FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

早苗「こ、これは…!」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:00:35.94 ID:XYEL3R++0


早苗「うーん……」ゴロゴロ

早苗「イカちゃんに振り向いて欲しいな……」

早苗「4巻の手品の話で貰った触手。はむはむ用にもう一本欲しいなーもう手品やらないのかなー」


早苗「…ブックオゥフにでも行こっと」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:01:03.04 ID:XYEL3R++0


イラッシャイマセー シャイマセー マセー

早苗「うーん。この漫画。なかなか読ませるわね。一巻から読み続けてしまったわ。首が痛い…」パラパラ

早苗「ん……?こ、これは…!この方法ならもしかしたら……いや、でもこれは流石に卑怯臭いし……」

早苗「……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:01:20.22 ID:XYEL3R++0


海の家

早苗「ねぇ、イカちゃん」

イカ娘「う…早苗でゲソか」サササッ

早苗「そんな逃げないで。今日はこれを渡したくて」スッ

イカ娘「お、何これでゲソ?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:01:37.24 ID:XYEL3R++0


早苗「DVD-R∀Mよ。イカちゃんが好きそうなアニメがあったから…」

イカ娘「アニメ?」

早苗「『侵食?!カニ娘』っていう熱くて切ないシュールなドタバタラブファンタジーよ。第三期も決定してるの」

イカ娘「何か良くわかんないけど面白そうでゲソ!ありがとうでゲソ」

早苗「喜んでくれて嬉しいわ(イカカワイイデス)」*コピーしたDVDの配布は違法です

早苗「それじゃあ私は用があるから帰るね」

イカ娘「あ、わかったでゲソ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:02:00.06 ID:XYEL3R++0

栄子「あれ、早苗来てたのか」

イカ娘「もう帰ったでゲソ」

栄子「で、お前は何を持ってるんだ」

イカ娘「早苗に貰ったでゲソ」

栄子「…DVDか?」

イカ娘「早速見るでゲソ」

栄子「仕事が終わってからな」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:02:30.95 ID:XYEL3R++0


長月家

早苗「……渡してしまった。もう後には引き返せないわ」

早苗「何を隠そうあれはショジョの第六部、ストーンローソンの一幕でサブリミナル効果スゲー、と思って作ってしまったDVD…」

早苗「コピーしてアニメの中で0.001秒レベルで私の画像が写るという編集を施したもの…」*コピーしたものを配布するのは犯罪です

早苗「これをイカちゃんが見れば……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:02:47.59 ID:XYEL3R++0

~~~妄想~~

イカ娘「アニメ面白かったでゲソ。早苗には感謝せねればなるまいでゲソ」

イカ娘「…あ、あれ、早苗の顔が離れないでゲソ…」ドキドキ

イカ娘「こ…これは、恋というものじゃなイカ?」ドキドキ


イカ娘「……と、いうことで早苗よ。私の妻になるでゲソ」

早苗「えっ…///」

イカ娘「そしてこのまま地上を征服して私がエンペラーになるでゲソ!私に一生ついてこいでゲソ!」

~~~~~~~

早苗「なんてことに……」デロデロ

早苗「おっとヨダレが」ズビズバッ

早苗「……でも、やっぱ卑怯なんじゃあないかしら」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:03:38.00 ID:XYEL3R++0



海の家

早苗「あれから色々考えて数日来れなかったけど、所詮は素人制作のサブリミナル」

早苗「サブリミナル自体が洗脳や催眠術って訳じゃあないんだから、効果は期待してないわ」

早苗「やっちまった以上、好意的に考えないとね。あんなもん所詮星占い程度なのよ。気にすることもないわよね」

早苗「……しかし、期待してないと言い聞かせていながら、始末の悪いことに都合の良い展開を期待してしまう……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:03:55.99 ID:XYEL3R++0

~~~想像~~~

早苗「いやー。色々忙しくて来れなかったのー」

イカ娘「あっ…/// ……ハッ!」ブンブン

イカ娘「こっ、これ、返すでゲソ。面白かったでゲソ」

早苗「どういたしまして。あれ、顔が赤いよ?」ニヤニヤ

イカ娘「そ、そんなことは…!」

早苗「私に会えなくて寂しかった?」

イカ娘「か、勘違いするなでゲソ!寂しい訳がないでゲソ!むしろ清々してたでゲソ!早苗好きでゲソ!」

