FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

サーナイト「人肌恋しい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:28:36.70 ID:jy3c0WFj0

 


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:30:48.81 ID:jy3c0WFj0

サーナイト「…………うーん……なんだか寝つけない」

「寝つきの良さに定評のある私が眠れないとは」

「お外はあんなに真っ暗だし、微かな眠気も確かに在るのだけど」

「眠れないというかなんというか……」

「人肌恋しい」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:33:04.17 ID:jy3c0WFj0

「なんだろうなあ、本当はすやすや眠りたいのに」

「何か物足りないと言うか」

「なんというか」

「…………。」

「……マスターはもう寝てるのかな」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:35:43.67 ID:jy3c0WFj0

「マースター?」

「……うわ、ぐっすりじゃないですか」

「こんにゃろめ、私はモンスターボールだというのに自分はふかふかベッドとは」

「マスターの風上にも置けませんね」

「……むう」

「なんか無性に腹が立ってきましたコレ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:38:25.75 ID:jy3c0WFj0

「うりゃ」プニ

「うりうりうり」プニプニプニ

「……ふっ、ほっぺつんつんされても起きないとは……」

「マスターもまだまだ子供というわけですね」

「もしこれが毒突きだったらマスター死んでますよ」

「まあ私毒突き使えないんですがね」

「とりゃ」プニ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:41:18.83 ID:jy3c0WFj0

「……うーん」

「私は眠れないのにマスターはぐっすり」

「この差はいったい……」

「…………。」

「……ベッドか」

「そのベッドがマスターの安眠を約束しているのですね」

「そうに違いない。私がそう言うのだからそうに決まっているのだ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:44:32.31 ID:jy3c0WFj0

「というわけで失礼しますね」

「よいしょ」

「…………あったかい」

「ほう、これは良いものですね」

「これほど暖かいのならそりゃあ気持ちよく眠れるってもんですよ」

「ここでマスターをベッドから追い出さないのは私の優しいところですな」

「ぬくぬく」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:47:45.87 ID:jy3c0WFj0

「しかし、こうして近くで見ると」

「マスターも結構可愛い顔してるじゃないですか」

「いつもは“行け!”とか“戻れ!”とか喧しいけれど」

「まるで別人みたいに可愛いですねえ」

「うりうり」プニプニ

「これがギャップ萌ですね」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:51:04.95 ID:jy3c0WFj0

「…………。」プニプニ

「……反応が無い」

「私一人でマスターをプニプニしてるだけって……」

「馬鹿みたいじゃないですか!」

「…………。」プニ

「どうせ寝てるのなら……もう少し大胆にしてもバレませんよね」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:54:02.58 ID:jy3c0WFj0

「例えば……」

「……抱きついてみたり?」

「…………。」

「じ、自分で言って恥ずかしい……///」

「むむむ……」チラッ

「…………このっこのっ!」プニプニ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 22:57:13.72 ID:jy3c0WFj0

「そ、そういえばこのベッド……二人で入るにはちょっぴり狭いですね」

「もっとお互いにくっつかないと背中がはみ出てしまいます」

「だ、だ、だから仕方ないのです。不可抗力です」

「…………。」

「……起きませんように」ギュッ...


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:02:07.04 ID:jy3c0WFj0

「…………!」

「そういえば、マスターって小柄な方でしたね」

「まだ小さな子供なのに過酷な冒険に出て……」

「一緒に洞窟を探検したり火山に登ったり……」

「色々あったなあ……」

「…………。」ギュウッ...


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:06:40.81 ID:jy3c0WFj0

「しかし、冷静になってみると……」

「この状況、マスターが目を覚ましたら色々とマズいのでは」

「顔、近いし」

「息が顔にかかるレベルですよ」

「……うん、タガが外れる前に一旦撤収すべきですねコレは」

「それでは、一時撤退……」

「ひぁっ!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:09:19.69 ID:jy3c0WFj0

「マ、マスター……起きていらしたんですか」

「あ、私の胸の赤いのが当たって痛かったんですね」

「それは失礼しました」

「……え?なんでベッドに居るのかって?」

「……えー、あー……それは…アレですよ、アレがああしてこうなって……」

「あの…その……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:12:14.30 ID:jy3c0WFj0

