FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ロレンス「ホロを無視し続けたらどうなるか」

  
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 00:48:11.29 ID:BULyEV4QO

ホロ「のう、ぬしよ。夕飯の事なんじゃが…」

ロレンス「…」

ホロ「シチューが良いの。最近は旅でまともな食事を取れていないんじゃし、どうじゃ?」

ロレンス「…」

ホロ「この前の町ではそれなりに儲けたんじゃろ?」

ロレンス「…」

ホロ「たまには贅沢も良いかと思うんじゃが…」

ロレンス「…」

ホロ「……ぬしよ、聞いておるかや」

ロレンス「……」

ホロ「……?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 00:48:11.29 ID:BULyEV4QO

ホロ「のう、ぬしよ。夕飯の事なんじゃが…」

ロレンス「…」

ホロ「シチューが良いの。最近は旅でまともな食事を取れていないんじゃし、どうじゃ?」

ロレンス「…」

ホロ「この前の町ではそれなりに儲けたんじゃろ?」

ロレンス「…」

ホロ「たまには贅沢も良いかと思うんじゃが…」

ロレンス「…」

ホロ「……ぬしよ、聞いておるかや」

ロレンス「……」

ホロ「……?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 00:52:59.60 ID:BULyEV4QO

ホロ「……まさかとは思うが、耳が聞こえなくなった訳ではあるまい?」

ロレンス「…」

ホロ「……いい加減にしておきんす」

ロレンス「…」

ホロ「どういうつもりじゃ?わっちの言ってる事が…」

ロレンス(……なんだこの気持ちは)

ホロ「なんじゃ?わっちが何か気に障る事をしたかや?」

ロレンス「…」

ホロ「言いたい事があるなら言ってみろ!雄がウジウジしておっても気色悪いだけじゃ!」

ロレンス「……さて、飯食いに行くか」ガタッ

ホロ「……なんじゃ、聞こえておるじゃないかや」

ロレンス「晩飯は何にするかな。節約してパンにしとくか。いや、たまには肉も良いな…」

ホロ「ぬし…!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 00:58:37.36 ID:BULyEV4QO

ガチャ

バタン

ロレンス「どっちにしろ酒は欲しいなぁ。葡萄酒も良いがビールを飲みたい気分だな…」

スタスタ

ホロ「わ、わっちは葡萄酒が良い。肉にはよく合う。そうは思わんかや?」

ロレンス「…」

ホロ「ぬしよ、晩飯は肉にするんじゃろう?儲かったんじゃし、わっちゃあたまには牛が食べたい」

ロレンス「…」

ホロ「……食べたいん……じゃが……」

ロレンス「お、着いた。今日はここにするか」

ホロ「!」

ホロ(羊肉料理の店……)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:03:01.78 ID:BULyEV4QO

ロレンス「すみません、注文良いですか?」

ホロ(こやつ……わっちの事を無視して、一体どういうつもりじゃ)

店主「あいよ、兄さん。何にするんだい?」

ロレンス「今日のオススメは?」

店主「ほう?兄さん、見た所行商人だろ?羽振りが良いじゃねえか、儲けたな?」

ロレンス「はは、少しだけ財布は潤いましたよ。もっとも、ここで使い切るつもりですが」

店主「はっは!そりゃありがたい。それなら特上のを用意するぜ」

ロレンス「ありがとうございます。それからビールをいただけますか?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:08:26.95 ID:BULyEV4QO

店主「あいよ。お連れさんにもビールで良いかい?」

ホロ「あ、わっちはぶどう…」

ロレンス「ええ、ビールでお願いします。料理も二人前で」

ホロ「…」

店主「了解。はいよ、まずビールお待ちどうさん」

ゴトッ

ロレンス「ありがとうございます」ニコッ

店主「ああ、気前の良いお客は大事にしなきゃならんしな。ゆっくりしていきな」

ロレンス「ええ、お言葉に甘えて」

ホロ「…そ、それじゃあ乾杯するかや。ぬしも三日間手綱を握りっぱなしじゃったからの」

ホロ「ご苦労じゃった。ほれ」すっ

ロレンス「…」ぐびっぐびっ

ホロ「な…!?」

ロレンス「はぁ…生き返る。疲れてる時はビールに限るな」

ホロ「ぬし……いい加減にしておけ。わっちをからかっておるのかや?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:12:17.59 ID:BULyEV4QO

ロレンス「……ぷは。旨い……涙が出てくるな……」

ホロ「わっちの杯も無視して一人飲み始めるか。よくわかった」

ロレンス「……」ぐびっぐびっ

ホロ「のう、ぬしよ。わっちが何か悪い事をしたなら言ってくりゃれ。謝る」

ロレンス「旨い。こりゃ良い麦を使ってるな。あとで店主にどこの麦か聞いてみるか」

ホロ「……どういう……つもりなんじゃ……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:16:38.66 ID:BULyEV4QO

店主「お待ちどうさん。羊肉の良い所だけを使ったステーキだ。ウチの最高級品だぜ」

ホロ「おぉ…!」

ロレンス「これはすごい…。美味そうだ」

店主「だろう?精もつくってもんだ。連れの姉さんにも良い思いさせてやりな」

ホロ「!」

ホロ(よくやってくれた店主…!これであやつもわっちに話しかけるしか…)

ロレンス「それはそうと店主さん。このビール美味しいですね。どこの麦を?」

店主「お?兄さんなかなか舌が高いな。こりゃあここから半日ほど東に行った…」

ホロ「…」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:20:39.88 ID:BULyEV4QO

ロレンス「なるほど、ありがとうございます。今度機会があれば仕入れてみますよ」すっ

店主「おうよ。…ん?なんだこの銅貨は」

ロレンス「情報料にでも。タダで聞くにはあまりにも美味しい話だったので」

店主「はっはっは、ありがとうよ。ほら、ビール注いで来てやろう。一杯サービスだ」

ロレンス「本当ですか?いや、感謝します。ついでに連れのも」

店主「はは、敵わねぇな。ほらよ嬢ちゃん」

ホロ「あ、ありがとう…」

店主「仲良き事は美しきかな。いやはや、羨ましいぜ。じゃあごゆっくり」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:24:30.53 ID:BULyEV4QO