~~~~~~~~

早苗「……ハッ」ダラダラ

早苗「落ち着きなさい。長月早苗。期待しちゃだめ。催眠術の件だって期待しただけして、恥かいたじゃない」ヨダレズビッ

早苗「心を無にして海の家に行くのよ……平常心平常心」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:04:12.21 ID:XYEL3R++0

早苗「こんにちはー。イカちゃんいる?」

栄子「おっ、早苗。どうした?ここんとこ来なかったけど」

早苗「いやー。色々とね。イカちゃんいる?」

栄子「そうか。DVD返すよ」

早苗「あ、うん。で、イカちゃんいる?」

栄子「面白かったよ。ありがとな」

早苗「どういたしまして。イカちゃんいる?」

栄子「七話は感動したよ。すいませんメガネが顔の半分で…の下りは最高だった!」

早苗「裏の方かしら」トテトテ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:04:33.50 ID:XYEL3R++0

海の家裏

早苗「いない…。ビンを片付けてると思ってたのに」

シンディー「早苗、何をしてるのかしら?」

早苗「シンディー。いや、イカちゃんを捜してるのよ」

シンディー「そう。それで早苗。不躾な願いだけど、協力して欲しいことがあるの」

早苗「私に?イカちゃんを解剖するために捕獲するから協力しろというならオラオラよ」

シンディー「違うわよ!でも、ちょっと近いかしら」

早苗「はぁ?」

シンディー「あ な た が 欲 し い」

早苗「はあぁ?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:04:51.75 ID:XYEL3R++0

シンディー「以前私達は千鶴が宇宙人ではないかという推測をたてたわ」

早苗「うん」

シンディー「しかし超人的な力と威圧感を前に失敗に終わった」

早苗「うん」

シンディー「そこで、その次に超人的な力を持ったあなたのサンプルが欲しいの」

早苗「それで私が欲しいって訳ね。どっかの白い変態魔導師じゃあるまいし」

シンディー「イカ星人から早苗が宇宙人と聞いて納得したのもそういう事よ」

早苗「9巻のカラーページの話を出されても困るわ」

早苗「でも、まあ、いいわよ。サンプルと言っても髪とかそういうとこでしょ?」

シンディー「協力ありがとう。それじゃあ早速ホテルに…」

早苗「えっ」

シンディー「えっ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:05:07.10 ID:XYEL3R++0


シンディー「良いじゃないちょっとぐらい」グイグイ

早苗「やめなさいよ!手を引っ張らないでよ」

シンディー「大丈夫よ。チラッと●●見せて貰うだけだからウフフフフフ」

早苗「●●!?サラッと恐ろしい事言わないでよ!」

シンディー「さぁ!ハリーアップ!」グイグイ

早苗「どういうことなの!?」

渚「その手を離してください!」パシィ!

シンディー「アウチッ!」

早苗「渚ちゃん!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:05:21.32 ID:XYEL3R++0


渚「私の早苗さんをどこへつれているつもりですか!」

早苗「」

渚「まぁ早苗さんは可愛いので連れ出したくなる気持ちもわかります…////」

早苗「」

渚「でも無理矢理連れ出すのは犯罪です!」

早苗「」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:05:46.34 ID:XYEL3R++0


シンディー「…あなたは何か勘違いしているようね」

シンディー「私はそんな低俗な理由で連れ去ったりしないわ」

早苗「十分低俗よ」

渚「安心してください早苗さん!あなたは私が守ります!」

早苗(この二人の側にいる限り安全はないわね…)

栄子「あ―― こんな所にいた」

早苗「栄子!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:06:01.24 ID:XYEL3R++0



