FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

銀時「トンネルの向こうは、不思議の町でした(笑)」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 19:15:08.27 ID:LHdS/aGLO

銀時「分かってんだよ一時間も歩いた時から薄々勘付いてんだよ道を間違えてるなんて事は」

新八「いや、ならさっさと引き返せばよかったじゃないですか」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 19:28:02.64 ID:LHdS/aGLO

銀時「仕方ねーだろうが、この門みたいなのが見えたんだから。自分で道選んでおいて、途中で
あれ?これ間違えてんじゃね?って不安になり始めてるときに緑の林の中にチラリとこんなの見えてみろ」

新八「自信満々でしたもんね。もうひとつ向こうだと言ってた僕らを鼻で笑ってましたもんね。
そりぁひきかえせませんよね。自信満々でしたもんね。結局これですもんね。」

銀時「あん?駄メガネ始まったばっかなのに早速眼鏡叩き割ってただのモブにしてやろーか
てか神楽のやつどこ行きやがった」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 19:35:23.58 ID:LHdS/aGLO

神楽「銀ちゃーん見て見て定春千七号アル!」

銀時「てんめピクニック気分か。うろちょろすんじゃねーよ馬鹿野郎」

神楽「…?何かおいしそうな匂いがするアル、この中から」

銀時「ああ?んな訳ねーだろ真っ暗だぞ
腹が減ってんならそのカブトムシでも食ってろクソガキ
くそ、仕事の待ち合わせにも遅刻だしこっちも腹減っ…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 19:41:25.60 ID:LHdS/aGLO

神楽「行け!定春千八号!!」ヒュッ

銀時「ぎゃああああ!!」ズドン

銀時「何しやがる馬鹿!地蔵なげるなんざ罰当たりめ!むしろ当たれ!」
神楽「定春千七号に何てこと言うネ!」

新八「定春千八号は粉々になりましたけど」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 19:51:41.11 ID:LHdS/aGLO

神楽「食いもんの匂いがするある。さっさとなかに入るネ」

銀時「何言ってんのお前。こんな真っ暗なのに食い物なんてある訳ねーだろうが
あるのは馬鹿専用ブラックホールだ一人で吸い込まれてろ」

神楽「行け!定春千九号!!」ヒュッ

銀時「ふぉぉおおおお!」ズドン

新八「神楽ちゃんいい加減本当に罰が当たるよ」


>>7少なくとも俺は二番ぜんじ
てか元ネタわかる?


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 20:07:21.85 ID:LHdS/aGLO

新八「………」

銀時「………」

神楽「まっくろくろすけでておいで~でないとめだまを紙でスッ」スッスッスッ…

新八「銀さん、またですか」

銀時「そうだよ?お前たたちが怖がららららららないように、まただよ?」

新八「銀さん、手がびっしょりです」

神楽「びっしょりというよりびちょびちょネ」

銀時「……やめろよ、そんな目でみんなよ
暗闇だけど分かるからどんな目してるかぐらい分かるから」

新八「………」

神楽「やーい、おまえんち姉歯物件~」ンッンッンッ…

>>9うん
てかなかなか進まん


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 20:17:00.85 ID:LHdS/aGLO

神楽「ヒャッホー!!」ダッ

新八「へぇ、これ全部食事処なのかな」

銀時「は~ん。シケた場所にシケた店だな、開いてるとこあんのけ~?
はあああぁいみなさああぁあんんん!!
閉店してる店はああああぁ手をあげてくっっださあぁああい!(笑)」

新八「ちょっと!銀さん!!なに大声だしてんですか!!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 20:28:49.27 ID:LHdS/aGLO

銀時「んだよぱぁっつぁん何びびってんのけ~(笑)」

新八「何その口調糞腹たつんだけど
トンネルの中で出口見つけたら一番に飛び出して行ったくせに」

銀時「シハハハハハ」ダッダッ

新八「ちょっと!どこ行くんですか?」

銀時「トイレだよトイレ。神楽見とけよ」

新八「もうちょっと早くトンネルのなかでもよおせばよかったのにな」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 20:39:59.65 ID:LHdS/aGLO

新八「神楽ちゃあああん!」
神楽「うるせーヨ駄メガネ。定春千八号が逃げちゃうだろーが」ヒョコ

新八「千八号は最初の君による犠牲者だよ。開いてる店はあった?」

神楽「銀ちゃんは?」

新八「トイレ探しに行ったよ」

神楽「こっちにいっぱい食いもんあったネ。早く来るヨロシ」

新八「まぁ先に行っても大丈夫か。僕もお腹空いたし」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 20:51:24.27 ID:LHdS/aGLO

銀時「はぁ」ジョー

銀時「しっかしだーれもいねーな。トイレもねーし」フリフリ

銀時「ん?ありゃ……銭t」ジジジジ…ガッ

銀時「ぎゃああああああっ!」



白「……………!?……………なんだ?」タタッ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 21:01:22.63 ID:LHdS/aGLO

銀時「ぉ…おお…お……」ヨタヨタ
橋の上でもたれ掛かりながら
銀時「ヒィヒィフゥ、ヒィヒィフゥ…」

銀時「…よし大丈夫まだ大丈夫絶対大丈夫……
………大丈夫、だよな?」ジジジジ ソロー

銀時「…ほ、やっぱり大じy

白「何をしている!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 21:17:41.98 ID:LHdS/aGLO

銀時「あーあまぁた黒歴史造っちまったよ」

白「おい!」

銀時「まさかここだけ人がいるとは思わなかったもの」

白「何をしているんだ!」

銀時「一人ごとしながら道端で自分のちんこ覗いてんの見られちまったもの」

白「話を聞け!」

銀時「またしばらく寝てる時にフラッシュバッ

白「!…しまった日が…!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 21:27:01.83 ID:LHdS/aGLO

白「おい!いい加減にしろ!」

銀時「んだぁよオカッパ小僧」

白「いいか、今すぐ帰れ!日が沈む前にこの町を出て行くんだ!トンネルを抜けろ!」

銀時「いやそりぁ嫌なもの見せたのは悪かったよ?
でもてめえ男じゃねえか。帰るがせめて飯だけでも食っt

白「早くしろ!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 21:36:10.64 ID:LHdS/aGLO

銀時「しぃんぱちー!かぁぐらぁー!」

銀時(!……おいどんだけ食ってんだよあいつら、まんまるになりやがって
本編と同じネタってどうすればいいんですか?)

銀時「ハイお二人さん、暴飲暴食デートもシメーだ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 21:43:42.48 ID:LHdS/aGLO

銀時「おいおま」

新八「ブィヒィ」

神楽「ブルァアアアアアアアアア」

銀時「」

銀時「おいおいぃぃい!ネタ被りどころじゃなかったよマジもんじゃねーかああ!
店長ぉおおおおおおお何くわしやが」

カゲ「」

銀時「」

銀時「ふじこ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 21:46:26.11 ID:LHdS/aGLO

>>20てかおれのはセンスないし手の筋肉ピクピクして来たんで打ち切った方がいいか?


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 21:54:51.65 ID:LHdS/aGLO

銀時「ふじこふじこふじこふじこふじこおおおおおお!」ダァッ

銀時「しまった!二人忘れちま………いや、いやいやいやあれは豚だよ。そおだよ豚なんだよ
きっと二人とも先におれを置いて帰っちまってるんだよ薄情どころか鬼畜の所業だよこんなとこに一人置いていくのは
結局友達だと思ってんのは俺だけだったんだよ前にもあったじゃねーかこんなことやっぱスリーピースは駄目だななんであれもう少しましな言い訳考えろおれぇええええええ!」バックシマスッ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 22:04:32.81 ID:LHdS/aGLO

銀時「おい新八!神楽!どこ行った!?」

銀時「おい早くでてこおい!早くしねーとローストポークにしてお葬式あげんぞゴラァアアア!!
お願い!早く出て来て!銀さんギリギリなんだよ!足がハードラックとダンスっちまってるのぉぉぉ」gkbr


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 22:12:18.18 ID:LHdS/aGLO

………

銀時「………二人はいない!帰り道もない!表は化けもんだらけ!」

銀時「くそ!……しまいか!?
………………………………何言ってやがる
あいつらだけでも取り返さねーと。なに、また寺にでも入れりゃ元に戻るさ。そうだ、連れて帰らなきゃいけねぇ!」

銀時「うし、こっからは、ここからは幽霊も怖くねぇシリアス銀さんで

白「おいお前」

銀時「ティウンティウン」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 22:24:28.86 ID:LHdS/aGLO

銀時「ばっきゃろろろろろろらろ」

白「静かに!」

銀時「ティンッ」

白「…」

ヒューン

銀時「………んだありゃあ気色の悪い天人だな」

白「それよりも自分の体を見てみろ」

銀時「?……ぎゃああああああああああ透けてやがるぃ!!」

白「早くこれを食らえ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 22:40:09.17 ID:LHdS/aGLO

銀時「つーと要するに、ここは神さんのソー

白「仲間を取り戻したいのだろう」

銀時「…でおめーが手ぇ貸してくれるってのかい。というかお前も神様なのか?」

白「手助けできるのは初めだけだ。あとは自分で取り戻すんだ」

銀時「…ありがてぇ」

白「手を貸せ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 22:44:58.37 ID:LHdS/aGLO