ホロ「…」もぐもぐ

ロレンス「…うん、美味い。油が滴りそうだな。ビールによく合う」

ホロ「そうじゃな。ほれ、見てみよ、ビールに脂が浮いておる」

ロレンス「野菜との相性も抜群だな。贅沢を言うなら固いパンも欲しい所だ」

ホロ「…しかし、少し贅沢すぎやせんか?いくら儲かったとは言え…」

ロレンス「すみません!パンをいただけますか?ライ麦の」

店主「ん?おうよ、やっぱりその肉にはパンが欲しくなるよな。ちょっと待ってな」

ホロ「…」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:34:12.51 ID:BULyEV4QO





ロレンス「ふぅ…少し食い過ぎたか」

ホロ「…でも…美味しかった……な?」

ロレンス「店主さん、ごちそうさまでした。代金はこれでお願いします」

店主「おお、銀貨二枚か。ちょっと待ってくれよ、お釣りは…っと」ごそごそ

ロレンス「あ、いえ。お釣りは結構ですよ」

店主「そうかい?悪いな、ありがとうよ」

ロレンス「いえいえ。今度来た時にサービスして下されば」

店主「はっは!そりゃそうか」

ロレンス「商人ですからね、私は」ニコッ

店主「違いねぇ。覚えとくよ」

ロレンス「よろしくお願いします。では、ごちそうさまでした」

店主「ああ、ありがとうな!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:37:30.95 ID:kUehGIb2O

引き際間違うと大惨事だな


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:42:48.75 ID:BULyEV4QO

スタスタ

トテトテ

ホロ「……寒いの。ぬしは冷えぬかや」

ロレンス「……」

ホロ「……」

ロレンス「……」

ホロ「ぬしよ……口、聞いてくりゃれ…?」

ロレンス「……」

ホロ「わっちは淋しい…。わっちが悪い事をしたなら謝るから…」

ロレンス「……」

ホロ「……これがぬしがわっちより優位に立つための手法だとしたらたいしたものじゃ」

ロレンス「…」

ガチャ

バタン


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:47:50.16 ID:BULyEV4QO





ホロ「……」

ロレンス「…ぐー…ぐー……」

ホロ「……結局一言も話さんまま寝てしまいおった」

ロレンス「ぐー…ぐー…」

ホロ「わっちが一体何をしたと言うんじゃ…?」

ホロ「こやつをここまで怒らせるような事……。わっちが気付いておらんだけで、きっと何かしたんじゃろう…」

ホロ「もしかして、わっちが調子に乗りすぎて…何でもかんでもねだったからかや?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:51:58.52 ID:BULyEV4QO

ホロ「きっとそうじゃ。思えば、今日の夕食でシチューをねだった時から…」

ホロ「そう、その時から無視され始めた…。きっと勘忍袋の緒が切れたんじゃろう」

ホロ「……反省せねばなるまいの」

ホロ「こやつは商人…自分の利益にならんのにわっちを食わせて、道連れてくれておるんじゃ」

ホロ「それだけでも感謝せねばならんのに…の。わっちは調子に乗りすぎた」

ホロ「明日からはもっと、身を弁えて過ごそう。そうすれば…」

ホロ「そうすれば、こやつもきっとまた笑ってくれる…」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 01:57:53.50 ID:BULyEV4QO

【翌日】

ホロ「ん…」ぴく

ホロ「くぁ……。ん?もう起きておったのかや」

ロレンス「……」

ホロ「……おはよう」

ロレンス「……」

ホロ「…」

ホロ(我慢…我慢じゃ。また笑ってわっちと話してくれるまで)

ロレンス「…よし、出発するか。朝飯は、と」

ホロ「…あ、その麻袋にパンが…」

ロレンス「朝飯は食べたから、出発するとしよう」

ホロ「…ぐ」

ロレンス「今日は例の商館の支払い期日だったな。またまとまった収入か…ありがたい事だ」

スタスタ

ホロ「ま、待ってくりゃれ、わっちも…!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:01:10.27 ID:BULyEV4QO

スタスタ

ロレンス「……」

ホロ「の、のう、ぬしよ。今日はどこに行くんじゃ?もしわっちが役に立てる事があれば、なんでも言ってくりゃれ?」

ロレンス「ん?あれは…」

スタスタ

ホロ「ちょっと待ちんす!わっちを置いて……ん?」

エーブ「…これは、珍しい顔だな」

ロレンス「お久しぶりです、エーブさん。お変わりないようで」ニコ

エーブ「あんたも、変わりないようで何よりだ」

ホロ「…」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:04:47.55 ID:BULyEV4QO

ロレンス「この町でも商売を?」

エーブ「ああ。ここでは主に麦を。この町ではビールが美味い。もう飲んだか?」

ロレンス「ええ、夕べ酒屋でいただきましたよ。なんでも東の村の麦だとか」

エーブ「ふ、さすがに情報が早いな。初めての町でもう商売の要を握っている」

ロレンス「ははは、偶然も実力のうちと言うならばそうでしょう」

ホロ(わっちの前で……違う雌と楽しげに……)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:09:19.84 ID:EW3vxK62O

心が痛い


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:09:54.02 ID:BULyEV4QO

ロレンス「ここでお会い出来たのも神の思し召し。どうです、今夜もこの町におられるのであれば」

エーブ「酒か?オレは一向に構わんが……」ちら

ホロ「!」

ロレンス「ああ、ご心配なく。問題ありませんよ」

ホロ「……な」

エーブ「そうか?それなら良いんだが…なにせこちらは一度痛い目を見てるからな」

ロレンス「まさか、もう二度と飛び掛かったりしませんよ。なぁ?」

ホロ「うん。え?え?」

ロレンス「ね?何も問題はありません」ニコ

エーブ「みたいだな。じゃあ夜に、その昨日行ったという酒場で」

ロレンス「はい。楽しみにしてますよ」

ホロ(わっちに……話しかけてくれた……)