栄子「いけない人について行くなまったく……」

渚・シンディー「ちょっと!」

渚「何で栄子さんだけごく自然に早苗さんを独占できるんですか」

早苗「独占て」

栄子「お前らの早苗を見る目が不純だからだろ……」

早苗「うんうん」

栄子「私は百合とか恋人としか見てないし」

早苗「」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:06:26.26 ID:XYEL3R++0


渚「早苗さんと栄子さんはただの同級生ってだけじゃないですか。イチャイチャしすぎです」

栄子「同級生の百合。学園物とかでは十中八九同級生か先輩後輩同士の百合なんだよ///」

シンディー「その程度の関係で何を騒ぐ事があるのよ。私なんて一度繋がり合ったのよ///」

栄子・渚「な!」

早苗「あの手品の時のイカちゃんの触手の事言ってるの?指相撲の事言ってるの?」

シンディー「加えてイカ星人をめぐるなり相撲なりライバル的関係なのよ。ライバル同士の百合は王道だわ」

渚「私は絡みはそこまでないですが、お、男っぽい外見の私と、女性らしい早苗さん。見栄えは良いと思います!」

早苗「渚ちゃんのそれは割と捨て身な発言ね。……さて、三人が言い争ってる内に逃げよっと……」コソコソ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:06:47.93 ID:XYEL3R++0

早苗「……シンディーも渚ちゃんも栄子も何か変な事になってるよ。何?ドッキリ?ドッキリなの?」

早苗「ドッキリでもシンディーが●●と言うとは思えないし、渚ちゃんは真面目だし演技にはボロが出るはず……」

早苗「いや、待てよ…?ドッキリとして、渚ちゃんまで私総受けという状況と作ってると言うのなら……」

イカ娘「あ、早苗でゲソ」

早苗(イカちゃんも……?!)

~~イメージ~~~~

イカ娘「しばらく来れなかったようでゲソね。私が恋しかったんじゃなイカ?」

早苗「う、うん……///」

イカ娘「イカ娘のここ、開いてるでゲソ」

~~~~~~~~~~


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:07:05.75 ID:XYEL3R++0


早苗「イカちゃああああああああああああああん!!!」

イカ娘「ぎゃあああああああああああ!!」

バチーン

早苗「アァん!!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:07:25.14 ID:XYEL3R++0

早苗「何で……?」

イカ娘「数日ぶりに来たと思ったらこれでゲソか!」

早苗「そ、それよりもイカちゃん、みんなの様子がおかしいのよ!」

イカ娘「おかしい?」

イカ娘「早苗がおかしいって言うほどだからやっぱり相当おかしいでゲソ!」

早苗「そんなに?私ってそんなに?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:07:42.71 ID:XYEL3R++0



早苗「そ、それはともかく……どうしてこうなったのかわからないの。やっぱりってことはイカちゃん、わかってるのよね?」

イカ娘「そうなのでゲソ。みんな早苗が来ないなー、なんて事話してたのでゲソ」

早苗「えっ」

イカ娘「いつになく言ってたでゲソ」

早苗「ドッキリ大成功の札用意してない?」

イカ娘「トラウマだから私はもうやれないでゲソ……」

早苗(うーん…まさか…)

早苗「イカちゃん。DVD貸した時の事話してくれる?」

イカ娘「わかったでゲソ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:08:02.25 ID:XYEL3R++0

~回想~


相沢家

イカ娘「早速早苗から貰ったDVDを見るでゲソ」

栄子「DVDプレイヤーがあるという描写があったかどうか知らんけど早速見ようぜ」

イカ娘「栄子も見るのでゲソか?」

栄子「ここは私の部屋だ。個室にDVDプレイヤーってすごいことだな気にすんな」

千鶴「私もいいかしら」

栄子「姉貴がアニメ見るとは意外だな」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:08:41.20 ID:XYEL3R++0

>>27
途中まで書きためです



千鶴「カニ娘の7話が収録してあるみたいなの。7話は血の繋がっていない姉弟の話よ。あの水志摩監督の話だし」

栄子「思いの外ディープだな。姉貴もこのアニメも」

栄子「しかし、そうだな。私達とたけるは似てないという話もあったし、何かヒントになるかも」

イカ娘「まだ気にしてたのでゲソね」

千鶴「当のたけるは友達の家にお泊まりだからいないわよ」

栄子「何の説明だよ」

イカ娘「再生でゲソ」

|>再生  ウィーン


カーニーカーニーターラバガーニーカーニーカーニーズーワイガーニーカニーカニーカニー(カニーーー!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:09:45.11 ID:XYEL3R++0


次の日の海の家

千鶴「昨日のアニメ、面白かったわね」

栄子「そうだな。予想以上だったよ」

渚「何の話ですか?」

イカ娘「昨日見たアニメの話でゲソ」

渚「ヒィ!音を殺して背後を取らないでください!」

イカ娘「と、いうことで渚にも貸すでゲソ」

栄子「又貸しかよ。早苗に許可貰った方がいいんじゃねーかと思ったけど面白いから見た方が良いよ」

イカ娘「コピーでゲソがね」 *演出です。違法です。

渚「は、はぁ……」

シンディー「オタク文化ね。オタクと宇宙人は共通点があるわ。主にルックスとか」

栄子「知らんけど。シンディーにも貸してやるよ。渚ちゃんの次な」

シンディー「ありがとう」

