fc2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

QB「契約してよ!」DIO「ほう……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:36:22.95 ID:fMVeBjdf0

キュッキュゥゥゥンッキュゥィィィーーーーz____ッ

[DIO・BRANDO]ドォォォーーーーン

DIO「転校生のディオ・ブランドーだ」

さやか「……いや、どうみてもおっさry」

ドォォォーーーンッ

まどか「なッ!?いつの間にかさやかちゃんが後方にぶっ飛ばされている!?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:38:43.20 ID:fMVeBjdf0

さやか「帰りにCDショップ寄っていい?」

DIO「良かろう」

さやか「うおおおッ!?い、いつの間にッ!?」

DIO「行くぞ……」ザッザッ

さやか「え……ついて来る気?」

まどか「グレートにヘヴィだね」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:40:42.87 ID:fMVeBjdf0

―――CDショップ

さやか「~♪」

まどか「フンフン♪」

仗助「やっぱプリンスはいいよなぁ~~~」

DIO「ルッキントゥーマイーボアーイ」シャカシャカ

『……けて』

DIO「……ん?」

『助けて……!』


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:42:47.95 ID:fMVeBjdf0

まどか「何?今の声……」

DIO「貴様も聞こえたか……」

まどか「あ、DIOさん……」

DIO「ならば話は早い、行くぞ……」ザッ

まどか「え?ま、待って……!」タッ

さやか「あれ?まどかぁーどこ行くのー?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:44:59.43 ID:fMVeBjdf0

まどか「確かこの辺りから……」

QB「ウシャアアアアアアアアアアアアアァァァァァァーーーーーーッ!!!」ドシャアァァァッ

まどか「ひっ!?」

DIO「ぬぅぅ……」

ほむら「………」

ドドドドドドドドドドドドドドド

DIO「貴様………」

まどか「あなたは……ほむらちゃん!」

ほむら「まどか、その淫獣から離れなさい」

まどか「ひどいよ!こんなのってないよ!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:47:25.42 ID:fMVeBjdf0

QB「UOOOHHHHHHHHHH……!ほ、骨が……!」

DIO「……」

ほむら「そこの黄色いのも、どきなさい」

DIO「ほう……このDIOに退けと?」

ほむら「怪我をしたくなければ……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:50:04.46 ID:fMVeBjdf0

DIO「フ……フハハ……フハハハハハハ!!」

ほむら「……」

DIO「フフフフ、失礼、なかなか逞しいお嬢さんだ……」

まどか(ど、どうしよう……!)

さやか「くらえいッ!『消火器』の目潰しだッ!」

ブシャアアアアアアアッ

さやか「まどかッ!こっちにッ!」

ほむら「……!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:52:44.01 ID:fMVeBjdf0

ほむら(せめて、QBだけでも……!)

ほむら「『ほむらの世界(ホムホム・ザ・ワールド』ッ!時よ止まりなさいッ!!」

ドォォォォォーーーーーーーン

・・・・・・・
  ・・・・・・・・ 
             ・・・・・・・

ほむら「時は止まった……」

DIO「これは驚いた……このDIO以外に、『時の止まった世界』に入門できり者がいたちは……」


27: 誤字なんて 2011/05/09(月) 00:55:14.45 ID:fMVeBjdf0

DIO「貴様……まさかスタンド使いか?」

ほむら(わ、私のほかに時を操る者が!?)

ほむら(いや!そんなこと気にしてる場合じゃない!はやくQBを始末しなくちゃ……!)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 00:58:50.31 ID:fMVeBjdf0

ほむら「あなたの相手をしてる暇はないの……そこをどいてもらおうかしら」

DIO「良かろう………やってみろ、このDIOに対してッ!!」

3秒経過ッ!!

この時、二人が考えていることは同じだった

『こいつはどれくらい時を止めていられるのか?』

DIO(5秒か?私と同じ9秒?それともそれ以上?)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:00:41.09 ID:fMVeBjdf0

ほむら(あいつは何秒時を止めていられるの?)

ほむら(けれど……!)