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:14:09.17 ID:BULyEV4QO

ロレンス「じゃあ、また後ほど」

エーブ「ああ。久しぶりに飲む酒、楽しみにしてる」





スタスタ

ロレンス「……」

ホロ(……話しかけてくれた……話しかけてくれた……。じゃが……)ちら

ロレンス「……」

ホロ(……なんであんな……)

ロレンス「…」

ホロ「の…のう、ぬしよ」

ロレンス「…」

ホロ「……今日の夜の、あの女狐……あ、いや、エーブの所へは…一人で行くのかや?」

ロレンス「……」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:17:47.92 ID:BULyEV4QO

ホロ「まさか、わっちを置いて他の雌に会いに行くなどと…」ちら

ロレンス「……」スタスタ

ホロ「よもや、そんな事は…せぬよな?」

ロレンス「……」スタスタ

ホロ「出来たら……出来たらで良いんじゃが、わっちも…」

ロレンス「……」スタスタ

ホロ「…行きたい…ん…じゃが…。ダメかや…?」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:21:05.01 ID:BULyEV4QO

ホロ「ダメ…じゃよな、やっぱり。前にあんな事をしたんじゃから…」

ロレンス「…」スタスタ

ホロ「……なんとか言ってくりゃれ」

ロレンス「…」ぴた

ホロ「!」

ホロ(立ち止まった…?何か言ってくれるのかや…!?)

ロレンス「…」コンコン

ロレンス「ローエン組合のクラフト・ロレンスと言う者です。支払期日になりましたので代金の受け取りに伺いました」

ホロ「あ…もう商館…かや」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:25:03.19 ID:BULyEV4QO





ガチャ

バタン

ホロ(あ、出て来た…。収入があったから機嫌よくなっておると良いな…)

ロレンス「…」スタスタ

ホロ「お…お疲れじゃった。儲かって良かったの」

ロレンス「…」スタスタ

ホロ「……じゃからと言ってもう何もねだったりせん。じゃから…」

ロレンス「…」スタスタ

ホロ「……わっちも…夜、連れてってくりゃれ…」

ロレンス「…」スタスタ

ホロ「……ん?ここは……?」

ホロ(昨日の酒場…?)


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:28:30.34 ID:BULyEV4QO

ホロ「ぬしよ、ここで奴と飲むと約束したのは夜ではなかったかや?まだ昼過ぎなんじゃが…」

ホロ「……まだ、待つには早過ぎないかや?」

ロレンス「…」

ホロ「……何か答えてくりゃれ…わっちはもう…」

ホロ「わっちはもう……泣いてしまいそうじゃ……」

ロレンス「すみません、店主さん。今よろしいですか?」

店主「ん?おお、昨日の兄さんか。どうしたこんな早くに?まだ準備中だぞ」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:32:08.05 ID:BULyEV4QO

ロレンス「少しお願いがあって…。よろしいですか?」

店主「まぁ聞ける事ならな。なんだい?」

ロレンス「持ち帰り用に肉と、それから葡萄酒を小樽に入れていただけますか」

ホロ「っ……!!」

店主「弁当かい?それくらいならお安いご用だ。どれ、ちょっと待ってろよ」

ホロ「来るなと……言う事かや……」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:37:33.13 ID:BULyEV4QO

店主「はいよ、お待ちどうさん。昨日も今日もありがとうな」

ロレンス「いえいえ、こちらこそ。今夜もお邪魔すると思いますので」

店主「そりゃありがてぇ。待ってるぜ」

ロレンス「ええ。出来れば窓際の席を予約しておいて下さい。それでは」ニコ

店主「おうよ。また後でな」

スタスタ

ホロ「……ロレンスよ。弁当……」

ロレンス「…」

ホロ「……酒と。くりゃれ……わっちは宿に……帰っておる」

ロレンス「…」すっ

ホロ「あり……がとう。わっちにご飯用意してくれてありがとうの…」

ロレンス「……」

ホロ「……じゃ……じゃあ、わっち帰っとる。待っとるから…」

ロレンス「……」スタスタ

ホロ「う…」じわ


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:41:09.03 ID:RHGosC8b0

よく思い返してみたら、俺も俺に好意もってる
女の子にこういう態度したことあるわ


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:41:41.05 ID:BULyEV4QO

ホロ「う……うぐ……」じわ…

トテトテ

ホロ「いかん…人前で泣くなど…賢狼として…」

トテトテ

ホロ「……せめて、宿まで我慢じゃ……宿まで…」

トテトテ

ホロ「…うぐ……ひっく……」ぽろ

トテトテ

ホロ「…う」

トテトテ

ホロ「うぇぇぇん……」ぽろぽろ


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:43:00.22 ID:wKhvRh540

ロレンス氏ねよ


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:44:17.35 ID:RHGosC8b0

http://www.youtube.com/watch?v=IQAozgj6g1Y&feature=fvw


こんなにせつないのになんで続きが気になるんだろ


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:46:52.50 ID:RHGosC8b0



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 02:52:25.26 ID:RHGosC8b0

ホロ「グスッ・・・・・はて、わしらの部屋に明かりがついておる・・・・」

ガチャ・・・ギィィィ

ホロ「だ、だれかおるのかや?」

ロレンス「ホットペッパッ ピップッペッポッピ ♪」

ホロ「なっ!」


 END


211: 保守ありがとうございました 2009/08/24(月) 12:29:45.11 ID:BULyEV4QO

【酒場】

エーブ「……早いな。多少待つつもりだったんだが」

ロレンス「ええ、今日は仕事が早く終わりまして」

エーブ「そうか。待たせて済まなかった」

ロレンス「ふふ、貴女に謝られると後が怖い」

エーブ「くく、景気が良さそうだな。俺も肖りたいものだ」

ロレンス「よく言いますよ、破竹の勢いで稼いでいるくせに」

エーブ「そうでもないさ。…今日は連れはどうした」

ロレンス「ああ、宿で待っているそうですよ」ニコ

エーブ「ふん?」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 12:36:11.07 ID:BULyEV4QO

