ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずさ「おっぱいビンタがしたいんです」


1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:25:52.42 ID:F1evOyck0
あずさ「あの、プロデューサーさん」

P「あぁ、あずささん。 どうしました?」

あずさ「ちょっと……大事な話があるんですけど……」

P「それは……俺にですか? 律子じゃなく」

あずさ「はい」

P「……」



あずさ「私………おっぱいビンタがしたいんです」


SSWiki :
http://ss.vip2ch.com/jmp/1374233152
2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:27:12.90 ID:F1evOyck0
P「……すいません、もう一回言って下さい」

あずさ「おっぱいビンタがしたいんです」

P「……」

あずさ「……」

P「……あずささん」

あずさ「はい」



P「場所を、変えましょう」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:28:06.63 ID:F1evOyck0
――――

――


あずさ「えっと……このお店、高いんじゃ……」

P「大丈夫です、俺が奢りますから」

あずさ「……ありがとうございます」

P「……」


あずさ「…………その」

P「分かってます。 おっぱいビンタがしたい、でしたね」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:29:17.96 ID:F1evOyck0
あずさ「その、私……!」

P「あずささん」

あずさ「え?」

P「折角ですし、まずは飲みませんか?」

あずさ「……はい」


P「ウイスキー、ロックで」

あずさ「あ、私も……」


P「……」

あずさ「……」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:30:09.76 ID:F1evOyck0
P「それじゃあ……」


P・あずさ「「乾杯」」


P「…………っぷはぁ~……」

あずさ「……」

P「あずささん」

あずさ「あ、はい」


P「どうして、突然あんなことを言い出したんです?」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:31:08.44 ID:F1evOyck0
あずさ「その……私、いつも竜宮小町の皆にお世話になってて」

あずさ「特に律子さんには、送迎をして貰ったり……」

P「……」

あずさ「それで、もうすぐ私の誕生日じゃないですか」

あずさ「きっと、竜宮の皆がお祝いしてくれると思うんです」

あずさ「……だから、そのお返しに」

P「違う」

あずさ「え?」

P「俺が聞いてるのは……そういうことじゃありません」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:32:07.30 ID:F1evOyck0
P「おっぱいビンタがしたい。 あなたはさっき、確かにそう言った」

あずさ「……」



P「どうしてその言葉を口にしたのかと、俺はそう聞いているんです………!!」



あずさ「…………!」

P「解っているんですか? あずささん」

あずさ「……」

P「あなたのおっぱいビンタは……凶器なんですよ!?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:33:13.42 ID:F1evOyck0
あずさ「……分かっています」

P「……」

あずさ「私のおっぱいがどういうものなのか。 自覚は……しているつもりです」

P「なら、尚更」

あずさ「それでも!」

P「!」

あずさ「それでも私にだって……譲れないモノがあるんです…………!!」

P「あずささん……」

あずさ「改めてお願いします。 プロデューサーさん」



あずさ「私に、おっぱいビンタのレッスンをして下さい」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:34:13.76 ID:F1evOyck0
P「あずささん。 俺に頼む、その意味は」

あずさ「解っています」

P「……」


P「分かりました。 レッスンをしましょう」

あずさ「!」

P「……多少、厳しくしますけど」

あずさ「よ……よろしくお願いします!」

P「それじゃ、行きましょう」



あずさ「……え?」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:35:24.29 ID:F1evOyck0
――――

――


あずさ「えっと、ここって……」

P「俺の部屋です。 小さいですけどね」

あずさ「……」

P「さ、上がって下さい」

あずさ「は、はい」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:36:06.27 ID:F1evOyck0
P「まずは、おっぱいビンタを知ろう……ということで」

あずさ「はい」

P「これを用意しました。 見ましょう」

あずさ「これって……DVD?」

P「探すのに、少し苦労したんですよ」



女『ふんッ!』ビターン

男『おふぅっ!』

女『はっ……はぁ……ッ!』ビターン ビターン

男『イイ、イイよぉ!』


あずさ「…………」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:37:09.03 ID:F1evOyck0
あずさ「……」ピッ

P「あれ、もういいんですか?」

あずさ「はい。 大体は知っていたので……」

P「なるほど、予習済みって訳ですね」

あずさ「……」

P「それなら話が早い、次のステップに進みましょう」

あずさ「はい」


P「あずささん。 俺に……おっぱいビンタをして下さい」


あずさ「…………はい?」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:38:15.84 ID:F1evOyck0
P「あなたの目標は、竜宮小町や律子におっぱいビンタをすることだ」