>>36
おれが>>22みたいなの書き込んだから

いちいち褒めなきゃ書かねぇのかくず

て意味では?すまん


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 23:02:44.77 ID:LHdS/aGLO

白「…」スタスタ

銀時(いや、橋の上で息をするなと言われ)スタスタ

銀時(しなければ気付かないと言われたが)スタスタ

カオナシ「」…

銀時(いやいやガン見なんですけどこれ絶対目があってるよね完全に目がついて来てるんですけど)スタスタ

カオナシ「」…

銀時(白さん?ばれてますよーおいこら新婚カポーの夜の営み前でもこんなに見つめあわねーよみーるーなーやー)スタスタ

カオナシ「」…

銀時(ばらせばいーじゃん!もう周りのやつに言っちまえYO!しゃーべーれーやー
なに?なんなの?通り過ぎ際にぶっ飛ばしちゃっていい?こいつ)スタスタ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 23:15:52.54 ID:LHdS/aGLO

白「もう少しだ我慢して」ボソ

銀時(いやー銀さんえらいよこれはあいつぶっ飛ばさなかったからねすごいよ
ガンつけるってレベルじゃなかったもの火花散らすっていうよりなんかもうプラズマみたいなの出してたからね)スッタスッタ

青蛙「白さまー!」ピョン

銀時「てぇえぇーいぃ!!」バシィイィッ

青蛙「ヒデブ」ヒューン

白「」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 23:33:55.69 ID:LHdS/aGLO

庭の影

白「」

銀時「……………………………その悪かったよ
斜め上だったんだよ。出てくんのも、声も、眉毛が繋がってるなんてのも」

白「…いいかよく聞くんだ」
………

銀時「はぁなんでこんなことになっちまったんかねぇ」ギシ

銀時「大体新八があんときちゃんとした道を意地でもすすまねぇからこうなったんだよ
か~やだねやだね最近のわけぇのは上の人間について行くばっかで自分の意地なんてありゃしn」バキッ


銀時「あああああぁああああああヴァあああぁああ」ゴルンゴルン


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/28(木) 23:55:41.16 ID:LHdS/aGLO

釜爺「で、銭婆に会いたいと?」

銀時「俺だってあんな化けもん口説きたかねーんだがよ」ガシガシ

銀時「どーにもそれしか手がねーみてえで」ゲシゲシ

銀時「たくババア要員は足りてんだよ家賃家賃とうるさいのが」ドカドカ

銀時「あ~る~こ~あ~る~こ~わたっしは~げんき~」ゴシゴシ

ススワタリ「キャーキャー」

釜爺「やめんか」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 00:27:21.10 ID:M5RrOkR5O

銀時「はぁはぁおいもう十分手伝ってやったじゃねーか。いい加減上への上り方教えやがれクソジジイ」

釜爺「じゃかあしいわ!ススワタリ減らした分まで働かんかクソジャリ!」

銀時「いいからよーこちとら仲間がハムにされちまう前に助けなきゃナンねぇんだ
時間がねーんだよ」

ガラ
りん「釜爺飯を……?釜爺なんだいこの柄が悪いのは」

釜じい「おおりん、こいつは新しく働くことになる人間だ」

りん「人間!?」

銀時「おいこらジジイその蜘蛛手絡ましたあと手の平合わせて薬指だけ離すことのできなくなる魔法かけてやろーか」


間違えたぜ湯婆


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 00:47:23.31 ID:M5RrOkR5O

りん「へぇ仲間がねえ、それでわざわざ働いて取り戻そうと」

銀時「あぁ?オカッパもそんなこと言ってたが
んなまどろっこしい事やってらんねぇよ」モグモグ

銀時「飯代払ってちゃっちゃと元に戻させておさらばさね
そいつがここで一番偉いならなんとかできんだろ」ヒラヒラ

りん「そいつはさすがに無理なんじゃないのかい?」

銀時「無理でもなんとかしてやるさね」モグモグ

りん「力ずくかい!?呆れた奴だね。相手は魔女だよ?」

釜じい「ところで金はどのぐらい持ってきてるんだ?」

銀時「まあざっとこんなもんよ」パカ

りん「」

釜じい「」

銀時「全財産だ」

りん「」

釜じい「」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 06:01:09.69 ID:M5RrOkR5O

りん「まぁがんばりなよ(笑)じゃあね」

釜じい「待てりん」

りん「やな予感」

釜じい「こいつを上まで連れてって行ってやってくれないか?」

りん「悪いね面倒事だしおれは得しないあと…………おれは天パの男が嫌いなんだ」ニヤリ

銀時「んだとアバズ

釜じい「ほれ銀時手伝ってくれた褒美だ。これをやろう」

銀時「んだこれトカゲのミイラか?あんだけ石炭運んでやったのに何これ?
おちょくってんの?せめてまともに食えるものを要求します」

釜じい「さっきわしの飯を食らっておったろうが」

りん「そいつは…!イモリの黒焼き!」ゴク

銀時「ああ…そゆこと」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 06:22:47.77 ID:M5RrOkR5O

ゴトン

りん「いいかい?この先に

銀時「だぁいじょうぶだって。こっちだろ?パシりごくろーさん」スタスタ

りん「……はん、せいぜい気張んなさいよ」ゴトン

銀時「ふん…いい趣味しんなぁおい………ん?なんか背中に…」

銀時「こいつは…さだは」グイン

銀時「のおおぉぉおぉお!」グイングイン

銀時「くそ!何に引っ張られてやがるぅ!!」

銀時「げはぁ!……つぅ……ここぁ?」

湯婆「まさか自分の方から来るとは思わなかったよ」ニヤリ


すまん寝落ちしたよ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 06:55:33.72 ID:M5RrOkR5O

銀時「……よおあんたが湯婆か?まさか2頭身とは思わなかったぜ。何年生きたらそんなになっちまうんだい?
なにその頭?お菓子とか入ってんの?」

湯婆「よくしゃべる小僧だね」ヒュッ

銀時「ングゥッ!」

銀時(口が…!)

湯婆「次はその口縫い付けてやるからね。それともあんたの仲間と同じ目にあわせてやろうか」

銀時「…」

湯婆「ふん。こっちの質問にだけ答えるんだよ。お前みたいな馬鹿が一人でここまでこれる訳がない
誰だい?あんたを手引きしたのは?」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 07:32:28.69 ID:M5RrOkR5O

銀時「…………え」

湯婆「はあ?」

銀時「…おれを雇えって言ってんだよ」

湯婆「……ふはははははははは!!
なんでお前みたいみたいなちんけな男雇わなきゃならないんだい!
あいにく男手は足りてるよ。…誰だいあんたをここによこし、そんな入れ知恵したのは?さっさと答えな」

銀時「まままま取り敢えず一回雇ってみ?それから考えてみても遅くないってがんばっちゃうからさー俺」

湯婆「あんまりわたしを怒らすんじゃないよ!聞かれたことだけに答えな!!」

坊「おんぎゃあああああああああ」

銀時「!」ビリビリ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 07:49:34.50 ID:M5RrOkR5O

銀時「リクルート応援ソング一番『テルーの唄』聞いて下さい
こぉおおおおこぉろをぉなぁにぃいにぃいいたぁとぉえぇよぉおおおお!」

湯婆「だまれええええぇええ!!」

坊「ぎゃあああぁぁあああぁあ」ゴシカッ

銀時「ふふぅんんはんふははぁあんんぁあ!」

湯婆「うろ覚えじゃねぇえかあああああ!!」

銀時「ふぁああああああん!!」

湯婆「だまれええええええ!!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 08:20:45.87 ID:M5RrOkR5O

湯婆「そこに名前を書きな」ボロ

ヒュルヒュル

銀時「そんなに魔法ばっかに頼ってっと背中がどんどん曲がっちまうぞババア、だから2頭身なんだよ」パシ

湯婆「ほんとに豚に変えられたいのかい」

銀時「就職おめでとうソング『時には昔の話を』聞いて下さい」

湯婆「黙りな小僧」

銀時「ふぁあいんふあわあ!」

湯婆「最初からかい!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 08:35:31.75 ID:M5RrOkR5O

湯婆さん「…………これ本当にあんたの名前なのかい?」
坂田定春千八号

銀時「そーです親がDQNだったんです人造人間17号とかと同じノリだったんです」

湯婆「……………………違うねあんまり私を舐めるんじゃないよ!」

銀時「まぁ露骨過ぎて冷めてやめただけですけどね」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 08:48:45.02 ID:M5RrOkR5O

湯婆「今からお前の名は銀だよ」

銀「えぇ~俺の好きなキャラと被る~しかも今までと大してかわんねーよ
大抵銀さんやら銀ちゃんだもの名字で呼ぶのキャサリンとヘドロぐらいだもの」

青蛙「湯婆様お呼びでしょうか?」ガチャ

銀「てえぇえぇいぃ!!」ビシィッ

青蛙「プゲラ」ヒュンバシッ


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 09:09:39.97 ID:M5RrOkR5O

青蛙「…………いやひどくないケロ?」スタスタ

銀「いやぁわりぃわりぃ。予想外のとこに出て来られると叩こうとする体を頭が止められねーのよ、初めて会った時から」スタスタ

青蛙「それ言い訳のつもりケロ?」

銀「木刀取り上げられちまったしどうすっかなぁー」

青蛙「こいつ絶対反省してないケロ」

青蛙「ここが男部屋ケロ」

男「おい青蛙、そいつ人間じゃねぇーか」

銀「おいこの部屋なんか生臭ぇぞドブ川みたいな臭いがする
ちゃんとした後のティッシュはトイレに流せ」

青蛙「お前少し黙るケロ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 09:36:36.08 ID:M5RrOkR5O

