ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真尋「クー子が風邪を引いたので看病する」クー子「・・・いぇい」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 13:05:09.08 ID:NPayweOB0

――コンコン

クー子「・・・少年?」ケホケホ

真尋「クー子、起きてるの?」

クー子「うん、あまり寝付けなくて」

真尋「そっか、部屋入ってもいい?」

クー子「いいよ」

――ガチャ

真尋「具合はどう?」バタム

クー子「昨日よりは、楽になったかも」ボー

真尋「よかった。おかゆ作ってきたんだけど、食べれそう?」コト

クー子「・・・ええと」チラ

真尋「あー、まだ食欲出ないか。無理はしなくても」

クー子「そうじゃ、ないんだけど」モジモジ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 13:13:33.28 ID:NPayweOB0

真尋「なんだよ、病人なんだから遠慮しないでなんでも頼めって」

クー子「・・・じゃあ、ふーふーして」

真尋「・・・へ」

クー子「クー子は猫舌だから、冷ましてから食べさせてあげるべき」

真尋「ええ? そこに置いておけば自然に冷めるんじゃ」

クー子「少年はわかってない」フルフル

真尋「な、なにをだよ」

クー子「色々と。それに、今遠慮しないでなんでも頼めって言った。クー子は聞いていた」

真尋「う・・・」

クー子「・・・くすん」

真尋「わ、わかったよ。それくらいなら」ハァ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 13:22:49.25 ID:NPayweOB0

真尋「ふー、はふー。・・・これくらいでいいかな」

クー子「うん、いいと思う」

真尋「じゃあ、口開けて」

クー子「・・・・・・」

真尋「どうしたんだ? 食べるんだろ?」

クー子「・・・あーん、は?」

真尋「ばっ、ぼ、僕のキャラじゃないだろ!」

クー子「くすん、少年はさっき何でも遠慮しないで――」

真尋「ぬぐ・・・あ、あーん」

クー子「約束を守る少年は実に微笑ましい」

真尋「うるさい、はよ食べろ」スッ

クー子「・・・いただきます」アーン


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 13:31:43.15 ID:NPayweOB0

真尋「・・・どうだ?」

クー子「・・・・・・」グッ

真尋「そりゃよかった。・・・ふー、はふー」

クー子「・・・あーん」

真尋「はいはい、催促ね」スッ

クー子「・・・・・・」モグモグ

真尋「それだけ食欲あるなら、心配なさそうだな」

クー子「・・・お水」

真尋「ええ? せめて水差しくらい・・・・・・わかったから、そんな目で見るなって」

クー子「・・・以心伝心」グッ

真尋「そう呼びたくないのは、なんでかな」フゥ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 13:37:26.40 ID:NPayweOB0

クー子「美味しかった、少年はいい嫁になれそう」

真尋「そりゃ何よりだ。じゃあ僕は下にいるから何かあったら・・・善処する」カチャカチャ

クー子「くすん、あからさまなトーンダウン」

真尋「う、うるせーよ」ガチャ

クー子「・・・あ、少年」

真尋「うん?」

クー子「外に干してある着替え、持ってきて欲しい」

真尋「ああ、それくらいならお安い御用だ」

クー子「・・・下着も」カァ

真尋「・・・・・・」カァ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 13:52:19.09 ID:NPayweOB0

――コンコン

クー子「入っていい」

真尋「・・・ほれ、持ってきたぞ。着替え一式」

クー子「ありがと。・・・少年」

真尋「なんだよ」

クー子「その、どうだった? クー子の下着」

真尋「ど、どうだったって聞かれても、どんな返事期待してるんだよ」

クー子「・・・印象は? かわいい感じとか」

真尋「ま、まぁ思ったより大人っぽい下着ではあったかな」

クー子「・・・そう」

真尋「あくまで僕の印象としては、だぞ」

クー子「・・・嗅いだ?」チラ

真尋「んなわけあるかぁッ!」カァ

クー子「冗談なのに」クス


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 14:02:14.02 ID:NPayweOB0

真尋「じゃあ、僕はもう行くぞ」

クー子「少年、ストップ」

真尋「・・・今度はなんだ」ウンザリ

クー子「その、汗びっしょりだから」

真尋「だから、こうして着替え持ってきただろ」ビシッ

クー子「うん。その前に、汗を拭いて欲しい」

真尋「・・・え」ポッ

クー子「少年は実に素直」クス

真尋「ち、違っ、別にお前の考えているようなことは何にも」

クー子「心配しなくても、背中だけ。少し関節が痛むから、お願い」ググ

真尋「そんなら、初めからそうと」

クー子「・・・少年はどこまで期待した?」チラ

真尋「なにもしてねーし!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 14:09:16.05 ID:NPayweOB0