エーブ「オレはてっきり一緒に来るものだと思っていたがな」

ロレンス「昨日もここで羊肉でしたからね。二日続けては嫌だったのかも知れません」

エーブ「まさかとは思うが、アンタが宿で待っていろと言ったからじゃないよな」

ロレンス「はは、まさか。私の言い付けを守るようなタマじゃありませんよ」

エーブ「くくく、それもそうだったな。まぁ…オレにとっては嬉しい誤算だったが」

ロレンス「どちらの意味ででしょう?」





ホロ「………」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 12:49:07.67 ID:BULyEV4QO

エーブ「どちらの、とは?」

ロレンス「以前うちの連れは貴女に飛び掛かっていますからね。それを回避できるからか…」

エーブ「はっは、もちろんそれもある。あれはもう勘弁願いたい」

ロレンス「もしくは、私と二人で飲めるから…」

エーブ「…」ニヤ

ロレンス「商談がしやすくなる、という事ですか」

エーブ「…………連れも苦労してるだろうな」

ロレンス「はい?」




ホロ「………」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 12:55:03.05 ID:BULyEV4QO

エーブ「あんたはこと商談にかけてはなかなかに優秀だが…」

ロレンス「…?」

エーブ「いや、いいんだ。それもまたあんたの人柄を作ってる要因かも知れないしな。とりあえず飲むか」

ロレンス「はい、そうしましょう。すみません、店主さん。注文よろしいですか?」

店主「あいよ!今日も来てくれたな兄さん。…おや?今日は連れの嬢ちゃんはどうした?」

ロレンス「ああ、今日は先に宿に戻ってます。今夜は商人二人でね」

店主「ほほう?男同士の酒ってのも良いもんだしな」

エーブ「…くくっ」




ホロ「………」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 12:59:44.19 ID:BULyEV4QO

店主「うん?なんか可笑しいかい兄ちゃん」

ロレンス「あ、いや…この方は」

エーブ「ああ、こんなものを被っているからな。オレは…」すっ

店主「!」

エーブ「こう見えても、女なんでな」

店主「こりゃ驚いたな。いやはや、美人さんじゃねえか」

ロレンス「ふふ、私も初見ではわかりませんでしたから」

エーブ「ふっ」

店主「こりゃ悪い事言っちまったかな?昨日の嬢ちゃんの話は出さない方がよかったか」

ロレンス「いえいえ、お構いなく。仕事の仲間ですから」

店主「そうかい。しかし兄さんも悪い男だな?二日続けて綺麗所よりどりとは」




ホロ「………」


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 13:12:54.59 ID:BULyEV4QO

店主「あいよ、ビール。昨日の約束だ、一杯目は負けとくぜ」

ゴトッ

ロレンス「ありがとうございます」

エーブ「では、乾杯しよう。そうだな……再会を祝して、か?」

ロレンス「良いですね。行商人にとってはありがたい言葉です。では、乾杯」

エーブ「ああ」

ゴツン

ロレンス「……」ぐびっぐびっ

エーブ「…」ごく ごく

ロレンス「……ぷは。いやぁ、相変わらず美味い。さすがエーブさんの目にかなった麦を使っているだけあります」

エーブ「くくっ。良き相手が居るなら尚更だな」

ロレンス「ええ、全くです」




ホロ(………わっちの乾杯は無視したのに……の)


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 15:55:23.85 ID:BULyEV4QO

再開します
遅筆で申し訳ありません


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 16:06:50.42 ID:BULyEV4QO

エーブ「どうだ、商売の方は」

ロレンス「お察しの通り、ぼちぼちってところですね」

エーブ「ふふん、どうやらかなり儲かってるようだな」

ロレンス「どうでしょう?手の内を見せたら瞬く間に掠め取られそうです」

エーブ「根に持つな。あんたとまた商売したいのは本音だ」

ロレンス「ふふ、期待していますよ」



ホロ(………楽しそうにしおって……わっちと居る時よりも、ずっと……)


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 16:23:17.24 ID:BULyEV4QO

エーブ「…で、だ。どうなんだ本当のところは」

ロレンス「…何がです?」

エーブ「連れだ。まさか本当にあんたとオレが二人きりになるのを許した訳じゃないだろう」

ロレンス「さすがですね」

エーブ「……喧嘩か?」

ロレンス「いえ、そういう訳ではないのですが。少し私情で、ね」

エーブ「ふん?私情ね」

ロレンス「はい。ごくごく個人的な。あまり追求されると困りますがね」

エーブ「ふん、まぁいいさ。こちらにとっては都合の良い話だ」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 16:26:14.31 ID:BULyEV4QO

エーブ「話がしやすくなると言うものだ。やはり商人同士で飲む酒は面白い」

ロレンス「はい?」

エーブ「さっきの話さ。連れが居たら話しづらいと思っていた」

ロレンス「……ふむ、なんです?身構えなければならない話のようですね」

エーブ「なに、そんなたいした話じゃない。酒の肴程度に聞いてくれ」

ロレンス「ふふ、残念ながらここで素直に油断する証人はいませんよ」

エーブ「くっく。その通りだな」



ホロ(………あの女狐、一体何を………)

ホロ(まさか本気でロレンスをたぶらかそうという訳では……ないよの)


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 16:35:19.39 ID:BULyEV4QO

エーブ「率直に言おう。手を組まないか」

ロレンス「……」

ホロ「!」

エーブ「またか、とでもいいたげだな」

ロレンス「まさしく。何故なら私は一度、煮え湯を飲まされていますから。他ならぬ貴女に」

エーブ「その通りだ。だが、あの時オレはあんたを騙した訳じゃない。あんたが見抜けなかっただけだ」

ロレンス「おっしゃる通り。では、今回も信じて手を組むとお思いですか?」

エーブ「それを説得するには今日はちょうど良い機会だと思っている」


294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 16:58:31.62 ID:BULyEV4QO

エーブ「まず一つ。今回は何をしようという訳ではない」

ロレンス「一から始めよう、という事ですか」

エーブ「ああ。そして二つ目、件の毛皮の利益で、資金は十分にある」

ロレンス「…それから?」

エーブ「……オレが、外ならぬあんたと手を組みたいと言っている事だ」



ホロ「な……」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 17:06:37.58 ID:BULyEV4QO