………

銀「あんな生グセー部屋で寝れるか!イカそうめんの中で溺れる夢見るわ!」ウロウロ

リン「おい」ボソ

銀「ん?おおパシりガール」
リン「誰がパシりか。リンだ」

………

リン「そうかちゃんと雇ってもらえたのかい」

銀「こっちもよぉ、メラとかなら、最悪メラゾーマくらいまでならやりあってやろうかと思ったんだがな」

銀「でもこっからどーすりゃいいんだよぉ。あのオカッパ小僧も最初しか手助け出来ねーとか言ってたしよぉ」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 09:56:06.37 ID:M5RrOkR5O

リン「そのオカッパ小僧ってのはもしかして白ってやつか?」

銀「ん?ああそいつだよ憎たらしいほどサラサラヘアーの、いやわりとまじで」

リン「へええ!あいつが人助け!」

銀「?」

リン「あいつ無愛想だしあの湯婆の弟子って話なんだよ。
夜な夜な湯婆の命でコソコソ動いてんのさ」

銀「…………まぁ俺としては助けてくれんなら誰でもいいさ」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 10:05:04.88 ID:M5RrOkR5O

リン「利用されてるだけかもしれねーぞ!…用心だけはしときな」

銀「あー、分かってるよ。それより俺自信どうすっかな。残ってんのは財布と」

リン「すっからかんのな」

銀「こいつだけだ」

リン「カブトムシ…だと…」ゴクリ

銀「えっ」

リン「えっ」

銀「なにそれこわい」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 10:25:30.79 ID:M5RrOkR5O

…………

サラサラヘアー「おきて」トントン

銀「…うるせーぞぉ神楽、飯なら自分でつくれ」グゥ…

銀「んだぁこれはこんな髪の毛はなぁおれがお目覚めの時見たくないものベスト3に入れていい代物だぞぉ」ウトウトガシィ

白「やめろ!痛い!」

………

銀「おいどこに連れてこうってんだ」スタスタ

白「…」ザッザッ

銀「いや悪かったよ俺が悪かったから何か話せよ頼むから!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 10:37:17.70 ID:M5RrOkR5O

銀「で、こんなかに新八と神楽がいんのか」

豚「ヒィブヒ」

豚「ンブヒィ」

豚「ブルァアアアアアアアアア」ガツガツ

銀「一人はすぐ分かったな」
白「湯婆は豚をよく太らせたあと料理にするんだ」

銀「あいつらはまだ大丈夫なのか?一人ものっそい勢いで食ってっけど」

白「……多分」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 11:01:17.59 ID:M5RrOkR5O

白「ほら飯と着物と剣だ」

銀「気が利くなぁおい。どっかの駄メガネに見習わせたいわ」

白「………お前まだ自分の名前を覚えているか?」

銀「定春千八号」

白「…」

銀「……うーそーでーすー銀………あれ?あれえ!?」

白「湯婆は相手の名を奪い従えさせるんだ」

銀「は!そうだ!名刺名刺!………坂…田銀…時…よしこれだこれ!」

白「そうやってまだそれを自分の名だと分かるのならまだ大丈夫だ。
全てを忘れればここから出られなくなってしまうぞ」

銀「………………おめーもなのか?」

白「…」

銀「おめーもてめぇの名前忘れちまって、それであんのババアのケツにひかれちまってんのか?」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 11:13:42.66 ID:M5RrOkR5O

白「………私は自分で選んだんだ。自分からあの魔女に弟子入りしたんだ」

銀「………」

白「さぁすぐに夜が来る。早く戻るんだ」

………

銀「…」スタスタ

銀「ん?」

ヒュルヒュル

銀「……白い……龍?…」


シリアスな感じにしてしまうと白がなんかふわっふわっしてる


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 12:01:05.73 ID:M5RrOkR5O

………
ザァーー

銀「しゃーせーいらっしゃーせーさーせー」プラプラ

男「何やってんのお前」

銀「何って入口で雨の掛からない場所から呼び込みやってるんですよ先輩w」ヘラヘラ

男「誰がそんな事しろといったよ!」

銀「おれァ思うんすよね。言われてからやるやつ、言われたことしかできないやつは能無しだって
仕事するからにはおれァ言われる前にやる、言われないこともしようってのが信条でしてね」ヘラヘラ

男「そんな態度とやる気の人間の口から出る信条じゃねーよそれ!!
少なくとも言われたことをほっぽり出してやらないでいいことをやってる人間の口からはな!!」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 12:32:04.81 ID:M5RrOkR5O

銀「おいリン」

リン「おお銀」

女「何?こいつもしかして人間じゃないの?」

女「なぁにリンあんたこんなのと仲いいの?」

リン「ちげーよそんなんじゃねぇ」

銀「んだコラ崩れた福笑いどもが。パーツちゃんと元の位置に戻してやろーか」


オンナタチ「シネー!テンパ!インモウ!スチールウー

スタスタ

リン「それよりどうしたんだよ?」

スタッ
先輩「そいつにゃお前と一緒に大湯を洗ってもらう」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 12:47:18.04 ID:M5RrOkR5O

リン「はぁ!?」

先輩「昨日は、よくもおれの前で、食べてくれたな、イモリの黒焼きを、ゆっくりと!焦らしながら!足の先から少しづつ!!」

リン「」

銀「何やってんだお前ら」

先輩「お前は結局少しも分けてくれなかったなぁ!」

銀「先輩自分の仕返しのために俺まで巻き込むのかよ。ちっちぇーよ器が、さながらアマガエルの如く」

先輩「如くじゃねーよむしろお前有っての仕返しじゃボケ!!お前少しはほんと仕事しろ!!」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 13:11:00.21 ID:M5RrOkR5O

リン「なんだまじめに働いてなかったのかお前」

銀「俺がこの仕事に情熱をもって取り組んでると思うかは自分の目で見極めて欲しい」

先輩「ほんと見た目通りだったもんな働きぶりは。惰性に充ち満ちてたものな」

先輩「そういうことだリン。ちょうど人出も足りてなかっただろう、がんばれよw」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 13:30:29.74 ID:M5RrOkR5O

………

銀「…」

リン「…」

ヌルッヌル!

銀「いやぁその悪いな」

リン「いいよさっさと始めちまおう」

銀「ああじゃあよろしく頼む」プラプラ

リン「いや悪いと思うなら働け!」

………
ザァーー

湯婆「………………………何か来るね………」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 14:16:29.31 ID:M5RrOkR5O

…………

銀「おいこら一番効く薬湯よこしな」

番台「いきなりなんだぁ人間」

銀「なんだか汚れがおちねーから薬湯欲しいんだよ。いちいち覚えんのたりーから取り敢えず一番効くやつくれよ」

番台「あぁん?そんなもんはしっかり擦りゃあいいんだよ!手を使え手を!」

女「札ちょうだいなぁ」

番台「はいよぉ」

銀「おいくぉらハゲどーゆーことだ」

番台「なんだぁまだいたのかおめぇ。わっかんねーやつだなぁ
人間にくれてやる札なんかねぇって言ってんだよ!ほら消えろ」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 14:43:33.44 ID:M5RrOkR5O

銀「上等だよハゲガエル降りて来いよてめーで理科の実験してやる」

番台「あん?大体お前さっきからハゲおしてくっけど毛の生えた蛙ってキモくね?もうお

カオナシ「」ヌゥ

銀「てめーはあんときの…!まだ見てくんのかよやめろよ
気持ちわりーんだよなんだよ何?呪いか何かの一種?」

番台「呪いぃ?何言ってんだ」チラリ

カオナシ「」スゥ

番台「?……ん?あれ?あいつどこいった?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 15:08:48.77 ID:M5RrOkR5O

銀「取り敢えず全種かっぱらってきたがどれだぁ一番は?」スタスタ

銀「まぁリンにでも聞きゃいいか」

カオナシ「」ヌゥ

銀「まーたてめぇか、どいつだ?誰がおれを呪ったんだよ。心当たり在り過ぎてわっかんねぇんだけど」

カオナシ「」ススッ

銀「何これ?呪いのお札?…ちげぇな湯の札か?」

銀「んなもん貰わなくてもなぁもうかっぱらって来てんだ
まぁてめぇのお陰なんだが。そいついらねぇなら他のやつにくれちまいな」

カオナシ「……アッァアッ……」ボロボロ

銀「?」

カオナシ「……アァ…」スゥ

銀「…」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 15:23:44.16 ID:M5RrOkR5O

…………
ザァーー

ズルッズルッ

ズルッズルッ


男「ひどいにおいです!」

湯婆「……こいつはオクサレ神さね、さぁてどうしたもんかね」

湯婆「…………………フゥン」ニヤリ

湯婆「銀の小僧を呼んできな…」

先輩「えぇ!?あの馬鹿に任せる気ですか!?」

湯婆「ンフフフッいいんだよ失敗したらそんときゃ…」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 15:59:33.71 ID:M5RrOkR5O

銀「無理無理無理無理無理ぃ!!この距離でもこんなに臭うんだぞ!
これ以上近付いたらおれの甘味センサーがぶっこわれちまう!!」

湯婆「お前は自分の立場が分かってんのかい!!断われる立場じゃないんだよ!
ああいうのでもちゃんと迎え入れないと油屋の評判が落ちちまうじゃないか!」

銀「なら自分で迎えりゃいーだろタマネギババア!!汚い客をお持て成し出来ないけど
店の評判は下げたくないなんてちゃんちゃらおかしいと思わんかね!?と言う事でこのタマネギをゴォー・シュート!!」