~~~~~~


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:10:24.50 ID:XYEL3R++0



早苗(…と、いうことは、まさか、あのDVDの影響!? そんな馬鹿な…。人がカタツムリにならないように、そんな事ありえないわ…)

イカ娘「どうしたのでゲソ?」

早苗(でも、イカちゃんは効果ないみたいだけど…イカだから?私の写真が写った瞬間に瞬きしてたからとか?)

早苗「ありがとう…。わかったわ。何となく心当たりがあるの」

イカ娘「……?まあいいでゲソが…。それなら何とかして欲しいでゲソ。みんな早苗みたいで気持ち悪いでゲソ」

早苗「私くらいになれば誉め言葉よ」

早苗「ん?……みんな?」


千鶴「あら、早苗ちゃん。いらっしゃい♪」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:10:50.44 ID:XYEL3R++0




早苗「……まさか」

イカ娘「……コクリ」

千鶴「ここの所来なかったけど、体調崩してない?」

早苗「実は少し熱っぽかったんです。あっ、ごめんなさい、来て早々ですが用事思い出したんで、帰ります」

千鶴「あら、残念ね…」スッ

早苗「えっ」

千鶴「熱はもう平気?」

早苗(デコとデコを合わせるアレきた!それで分かるの!?炎天下の火照った体でそれやって意味あるの!?)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:11:36.52 ID:XYEL3R++0


千鶴「平気そうね」

早苗「あ、……は、はい……///」

イカ娘「……」イラッ

早苗「そ、それじゃあ失礼します!」

イカ娘「途中まで送ってくでゲソ」

千鶴「また明日ね。それじゃあイカ娘ちゃん。早苗ちゃんをお願いね♪」

イカ娘「…はいでゲソ」ガクブル


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:12:08.31 ID:XYEL3R++0


帰路

イカ娘「早苗何かみんなに変な物食べさせちゃってなイカ?」

早苗「ま、まさかぁ!」

早苗(食べてません。……変な物見せちゃいましたァ――――!)

早苗(しかし、ここは言うしかないわね。隠してても仕方ないし、誰にDVDが回ったか確かめないと…)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:12:42.27 ID:XYEL3R++0


早苗「イカちゃん。実は、かくかくしかじか」

イカ娘「さぶみなる?」

早苗「サブリミナル。早い話が印象に残す技術(ワザ)よ」

早苗「イカちゃんに私の顔を印象に残して惚れさせようって魂胆だったんだけど」

イカ娘「何てことをしてるのでゲソか!」

早苗「詳しくは知らないけどサブリミナル効果がこんなに効くなんてあり得ないのよ。洗脳や催眠術じゃあるまいし」

イカ娘「話を聞かなイカ!」

早苗「何がいけなかったんだろう……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:13:04.27 ID:XYEL3R++0



早苗「……行動を遡って考え直してみましょう」

イカ娘「さぶみなる自体わからないからちゃんと思い出さないと私にはさっぱりでゲソよ」

早苗「まず、TATUYAでDVDを借りて……」

イカ娘「うんうん」

早苗「ポイント結構溜まったな、って思ったのも覚えてる」

イカ娘「どうでもいいでゲソ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:13:35.36 ID:XYEL3R++0