「ま、まあいいじゃないですか私の事は」

「ほらほら、そんなことより明日も早いんでしょう?」

「私もボールに戻りますから、マスターもお休みになられてください」

「ではでは、さよーなr」

「きゃん!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:15:20.14 ID:jy3c0WFj0

「マ、マスター!?そんな、突然抱きつくなんて……!!」

「へ?これでおあいこ?」

「ちょっ……いつから起きてたんですか!?」

「ベッドに入って来た時から……?」

「な、な、な、な、なあああ!?」

「や、やだなあ!それならそうと早く言ってくださいよ!」

「恥ずかし……!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:19:13.68 ID:jy3c0WFj0

「ああもう、顔真っ赤ですよ私……」

「えっ?ドキドキしてるですって?私が?」

「あ、こら、胸に耳を当てないでください!」

「うう……仕方ないでしょう」

「マスターのせいなんですからね……」

「私のせいではないのです。断じて!決して!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:22:30.44 ID:jy3c0WFj0

「……そういう、マスターはどうなんですか!?」

「あー、今ギク!ってしましたね?」

「抵抗しても無駄ですよ、もう逃げられませんからね!」

「えいっ!」ピトッ

「…………うわぁ」

「ドキドキ、してますね……マスターも…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:26:22.95 ID:jy3c0WFj0

「わ、私でドキドキしてくれているんですか……?」

「うん……って、頷かないでくださいよ恥ずかしい!」

「私が聞いたから?……そりゃ、そうですけど」

「…………。」

「……なんか、変な空気になっちゃいましたね」

「寝ましょ寝ましょ、もう寝ましょ!」

「気にしない気にしない!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:29:21.68 ID:jy3c0WFj0

「…………。」

「…………。」

「……余計に眠れない」

「逆に、目が冴えてきた……」

「……マスター?」チラッ

「寝てるし……何この寝つきの良さ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:32:41.60 ID:jy3c0WFj0

「なんなの……なんで寝れるのこの人……」

「さっきあれだけ心臓バックバクだったのに……」

「えっ、何?変に意識してたの私だけ?」

「ドキドキってアレ?寝起きドッキリ的なドキドキだったんですか?」

「うわぁ……」

「馬鹿か私は……私は馬鹿か……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:34:57.43 ID:jy3c0WFj0

「…………。」

「……マスター?」

「マスター、本当は起きてるんでしょう?」

「寝たふりでしょう、それ。私には分かってるんですよ?」

「マースター?」

「…………。」

「……起きないとチューしちゃいますよー」ボソッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:37:11.69 ID:jy3c0WFj0

「…………。」

「……ごー、よーん、さーん、にーい……」

「……いーち」

「…………。」

「ぜ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:41:12.45 ID:jy3c0WFj0

「おはようございます」

「やっぱり起きてたんですねーマスターったら」

「寝たふりなんてしちゃってぇ、このっこのっ」

「チューしてほしかったんですか?ん?ん?」

「駄目です。だーめーでーす」

「んふふ、そんな可愛い顔しても駄目ですよ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:44:02.23 ID:jy3c0WFj0

「あはは、顔真っ赤ですよマスター」

「……え?私も?」

「いや、これはベッドが暑すぎるからですよ。ええ」

「私が本気でマスターにドキドキするわけないじゃないですか」

「さっきのは、マスターをからかってただけですって」

「嘘じゃありませんー。本当ですからー」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:47:13.21 ID:jy3c0WFj0

「分かったらさっさと寝ましょー?はいはい、もうおねむの時間で……」

「あ、ちょっ!な、泣かなくたっていいじゃないですか!」

「あ、えと、マ、マスター!マスター?」

「すみませんって!冗談です冗談!」

「だから泣きやんでくださいよー……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:51:05.25 ID:jy3c0WFj0

「本当のことを言え?」

「ぇあ、ええー……い、言わなくたって、い、いいじゃないですか……」

「ああもう!分かりましたからその涙目やめてください!」

「……一回しか言いません、からね」

「す、す、す…………」

「す……」

「………………好き、です、よ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:53:59.92 ID:jy3c0WFj0