湯婆「このガキ言わしておけばぁぁ!!」

先輩「おいもうすぐそこまで来てんだ!さっさと行け!!」

銀「そうだ先ぱーいまだおれ何も先輩から教わってねーよ
今こそ先輩として後輩にかっこいい姿魅せてくれよ!!」

先輩「こういう時だけ後輩面?さっきまでなめきった態度とってたよね!!」

銀「効果発動ー先輩をリリースして銀時をゲームから除外す

ズゥゥウウン

銀「」

湯婆「」

先輩「」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 16:25:16.58 ID:M5RrOkR5O

湯婆「よっようこそいらっしゃしゃいました………」

銀「ふじこふじこふじこ」

オクサレ神「」ヌゥゥ

銀「臭いが………鼻がぁ……?あれ?待てよ?逆にいいにお…………いやいやいやいや!」

湯婆「おいいい加減にするんだよ!早く手をおだし!!」ボソボソ

銀「いやいい臭いなわけねーよそんな馬鹿な
そもそも今おれの鼻はちゃんと臭いを嗅げているのか?これはただの幻……幻臭?………」フラフラスゥ

ヒュッドチャ

銀「ひゅうううううえうう」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 16:59:53.46 ID:M5RrOkR5O

銀「あ、あれ二人は…?どこ行きやが………ざけんなぁあああああ!!」ドロドロ


………
ワザワザ

リン「なんの騒ぎだいこりゃぁ?ん?……」

銀「ひゃあっはっはっはっはっ
おまえら見てんじゃねぇーよぉ殺せよぉ俺なんて
こんな汚れた手じゃあ愛する人を抱くことも愛しい我が子を撫でることも大切な両親を支えることも出来ない………!!
ひぇえっへっへっへっ
お客様ぁー地獄の釜の底はこちらでーす!」


リン「………」

リン「…………ぎ………ぎ…
………………………やめとこう………」



リン「……あ、飯が腐っちまってら」



>>144
キーボード上から2列目横にザーてやるやつ
携帯だから……


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 17:31:11.41 ID:M5RrOkR5O


男「おかしなってますが湯場の方に向かっています」スタスタ

湯婆「ふん、なかなか骨はあるみたいじゃないか」スタスタ

…………

銀「へっへっへ……へっ…」フラフラ

ダッ

リン「おい!しっかりしろ!」

銀「……お前!」

リン「釜じいにありったけの薬湯送ってくれるように頼んで来た!しっかりしろ!」

銀「…………あぁもう大丈夫だ」

リン「銀!」

銀「今のおれはさっきまでのおれじゃねぇ今ならこの手で直にウ○コを握り潰すことが出来そうだ」

リン「それ大丈夫じゃない」


なんか抜かしてる場面とかあったら指摘してくれ
できるだけねじ込める


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 17:55:45.39 ID:M5RrOkR5O

銀「よお、ヘドロの神様かぁウ○コの神様かぁなんて知らねえが」

ズルルルル

銀「どんなに汚くたって、臭くたって、どんなやつにも風呂でのほっと一息する権利ぐらいあらぁ」ガッ

ジャバァン

オクサレ神「」

銀「お代は確かに頂戴したんだ。あとはごゆっくりどおぞおおおおおおお!!」グィィ!

ガパッ

ザババァアアア



銀「でも正直大浴場はほんと勘弁して下さい」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 18:21:00.08 ID:M5RrOkR5O

銀「ふぅー……………」ブラーン
オクサレ神「」ザバザバ

銀「…………?んだありぁ?」

銀「…」ザババ

リン「おーい!どうしたぁ!」

銀「……」ザバババ

リン「おい!」

湯婆「……んん?」ジッ

銀「ブハァプハッ!!ハァ…なんかあんぜここぉ?」

湯婆「……!」

リン「なんかってなんだよ!」

ヒューンスタ

湯婆「おい銀!受け取りな!」ポン ヒュッ

銀「!」パシ


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 18:37:17.77 ID:M5RrOkR5O

湯婆「銀!そいつはオクサぁうっ!」グィグィ

銀「おいクソババア。降りてこいや、そのしわくちゃの面にドロパックしてやる」グイグイ

湯婆「おいやめろ。やめっやめ」グィグィ


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 18:49:17.73 ID:M5RrOkR5O

湯婆「ハイソォーレ!」カケゴエワスレタ

銀「ぬぅうううあああ!」グググ

湯婆「このお方はオクサレ神何かじゃないよ!気張りなあぁ!」

リン「ぐぬぬぬぬう!」グググ

銀「てかババァ!てめぇもやれやあ!」グググ

湯婆「ハイソーレ!アッソーレ!」

銀「おいこらてめぇ殺されてーのか!!」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 19:00:27.90 ID:M5RrOkR5O

ガガッ

銀(自転車ぁ!?)

ズルッズルルズボズバババァッ

リン「うわぁ!」ドサ

労働者達「うわぁあぁ!」ドシャドシャ








カポーン




河の神「 」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 19:19:32.18 ID:M5RrOkR5O

河の神「あっはっはっはっはっはっはっ」ヒュルルルルル ドカァン

銀「…………んん?」ゴソゴソ

男「…ん?……!!金だ!砂金だ!」

ザワザワ

湯婆「なんだって!?ほんとかい!
…………ハ、ハハハよくやったよぎn ドパァァン

銀「よく降りて来たなぁクソババア
約束通りマッサージ付で塗りたくってやるよ」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 19:52:54.12 ID:M5RrOkR5O

…………

銀「……」ボロ

リン「ほら銀飯もって来てやったぞ」

銀「あのクソババア従業員使って自分は高みの見物決め込みやがって」ヨロヨロ

リン「たく命があっただけでも儲けもんさ!」

銀「つってもおれの金まで全部一人占めしやがった」

リン「お前も同じ穴のムジナじゃないか」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 20:15:38.59 ID:M5RrOkR5O

銀「ところでこいつをみたことあっか?」ヒョイ

リン「なんだいこりぁ?」

銀「さっきの騒動の後いつの間にか懐に入ってやがった
何?ウンコ?あの神様のウンコ?ここまでしてやったのに去り際おれの懐にウンコ忍ばして行きやがったの?」

リン「たとえそれが本当にウンコだったとしてもよくお前はこねくり回してられるな」

銀「言ったろう今のおれは直に人糞すら握り潰せる」

リン「」ヒキ


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 20:28:13.62 ID:M5RrOkR5O

リン「かじってみれば?」

銀「話聞いてた?ウンコかもしれないって話してたよね?その後にかじってみると言うフラグは立つものなの?」

リン「いや、ふと」

銀「ウンコじゃなくてもヘドロ塗れの場で見つけたもんを口に運ぶと言う発想はしねーよ」

リン「そうか」



リンが苦団子っておしえたんだっけ?


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 20:43:42.98 ID:M5RrOkR5O

…………

銀「……あーー………」ボー

銀「…………あら?」ポツーン

銀「……張り切ってんねー皆さん」ボリボリ

銀「………………いてて」

銀「…………ん?ありゃあ昨日の白い龍……」ヨッコラセ

銀「なんか様子が変だぞ」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 21:13:49.28 ID:M5RrOkR5O

銀「おいおいこっち来てんの?」ヒュ

銀「………うっそこっち来てんぞ!」ヒュウウ

銀「………まじでこっち来てるよ!!」ヒュウウウン

ドガアァン

銀「ぎゃああああああああああああ」

龍「グルル」ガタガタ

銀「つぅ…おめーは……!」

銀「!…窓!うぉお!」ダッ
銀「ふん!」ガタガタ ヒュウウウン

ババババババッ

銀「んだこりゃあ紙か?だれだよこんな危ねー折紙してんのは」

バババパリンパリンバパリンッ!


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 21:25:01.28 ID:M5RrOkR5O

銀「うぇあ入ってきやがった!」バシバシ

龍「グゥゥ!」パリ-ン

銀「!おい待てコノヤロー!」

バババ…

銀「あいつを追ってんのか……あの野郎……」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 21:44:23.79 ID:M5RrOkR5O

…………

銀「しっかしほんとにお祭り騒ぎだな」ダッダッ

銀「!おい昨日の崩れ福笑い」

女「げ!あんたは昨日の天パ」

銀「おい崩れこのお祭り騒ぎは何なんだ?何か特別な日か?ビンゴ大会は?わたあめはあるの?」

女「誰が崩れだ!あと別に祭りでもねーよ。そこをどきな!
さっさと料理運ばなきゃならねーんだから。あんたと話してる暇はねーの!」ダッ






女「あれ?なんで皿の上空になってんだ?」


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 22:03:08.41 ID:M5RrOkR5O

銀「なんでエレベーター動かねぇんだよ」ガン

銀「さってどっから上るかね…ん?」

先輩「え?」

銀「」

先輩「」

ダッ

ガシィ
銀「せんぱーい後輩の顔見て逃げるなんてひでぇじゃねぇの?
ところで人の顔に叩き付ける手頃なもんもってねーすか?」ギリギリ

先輩「ぐふっ…ギブ!ギブ!」


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 22:52:38.42 ID:M5RrOkR5O

…………

銀「あっはっはっはっ
くっそがあああああ!!
なんでおれだけこんなにタイミングわりぃんだよ!?
昨日の今日だぞ?昨日なんておれヘドロ塗れだったんだぞ?
ヘドロ塗れってーかもうヘドロの一部にだったよ?
つーかもうおれがヘドロだよ!もうそれでいいよ!ウンコ触れるし!」ギリギリ

先輩「ぐふぅ!悪かったって
あと言いにくいんだけどあんまりその手で触んないで!お前あんまトイレとかで手ぇ洗いそうなタイプに見えねーし」

銀「てめーにまで汚物扱いされる義理はねぇぇぇ!」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 23:12:23.61 ID:M5RrOkR5O