ロレンス「……それが説得する為の武器になり得るとは思えませんが」

エーブ「…そうだったな。あんたはそういう人間だった。ここまで言わねばわからないか」

ロレンス「?」

エーブ「あんたもよく知っている通りだ。色恋沙汰は、まともな判断を狂わせる」

ロレンス「……」

エーブ「オレが一人で商売を続けても、儲かるだろう。まして利益を山分けするんだ、オレにとっては損でしかない」

ロレンス「それなら…」

エーブ「それでもオレはあんたと手を組みたいと言っている。ダメか?」


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 17:13:44.98 ID:BULyEV4QO

エーブ「くくっ…ここまで来ると笑えてくるな」

ロレンス「はあ…」

エーブ「オレがあんたを誘ったのはな」

ロレンス「誘ったのは?」

エーブ「あんたが連れ…ホロだったか?あれを連れて旅を続けている理由と同じだ」

ロレンス「え…!」

エーブ「どうだ?オレは人を見る目には自信がある」

エーブ「あんたは今の行商を続ける必要もなくなる。店を持ちたいならそれもアリだ」

ロレンス「……非常に、魅力的な提案ですね」


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 17:31:01.27 ID:BULyEV4QO

エーブ「良い返事が貰えそうだな」ニヤ

ロレンス「…」

エーブ「今回は騙したい訳ではないから言っておく」

ロレンス「はい。お聞きしましょう」

エーブ「オレが手を組みたいのは、あんただ。そこを解ってくれるな?」

ロレンス「私、一人という訳ですね」

エーブ「飲み込みが早くて助かる」



ホロ(………もう……もう、聞きたくありんせん………)


328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 18:24:50.32 ID:BULyEV4QO

ホロ(今のあやつの事じゃ…答えはわかりきっておる)

ホロ(……間違いなく、あの女狐の手を取るじゃろう)

ホロ(わっちにできる事はなんじゃ?)

ホロ(…どうすれば、あやつを引き止められるのかや……)

ホロ(情けない……)

ホロ(わっちが…賢狼のわっちが、一人の雄のために泣くなどと…)



エーブ「どうだ、オレと手を組むか?」

ロレンス「握手するにはまだ早い。利益の取り分を聞きましょう」

エーブ「……5分だ。オレはあんたを雇う訳じゃない、手を組んで一緒に商売をするんだ」

ロレンス「5割、ですか」

エーブ「ああ。共に富を築いてやろう。金の玉座、オレ達ならば手が届くはずだ」



ホロ(………帰ろう)

ホロ(酒を……ロレンスが買ってくれた酒でも飲むかや…)


465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 21:51:18.04 ID:RHGosC8b0

犯罪予告とか、そういうのですれをだめにするなよ


467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:02:35.33 ID:RHGosC8b0

なんでそんな準備万端なんだよ


471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:08:53.10 ID:RHGosC8b0

>>469
えー


どう

いう

こと









ない






473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:11:15.36 ID:RHGosC8b0

>>472
気のせいだろ


476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:15:26.13 ID:RHGosC8b0

>>474
そんなこというなよー
なー
なんで俺にだけつめたいんだよぉー


477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:18:20.49 ID:RHGosC8b0

みんな、彼女っている?


479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:20:52.42 ID:RHGosC8b0

>>478
w使いすぎ!


485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:26:09.26 ID:RHGosC8b0

>>481
お前がけんかうってるのも基地外だぞ?


486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:26:52.43 ID:RHGosC8b0

>>483
毒雑


490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:32:12.22 ID:RHGosC8b0

>>489
お?なんだ新参か?挨拶はどうした


495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:39:14.92 ID:RHGosC8b0

>>494
まあオタク向けのアニメだししょうがないんじゃない?


497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:41:49.37 ID:RHGosC8b0

>>496
受けてたってやる!こい!


499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:42:48.66 ID:RHGosC8b0

>>498
まったく、かまってちゃんだね君は


501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:43:55.93 ID:RHGosC8b0

>>500
みして、みして


508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:48:49.44 ID:RHGosC8b0



511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:50:15.68 ID:RHGosC8b0



513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:51:03.31 ID:RHGosC8b0

>>506
うれしい


514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:51:50.77 ID:RHGosC8b0

そんなことより、NHKみろよ


516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:52:31.91 ID:RHGosC8b0

やれやれだぜ。


519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:55:00.56 ID:RHGosC8b0

分析されちゃうっ


521: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:55:41.00 ID:RHGosC8b0

>>518
早くNGにい・れ・て♪


522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:57:42.05 ID:RHGosC8b0

>>520
ん?なんですかぁ?


524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 22:59:45.63 ID:RHGosC8b0

だからつけあがるんだ


526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:01:01.85 ID:RHGosC8b0

>>525
ほんと、何してるんだろうねまったくー


530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:04:04.34 ID:RHGosC8b0

おいおい、きちがいがわいちゃったよ


532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:06:01.83 ID:RHGosC8b0

>>531
それ、おもしろいの?


535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:08:42.68 ID:RHGosC8b0

>>533
そうだな、マジそう思うよ


540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:12:11.17 ID:RHGosC8b0

>>537
この対話形式のアピールうさんくさいな


541: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:13:22.31 ID:RHGosC8b0

>>539
まかせとけ!がってんしょうちのすけだい!