クー子「じゃあ、お願い」

真尋「ああ、水道水だからちょっと冷たいかもしれないぞ」ギュー

クー子「大丈夫。こう見えてもクー子は火の化身」

真尋「猫舌のな」

クー子「くすん」

真尋「じゃあ、拭くぞ」スッ

クー子「いつでも――んひゃうッ!?」ビクン

真尋「おわっ、って、ご、ごめん。冷たすぎたかな」

クー子「ちょ、ちょっと。・・・大丈夫、やっているうちに慣れる」

真尋「じゃ、じゃあ続けるぞ」ソォ

クー子「――んっ、・・・ふぁっ、あっ!」ゾクゾク

真尋「ばっ、おま、変な声出すなって!」ドキドキ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 14:28:29.46 ID:NPayweOB0

クー子「・・・ふぅ・・・はぁっ・・・はぁ」グッタリ

真尋「・・・おまえ、発熱しすぎ」ダラー

クー子「だ、だって、風邪なんて引いたの初めてだし、それに」

真尋「・・・それに?」

クー子「少年に拭かれると・・・くすぐったい」モジモジ

真尋「もう自分でやったらと何度も言っただろ!」

クー子「それは、その、止めるのもなんだかもったいない気がして」

真尋「・・・拭いてるうちに乾いちまったぞ、このタオル」カラッカラ

クー子「・・・それは、少年がいやらしい手つきでクー子を辱めたから」

真尋「その物言いには断固として抗議させてもらう!」ウガー

クー子「うそうそ。・・・あの」ジー

真尋「・・・なんだよ」

クー子「ありがと・・・とても気持ちよかった」

真尋「・・・・・・ほんと、ずるいやつだな」プイ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 14:45:11.21 ID:NPayweOB0

クー子「さっきよりずっと楽になった、いぇい」

真尋「みたいだな。顔色がずっといいよ」

クー子「後はなにを頼もうかな・・・」

真尋「・・・無理に頼みごとひりださないでくれ。それより、少しでも長く寝た方がいいぞ」

クー子「ん、今なら寝れそう、かな」

真尋「夕飯ができたら起こしにくるから、それまで休んでろ」スクッ

クー子「・・・うん、そうする」

真尋「早く元気になってくれよ。クー子がそんなんだとこっちも調子狂っちまうからさ」ポリポリ

クー子「うん。・・・・・・ふふ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 14:50:01.86 ID:NPayweOB0

真尋「ん、なにがおかしいんだよ?」

クー子「今日の少年は素直で、とても優しい。・・・悪くない」

真尋「や、やめろよ。むず痒くなるだろ」

クー子「照れることないのに」クス

真尋「あるの! ・・・・・・じゃあ今度こそ、お休み、クー子」

クー子「うん・・・お休み、少年」ギュ

――バタン

クー子「・・・・・・あ・・・まだひとつ頼めそうなことあった」パチ

クー子「おやすみのちゅーしてってせがんだら、どんな顔するだろ。・・・今から楽しみ」ボスッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 15:10:25.77 ID:NPayweOB0

――翌朝

クー子「ごはんできたら起こしてくれるって」プー

真尋「ご、ごめん。あまりにぐっすり寝てたから、その」

クー子「くすん」

真尋「で、でもさ、おかげでもうほとんど治ってるんじゃないか。すっきりした顔してるし」

クー子「話をすり替えない」ジロ

真尋「はい」ビシ

クー子「・・・なんて、看病してくれた手前、怒るわけにもいかない」

真尋「・・・」ホッ

クー子「でも、いつか必ず埋め合わせはしてもらう」

真尋「わかってるよ。――ああ、そういえばさ」

クー子「ん」

真尋「どんな夢みてたんだ? なんだかとても楽しそうだったけど」

クー子「・・・・・・」ボシュ

真尋「え、なんでそこで赤くなるんだ?」 fin


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 15:17:15.14 ID:hEBWgHct0

おならしてんじゃねーよ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 15:19:19.30 ID:6HeVxWj3O

>>31
お前のせいでおならにしか見えなくなった…


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 15:22:02.08 ID:wqGHCciS0



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。