先輩「ごほごほっ…てかお前も金欲しいならそんな龍ほっときゃいいじゃねーか」

銀「……やつぁ血ぃ流してた」

先輩「でも今しかねーんだぞ?湯婆がいねぇこんなチャンスなんて。それにそんなの助けてどうすんだよ」

銀「…………神さんやおめーらがどうかは知らねぇがなぁ」

銀「豚になっちまうのさぁ人間は、訳の分かんねーもん食わなくとも」

銀「今ここで行かなくてもな」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/29(金) 23:48:46.80 ID:M5RrOkR5O

銀「はぁはぁこの階かぁ!?クソガエルが言ってたのは…」

ノソッ
銀「……あの梯子(?)か…」ヒューヒュー

銀「なんでこんな遠いんだよ屋根伝いなんだよ嫌がらせ?これの設計者ぜってーほくそ笑んでるよ
梯子使おうとするやつがgkbrするのを想像しながら笑ってんだよ、畜生だな。でも残念相手が悪かったな、銀さんで
新八なら楽しめたかも知れねーが。なんせ銀さん空飛ぶ船から飛び下りたことあるしね。今思うと我ながら無茶だったよ、俺何も付けてなかったし
でももうそーいうのも体験しちゃってるからこんな時を超えた嫌がらせなんてね、どーともないのよね。ほらそうこう言ってるうちにもう到t
ガリ




銀「ほっほっほっほっほっ!」バクンバクンバクンバクン


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 00:08:39.03 ID:8zQcUWzPO

銀「んだぁこの部屋は?
クッションだらけだなおい」

銀「……」スーーヒュン

銀「……」ソー

アシヲガシィ!
銀「!」グワン

銀「うぁぉ!…てあああ!………!?」ビュッ ピタ

坊「その棒で坊をぶつのか?」

銀「えっ」


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 00:23:46.08 ID:8zQcUWzPO

銀「おぃデカブツ手を離せ」
坊「その棒で坊をぶつのか?」

銀「いやぶたねーから離せよ結構恥ずかしいんだよ
大の大人が赤ん坊に片足吊り上げられてるってどんな絵面だよ」

坊「なら坊と遊べ」

銀「黙れ小僧」

坊「遊ばないなら坊泣いちゃうぞ」

銀「あん?泣けば?」


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 00:45:39.46 ID:8zQcUWzPO

坊「」

銀「おいクソガキいい加減にしろよしまいにゃ張り倒すぞ。銀さん急いでんだよわりと
だからあと3秒で離せ。3秒たって離さなかったらもうぶつからな坊を棒でってやつだよさっむ

はいじゃあいくぞはいスリーツーワンどーんはーなーせーやー」

ギュウゥ
銀「いだだだだだだだだ」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 01:30:15.96 ID:8zQcUWzPO

坊「遊ばないと折るぞ」

銀「いただだただ!!言っとくけどおれ子供だからって甘い顔したりしねーから
特にてめーみてーな根性ねじまがってるようなガキには!わかったなら諦めてとっとと離せや!!」

ギュゥゥ

銀「あだだだだだだだだ」ジタバタ

銀(くそ!こんままじゃ……………!…これだ!)

銀「おいクソガキ」

坊「?」





銀「お前ウンコは触れるか?」ニタァ



まだ終わらない\(^o^)/


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 02:29:37.57 ID:8zQcUWzPO

坊「うわあああああああああ」ダァッ

銀「ぎゃははははははははどうしたクソガキィ!!
ほらほらウンコだぞウンコほらほら早く逃げねぇとダメだぞぉ!」ダダダ

坊「うわっ」ズテン

銀「ぎゃははははははは」ダダ

坊「うぇ、うわぁああああ」ダァッ

銀「おいおい遊んでやってんのに何泣いてやがんだぁw子供にゃ笑顔が一番似合うんだぜええ(笑)
ほら走れ走れぇ!投げるぞ?ほら!投げ付けるぞぉ?ほら!ほら!」

坊「うう゛あ゛ああぁあ゛あ」ダァァ…

銀「………………はぁはぁはぁはぁ」




\(^o^)/ 今日はこれでしまい

書くの一杯一杯でレス返せなくてすまん


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 02:44:09.12 ID:8zQcUWzPO

>>265
書き忘れた

このウンコって苦団子のことです


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 11:43:36.17 ID:8zQcUWzPO

銀「たく最近のクソガキァ図体ばっかりデカくなりやがって、根性無しめ。
んだよこの暗い部屋こんなとこに閉じこもってゲームばっかりやってからウンコも触れねーんだよ
いやウンコじゃないと信じたいんですけどねコレ」コロコロ

スタスタ
銀「ん?」スッ

ゴロゴロ
頭×3「オイ、オイ、オイ」

銀「…………なぁにあれ?なんでおっさんの頭が跳ね回ってるんの?
想像を絶する不快な気分にさせられんだけど後ろから蹴り上げたくなる」


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 12:18:55.71 ID:8zQcUWzPO

龍「………」ボロ

龍「……………グル」

銀「…よお、随分な様子じゃねーか白」

龍「……グフ………」

銀「おいおいそう睨むなや、心配して来てやったんだぜぇ?結構やばいんじゃねーか?」ペリッ

銀「あん?」

ヒュッストン

銀「げっ!さっきの紙切れ!」



この辺かなりうろ覚えやばい\(^o^)/


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 13:38:43.41 ID:8zQcUWzPO

湯バード「ギァァギャァ」バザバサ

銀「!?ぎゃはははは!ババアなんだそりぁ!魔法失敗しちゃったの?ポリデュース薬でも飲んじゃったの?ってうおお!」バササ

頭×3「オイ、オイ」ゴロゴロ

銀「げ、おやじ3連星!」

頭×3「ジェットストリームアタック!!」ビュビュッ

銀「ぎゃあああああ!ノってくんじゃねぇえええええ!」ドォン

銀「あぶねぇ…」

坊「」ダンッ

銀「!おいクソガキてめぇの相手ぇしてる暇ぁねぇえんだよ!本当にウンコ投げ付けんぞ!」

坊「坊だって触れるぞ」

銀「あ?」

坊「坊だってウンコ触れるんだぞ!」

銀「やかましい!つよがんなよ今それどころじゃないだよ触れんなら自分のニギニギしてろよ一人でまだ誰も始めてないアートの先駆者にでもなってろ」


333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 14:23:13.28 ID:8zQcUWzPO

頭×3「オイオイオイオイオイ!」ドドドド

銀「ちぃっ!」ダッ

ドカッ
頭「私を踏み台にした!?」

銀「いちいちセリフがメジャーなんだよお!」ビシィッ

湯バード「ギャアァ!」ドサ
ダン
銀「昭和アニメとドラえもんとおれ以外のジャンプスターばっかのアニメランキング並に見聞きし飽きたんだよお!泣けてくるわあああ!」ビシバシビシィ

頭×3「オイオイオイィ!」ドカァン

銀「何回ネロとパトラッシュを殺す気だあ!!」ダダッ

坊「ひぁ!」ビクッ

銀「もうそっとしといてやれええええ!!」ビュンッ ピタ

坊「………………あう……」バタ

銀「………よく知んねぇのにガンダムネタなんてすっからこうなんだよ」スチャ


341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 14:53:05.35 ID:8zQcUWzPO



……………


カオナシ「金ダー」

先輩「ワーイ」

カオナシ「イタダキマス」

先輩「キャー」バク

労働者達「キャー」



……………


銭婆「えらく腕の立つ奴がいるじゃないのさ」パァ

銀「!てんめババア元に戻りやがったのか!」ブンッ

銭婆「安心しな。私も、そこでのびてる鳥も妹じゃないよ」

銀「え?妹?」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 15:45:05.77 ID:8zQcUWzPO

銀「……姉妹ねぇ、なら妹さんがおれの仲間に掛けた魔法なんとかできねーの?」

銭婆「そりゃぁ妹しかできないね、自分の手で助けてやりな」

銀「おいおいなんでぇ役に立た

白「…………グゥゥ……」ギリギリ

銀「おい!どうした!」

銭婆「ふふふ………その妹の哀れな下僕は私のところからあるものを持ち出したのさ
でもそれにはちょっとした魔法を掛けていてね」

銀「!」

銭婆「じきにその龍の命を奪う」

銀「んだ

坊「うわああああああああん!」

銀「がっ!?起きやがったか!」

銭婆「やかましいね」ヒョイ

坊「うわあああ……ぁ……………………………チュウ」


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 16:09:22.22 ID:8zQcUWzPO

銀「ネズミ!?」

バサバサ

銭婆「!妹に報告しに行く気だね」ヒョイ

湯バード「ギャァギ……ァ…………………」ヒューー……ポト

銭婆「これで静か

ヒュッスパッ

銭婆「!…………やられたねぇ……」スゥ

白「グル…………」ガクガク

銀「おい何やってんだおい!まだ魔法の解き方聞いてねぇじゃねえか!」

白「フゥゥ!」バッ

銀「待てどこ行く気だ!」ガシ

ネズミ「チュウ」ガシ

ハエドリ「プーン」ガシ


349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 16:16:29.52 ID:8zQcUWzPO