549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:21:39.99 ID:RHGosC8b0

>>548
でもおまんこはやわらかくて陰茎をやさしく包み込むよ


554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:25:37.03 ID:RHGosC8b0

どうせおまえらこんなねこみみの小娘でオナニーしてるロリコンどもなんだろ
おやすみなさい。


582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:48:25.94 ID:BULyEV4QO

【宿】

ガチャ

バタン

ホロ「…………」

ホロ「……あやつは……受けるんじゃろうな」

ぽふっ

ホロ「…………嫌じゃ」

ホロ「ロレンス……嫌じゃ…。捨てないでくりゃれ……」

ホロ「……捨てられるのは嫌じゃ。…もう一人は…嫌なんじゃ…」

ホロ「……早く、帰って来てくりゃれ…?ロレンス……」

ホロ「待っておるから……わっちは、ぬしが帰って来るのを待っておるからの……」

ホロ「……」

ホロ「…腹が減ったの。あやつが買ってくれた弁当、どこに置いたかや…」


586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/24(月) 23:53:53.17 ID:BULyEV4QO

ホロ「お、あったあった…」

すっ

ホロ「くふ。これが、ぬしが買ってくれる最後の食事になるのやも知れぬな」

ホロ「ご丁寧に酒を小樽なんぞで買ってくれて…」

ホロ「ありがとうロレンス…。いただきます」

ぱくっ

ホロ「…」もぐもぐ

ホロ「……美味い」

もぐもぐ

ホロ「美味いの、ロレンス。ぬしも今頃食べておるんじゃろう?美味い…」

もぐもぐ

ホロ「んふふ、美味いのうロレンス」

ホロ「……ぐ………ひぐ……」じわ

ホロ「……う、うぅ……んまい……ううぅ…」ぽろぽろ


588: 凡才エッシャー ◆Escher0aLs 2009/08/24(月) 23:56:37.26 ID:1Vm1A/fyP BE:906125647-2BP(3347)

もうやめてあげて・・・(´;ω;`)


598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:02:30.88 ID:LB5CtR0EO





ホロ「最後の晩餐とはよく言ったものじゃな。…確かに、特別な食事じゃ」

ホロ「美味かった…。ぬしが買ってくれたものと思うと、より一層…」

ホロ「……葡萄酒かや。ありがたい……」

んぐっんぐっ

ホロ「…ありがたい…。せっかくの稼ぎをわっちの為に使ってけれるんじゃ…」

んぐっんぐっ

ホロ「ありがたい…。嬉しい…」

ホロ「嬉しくて…わっちゃあ涙が出てきんす」

ホロ「…んふふ。ぬしは優しい雄じゃからの。弱々しい雌が好きじゃからな…」

ホロ「こうやって泣いていれば、わっちの所に帰って来てくれるかや?ロレンス…」

んぐっ
んぐっ

ホロ「酔えぬ。……嫌じゃよ……ロレンス…帰って来てくりゃれ……」


603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:06:09.59 ID:LB5CtR0EO

【2時間後】

ホロ「……帰ってこぬのかや」

ホロ「まだ飲んでおるのかや?」

ホロ「んふ、どうせぐでんぐでんに酔っ払って帰って来るんじゃろう?」

ホロ「わっちが介抱してやらねばなるまいな。…やれやれじゃ」

ホロ「どんなに酔ってもわっちが介抱してやるから…」

ホロ「帰ってきてくりゃれ…」


607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:09:53.73 ID:LB5CtR0EO

【4時間後】

ホロ「酒も切れてしまったな…。小樽丸まるか。飲み過ぎたかや…」

ホロ「………一向に酔えぬ。これだけ飲んでも」

ホロ「わっちゃあもう、どこかおかしくなったのかも知れぬな」

ホロ「ぬしのせいじゃぞ、ロレンス…」

ホロ「…ぬしがわっちに冷たくするから、こんなになってしまいんす」

ホロ「なんての。責任転嫁も良い所じゃ。全部わっちが蒔いた種なのに…」


614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:14:23.75 ID:LB5CtR0EO

【6時間後】

ホロ「酒場はとうに閉まっておるよの…?」

ホロ「わっちは…?」

ホロ「わっち、どうすれば良いんじゃ…?」

ホロ「本当に…行ってしまいんす」

ホロ「わっちを置いて…?別れもなしに…?」

ホロ「…わ、笑いながら、別れようと、言ったのは…ぬし…じゃろう……?」

ホロ「わっちは泣いて…泣いていんす……今、泣いて……」

ホロ「迎えに来てくりゃれ……早く……」


624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:18:15.34 ID:LB5CtR0EO

【8時間後】

ホロ「……」

ホロ「……寒い」

ホロ「酒をしこたま飲んだからかや…。涙ばかり出てきおる…」

ホロ「……酒が欲しい…酒が」

ホロ「………」

ホロ「……わっちは、待っておるからの。ロレンス」


632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:31:58.68 ID:LB5CtR0EO

【翌朝】

ホロ「くふ」

ホロ「くっくっく…数百年と生きてきたが、こんな情けない事はない」

ホロ「口先だけの雄もおった。情けない雄もおった。じゃが」

ホロ「ここまでわっちを泣かせたのはぬしが初めてじゃろうな」

ホロ「くく…。帰って来なんだらどうしようか」

ホロ「一人でヨイツに帰るかや。そして…」

ホロ「くふふ」

ホロ「…!」

ホロ「…足音」





ガチャ


644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:41:26.26 ID:LB5CtR0EO

ホロ「ロレンス!」

ロレンス「…!起きてたのか」

ホロ「う……うぇ……」

ロレンス「……」

ホロ「よかっ……も…帰って来ないかと……」

ロレンス「……」

ホロ「…わっち…わっちは…ぬしが居なくなったら、どうしようかと……!!」ぽろぽろ

ロレンス「……ホロ」

ホロ「たわけ!たわけぇ!うぇぇぇぇん……」









エーブ「すまない。今一緒に来たのはまずかったか」

ホロ「っ!!」


649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:42:37.07 ID:10kzWb/BO

鬼畜ww


667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 00:50:51.39 ID:LB5CtR0EO

ホロ「……」

ロレンス「……荷物を取りに来た」

ホロ「そうか…。そうじゃの、商人が荷物を置いて旅立つ筈がない。わっちとした事が、迂闊じゃった」

ロレンス「……顔、どうした」

ホロ「顔?」

ロレンス「……」

ホロ「あはは、これかや。夕べは随分飲んだからの。寝ておらぬから隈もひどいじゃろう」

ロレンス「…ああ」

ホロ「客人が来るなら化粧でもしておいた方がよかったかや?くふっ」

エーブ「……オレは下に降りていよう」

ロレンス「すみません。すぐに行きます」

ホロ「…」


688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 01:01:11.43 ID:LB5CtR0EO

