fc2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

キョン「好きだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 11:54:57.58 ID:lcWee4Su0
ハルヒ「え……?」

キョン「……」

ハルヒ「キョン……もう一度言って……」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 11:55:37.55 ID:d8+yhXTJ0

>>1乙!面白かった!!


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 11:55:44.08 ID:lcWee4Su0

キョン「好きなんだ」

ハルヒ「!」

キョン「……」

ハルヒ「あ、あたしも……その……」ドキドキ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 11:56:43.73 ID:lcWee4Su0

キョン「俺、古泉が好きなんだ」

ハルヒ「!?」

>>2
まだ終わっとらんわw


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 11:57:26.80 ID:lcWee4Su0

ハルヒ「ちょっと……それ、どういうこと……?」

キョン「どうもこうも、そういうことだ」

ハルヒ「でもあんた、古泉くんのこと、ことあるごとに邪険にしてなかった?」

ハルヒ「みくるちゃんのことをかばったり、有希のことを気にかけたりすることはよくあったけど……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 11:58:14.28 ID:lcWee4Su0

キョン「ああ、俺も出会った頃は古泉が鬱陶しくて仕方がなかった」

キョン「やめろと言っているのにやたらと顔を近づけてきたし、話も回りくどい」

キョン「それなのに……いつからだろうな?」

キョン「そんなあいつのことを、愛おしいと思うようになったのは……」

ハルヒ「そんな……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 11:59:00.22 ID:lcWee4Su0

キョン「この気持ち、絶対に隠し通すつもりだったんだ」

キョン「男が男を好きだなんて、気持ち悪いだろ……?」

ハルヒ「キョン……」

キョン「でも、もう限界なんだ……」

キョン「もう、自分を誤魔化せない……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:00:00.91 ID:lcWee4Su0

古泉「こんにちは」ガチャ

ハルヒ「!」

キョン「古泉……」

古泉「……どうかしました?」

古泉(なんだろう、この雰囲気?)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:02:16.46 ID:lcWee4Su0

キョン「古泉、話がある」ガシッ

古泉「な、なんでしょう?」

古泉(掴まれた肩が痛い……)

古泉(それに顔が近い……)

ハルヒ「本気なの……?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:04:42.08 ID:lcWee4Su0

キョン「好きだ」

古泉「え?」

キョン「お前が好きだ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:06:14.64 ID:lcWee4Su0

古泉「えっと……え? どういうことですか?」

キョン「わからないのなら何度でも言う。好きだ」

古泉「そ……そんな……」

キョン「もう……自分を抑えられないんだ……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:07:22.31 ID:lcWee4Su0

キョン「というわけで、二人で大人の階段を駆け上ろう!」ガバッ

古泉「痛っ!」ドサッ

ハルヒ「!?」

キョン「古泉、好きだあああああああああ!」

古泉「ちょ、やめ――!?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:09:16.60 ID:lcWee4Su0

ドカッバキッベキッボキッグチャッべシャッ!

古泉「あ、危なかった……」

ハルヒ「きょ、キョンの関節が有り得ない方向に……」

古泉「怖かった……怖かったよう……」ブルブル

ハルヒ「割れた頭部から見えてるのって、もしや……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:11:15.07 ID:lcWee4Su0

古泉「涼宮さん!」

ハルヒ「やめて! よらないで、この人殺し! 誰か助けて、殺される! 処女が欲しいならあげるから、命だけは!」

古泉「いろいろとやめてください、人聞きの悪い! 正当防衛ですよ!」

ハルヒ「どう考えても過剰よ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:13:20.75 ID:lcWee4Su0

古泉「それはともかく、涼宮さん、最近BLにハマったりしました!?」

ハルヒ「……は?」

古泉「な、なんですか、その反応は……?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:15:28.53 ID:lcWee4Su0

ハルヒ「いや、だってこんな展開でそういう話になるのって、おかしいでしょ?」

古泉(こういう展開の場合、彼女がBLにハマるというのが原因のはずなのだけど……)

古泉(彼がおかしくなった原因は、彼女ではない?)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:17:31.50 ID:lcWee4Su0

ハルヒ「まあ、BLは大好物なんだけどね」

古泉「それだ!」

ハルヒ「な、なにが?」ビクッ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:19:20.71 ID:lcWee4Su0

古泉「涼宮さん、腐り果てたあなたは、二次元では飽き足らず、三次元でもBLが蔓延ればいい……そう思ったんですね?」

ハルヒ「…………」

古泉(なら、彼女の興味をBLから他のものに移せば……!)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:21:28.41 ID:lcWee4Su0

ハルヒ「古泉くん、聞き捨てならないわね……」

古泉「はい?」

ハルヒ「あたしは二次元と三次元をごっちゃにしないわよ!」

古泉「な、なんだって――!?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:23:47.55 ID:lcWee4Su0

ハルヒ「確かにあたしはBL大好きよ」

ハルヒ「あたしとBLは産まれたときから……いえ、受精した瞬間から深い絆で結ばれていたわ!」

古泉(ダメだこの人……)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:25:38.07 ID:lcWee4Su0

ハルヒ「でも、二次元と三次元を一緒くたにするようなことは断じてないわ!」

ハルヒ「あなたのその短絡的な発想は、腐女子に対する冒涜だわ!」

古泉「す、すみませんでした……」

古泉(あれ? なんで僕が謝る流れに?)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 12:27:33.74 ID:lcWee4Su0

古泉「と、ともかく、涼宮さんは僕や彼が付き合ったりすればいいなんて思わなかった……と?」

ハルヒ「当たり前じゃない!」

古泉(だとすれば、彼がおかしくなった原因は?)

キョン「そんな原因などない!」

古泉・ハルヒ「!?」


31: いろいろとすまんかった 2009/08/14(金) 12:29:36.84 ID:lcWee4Su0

古泉「に、二度と起き上がれないよう、機関でマスターしたありとあらゆる殺人技を駆使したのに、なぜ!?」

ハルヒ(やっぱり過剰ね。ところで機関ってなに?)

キョン「愛の前にはどんな障害も意味をなさないのさ!」

古泉「くっ……」

キョン「古泉、新世界の扉を開くぞ!」ガバッ

古泉「アッ――!」

糸冬


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/08/14(金) 13:32:16.25 ID:ebQZ4hL+0

これはひどい


関連記事
スポンサーサイト