早苗「帰ってからイカちゃんのことを知ろうとイカについてゴーグレで調べたの」

イカ娘「うんうん」

早苗「その後は借りたアニメを見たわ。イカちゃんが好きそうなシーンを探したの」

イカ娘「うんうん」

早苗「キャプチャを撮ってカニ娘のカニ帽子をイカ帽子にする作業に没頭したわ」

イカ娘「うんうん……ん?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:14:10.19 ID:XYEL3R++0

早苗「ま、まさか…、私のパソコンのペイントが私の深層心理を描写してしまったの!?」

イカ娘「真面目に考えるでゲソ」

早苗「ごめん」

早苗「……それでデジカメで自画撮りして、データをパソコンに入れたの」

イカ娘「うんうん」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:14:29.21 ID:XYEL3R++0


早苗「それでクラークさんから貰った編集ソフトを使って編集始めたの」

イカ娘「ちょっと待つでゲソ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:15:01.73 ID:XYEL3R++0



早苗「編集はすごく簡単だったわ。私の画像を入れるだけだからね」

イカ娘「待つでゲソ」

早苗「それでそのデータを入れたDVDを渡したんだけど」

イカ娘「待たなイカ」

早苗「あ、ちなみにDVD-R∀Mは市販の物よ」

イカ娘「だから!待たなイカ!原因丸分かりじゃなイカ!!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:15:24.36 ID:XYEL3R++0

早苗「え?……は!まさか!!」

イカ娘「そうでゲソよ!」

早苗「あのDVDに仕掛けが!?黒幕は一体……!?」

イカ娘「おいこら」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:15:52.14 ID:XYEL3R++0

早苗「違う?」

イカ娘「一つ前でゲソ」

早苗「あのデジカメが…」

イカ娘「本気でゲソか?」

早苗「……あ!!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:16:56.25 ID:XYEL3R++0

早苗「まさかDVDを渡す時にゴージャス○アイリンみたいな催眠術を偶然にも」

イカ娘「100%クラークが原因でゲソ!!!」

早苗「えっ」

早苗「……い、いやぁ、アニメでも原作でも絡みが全然ないからさー。いや、ないことはないんだけどね。花火の件とか」

イカ娘「……とにかく、クラークが原因なのは目に見えてるでゲソ。私はもう戻るけど、明日そのソフトを持って直談判するでゲソ」

早苗「あいあいさー」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:17:58.23 ID:XYEL3R++0

イカ娘「ただいまでゲソ」

栄子「早苗私の事なんか言ってたか?」

シンディー「私の事は?」

渚「わ、私の事は」

イカ娘「…何とも言ってなかったでゲソ」

イカ娘(DVDの事は黙っておいた方がよさそうでゲソ…。火に油を注ぐようなことになりかねないんじゃなイカ)

栄子「はぁ…そうか。んじゃ、仕事するぞー…」ショボン

渚「はい……」ショボン

シンディー「アイスコーヒープリーズ」

イカ娘「ところでシンディー、3バカは今何をしてるのでゲソ?」

シンディー「え?何かどっか行ったわ」

イカ娘(えぇ――――!?)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:19:37.01 ID:XYEL3R++0

イカ娘「どこへ行ったのでゲソ!?」

シンディー「いや、知らない……どうかしたの?クレーム?」

イカ娘「……ま、まあそんなところでゲソ」

シンディー「私に言われても困るわ。私でもよくわかんないもんアイツら」




早苗「はぁ…参ったわね。てんやわんやで折角イカちゃんと二人で話せたのに身が入らなかったわ」

清美「あ、早苗さん」

早苗「あ、清美ちゃん」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:20:20.34 ID:XYEL3R++0

早苗(清美ちゃんもあのDVD見てたのだろうか…)

清美「これかられもんに行くんですけど、一緒に行きませんか?」

早苗「ううん。ごめんね。私、これから帰る所なの」

清美「そうですか…。あの、何か悩んでません?」

早苗「えっ」

清美「顔に出てますよ。差し支えなければ話してください」

早苗(良い子だ……)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:21:05.44 ID:XYEL3R++0


早苗「ありがとう。でも、大丈夫よ」

清美「そう…ですか? ……ャン」

早苗「ん?」

清美「あ、いえ、何でもないです!」

早苗「清美ちゃんこそ何か悩んでるみたいね。話してみてよ」

清美「え…でも……。あの、実は、早苗さんのことなんですが」

早苗(地雷踏んだ?)