ロレンス「ホロ」

ホロ「……なんじゃ?」

ロレンス「……お前との旅は、ここで終わりじゃ」

ホロ「そうか。そうじゃろうな」

ロレンス「……」

ホロ「わっちを捨てるんじゃな?わっちを…」

ロレンス「……」

ホロ「…どうすれば良い?何をしたら……」

ロレンス「……」

ホロ「何でもする。わっちを……傍においてくりゃれ」

ロレンス「…これを」すっ

ホロ「…?」

じゃらっ

ホロ「…!」


707: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 01:08:42.23 ID:LB5CtR0EO

ホロ「…これは?」

ロレンス「路銀にしてくれ。5ミュリオーネ……ヨイツに着いてからもしばらく食べて行ける」

ホロ「……」

ロレンス「……」

ホロ「また、借金……増えてしまったな」

ロレンス「返さなくて良い」

ホロ「…ぬしとの旅は、この金ほどの値段だったと言う事かや…」

ロレンス「まさか。それはちゃんと俺の気持ちを上乗せしてる」

ホロ「……つまり、これよりも安かったと」

ロレンス「……お前にとってはどうかはわからないけどな」

ホロ「くふふ……ぬしよ」

ロレンス「ん?」

ホロ「もう、ここでわっちを殺してくりゃれ」


728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 01:18:13.76 ID:LB5CtR0EO

ロレンス「何を馬鹿な」

ホロ「その通り、もはや賢狼としての名も落ちた。わっちゃあ…もう…」

ロレンス「ヨイツに帰るんじゃなかったのか」

ホロ「……もうよい。これも返す。ぬしの夢の為に使ってくりゃれ…?」すっ

ロレンス「…」じゃら

ホロ「さぁ、殺すが良い。その腰のナイフで刺すだけじゃ。簡単じゃろう?」

ロレンス「…まさか」

ホロ「殺した後は、この麦も焼けばよい。…そうすれば」

ロレンス「そんな事、できる訳がないだろう!」


751: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 01:25:50.39 ID:LB5CtR0EO

ホロ「……街中は嫌かや?ならば森ででも捨ててくれれば良い…」

ロレンス「そんな事を言ってるんじゃない。俺は…」

ホロ「あの女狐と旅をするんじゃろう?」

ロレンス「…!知ってたのか」

ホロ「……雄に見放された雌は、生きては行けぬ。ロレンス、殺してくりゃれ」

ロレンス「……」

ホロ「ほら」すたすた

ホロ「このナイフを使って…」カチャ

ホロ「喉を突いてくれるだけで良いんじゃ。それでわっちゃあ満足じゃ」

ホロ「ぬしに捨てられた思い出を背負って永劫を生きるより、よほど幸せな幕切れじゃ…」


789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 01:42:30.15 ID:LB5CtR0EO

ホロ「見放され、捨てられ、あげく殺してもくれない。わっちはどうすれば良い…?」

ロレンス「…一人でヨイツに帰るんじゃないのか」

ホロ「わっちが悪いのかや?何をしたんじゃ?ずっと…ずっと一緒に旅をしてきたではないか」

ロレンス「お、おい…ホロ?」

ホロ「わっちゃあ嬉しかった。ぬしが我が儘を聞いてくれたり、優しく接してくれるのが…」

ホロ「どこで狂ったんじゃ…?あの女狐にたぶらかされたから…?」

ホロ「…ぬしとの旅は楽しいんじゃ。わっちが生きてきた中で、きっと1番楽しい」

ホロ「あやつと出会った頃から…ぬしが無理やり口づけされてから、そうじゃな?」


813: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 01:53:28.69 ID:LB5CtR0EO

ホロ「くふ、ふふふ」

ロレンス「ホロ…?」

ホロ「わっちゃあ狂ってしまったのかも知れぬ。でも…それもまた良しじゃな」

ロレンス「……」

ホロ「別れは笑顔で。そう言ったのはぬしじゃろ」

ロレンス「…そうだな」

ホロ「ほれ、せっかくわっちが笑っておるんじゃ。笑ってくりゃれ?」

ロレンス「……」

ホロ「…ふふ、ぬしはとことん嘘つきじゃな。別れくらいきちんと約束をはたして欲しかった」

ロレンス「……じゃあ、行くぞ」

ホロ「…んむ。ロレンスよ」

ロレンス「ん?」

ホロ「今までありがとう。…昨日の夕飯、美味かった」

ロレンス「ああ…。やっぱり路銀は置いて行くよ。じゃあな」


819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 01:58:42.66 ID:LB5CtR0EO

ホロ「……」

ロレンス「……」

すたすた

ガチャ

バタン!

ホロ「……」

ホロ「……別れはいつも、呆気ないものじゃな」

ホロ「……これでよかったんじゃろ?」

ホロ「…わっちがあやつを想いながら一人生きる事に比べれば…これくらいの方が」

ホロ「そうでも思わんと、やりきれぬ…。やりきれぬ……」


828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 02:05:03.89 ID:LB5CtR0EO

ホロ「………5リュミオーネ……」

ホロ「これが、わっちとロレンスの旅の値段……」

ホロ「……この旅の話、どうやってこの後語り継げと言うんじゃ」

ホロ「賢狼の無様な失恋伝記など、笑い話にしかならぬ」

ホロ「…くふ。あはははは…」

ホロ「旅の終わりがわっちの終わりじゃ。もう…ヨイツを目指す理由も気力もありんせん」

ホロ「…………せめて、ぬしだけには嫌われたくなかった」

ホロ「ありがとう、ロレンス。楽しかった」





850: ※救いオチ苦手な人はスルー推奨 2009/08/25(火) 02:14:24.77 ID:LB5CtR0EO





ホロ「とまぁ、ざっとこんな感じじゃろうな」

ロレンス「…一時間もよくそうやって喋り続けられるな」

ホロ「ぬしが聞いたんじゃろう?わっちを無視し続けたらどうなるか、などとたわけた事を」

ロレンス「そりゃあそうだが…色々と納得のいかん所もある」

ホロ「ほう?どこかや?」

ロレンス「まず一つ、俺はそんな冷徹男じゃない」


876: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 02:21:01.77 ID:LB5CtR0EO