銀「おい何やってんだドブネズミ!」

ブワ

銀「うぉお!」

ヒューン

銀「いやあああああ落ちてるうううううううう!!」


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 16:44:01.73 ID:8zQcUWzPO



………………

……ガ…………ガガ……

釜じい「んん?なんだぁ?」
………ガガガガ

ガァンッ
銀「いやああああああああ!」バァン

釜じい「銀時!」

銀「ジジイ助けてえええええ!
白てめいい加減にしろよおおお!」ドカバタ

釜じい「白!?そいつが白ってのか!?」

銀「そうだよ白だよこいつぁ……っうおあぁ!」ツイラクッ

白「フゥゥ!フゥゥ!」ジタバタ

釜じい「まるで内側から傷付けられてるみたいだ」

銀「いいから押さえんの手伝えジジイイイイ!!」ガシ


352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 16:49:41.74 ID:8zQcUWzPO

しまったー湯婆いたんだったぞー\(^o^)/


356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 17:13:30.07 ID:8zQcUWzPO

銀「え?ウンコだよこれ?360゚どっから見てものウンコだよ?それを?こいつに?食わせる?日本語?
おれの懐にも忍ばせてあったし、ここじゃ恩人にウンコを食わせたり贈ったりする習慣でもあるの?」

釜じい「違うそれはウンコじゃない!」

銀「それよりなんでおれは今までウンコを肌身離さず持ってたの?」

釜じい「それよりじゃない!知るか!」

釜じい「そいつは苦団子ってんだ!体の中の悪いもんも一緒に吐かせれるかもしれん!少しだけ飲込ませてみろ!」


359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 17:34:52.40 ID:8zQcUWzPO

銀「こいつかぁタマネギ姉貴のとこからパクってきたってのは」ヒョイ

銀「おい白!大丈じy ズルル

銀「んだ気持ちワル!」ポトササササ

釜じい「どうした?」

銀「なんか芋虫みてーなのが付いてやがった!………あいつだ!」ササササ

釜じい「!そうか!そいつが白を内側から苦しめてたんだ!潰せ!」

ススワタリ「キーキー」

銀「おら死ね死ね死ね死ねあっ死ね死ね死ね死ね死ねあ、また間違えた死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ねええええええ!!」


365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 18:20:06.14 ID:8zQcUWzPO

銀「こいつは大丈夫なのか?」

釜じい「正直分からんそれに…」

銀「なんだよ」

釜じい「掛けられた魔法が一つだけとは限らん」

銀「………そういやこりぁなんなんだ?アバダ・ケダブラ!……違うか」

釜じい「何こっちに向けて唱えてんだ、ぶっ殺されてーのか。そいつはおそらく魔女の印だ。めんどくさい物を盗んできおってこの馬鹿野郎は…」


369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 18:51:45.94 ID:8zQcUWzPO

銀「………………うし、ならこいつを返してくらぁ」

釜じい「なんだと!?」

銀「あんな罠カード仕掛けてんだ、それ相応の代もんなんじゃねーの?こいつを返す代わりに残りの魔法も解いてもらうのさ」

銀「タマネギ姉の居場所知ってっか?」

釜じい「いや知ってはいるが…」

銀「おい煤けらども、おれの着物を返してくれ」

釜じい「しかしそれを返したところでどうにもならんかもしれんし、湯婆の命をしくじった事でここでの白の居場所も無くなるかもしれんぞ」

銀「なーにおれも命在っての物種だって言われたぜ?
それにあんな虫けら食らってる時点で白の任は失敗してんのさ。」


375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 19:46:02.27 ID:8zQcUWzPO

銀「おいふざけんなよ着物すすだらけで真っ黒じゃねえか。
てめーらもうちょっと自分たちがただの汚れそのものだって自覚しろ」パッパッ

ススワタリ「キーキー」ヒドクネ?

釜じい「本当に行きだけしかないんだぞ」

銀「切符わりぃなジジイ。こいつと新八たち頼むわ、帰って来てみてあいつら食われてたりしたらもうあれだから、クルーシオだから」

ネズミ「チー」

銀「てめぇもそっちの方が身軽でいいんじゃねーのか?w
どうせババアにあの暗い部屋に押し込められて一人であそんでんだろ?この際外の世界をみてみたらどうだ」

ネズミ「……」

ズゥゥン

銀「上はいつまでお祭り騒ぎしてんだよ
ムカつくわーいざ逝かん!ってときにテンション下げんのやめてくれない?豚インフルエンザ蔓延しろ」

釜じい「いや……それなんだが」


387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 20:58:13.33 ID:8zQcUWzPO



………………


銀「おい」

リン「おお銀!見ねーからもう食われちまったかと思って心配したぞ馬鹿野郎!どこにいたんだ?」

銀「赤ん坊とスカトロトーク」

リン「えっ」

銀「んたことよりその羽振りのよかった客ってのはどうなってんだ?」


392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 21:33:36.34 ID:8zQcUWzPO

銀「先輩食われたのかざまあああああああああああww」

リン「みんな料理を運んで湯婆が帰って来るまでを取り繕ってんだ。湯婆が帰りゃ何とかなるだろって」

銀「じゃあさっきのでけぇ音はなんだよ」

リン「………少し間が悪かったんだよ一暴れあっただけさ」

銀「てかさっさと逃げちまった方がいいんじゃねえ?」

リン「人がいなくなったらこの油屋がどうなっちまうのかわからいだろ
……あたしみたいにここで働けなくなったら困るやつらもいるってことだよ」

リン「………いつか海の向こうに行きたいって思ってるんだ。そのためにもここを失う訳にゃいかない」

銀「………………」


402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 21:58:48.98 ID:8zQcUWzPO

銀「そうかい………ならおれもそろそろおこぼれ頂戴しにいきますかね」

リン「おいどこに行く気だよ!
もう何人も食われちまってるっていってんだろ!
人間のお前なんてひとたまりもないよ!」

銀「おれも一度くらい料理運んでチップ頂きたいのさ
あ、そうだ線路のある方に船まわしとてくれない?チップ分けてやっからよ」

リン「おい!」

銀「じゃ頼むわ」ヒラヒラ

リン「やめろって!……………?」

リン(なんだ?あの背中にひっついてんの……)


ネズミ・ハエドリ「……」プラーン


411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 22:47:01.35 ID:8zQcUWzPO



………………



カオナシ「もっと料理もってこぉい!おれは客だぞお!」キャラワカンネ

男「おい次はまだか!」ボソボソ

女「調理場で変な男が料理と称して食材を凌辱してるらしいです」ボソボソ

男「なにそれこわい」


418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 23:13:29.49 ID:8zQcUWzPO

カオナシ「もっと何かを!まだあるはずだ!!」

ガラララ

カオナシ「!」

銀「お待たせしましたお客さん!銀の字印のスペシャルメニュー特製あんこチャーハンです!」ムシャムシャ

銀「………!おめぇは!」ムシャムシャ

銀「まさかおめぇだったとはなぁ
んだそりゃぶくぶくぶくぶく肥えやがって」ムシャムシャ

ズンズンズン

ズゥゥン
カオナシ「……やる!…やる!」ボロボロ

銀「んだそりゃ湯の札か?んなもんいるか金くれ金」ムシャムシャ


422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 23:30:30.16 ID:8zQcUWzPO

カオナシ「…………………」

ボロボロ
カオナシ「やる!………やる!」

銀「おおーまじで出せんのかやればできんじゃねーかおめーも
くれるってんならありがたく頂くわ」ヒョイ

ジャラ
カオナシ「」グバアアッ! ヒュン
スタッ
銀「んなこったろうと思ったよ
そうやって金に目ぇ眩んだ奴からバクバクいきやがったのかい
食われちまったのもろくな奴らじゃねえな全く!」ダラダラダラ


428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 23:46:15.70 ID:8zQcUWzPO

カオナシ「おおおああああ!!」ドドドド

銀「そういやこっちもまだ料理食って頂いてなかったなぁ
調理場でも誰も味見してくれなかったんだよね少し泣いた
んだから食って味の感想聞かしてくれよ!」ホイッ

パクゥッ
カオナシ「はふ!はふはふ!おえぇはふ!………プッ!!」ヒュッ

銀「皿!?」ヒョイッ

カオナシ「」グワァア!!ドドドドッ

銀「ぎゃあああああああああ!」タンッ

バコォォン


431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 00:09:32.46 ID:pZMptMNtO

男「うわぁ!」ダー

女「ひぇっ!」ダダー

男「うわあああ!」ダッ

銀「ちぃ!」チャッビュン!

ズゥゥン

銀「まだか!?」

ブワァッ
カオナシ「」グワァアアアア!!ドオオッ

銀「うほおおおおおお!」タンッヒュン

ドゥゥンッ



>>390
まじで?千尋の方記憶とウィキペだけしか資料ないからとばしちゃったよ\(^o^)/

>>413
暇なとき覗いてくれ


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 00:27:10.15 ID:pZMptMNtO

ギュイン!