―――かすかな違和感

ほむら(時を止めていられる時間が、短くなっている……!?)

ほむら「クッ!」ジャキィッ

DIO「それは銃か?」


32: 馴染んで9秒じゃなかった? 2011/05/09(月) 01:02:46.82 ID:fMVeBjdf0

ほむら「っあああああああああああッ!!」バンバンッ

DIO「自分でもわかっているんじゃあないのか?この時の止まった世界で……」

スッ

DIO「動ける者に……銃なぞ無駄だということをッ!!」

―――5秒経過!!


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:04:52.17 ID:fMVeBjdf0

DIO「貴様が何者か知らんが……ラッキーだったな!」

ほむら「!?」

DIO「見せてやろうッ!このDIOのスタンドをッ!!」

ほむら「ス……タン、ド?」

DIO「『世界(ザ・ワールド)』ッ!!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:10:36.90 ID:fMVeBjdf0

―――そいつは『傍に現れ立つ者(Stand by me)』ッ!

―――そいつは『立ち向かうもの(Stand up to)』ッ!

―――それは、生命エネルギーが形作る力ある像(ヴィジョン)ッ!!

ほむら「――――――ッ!??」

DIO「視えているのか……『こいつ』が……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:13:17.62 ID:fMVeBjdf0

DIOの傍らに、静かにたたずむ一つの影……

中世の騎士を思わせる、そのフォルム

産毛ひとつないその繊細なボディ

引き締まった肉体とあふれ出るオーラは、まさに『帝王』を思わせる

そう!我々は『こいつ』を知っているッ!

DIO「我が『世界』が……!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:15:32.09 ID:fMVeBjdf0

―――8秒経過ッ!

ほむら(何故……か、わからないけど……)

ほむら(こ、これ以上、時を『止めていられない』ッ!)

ほむら(もう限界だッ!)

DIO「そして時は……」

ほむら「時が……時、が……ッ!」

『動き出す』

ドォォォーーーーーーンッ!!


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:16:59.87 ID:fMVeBjdf0

ほむら「っはぁッ!はぁ!!」

DIO「フン……」

まどか「ッ!?ほむらちゃん!?DIOさんッ!?」

さやか「いつの間にか……立ち位置が入れ替え合っているッ!?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:19:15.31 ID:fMVeBjdf0

さやか「理解不能理解不能理解不能ッ!!」

ほむら(時を止めていられる時間は短くなったけど……!)

ほむら(時間を止めていられる『総時間』は減っていない……)

ほむら(ならば、もう一度時を……!)

DIO「いいのか?呆けていて……!」

ほむら「え?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:22:13.72 ID:fMVeBjdf0

ほむら「―――――ナイ、フ?」

DIO「――――チェック・メイトだ」

ほむら(嘘……いつ、いつ投げていたの!?この私が気付かなかっただなんて!?)

ほむら(そ、そう……だったの、ね)

ほむら(私は……『悪魔』にケンカを売ってしまった……)

ほむら「ごめんなさい……まど、か」

パァンッ!


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:25:14.09 ID:fMVeBjdf0

DIO「!?」

ほむら「――――え?」

「ナイフの数は10本……問題はないわ」

ほむら「あ、あなたは……!」

「1(ウーノ)ッ!」パァンッ

「2(ドゥーエ)!3(トレ)!4(クアットロ)!5(チンクエ)!6(セイ)ッ!」パンパンパンパンパンパァンッ

ほむら「―――巴マミ!!」


49: ミスッたこのままじゃ11本になっちゃう 2011/05/09(月) 01:28:11.73 ID:fMVeBjdf0

DIO「このDIOのナイフを……!」

まどか「すごい……あの人……」

さやか「正確に……ナイフの本数だけ、引き金を引いているッ!!」

マミ「7(セッテ)!8(オット)!9(ノーヴェ)ッ!」パァンパァンパァンッ

マミ「――――これでフィナーレよ、10(ディエチ)ッ!!」パァァァンッ!!