清美「お姉ちゃんって呼んでも良いですか?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:22:03.42 ID:XYEL3R++0


早苗「えっ…」

清美「その…/// 変な事言ってごめんなさい」

清美「前にイカちゃんの家で会った時、すごく優しくしてくれたじゃないですか」

清美「それで…こんなお姉ちゃんいたらいいなって、思って……///」

早苗(ごめんね清美ちゃん。あれは……)

清美「イカちゃんから借りたカニ娘っていうDVDの姉弟のお話を見て、早苗さんに頬ずりされた時の事思い出しちゃって…」

早苗(はい、見てましたー。キャラ崩壊なうー)


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:22:49.13 ID:XYEL3R++0

清美「や、やっぱり迷惑ですよね?」

早苗(だ、ダメだ…清美ちゃんが良い子すぎて断るなんかできない…。いや、告白とかじゃないだけマシ!)

早苗「わ、わかったわ…。好きに呼んでもいいわよ」

清美「あっ、ありがとうございます。……お姉ちゃん!」

早苗「……///」

清美(お姉さま…姉妹百合…なんちゃって///)

清美「明日、れもんに来れます?」ニコニコ

早苗「……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:23:20.08 ID:XYEL3R++0

長月家前

イカ娘「…と、いうことでしばらくあのままにせざるをえないでゲソ」

早苗「なにそれ……どうしようイカちゃん……」

イカ娘「……私の気持ち、少しはわかったでゲソか?」

早苗「え?何が?」

イカ娘「……」

イカ娘「と、とにかく。3バカが帰って来るまで引きこもってた方が良いと思うでゲソ」

早苗「え…でも……清美ちゃんと約束しちゃったし……」

イカ娘「……」

早苗「ごめんね? 清美ちゃんの頼みはどうにも断りにくくて……」

イカ娘「……わからんでもないでゲソが……」

早苗「心配してくれてるの? 嬉しい……!」

イカ娘「まだなにも言ってないでゲソ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:24:54.72 ID:XYEL3R++0

海の家

早苗「こんにちはー」

清美「あ、来てくれたんですね。お姉ちゃん!」

イカ娘「お姉ちゃん!?」

栄子(なん…だと…?)

シンディー(先手を取られたわね……)

千鶴「早苗ちゃんいらっしゃい。何か飲みたいものは――」

千鶴(負けられないわ……)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:26:39.14 ID:XYEL3R++0

早苗「ちょっと!人前では流石に……!」ヒソヒソ

清美「あっ、す、すみません。お姉さま」ヒソヒソ

早苗(何か短時間で進化したーーーー!!)


早苗(……修羅場オーラがすごい)

イカ娘「何でゲソ?お姉ちゃんって」

早苗「あれ?嫉妬?」

イカ娘「ちっ、違うでゲソ!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:27:51.26 ID:XYEL3R++0

栄子「早苗はなんだかんだいって面倒見がいいもんなー」

栄子(ここでさりげなく早苗を誉めて好感度をアップ!)

シンディー「昨日は変な事を言ってごめんなさい。良い服ねこれ」

シンディー(ファッションを誉めれば無難な所)

渚「髪結構伸びましたね」

渚(さりげない変化に気づくことでホニャラララ)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:31:16.50 ID:XYEL3R++0


西本「部長、先行かないでくださいよー」

清美「あっ、みんな」

望月「あ、イカ先輩オッスオッス」

西本「早苗さん、思えばカニ娘の姉キャラに雰囲気が似てますね。そう思うと憧れるわー」

望月「弁天様みたいで素敵……」

早苗(わー、一話しか絡みがなかった清美ちゃんの部活の子だー!」

早苗(どんだけまわってんのよあのDVD!コピーDVDの配布は違法よ!)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:33:11.26 ID:XYEL3R++0


早苗「……」

一同「……」

早苗(空気が重い……)