ホロ「ふむ。聞いてやろう」

ロレンス「いくら無視するとは言っても、そこまで冷徹に徹しきれる程俺は冷たくないだろう?」

ホロ「…どうじゃろうの?本当かや?」

ロレンス「当たり前だ。いくら妄想とは言え、お前にそんな冷たく接する事なんて…」

ホロ「ふんふん」ニヤニヤ

ロレンス「……う」

ホロ「なるほど?ぬしは妄想でもわっちに冷たく出来ぬ程、この賢狼ホロに首ったけという訳かや?」

ロレンス「ぐ…」

ホロ「くふっ、照れてしまいんす」パタパタ


894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 02:29:11.72 ID:LB5CtR0EO

ホロ「ま、大方わっちを無視して弱々しくも健気にぬしに擦り寄る様を想像したんじゃろ?」

ロレンス「…い、いや…」

ホロ「当たらずも遠からず、といった所じゃな。あまり良い趣味とは言えぬ」

ロレンス「……ちょっと酒の肴に出した話題にそこまで言うか」

ホロ「そりゃあそうじゃろう。そんな話をされて嬉しい雌などおりんせん」

ホロ「それとも何かや?上目使いで『無視されるのは嫌じゃ…淋しいからやめてくりゃれ?』などと言って欲しかったかや?」

ロレンス「……」

ホロ「図星かや。ふん、ぐうの音も出んとはこの事じゃな。がっくりうなだれおって…その分じゃ」

ロレンス「え?」

ホロ「その分じゃ、わっちがこの話で何を伝えたかったのかもわからんのじゃろうな…」

ホロ(ぬしが言って欲しかった事を、話の中で遠回しに言ってやったのに…このたわけ)


907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 02:37:51.83 ID:LB5CtR0EO

ロレンス「…それから、これは納得いかないと言うか…これは疑問なんだが」

ホロ「…なんじゃ?」

ロレンス「なんで彼女が話に出て来たんだ?別に彼女じゃなくても…」

ホロ「………ぬし、本気で言っとるのかや」

ロレンス「?あ、ああ…」


910: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 02:39:14.50 ID:LB5CtR0EO

ホロ「……呆れも怒りもとうに過ぎた。はぁ…」

ロレンス「??す、すまん」

ホロ「そこまでいくと笑えんな。答えがわかるまで口を聞いてやらん」

ロレンス「そ、そんな…!」

ホロ「ああ、わっちは悲しい。このままでは一生口を聞けぬやも知れぬ」

ロレンス「く…!なんだ?すまん、さっぱりわからない。許してくれ」

ホロ「…くふ。まぁ、ぬしらしくて良い。しょうがない。耳を貸してみんす」

ロレンス「あ、ああ」

ホロ「答えはな…………」





ロレンス「っ」

【おわり】


931: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 02:47:13.40 ID:LB5CtR0EO

どさっ

ホロ「あぅぅ…!ど……どういうつもりじゃ……?」

ロレンス「どういうつもりも何も、言葉通りだ」

ホロ「だからどういうつもりじゃと…言っ!」グシッ

ロレンス「ほら、喋りながら喰らうから舌噛んだじゃないか」

ホロ「う…うう…!」


939: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 02:52:56.82 ID:LB5CtR0EO

ホロ「ち…血が………」

ロレンス「なに、舌を噛んだだけだ。大丈夫だよ」

ホロ「や、やめ…」

ロレンス「顔を殴っても喋り続けるな…。拳も痛い。腹にするか」

ホロ「やめてくりゃれ!やめ…げはっ」

ロレンス「おお…顔の後に腹を殴ると柔らか過ぎて変な感じだな」

ホロ「えぅぅ…!やめ…やめて…くりゃ…」

ロレンス「そうか、蹴れば良いんだな。ちょうどお前もうずくまってる事だし」

ドカッ

ホロ「はぁうっ!!…う、うぁぁ…!」ぽろぽろ


950: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 03:00:38.23 ID:LB5CtR0EO

ホロ「あう……やめて…くりゃれ……」

ロレンス「やめないさ、言っただろう?」

ホロ「わっ…わっちが何をしたと言うんじゃ……?」びくびく

ロレンス「何も?次は顔だ、目は閉じといた方が良いぞ」

ホロ「ひぃ…!嫌じゃ……!助け…」

グシャッ

ホロ「ぐ……あっ………」

ロレンス「…ふん?今5発だったかな。泣き始めるのは何発目かな」グシャッ

ホロ「っああ!嫌じゃああああ!!助けて!!!」グシャッ

ホロ「あぐぅっ!!だっ…誰か来てくりゃれ!!」グシャッ

ホロ「きゃあうっ!!こ…殺される!!誰かぁぁぁ!」グシャッ

ホロ「あが……!い、い…」グシャッ


955: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 03:05:25.97 ID:LB5CtR0EO

ホロ「………ぁ……あ…」グシャッ

ホロ「……ぃ……」グシャッ

ホロ「…………」グシャッ

ホロ「………」グシャッ

ロレンス「ふぅ。…何十発だったかな。やっと気絶か…」

ロレンス「…さて、と。良い運動になった。飯に行くか」くるっ


ホロ「………っ……」ふる……ふる…

ホロ「っ……はむっ……」パクッ

メキメキメキメキ…



ホロ「グルルルル…」

ロレンス「ん?あっ」

ぱくっ


956: ◆r3yksmPHg2 2009/08/25(火) 03:06:23.98 ID:LB5CtR0EO

寝ます。意味もなくくだらないもの書いてすみませんでした
本編とは関係ないよ!ではありがとうございました


966: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 03:12:45.22 ID:LB5CtR0EO

>>963
間に佐々木SS一つ書きました。


969: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 03:14:27.19 ID:LB5CtR0EO

>>965
…申し訳ありません。9月に本気出します


971: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/25(火) 03:17:14.12 ID:LB5CtR0EO

>>968
優越感に浸れる程の者ではありません><
あ、こいつかー程度で流していただけたらありがたいです


関連記事
スポンサーサイト