P「そのためには、俺相手につまずいているようではダメなんですよ」

あずさ「そ、そうなんですか……?」

P「はい」

あずさ「……」


あずさ「…………それでは、失礼して」

P「ストップ」

あずさ「え?」

P「さっきのDVD、忘れました? 服は脱いで下さい」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:39:13.51 ID:F1evOyck0
あずさ「えっ、えっと……」

P「嫌なんですか? 俺におっぱいを見せることが」

あずさ「その…………あの」

P「言ってましたよね? 自分のおっぱいについて自覚していると」

P「それなら、俺におっぱいビンタすることだって可能で――――」


バチーン!!


あずさ「それ以上は……めっ、ですよ」

P「あずささん……」


P「合格です」

あずさ「え?」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:40:08.47 ID:F1evOyck0
P「あずささん。 あなたは今、俺に平手でビンタした」

P「そこに羞恥は無く、純粋な怒りのみだった……」

あずさ「……」


P「『怒り』じゃなくてもいいですが、おっぱいビンタには羞恥を取り除く必要があるんです」

P「感情のコントロール。 第一段階ですね」

あずさ「プロデューサーさん……」

P「さっきはすいません、あんなことを言ってしまって」

あずさ「いえ……大丈夫です」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/19(金) 20:40:57.80 ID:3w52kRmIo
おっぱいでビンタされるよりおっぱいをビンタしたい
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:41:10.12 ID:F1evOyck0
P「次に行きましょう……と言っても、これが最終段階ですけど」

あずさ「そうなんですか?」

P「はい。 そこで、おっぱいビンタを上達させる近道はなんだと思います?」

あずさ「近道……こう、揉むとか」

P「違います」

あずさ「………」

P「いいですか、あずささん」



P「おっぱいビンタを上達させる方法は、おっぱいビンタにしか無いんです」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:42:15.42 ID:F1evOyck0
あずさ「………どういうことです?」

P「おっぱいビンタのような特殊な動きは、日常生活の中にはあまりありません」

P「したがって、実戦の中で鍛えていくのが最も有効なんですよ」

あずさ「なるほど……」

P「……ということで、これを用意しました。 見ましょう」

あずさ「またDVDですか?」

P「俺の秘蔵ビデオシリーズです」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:43:20.31 ID:F1evOyck0
『バッター、  に代わりまして―――』ワァアアアアア!!!!

あずさ「これは……野球、ですか?」

P「はい」

『さぁ、第一球――』カキーン

『打ったぁー!ライト前ヒット!カ○プ、同点に追いつきました!!』


あずさ「でも、野球とおっぱいビンタに何の関係が……?」

P「……おっぱいビンタというのは、ビンタのようでビンタではありません」

あずさ「え?」


P「野球のスイングに……似ているんですよ」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:44:19.30 ID:F1evOyck0
あずさ「それじゃあ、おっぱいビンタの実戦って……」

P「簡単に言うと、素振りです」ピッ


P「この、カ○プの前田選手のフォームを参考にして下さい」

あずさ「あっ、えっと……今ですか?」

P「はい」

あずさ「……」



あずさ「えいっ!」ブルン
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:45:13.24 ID:F1evOyck0
P「……やっぱり、フォームはできてませんね」

あずさ「はぁ……」

P「まずは、トップを作ることを意識して下さい」

あずさ「ト、トップ?」

P「それから、腰も使えていません。 フォロースルーも小さいし――」

あずさ「腰?フォロ……?」

P「……あ、すいません。 つい」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:46:17.68 ID:F1evOyck0
P「あずささん、もう一回振りましょう。 撮りますから」

あずさ「撮るんですか……?」

P「その方が、客観的に自分のフォームを見えるんですよ」


あずさ「……えいっ!」ブルン


P「はい、オッケーです」

P「それじゃ早速……見ましょうか」

あずさ「そ、そんな大画面に繋げるんですか?」

P「折角の高画質ビデオカメラですし」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:47:14.52 ID:F1evOyck0
P「うーん……構えから言った方が良かったかな」

あずさ「構え……」

P「はい。 力を抜いて、こう肩幅で……」

あずさ「こう……ですか?」

P「いいですね、それからテイクバック……溜めを作ります」

P「さっきの前田選手のフォームを思い出して下さい」

あずさ「は、はい!」

P「よし、今のところ意識してもう一回いきましょう!」

あずさ「また撮るんですね……」


―――――

――――

――
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:50:17.75 ID:F1evOyck0
伊織「みんなーっ!!また来なさいよねー!!!」

亜美「まったね→!」

あずさ「ありがとうございました~」


ウォオオオオ!!!!



