた何か言われるし…考えろ考えるのよ!!えっと春香、春香、春香…っ!!!!!)

小鳥「えっと、律子さん?」

律子「解りました、これですよね?」


春香 = 梅肉ソース


P「……………………………………」

小鳥「…………………………………」

律子「…………………………………」


P「斬新だわ!」


小鳥「その切り口ありましたか!!」


律子「え?」


P「やー、喧嘩するかな?って思ったけど、これは…うわ、やべ、涎出てきた…」

小鳥「春香ちゃんの香味を尖った梅の風味が優しく……はっ!じゅるり…」

律子「………で、でしょ~!?私も春香には梅肉しか無いって思ってたんですよ!!」

P「やりますなぁー律子シェフ!」

小鳥「よ!765の料理人!!」

律子「あっはっはっは!!ま、まぁ!!まかせて下さいよ!!!」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:38:11.79 ID:Rnhu7IEE0

春香  = 梅肉ソース
千早  = 酢醤油
美希  = おろしダレ
伊織  = ベリーソース
やよい = 蜂蜜
雪歩  = グラニュー糖
真   = 納豆のタレ
亜美  = フレンチドレッシング
真美  = シーザードレッシング
あずさ = オイスターソース
貴音  = とんかつソース
響   = 塩ダレ(レモン入り)

小鳥「出来ましたね、後世に残せるフルコースが…」

P「山岡さんもこれには閉口だよ」

律子「重ね重ね、何だよこれ…」

小鳥「私…少し涙が出てきました……」

P「完璧、過ぎますものね」

小鳥「得に春香ちゃんの梅肉ソース、これ、もうメインディッシュですよ……」

P「良かったな!律子!最高の褒め言葉だぞ!!」

律子「あー…あははは、う、嬉しいです」


P「じゃー、買ってきますか!」


小鳥「そうですね、皆もそろそろ帰ってきますし」


律子「え?」


P「律子は事務所に残ってて良いよ?調味料は殆ど揃ってるから」


小鳥「梅肉だけ買ってこなきゃですよね!」


律子「え!?え!?」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:40:14.55 ID:Rnhu7IEE0

……

………

……………


律子「えっと………」


雪歩「あ!合いますね、真ちゃんに納豆のタレ」

真「雪歩、噛み付かないでよ?」

千早「春香に梅肉……これは、美味しいわ!!」

春香「私も、自分の新しい可能性に気付いちゃったって感じだよ!!」

亜美「うあうあ~!フレドリ目に入ったー!!」

真美「真美のコレ、ビジュアル、ちょっとエロくない?」

あずさ「私、貴音ちゃんにはとんこつスープだと思うのよねぇ」

貴音「わたくしも、あずさにはウスターソースの方が合うと前から思っているのですが…」

伊織「やよいにはやっぱり蜂蜜よね~、でも私はメープルでも良いと思うんだけどね」

やよい「も、もう///伊織ちゃん///恥ずかしいよぅ///」

美希「だーれーかー乗ってる大根おろし食べちゃって~、動けないよ~」

響「噛み付かずおろしだけ食べるの難しいぞ…」


小鳥「みんなー噛み付くのはマナー違反だからね、あくまでナメナメでお願いね~」

P「基本異性を味わうのはマナー違反だしな、俺はジュピターと、社長としか出来ないのが歯がゆいな…」

律子「あ…の……」


小鳥「あ、律子さんのももちろん用意してありますよ?はい、タルタル」


P「律子と言えば!だもんな!!」


律子「いえ!あの!!これって、一体!!」


小鳥「さぁさぁ、たーっぷりと!」


P「遠慮せずに~」


律子「ひっ!!!や、やめてぇええええええ!!!!」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:41:40.92 ID:Rnhu7IEE0


律子「ぬっは!!!!」ガバッ


律子「……………………」

律子「…………………え?」

律子「…………はぁ~~~~~~、夢かぁ~~~~~~」

律子「そうよ、ね、いくらあの二人でも、人に調味料かけるなんてね……はぁ」

律子「こんな夢見るなんてどうにかしてるのかしら、私」

律子「はぁ~髪もボサボサ、よっぽどうなされていたのね」


ヌル…


律子「ん?何かしら?整髪材でも付けっぱなしで寝ちゃったんだっけ?」

律子「…………っ!!」

律子「………こ…………これって…………っ!?」


律子「タル…………タ…………」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/12(金) 19:42:39.49 ID:Rnhu7IEE0

何だよこれ!!

あ、終わりです。

すみません、入浴剤編なんて無いです。
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/12(金) 19:50:00.58 ID:KQZBsWNVo
乙乙、この律子は間違いなく中の人
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/12(金) 19:55:32.61 ID:Kpoi8FoFo
>何だよこれ!!

こっちが聞きたいわww
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/12(金) 20:00:54.82 ID:jGqd7WV5o
おつおつ
このあたまのおかしさはたぶんお前だろうと思うけどお前は毎回なにやってんだよ本当
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/12(金) 20:13:49.36 ID:aXo7bN5DO

伊織だけはなんか予想がついた


http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1373/13736/1373621318.html
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。