栄子「……なあイカ娘」

イカ娘「何でゲソ?」

栄子「お前、早苗の家の前に何をしてたんだ?」

早苗「!!」

イカ娘「!!」

栄子「お前は早苗を嫌ってたからノーマークだったが…この反応を見るに…」

渚「どういうことですか……?」

千鶴「イカ娘ちゃん?」

イカ娘「……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:35:11.50 ID:XYEL3R++0


早苗「……い、イカちゃんは関係ないわ」

シンディー「どうかしらね。自分は早苗に好かれてるから私達を見下してたり」

早苗(うわぁ…みんなキャラがおかしくなってきた……)

イカ娘「……私は、別に早苗の事が好きな訳じゃ……」

早苗「もう!みんなどかしてるわよ!」

清美「そうですよ!」

一同「!?」

清美「私だって、お姉ちゃんが好きです。出来ることなら……色々……あの、その……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:37:48.99 ID:XYEL3R++0


清美「で、でもお姉ちゃんがイカちゃんの事が好きで…それが幸せなら、私はそれで…ふぇぇ」メソメソ

早苗(もうだめかもわからんね)

栄子「清美ちゃん……。コラ!イカ娘。早苗を弄ぶだけでなく清美ちゃんを泣かせるとは…!」

早苗「何でそうなるの!?」

千鶴「イカって、心臓が三つあるのよね」

イカ娘「!?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:40:39.99 ID:XYEL3R++0


千鶴「簡単に言えば体循環をする心臓と、肺循環をする鰓心臓が二つ…あるそうね」

千鶴「肺呼吸するって言ってたわよね。つまり、肺も心臓なのよね……」」

イカ娘「……」

千鶴「早苗ちゃんは私が責任とって預かるわ。こんなに詰め寄られたら混乱してるでしょうから、落ち着かせてね…」

シンディー「…不本意だけど、確かにあらゆる危険から守れるのは千鶴だけ…。千鶴こそ、早苗に相応しいわ」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:42:47.72 ID:XYEL3R++0



イカ娘「……図に乗るなでゲソ」

イカ娘「もういい加減自分の気持ちに嘘はつけないでゲソ!」

イカ娘「早苗…私だって、早苗が好きでゲソ!」

早苗「!!!?」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:47:04.50 ID:XYEL3R++0


早苗「い、イカちゃん……。やっぱり、DVDは……」

イカ娘「DVD?まさか。私は、私はもっと前から、早苗の事が……」

早苗「……だ、だからサブリミナルの効果が」

イカ娘「後のエンペラーとして、妃を救うでゲソ」

イカ娘「早苗!逃げるでゲソ!どこか遠くへ!」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:50:54.29 ID:XYEL3R++0


早苗「わかったわ!でも、イカちゃんも一緒よ」ガッシ

イカ娘「え?」

早苗「捕まっててね」オンブアンドダッシュ

イカ娘「お、おぉ……」

千鶴「……」

栄子「逃げたぞ!追え!」


渚「すごい…!すごい漂うぞ…!打ち切り臭が!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:51:30.43 ID:XYEL3R++0

早苗「はぁはぁ」ダダダ

イカ娘「大丈夫でゲソか?私を背負って走って……」

早苗「伊達に砂浜をサンダルで100mを14秒で走らないわ」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:51:56.09 ID:XYEL3R++0



ニセイカ「やぁ、私はイカ娘でゲソ!」

早苗「……」

イカ娘「本物はおぶさられているのに…」

ニセイカ「いつもみたいに飛び込んできてもいいのでゲソよ!」

早苗(……でけぇ)

ニセイカ「さぁ!」

早苗(話したことあったっけ…?)