53: これ終わったらギャグにする 2011/05/09(月) 01:31:35.16 ID:fMVeBjdf0

DIO「ぬう……う」

ほむら「巴、マミ」

マミ「フゥー、お礼なんていらないわよ」

ほむら「……」

DIO「貴様は……」

マミ「動くことは『許可』しないわ」チャキッ


55: >>51問題なく撃ち落とせる(キリッてこと 2011/05/09(月) 01:34:24.56 ID:fMVeBjdf0

DIO「……」

マミ「あなたは何者なの?さっきの闘いを覗かせてもらったけど、あなたはどう考えても魔法少女じゃあない、イレギュラーな存在……」

DIO「貴様らは何者なのだ?」

マミ「おっとここに会話の通じないおバカさんがいるわね、疑問文に疑問文で答えると0点だって知らなかったの?おマヌケさん」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:37:04.30 ID:fMVeBjdf0

DIO「………」

マミ「答えないつもり?」

DIO「このDIOに向かって……!」

マミ「Shoot him!」パァンッ

DIO「WRY!」ビシィッ

マミ「質問は……『拷問』に変わっているのよ?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:39:41.12 ID:fMVeBjdf0

DIO「ちょ……調子に、乗りおって……!」グググ

マミ「怪我が修復していく?本当に、あなたは何者なの?」

DIO「たかが薄っぺらなカスの小娘がッ!」

マミ「あなたってホント、バカ」パァン

DIO「ぬう!!」ビシィッ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:45:12.44 ID:fMVeBjdf0

DIO「俺を誰だと思っているのだッ!?俺は……このDIOはッ!」

DIO「このDIOが世界の支配者なのだッ!それを、それを!!」

DIO「便所のネズミの糞よりもゲスなッ!小娘がァァァーーーーーッ!!」

マミ「―――答えないのね、仕方ないわね……」

マミ「ティロ・フィナーレ!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:47:02.13 ID:fMVeBjdf0

まどか「―――もうやめてぇッ!」

バッ

DIO「!?」

マミ「!!?」

マミ(だめ……間に合わないッ!)

ほむら「時を――――」

DIO「――――『世界』ォォォォォオッ!時を止めろォォォッ!!!」

ドォォォーーーーンッ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:48:51.55 ID:fMVeBjdf0

DIO「……」

まどか「」

DIO「この、DIOが………」

ズリィ

DIO「この、DIOが……」

ガシィッ

まどか「」

DIO「まさか、たかが小娘を助けるなどと……!!」

DIO「そして時は動きだす……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:50:49.50 ID:fMVeBjdf0

バァァーーーーーーz_____ン

ほむら「まどかッ!」

マミ「こ、殺してしまった?そ、そんな、そんなつもりは、なかった、のに」ガタガタ

DIO「勝手に、このDIOを殺すな」

まどか「あ、あれ?DIO、さん?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:54:43.38 ID:fMVeBjdf0

マミ「!?良かった……無事だったのね!」

DIO「殺すつもりはなかっただと?嘘は良くないな……」

まどか「わ、私、死んでない?それどころか、いつの間にDIOさんに腕の中に?」

DIO「気にするな……」

まどか「腕の……中……?………うひゃああぁあぁッ///」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 01:56:21.79 ID:fMVeBjdf0

DIO「やかましいぞ……」

まどか「ごごごごごごめんしゃしゃっさい///////」

ほむら「―――――――DIOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOッ!!」

DIO「ッ!?」

ほむら「貴様がッ!泣くまで!撃つのをやめないッ!!」ジャキッ

DIO「ッ!?」


74: >>69赤面? 2011/05/09(月) 01:58:30.87 ID:fMVeBjdf0

DIO(避ければ済む話であろうに………)

DIO(しかし……何故だ?このDIOが、この、DIOが……)

DIO「WRY……!WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYッ!!」チュンチュンチュンッ

まどか「!!DIOさんッ!!」

DIO(何故、こんな小娘をかばってしまうのだ?)