律子「みんな、お疲れ!」

亜美「そんじゃ、悔い改めて……」

伊織「改めて!」


「「あずさ(お姉ちゃん)、誕生日おめでとう!!」」


あずさ「あらあら~……うふふ」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:51:18.06 ID:F1evOyck0
伊織「ほら、ケーキあるわよ、ケーキ」

あずさ「あら~ありがとう伊織ちゃん」

伊織「お、お礼ならみんなに言いなさいよね!」

亜美「んっふっふ~、いおりんは今日も相変わらずですなぁ」

律子「ふふっ、そうね」

伊織「何よ、もう……」


あずさ「それから、亜美ちゃん、律子さんも……本当に、ありがとう」

あずさ「本当に…………うふふっ」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/19(金) 20:52:02.17 ID:3w52kRmIo
さすがにおっぱいビンタのお手本フォームにはならないんじゃないんですかね…
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:52:21.23 ID:F1evOyck0
あずさ「律子さん」

律子「?」

あずさ「私、いつも律子さんにお世話になってるんです」

あずさ「本当に感謝してて、だから……」


あずさ「そのお礼を、させて下さい」バサッ


律子「えっと、そのお礼は……脱がないといけないやつですか……?」

亜美「あ、あずさお姉ちゃん……?」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:53:29.20 ID:F1evOyck0
あずさ「構え……トップ……腰……」ブツブツ

伊織「ちょっ、あずさ?」

あずさ「………いきます」


ビッターーーン!!!


亜美「!?」

伊織「!?」

律子「へぶっ………」

あずさ「私からの、お礼―――」



あずさ「おっぱいビンタです」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:55:14.62 ID:F1evOyck0
律子「げほっ……えぅっ、かはっ」

亜美「りっちゃん!りっちゃーん!」

伊織「あずさ……アンタ一体何を……」


あずさ「次は、亜美ちゃんかしら?」

亜美「え、ちょっ、心のステンバーイ」

ビッターーーン!!!

亜美「あべしっ!!」ガッシャーン


伊織「そのフォーム……誰に習ったの?」

あずさ「うふふ……最後は、伊織ちゃんね」



ビッターーーン!!!
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:56:28.78 ID:F1evOyck0
P「お疲れ様です、あずささん」

あずさ「プロデューサーさん……来てたんですか」

P「竜宮小町、三浦あずさバースデーライブ……行かない訳が無いですよ」

あずさ「……ふふっ、そうですね」

P「その様子からすると、おっぱいビンタは」

あずさ「大成功です」

P「そうですか……」


P「それじゃ、行きますか」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:57:24.78 ID:F1evOyck0
P・あずさ「「乾杯!」」



P「…………っぷはぁ~……」

あずさ「ここに来るのも……久し振りですね……」

P「そうですね……」

あずさ「……」

P「……」

あずさ「プロデューサーさん。 本当に、ありがとうございました」

P「あずささん……」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:58:27.74 ID:F1evOyck0
あずさ「あれから、色々とレッスンしてもらって」

あずさ「たくさん、たくさんお世話になって……前田選手のモノマネも出来るようになりました」

P「……」

あずさ「だから、私から」

P「あずささん」

あずさ「!」

P「その前に、言わせて下さい」



P「誕生日、おめでとうございます!」



あずさ「………あらあら~」
33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 20:59:12.07 ID:F1evOyck0
P「あずささん……泣いて……」

あずさ「……」


あずさ「プロデューサーさん」

P「はい」

あずさ「私からの、お礼です」バサッ

P「……」


あずさ「本当に………」

あずさ「ありがとうございましたっ!!」



ビッターーーン!!!


おわり
34VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/07/19(金) 21:00:23.73 ID:F1evOyck0
以上です。読んで下さってありがとうございました。


これを読んで、おっぱいビンタをしたい、されたい人が増えることを祈っています。
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/07/19(金) 21:15:00.05 ID:WvTu8yAko
カープを隠すなら前田の名前も隠せよwwwwwwww




http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1374/13742/1374233152.html
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。