早苗「あっ、後ろに南風の」

鮎美「えっ、うそっ、お父さん!?」クルッ

鮎美「……あ、あれ、いない……」

鮎美「……早苗さんもいない」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:52:17.46 ID:XYEL3R++0

田辺「大変そうですね」

早苗「えっ、誰?」

イカ娘「お主は…!」

田辺「私はたな」

早苗「あっ、ごめんなさい急がなきゃ!」

田辺「……」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:52:36.50 ID:XYEL3R++0


りさ「お姉ちゃん!またりさと遊ぼうよ!」

早苗「え?あっ、あのままごとの時の……」

りさ「りさはお姉ちゃんの彼氏役やるからお姉ちゃんは親に反対されながらもりさと交際を続けていたけど実はかつて生き別れた妹役と妹を憎んでいる許嫁役ね」

早苗「ごめんね!お姉ちゃん急いでるの。また遊んであげるから!ね!」

りさ「捨てられるくらいなら死んでやるゥ!」

早苗(重いなあ……。スコップは包丁代わりなのかな)

早苗「わかってくれ…いかなきゃならないんだ……あばよ!セニョリータ!」

りさ「セニョリータって何?」

イカ娘「セニョリータって何でゲソ?」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:54:06.84 ID:XYEL3R++0

縄跳びをしてたポニテの幼女「そこの道行くお姉ちゃん。縄跳びしようよ!」

早苗「え?」

縄跳びをしてたポニテの幼女「私がお姉ちゃんを縄跳びで縛ってあげるね」

早苗「逃げる!」



一巻の八話でオイル塗ってた子「ねえ、オイル塗ってくれない?塗ってくれたらあなたの大事な場所にオイルを」

早苗「さよなら!」

ケイドロ一緒にやった幼女「恋泥棒のお姉さんを私が捕まえてあげる」

早苗「私はルパン。誰にも捕まらない!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:54:48.58 ID:XYEL3R++0

斎藤愛子「こんにちは。あなたのお友達の弟のたけるくんのクラスの担任です」

早苗「は、はあ……」

斎藤愛子「相沢さんの事で第三者として聞かせていただきたい事があるの。ついでに大人の恋愛を教えてあげるわ」

早苗「失礼します!」



高瀬はるみ「あらお久しぶりね。大女優の私を付き合えるからって緊張しなくて良くてよ」

早苗「え、誰でしたっけ」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:55:52.12 ID:XYEL3R++0

早苗「……DVDを配布とかそういうレベルの広がりじゃないよこれ!捨てキャラやモブや顔も知らない他人にまで影響があるってどういうことなのよ!」

イカ娘「私は清美に貸しはしたでゲソが…流石にそこまで広めるほど信者じゃないでゲソ」

早苗「ハハーンわかったぞ編集ソフトに発信器みたいのが点いてて衛星放送されてるなそうに違いない!」

早苗「イカちゃん!どこまで逃げる!シエの島!?シエの島に行く!?恋人岬で鐘鳴らす!?」

イカ娘「……もう、止まるでゲソ」

早苗「え?」

イカ娘「……」

早苗「……」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:56:19.59 ID:XYEL3R++0

栄子「いたぞ!」

早苗「!」

早苗「栄子…渚ちゃん。シンディー。清美ちゃん。えっと…誰だっけ。そして……」

早苗「……千鶴さん」

千鶴「イカ娘ちゃん。早苗ちゃん。大人げない事を言ってごめんなさいね。でもハッキリさせなきゃ」

千鶴「イカ娘ちゃん。あなたにとって、早苗ちゃんとは?」

イカ娘「……早苗は、早苗は嫌いでゲソ。……でも、一番大切な存在でゲソ」

早苗「イカちゃん……ツンデレだったのね……」

清美「イカちゃん。頑張って!私、二人の幸せのために応援するから!」

イカ娘「早苗……清美……」

千鶴「……わかったわ。私達は早苗ちゃんは嫌いじゃない。好きの一点のみ。決めましょう。決着を」

早苗「イカちゃん……」

イカ娘「……愛が絶対の正義なら、きっと…私は千鶴にだって、勝てるでゲソ」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 01:57:03.41 ID:XYEL3R++0

シンディー「……という夢を見たの」

栄子「お前のかよ!」





イカ娘の最終回見るから打ち切り


79: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 2011/12/27(火) 02:03:06.42 ID:DI8zSyrR0

そんな予感はしてた


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 02:03:19.84 ID:DwkNzJEB0

まあそうでしょう


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/27(火) 02:05:54.89 ID:kXyZ+xjp0

ですよねー


関連記事
スポンサーサイト