79: 話が進まない 2011/05/09(月) 02:01:30.07 ID:fMVeBjdf0

DIO「ぬ……!」

まどか「DIOさん!DIOさんッ!」

ほむら「ハァハァ……やったか!?」

DIO「心配するな、私は死なん」ムクッ

まどか「…DIOさんッ!」バッ

DIO「くっつくな……!」

ほむら「まどか!そのゲス野郎から離れなさいッ!」


80: こんなのDIOじゃない! 2011/05/09(月) 02:05:11.62 ID:fMVeBjdf0

まどか「ほむらちゃん!そんな言い方ってないよ!あんまりだよ!」

ほむら「早く離れろッ!離れるんだァァァーーーーーッ!!」

まどか「DIOさんは私の命の恩人さんなんだよ!?その人にゲスだなんて……」

まどか「そんなこと言うほむらちゃんなんて、大ッ嫌い!!」

ずぎゅうううううううううううううううううううううん

ほむら「………」

マミ「あ、暁美さん……?」

マミ「こ、こいつ……!死んでいる………!」

―――暁美ほむら 再起不能


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:07:14.14 ID:fMVeBjdf0

DIO「……鹿目まどかよ」

まどか「DIOさん!」

DIO「まどか、よ、聞いてくれるかね?私の秘密を……」

まどか「DIOさんの、秘密?」

DIO「私は……私は、『吸血鬼』なのだ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:08:49.62 ID:fMVeBjdf0

まどか「きゅ、吸血、鬼?」

DIO「そう、だ、それで……一つ頼みがあるのだが……」

まどか「頼み、ですか?」

DIO「さきほどの戦闘で、血を流し過ぎた、すまぬが……私に血をくれないか?」

まどか「血……を………?」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:11:20.09 ID:fMVeBjdf0

DIO「そうだ………」

まどか「………」

DIO「………」

まどか「私、何の取り柄もなくって、得意な教科とかもなくて」

まどか「それでも、こんな私が、誰かの為に役に立てるなら」

まどか「恩人さんの、役に立てるなら……」

まどか「―――それは、とってもうれしいなって」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:13:06.98 ID:fMVeBjdf0

DIO「……まどか」

まどか「いいですよ、血、もらっちゃってください」

DIO「……すまない、まどかよ………」

―――ズギュウウウウウウウウウウウウウウンッ!!


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:22:28.85 ID:fMVeBjdf0

―――数日後

ワルプル「プルプル」

DIO「………」

ワルプル「プルプルワルプル」

DIO「貴様がワルプルギスか……」

ワルプル「ワルプルギスゥゥゥゥゥーーーッ」ドヒャオッ!

ドォォォーーーーンッ

DIO「何だその攻撃は………貧弱貧弱ぅ!」

DIO(私は、まどかの血を吸い回復した)

DIO(だが、まどかの血は一つ私に『奇跡』をもたらした)

―――――

DIO「馴染む!!まどかの血は実に馴染むぞ!!」

―――――

DIO「そう……まどかに血はこのDIOの肉体にしっくりと馴染み、さらなるパワーアップをはたしてしまったのだ!!」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:25:54.46 ID:fMVeBjdf0

DIO「『世界』ッ!時よ止まれい!!」

バァァァーーーーーンッ!!

DIO「そしてそのおかげで、今では何十秒とも時を止められる……」

DIO「世界はこのDIOにひれ伏すのだッ!!フハハハハーーーーッ!」

DIO「そのために……貴様には消えてもらおう!!」

DIO「――――無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァァァァァァーーーーーーッ!!!!!」

ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴッ!!


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:27:41.14 ID:fMVeBjdf0

DIO「そして、時は動き出す」

ワルプル「フォカヌポウ」ズバァァァァァァァ

マミ「まさか、ワルプルギスの夜を一人で倒してしまうなんて………」

DIO「当然だ」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:32:46.47 ID:fMVeBjdf0

この後………

ジョースター家との因縁がうんぬんでまたDIOは戦場へ赴くことになるのだが
それはまた、別のお話

魔法少女たちは、まぁ幸せになりました、良かったね

QB「わけがわからないよ」


終わり


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/09(月) 02:34:06.59 ID:xAOg9+Gb0

乙っちまどまど!


関連記事
スポンサーサイト