カオナシ「」おぉぉおお!!ドドドドッ

銀「早えっ!?やば ヒョイッ

ガシ
カオナシ「!?前がぁ!?」ドドドド

ネズミ「」ガッシリ

銀「いやあああああ!」チリッ

バゴォォン

銀「あぶねぇ!かすった!」

銀「!…おいドブネズミ大丈夫か!?」

ドブネズミ・ハエドリ「チー」プーン


436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 00:43:30.38 ID:pZMptMNtO

銀「ふん……!」

カオナシ「うお…う…うぅ……うむぅ!!」グググッ

銀「効いてきたか」

カオナシ「おぼろろろろろろろろろろ」ドパァアッ

銀「人の出したぁ飯吐くたぁ行儀のわりぃやつだな
そんなに不味かったかい苦団子は」

ネズミ(あのゲテモノそのもののせいじゃ…)


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 01:00:29.23 ID:pZMptMNtO

銀「あっけねぇ締めだな」スチャ
木刀を直す

カオナシ「オエエエ」ドロン
人が吐き出される

先輩「うぉあ……!ここは!?」

銀「よお、先輩貪欲なのが祟ったなぁ
消化される前に出てこれてよかったじゃねーか」

先輩「銀!……お前が……」


>>435
ティガレックスあたりで脳内補正を


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 01:28:28.60 ID:pZMptMNtO

すまんハルヒまで起きてようかと思ったんだが眠すぎる

詰まったし今日はもう寝るわ

あとSSって地の文あったっけか?あまりみたことない気がするんだが


477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 10:19:46.51 ID:pZMptMNtO

銀「おぃおぃどんだけ食ってんだよ」

カオナシ「うぉっうぉえええ」

銀「いい加減やめない?絵がやばいんだけど、昨日も今日も汚物塗れなんだけど
居酒屋の便所じゃねーんだから」

カオナシ「うおっおっ…おおおおおおおお!」

銀「!?…まだやろぅてぇのか」
先輩「ひっ!」

銀「!……こっちだ大食らい!」
中央廊下に向かう

ネズミ・ハエドリ「」プーン

カオナシ「おおおああああ!!」


484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 10:42:38.39 ID:pZMptMNtO

銀「くそ!速くなってんじやねーかあああ!!後なんか全体的に男性器に似てる!」

ネズミ「チー」

ハエドリ「ハァハァ」

銀「何おめーら人の背中で休んでんだドブネズミ共!ついてくんなああああ!」

カオナシ「うぼあああああああ!」

銀「いやあああああああああ!」

カオナシ「ばぁああ!?…うおっ…うぅおぼろろろろろ」

女「あぅ、ここは…」


487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 10:57:28.65 ID:pZMptMNtO

銀「おいこっちだちんこ頭ぁ!ここまで跳んでこいよぉぉ!
ビビって萎えちまったかふにゃちん頭!ぎゃははは」

カオナシ「!………うおああああ!」

銀「壁を這ってぇ!?ヤモリか?」

カオナシ「おあああああああ」


489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 11:43:21.00 ID:pZMptMNtO

カオナシ「うおおおおおおお」

銀「えらく小さくなっちまったなあ、このまま逃げ回ったらそのまま消えて無くなっちまうんじゃねーか?」

カオナシ「うぉ、あう…おぼ、ぼろろろろろ」

青蛙「うおあ!何がおこっ

銀「てぇえぇーいぃ!!」ビシィ!

青蛙「つぇっぺ」ヒューン


492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 12:16:52.43 ID:pZMptMNtO

銀「ふう……これで周りにゃだれもいねぇか」

カオナシ「ァ…アァ……アァア……」

銀「元の大きさに戻っちまったな
あとはてめぇをぶっ飛ばすだけだ、橋の上でガン見してきたころからそうしたいと思ってました」

カオナシ「ア……ア…アァ…」

銀「んだよこいつ今更またそのキャラでくる気かよ無理だよてめぇの本性が黒くて硬くてデカいって知ってるからね
遠慮なくぶっ飛ばすから無慈悲なる鉄つい下すから」

カオナシ「ア……アァ」

銀「…………」

カオナシ「…ア…ア…ア」

銀「…………………ちっ……やめでぇ
どこへなりと行っちまえ
ここのやつらももうおめぇなんかに飯はださねーだろうからな」

銀「じゃあな…………」

カオナシ「ア……………ア……」

ネズミ「…………チー」


494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 12:40:00.14 ID:pZMptMNtO



………………


銀「…………しっかしあのチャーハン確かにいまいちだったな
なんなこう不協和と言うか味が口の中で喧嘩してた
何がいけなかった?なにが足りなかった?…………そうか!あんこだ!あれぁ確かこしあんだった!
こしあんだったから米と想像以上のハーモニーを出してしまって他の食材が追いつかなかったのか!次回は…」


リン「オーイ!ギーン!オーイ!…」


銀「ん?」


495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 12:52:53.25 ID:pZMptMNtO

リン「お前人を顎で使いやがって!」

銀「悪かったなお礼に今度あんこチャーハン食わせてやっからよ」

リン「何その悪意ある響き
料理を冒涜してるよね
嫌がらせとか罰ゲームの類じゃねーか!」


498: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 13:42:00.47 ID:pZMptMNtO

リン「じゃあお前があの客やっちまったていうのか!?」

銀「んだから安心しなぁ、またあれに飯食わせんじゃねーぞ」

リン「んなことよりお前はどこいく気だよ!このままどこか行っちまうのかよ!?」

銀「あん?んな訳ねーだろこんだけしてやったんだ砂金もらいに帰るわ砂金
まぁそれが駄目でも仲間ぁ豚から元に戻してくれりゃいいや」

銀「だからよ。お前もおれが帰ってくるまで仲間と白のこと頼まれてくれよ
帰ってきてあいつら食われてたりしたらもうあれだから、インペリオだから。性的な意味で」ジャプンジャプン

リン「おい!せめて行き先言ってけよ!白がどうしたんだよ!」

銀「まあ詳しいとこぁ釜じいに聞いてくれ。じゃーなぁ」ジャプンジャプン

リン「おい!
………………………………………ありがとぉよぉ!」






ボチャンッ


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 13:57:35.15 ID:pZMptMNtO



………………


湯婆「白!!白はどこにいるんだい!わたしのかわいい坊やはどこにいるんだい!!」

湯婆「私がいない間になんて様だよ!出しな!もってる金は全部出しな!」



………………


501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 14:07:05.74 ID:pZMptMNtO

すまん少し出まっす


532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 19:29:16.98 ID:pZMptMNtO

車掌「…………」

銀「だーかーらーなんとかの底って言うね、聞き慣れねー名前の場所に行きてーんだよ」

車掌「…………」

銀「てかなんでしゃべんねーの?何その目?その冷たいまなざしだけで死ねる自信があるんだけど」

銀「なんだけっかなー……ほの暗い水の底?」

車掌「………」キリキリ

銀「え?何切符切ってんの?嘘?あんの?ほの暗い水の底あんの?いや、いやいやあっても行きたくねーよ!やめて!ちょタンマ!」

車掌「………」1…2…3……………4?

銀「は?4人目?」

カオナシ「」

銀「」


537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 19:52:11.91 ID:pZMptMNtO



………………


銀「次黙っておれの後ろ立ってたら腿パーンだからいやまじで蹴りあげるから
あんな変な声出しちゃって恥ずかしい超恥ずかしい穴があったらぶち込みたい」

カオナシ「……」

ハチドリ「プーン」

ネズミ「チー」

銀「お前らも何ついてきてんの?どうすんの帰りの電車あっても切符無くなっちまったじゃねーか。
あのダンマリもどんどん切っていきやがって。てか動物も切符切んの?」

銀「それに………」

他の客「………………………」



銀「…………めちゃくちゃ不安なんだけど
間違って天国行きとか乗ってねーよな?」


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 20:16:17.27 ID:pZMptMNtO



………………


湯婆「そうかい銀のやつだったのかい、坊を連れ出したのは………!!」

湯婆「あの小僧めぇ!!見つけたらあの素っ首叩き落としてやるよおぉ!!」

先輩「しかし、あいつは俺達を助けてくれました!」

女「この油屋も守りましたし」

青蛙「どうぞどうぞ」

湯婆「知った事かい!お前達が金に目がくれただけじゃないか!自業自得だよ!!」

女「え…全部没収されて……」

湯婆「やかましいよ!結局これもただの泥だったじゃないか!」

女「………」

湯婆「それでえぇ…!あの小僧はどこにいったんだぁいぃ……!!白!!!」


544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 20:35:27.78 ID:pZMptMNtO

白「……彼らは銭婆の元へ向かいました」

湯婆「……………銭婆の……元だってぇ………?」

湯婆「はあ………………そんな……」シワシワ

白「……彼は私の失敗のせいで銭婆の元に向かいました。私が彼らを連れ戻します。
しかし、彼へのお咎めは無くして下さい。彼への罰も、私が受けます」


545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 20:45:58.82 ID:pZMptMNtO



………………


銀「あーはいはい沼の底ね」

銀「着いてはみたがもう真っ暗だな」

銀「てめーらはいつまで人を籠がわりに使ってんだ!さっさと降りろボケナス!」

ネズミ「チー」

ハエドリ「プーン」

カオナシ「…………ア」

銀「あん?てめ俺の後ろ立つなつったろうが。はいもう腿パーンな、はいそこに直れ………ん?」

カランッカランッ


547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 20:57:35.98 ID:pZMptMNtO

使い「カランッカランッ」

銀「なんなのこいつすげー足引っ掛けたけくなる」

ネズミ・ハエドリ「プーン」

銀「おらおらあんま目の前ウロチョロすんな虫けら共はたきおとすぞ」

ポト
ハチドリ「ハァハァ」

ネズミ・ハエドリ「チュー」トトトト

銀「ふん…ん?着いたか」

使い「カラン」


553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 21:44:13.90 ID:pZMptMNtO

銀「しかしこんなタマネギをこの世に二つも産むなんて、世界は何に喧嘩を売ってんだ?」

銭婆「お前も動物に変えてやろーかいマリモあたりに」

銭婆「印を返すかわりに、白龍の掛けた他の魔法を解けってことかい。わざわざあんなののためによくもまぁはるばるここまで……」

銀「そうだー見ろーこれをー。とっとと解かねーとこいつがこの大食らいの腹に収まっちまうぜー!」

カオナシ「え?」

銭婆「……はっはっはっ!こいつはめでたい奴等だね
あいつに掛けた魔法はあれ一つだけさ」

銀「なん…だと……?」

銭婆「とんだ無駄足だったねぇ」

銀「……コンフリンゴ!ステューピファイ!セクタムセンプラ!アバダ・ケダブラ!アバダ・ケダブラ!」

銭婆「同じ力の魔法かけてやろーか」


558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 22:01:58.11 ID:pZMptMNtO