「ううー……////」

「なんてことを言わせるんですかぁ……!」

「さっきと今ではテンションが違うんです!!」

「あーいやだ!あーやだ!」

「もう二度と言いません。何があろうと金輪際言いません」

「絶対言いません!!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:56:24.67 ID:jy3c0WFj0

「……ほら、マスターの番ですよ」

「何が?ですって?」

「もしかして、私にだけ言わせるつもりだったんですか?」

「そうはゼブライカの金隠し」

「世の中は平等に出来ているんです」

「私だけ言ってはいオシマイ、とはいかないのですよ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/18(火) 23:59:06.30 ID:jy3c0WFj0

「ほらほらぁ、はやくはやく!」

「言えないんですか?そうなんですか?」

「だったら早く言ってくださいよ。私を待たせないでください」

「…………。」

「…………ん」

「……ありがとうございます」

「なんか、こっちが照れくさいですね……」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19(水) 00:02:52.96 ID:cdd4TvhO0

「ふぁぁ……」

「もうこんな時間……流石に眠くなってきましたね」

「寝ましょ寝ましょ、って、これ言うのも今夜で何回目ですかね」

「明日はいよいよチャンピオンロードに挑むんでしょう?」

「寝不足だー、なんて言ったって知りませんからね」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19(水) 00:06:32.20 ID:cdd4TvhO0

「だったらハイ、お目目閉じてー、お休み!」

「……分かってますよ。頑張りましょうね」

「そのためにも、今はゆっくり休みましょう」

「大丈夫です。私たちならきっとやれます」

「ええ……それでは」


「……おやすみなさい、マスター」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19(水) 00:08:33.18 ID:cdd4TvhO0

       ⊂ ⊂ヽ、  /)/)
          c、   `っ(  ヽ
        (   v)c、  `っ
          V''V  (   v)  / ̄`⊃
               V''V   |  ⊃
                   (   v)  ハ,,ハ
                     V''V  (・ω・ )
                          ⊂⊂ ヽ
                           >   )
                          (/(/         寝る
                                 <⌒/ヽ-、___
                               /<_/____/


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19(水) 00:24:17.42 ID:vTikJsI90

サーナ「ねぇねぇマスター。私なんだか人肌恋しいなって寂しいなって」

男「はー?何言ってんだ急に?」

サーナ「簡潔に言うとマスターにぎゅーってしてもらいたいのです」

男「ヤだよ。お前とくっつくとなんか足絡ませてくるし」

サーナ「いいじゃないですかぁ!ベッドインしましょうよ!」

男「俺はノーマルなの!人間相手じゃないと興奮しないの!」

サーナ「つまり人型である私には勝機があると?」

男「正気とは思えんな…」

サーナ「マスター寒いですよ」

男「うるせいやい!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19(水) 00:30:19.94 ID:vTikJsI90

サーナ「恋しいよぉ…マスター肌恋しいよぉ」

男「なんだその局地的な恋しさは」

サーナ「お願いだから抱いてくださいよ!」

男「だが断る!そんなに寒いんならこれでも持って寝とけ」つ ウルガモス

サーナ「うわぁ…私虫ポケモン苦手だからダメです…」

男「あっそ。じゃあ我慢しろ」

サーナ「マスターのいけず~」
サーナ「あ、あと寒いのはマスターのギャグであって私自信は寒くないですよ?」

男「あのーあんまり他人の寒いギャグ引っ張らないでもらいたいなぁ…」

サーナ「じゃあ代わりにマスターの腕引っ張っちゃお☆キャー」

男「めんどくせ…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19(水) 00:40:33.54 ID:vTikJsI90

男「ともかく俺はもう眠いから寝るぞ。おやすみ」

サーナ「あーんまってマスター!」

男「バイバーイ」ガチャッパタン

サーナ「ひどい…マスターは釣った魚に餌をあげないタイプの人だったのね…」
サーナ「ならば自ら食べに行こう!それこそが自然界の掟!」
サーナ「食物連鎖の三角形で人間とポケモンとどちらが上か目に物見せてくれようぞ!」

男「おい!うっせえぞ!」

サーナ「ひゃん!……ごめんなさい」

男「明日も朝早いんだから早く寝るんだぞ」

サーナ「はーい…」

おわり


関連記事
スポンサーサイト