銭婆「おいで、はるばる来たんだ。茶ぐらいはだしてやるよ」

銀「…………ほらよババア」

銭婆「あらなんだい。こいつを返してくれたところでもう何もしてやれることはありゃしないよ?」

銀「一晩泊めてくれ、終電逃しちまってね」

銭婆「…はははその人数じゃちと安いんじゃないかい?入んな」


569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 22:18:55.46 ID:pZMptMNtO

銭婆「ほらよ」

銀「これババアが作ったのか?にしちゃうめーな見掛けによらず。鏡見た事ある?」

銭婆「いちいち毒吐かなきゃ物事前に進めれないのかいあんたは」

銀「いやー………ん?待てよ!?糞!今までなんで気付かなかった!」

銀「おいババ…婆さん!魔法使っておれの頭サラサラヘアーにしてくれよ!まじで!」

銭婆「無理」

銀「なんでだあああああああ!!」


574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 22:27:44.52 ID:pZMptMNtO

ネズミ「チュー」

ハエドリ「プーン」

銭婆「なんだい手伝ってくれるのかい?」

カオナシ「………ア……」

銭婆「ふふ…あんたもかい。そこの不貞腐れはどうだい?」

銀「知るかーおれはもう寝る!銀さん今日どんだけがんばったと思ってんの?とても充実した一日でしたよ!クタクタだよ!」


575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 22:36:47.93 ID:pZMptMNtO



……………


トントン

湯婆「来たね」

銀「あん?」

湯婆「出ておやり。あいつだよ」


581: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 23:01:21.98 ID:pZMptMNtO

>>575×湯○銭

銀「ようおめーもうなおっちまいやがったのか、心配して損しちまったよ」

白龍「………」

銭婆「よくきたね」

白龍「………」

銭婆「印は返して貰ったよ、こいつらにね。だからもう、あんたの事は許してあげるよ」

白龍「…………コクッ…」

銭婆「さぁもうお迎えが来たんだ帰りの支度をしな」

銀「なんだ?今度はお前が籠役やってくれんのか?」

銭婆「あんたは残ってわたしの手伝いをするんだよ」

カオナシ「え?」

ネズミ・ハエドリ「チュー」

銭婆「あんたたちもいつでも戻れるのにわざわざここまでよく来たねぇ」


590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 23:37:12.36 ID:pZMptMNtO



……………


湯婆「!……帰って来たね!」

白「ただいまかえりました」

銀「よぉタマ…婆さんおれの頭サラサラヘアーにできる?」

湯婆「無理だね」

銀「うわああああああああああああ」

ネズミ「チュー」

湯婆「なんだいこの汚らしいネズミは!死ね!それより坊は!?わたしのかわいい坊やはどこにいるんだい!?」

ネズミ「……」

銀「あん?お前の目は節穴か?節穴ってなんだ?」

湯婆「何を訳の分からないこと言っているんだい!」


596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 23:50:45.93 ID:pZMptMNtO

湯婆「あのネズミが…坊やだって……!?」

坊「ばーば!」

湯婆「坊うううううう!」ガシィ

銀「はいはいお涙頂戴お涙頂戴。んなことよりこのソー…銭湯守ってやったんだ、あの大食らいが出した金寄越しな」

湯婆「ほら受け取りな」

銀「なにこれ?ただの泥じゃねーか舐めてんの?ディスってんの?」


601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 00:04:39.14 ID:avdbdhgBO

銀「ねーよどんだけえええええ
あの糞根暗魔法で偽の金作るなんてセコい真似しやがって
次あったら蹴り上げてやる!右腿ばっかパーンしてやる!それどころか全身パーンしてやらぁああああ!!」

白「それより湯婆様、約束の方を」

銀「約束?」


605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 00:20:38.49 ID:avdbdhgBO

銀「で、ただじゃあ返したくねぇってわけか?」

湯婆「この豚の中にあんたの仲間がいる、そいつらを見つけ出してみな。チャンスは一度だよ」

銀「おいババアおれがあまりに有能で手放したくねぇのは分かるが
おれがいつまでもてめえの首輪つけてると思うなよ」

湯婆「ふん、見つけ出せたらその減らず口も少しは認めてやるよ」

銀「上等だァ一発でみつけたらァ」


607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 00:35:27.44 ID:avdbdhgBO

銀「ふううううううん!」

湯婆「?」

銀「……………」

銀「まずこいつだ」

豚「ブヒィ」

湯婆「!?」

銀「目ぇ閉じたらこいつが一番気配が薄かったしあとメガネないからなんか物足りない感じになってるな
さすがぱっつぁん、なんかもう取り敢えずこんな感じでいいだろって見分け方だな」

豚「ブヒイイイイ!ヒィブヒヒィブヒヒィ!!」

銀「ほら豚になっても唯一の取り柄ツッコミだけは忘れてない!もう違ってても後悔はない!」

豚「ブヒイイイイ!」

銀「あとは……」

豚「ブルァアアアアアアアアア」

銀「こいつな」


612: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 00:53:03.05 ID:avdbdhgBO

銀「さぁどうだクソババア!プリィズギブミィアンサァ!」

湯婆「………」

銀「…………」


「アレ?…チガ…」
「デ…ダシ…」
「……マチ…テネ?」


銀「」

銀「ちょ待てy



ポンッ

労働者達「 大 当 た り ~ 」


618: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 01:15:20.67 ID:avdbdhgBO

銀時「んだよあの間は、1000万への挑戦してんじゃねーんだから。てめえの顔が黒くテカテカして見えたぜ」

湯婆「その減らず口、今回は見逃してやるよ」

銀時「二人はどーした?」

湯婆「魔法を解いてトンネルの前に送ったよ。お前の勝ちだ、どこへでも行っちまいな」

釜じい「よくやったぞ銀!」
リン「やるじゃねーか!」
青蛙「死ね!天パ!」
先輩「おめーならできると思ったぞ!」

銀時「おめえらにも世話なっちまったな、じゃあな」

釜じい「達者でな!」
リン「ほんとに行っちまうのかい?」
青蛙「死ね!天パ!」
先輩「またこいよぉ!」


627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 01:43:49.06 ID:avdbdhgBO



………………


銀時「………よおおめぇは別れの挨拶してくれねぇのかい?」

白「………」

銀時「まぁおれもあんまり好きな方じゃねえなぁ、あんなワイワイ見送られるとこっ恥ずかしくていけねぇ」

銀時「どうすんだおめぇは?ババアのところに戻るのか?」

白「……私はまだ自分の名前を取り戻していない」

銀時「嫌でも従わなきゃいけねぇってか、なんならどうだ?あのタマネギ今から一緒に殴りにいこうか?」

白「いや、私はまだこれでよかったと思っているよ。まだ今までしてきた事のけじめをつけてないからね。
けじめをつけ終わって、それでも自由になれないかもしれないけど、いつか必ず名を取り戻してみせるよ」

銀時「………そうかい」


629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 01:54:27.61 ID:avdbdhgBO

銀時「いつか『もうかったるいっすわー自分、力ずくでも名前取り返しちゃおっかなー(笑)』てな気分になったらここに連絡しな」

白「万事屋…銀ちゃん…そのまんまだな」

銀時「……」

白「……」

銀時「……………じゃあな」

白「ああ……またいつか会おう!」


634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 02:14:33.31 ID:avdbdhgBO


……………


新八「またのまたですか銀さん」

銀時「またのまただよ新八くんお前らがこw

神楽「銀ちゃんの手ヌルヌル通りこしてイカ臭いヨ」

新八「銀さんそんな手で神楽ちゃんの手を握らないで下さい、悪趣味ですよ」

銀時「適当ぬかしてんじゃねーぞ糞餓鬼共!
ヌルヌル通り越してなんで臭いに行き着くんだよ!第一そんな臭いは…スンスン…しねーよ!!」

新八「一瞬不安にならないで下さい、なにか身に覚えがあるんですか。やっとトンネル抜けましたね」


640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 02:37:37.97 ID:avdbdhgBO

新八「あれ?定春千八号の亡骸苔塗れになってる…千九号も」

神楽「定春千七号もいつの間にかいなくなってしまったネ…しょうがないからこの定春千十号で我慢するヨ」

新八「だから罰当たりだっていってんでしょ。銀さんぼーっとしてないで止めて下さい」

銀時「………………ん、ああそういや定春千七号なんだが………ほれ」

神楽「おお~千七号!」

新八「なんで銀さんが持ってんですか」

銀時「こいつも頑張ったよ。食われそうになったり溺れそうになったり
俺が追いかけられてる時には押し潰されそうになったり、それでもこうやって帰ってきてちゃんとまだ生きてる!生命って素晴らしい!!」

新八「どうしたんですか銀さん…?」

神楽「行け!定春千十号!」

新八「ぎゃあああああああ!なにすんだ糞アマ!!僕がなにしたの!?」

銀時「あれだろ破廉恥で怠惰な豚でいた罪」




千と銀時の神隠し
おしまい


651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 02:49:53.85 ID:e8WTRQBt0

乙!
久々に声出してワロタww


656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/01(月) 03:10:12.55 ID:DZVPLseQO

乙!マジで乙!


関連記事
スポンサーサイト