ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千歳「綾乃ちゃん! うちにまかせとき!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:07:39.15 ID:kIej0Ojp0

生徒会室



綾乃「はぁ…」

千歳「綾乃ちゃん最近溜息多ない?」

綾乃「えっ? そ、そうかしら?」

千歳「気付いてないかもしれんけど多いで? まあ恋煩いは辛いからなぁ」

綾乃「誰が恋煩いよっ!? べ、別に歳納京子のことなんかなんとも思ってないないナイアガラよ!」

千歳「誰も歳納さんのことなんて言うてへんよ?」ニコニコ

綾乃「~っ!!」

綾乃「ち、違うわよ! 私の溜息が多いのは… そう! 最近テスト勉強で寝不足なの! それで疲れてるのよ!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:10:06.92 ID:kIej0Ojp0

千歳「ああ、そうやったん? 綾乃ちゃん、今度こそ歳納さんに勝ちたいもんなぁ」ニコニコ

綾乃「何でまたそこで歳納京子の名前が出てくるのよー!!」

千歳(ムキになって怒る綾乃ちゃんかわいいわぁ…)

千歳(せやけどこのままやったらずっと綾乃ちゃんは悶々としたまま…心労で倒れてしまうわ)

千歳(気丈に振る舞ってるみたいやけど綾乃ちゃん結構気疲れしてるみたいやし…)

千歳(ここはうちが一肌脱がなあかんな!)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:12:54.52 ID:kIej0Ojp0

千歳「なあ綾乃ちゃん?」

綾乃「な、何よ」

千歳「正直なところ歳納さんのこと好きなんやろ?」

綾乃「!! な、何また口から出まかせ言ってるのよ!? だいたい、なんで私が歳納京子のことを…」ゴニョゴニョ

千歳「ほな歳納さんのこと嫌いなん?」

綾乃「ちっ、違うわよ! 嫌いじゃない…けどその何て言うか…ちょっと気になるっていうか…うぅ…」モジモジ

綾乃「なんでいきなりそんなこと聞くのよぉ…」

千歳「いつも歳納さんのことチラチラ見よるし一緒におったらわかるよ~」ニコニコ

千歳「綾乃ちゃんはやっぱり歳納さんと恋人になりたいん?」

綾乃「こっ!? 恋人っ!?」ボンッ

千歳(いちいち反応する綾乃ちゃんかわいいなぁ)

千歳「歳納さんと綾乃ちゃんやったらお似合いやと思うけどなぁ」

綾乃「…本当?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:15:53.13 ID:kIej0Ojp0

千歳「うん! うちの目に狂いはないで!」

綾乃「でも恋人とかよくわかんないし…そもそもどうやればいいかも…」

千歳「綾乃ちゃん! ここは素直になるんが一番やで!」

綾乃「そんな勇気あったら苦労しないわよ! そんな余裕有馬温泉だわ!」

千歳「大丈夫や! うちがちゃんとサポートする! それに綾乃ちゃんもいつまでもこんな宙ぶらりんの状態嫌やろ?」

綾乃「う…」

綾乃「うん…じゃあちょっとだけ頑張ってみようかな…」

千歳「そうなったら善は急げや! 早速作戦立てるで!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:18:38.34 ID:kIej0Ojp0

翌日 放課後



京子「あー疲れたー」

結衣「お前は午後の授業ずっと寝てただろ」

京子「ちがうよー、あれは睡眠学習だってー」

結衣「また訳のわからないことを… ほらそろそろ部室行くぞ」

京子「えー結衣早いー、もうちょっとゆっくりさせてよー」

結衣「京子がゆっくりしすぎなんだよ。先行ってるからな」

京子「へーい」



千歳(あれは船見さん? いつも一緒におる歳納さんがおらへん…)

千歳(これはチャンスや!)

結衣「あ、千歳」

千歳「あ、船見さんちょうどええ所に」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:22:26.02 ID:kIej0Ojp0

結衣「? どうしたの?」

千歳「実は今書類整理してるんやけどどうも量が多て人手が足りんのよ」

千歳「もし構わんかったら前みたいに手伝ってもらえんかな?」

結衣「うん、別にいいけど」

千歳「ほんま船見さんありがとうなぁ」ニコッ

千歳「ところで歳納さんはどないしたん?」

結衣「ああ、京子はまだ教室でダラダラしてた。そのうち部室行くと思うけど呼んだ方がいいかな?」

千歳「いや、わざわざ呼びつけるんも悪いし歳納さんはかまへんよ」

結衣「そっか、じゃあ行こっか」

千歳(古谷さんの話によれば赤座さんと吉川さんは今日日直で遅くなるはず…)

千歳(つまりこれで歳納さんは今一人や! 綾乃ちゃんにメールして…と)ポチポチ


綾乃「!」サークラサキー

綾乃「千歳から…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:24:08.24 ID:0voSbYWZ0

いいねいいねぇ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:26:30.90 ID:kIej0Ojp0



from 千歳
sub ごらく部部室で
歳納さん一人でおるみたいやで! 今がチャンスや!



綾乃「歳納京子が今一人… よしっ! 思い立ったが吉日よ!」



ごらく部部室


京子「うぃーっす、って誰もいないじゃん! 結衣のやつ先に行ったくせにどこ行ったんだよー」

京子「まあいいやミラクるん67巻でも読もーっと」

綾乃「とっ! 歳納京子ーっ!!」ガラッ

京子「ん? 綾乃? どうしたー?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:30:02.00 ID:kIej0Ojp0


綾乃「え、えっと…」

京子「?」

綾乃(ど、どうしよう! 勢いに任せて来たはいいけど何話したらいいか分からないわ!)

京子「おーい」

綾乃(せっかく千歳が作ってくれたチャンスなのに! 何か話さないと!)オロオロ

京子「綾乃ー? 熱でもあるの?」ジーッ

綾乃「きょっ!」

京子「へっ!?」

綾乃「今日はいい天気ね!」シドロモドロ

京子「え? うん、…綾乃どうした? ほんとに熱でもあるの?」ピト

綾乃(とっ、歳納京子の顔がががががが)プシューッ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:33:22.28 ID:kIej0Ojp0


京子「うわっ、すごい熱じゃん! それに顔もなんか紅いし保健室行く?」

綾乃「わっ、私はいたって健康そのものよ! だから保健室行く必要なんてノンノンノートルダムよ!」

京子「えー、そうかー?」

綾乃「そうなのよ! じゃ!」バン

京子「綾乃何しに来たんだ?」




生徒会室


結衣「こんなもんかな」

千歳「ほんまありがとうな船見さん、えらい助かったわー」

結衣「いいって。 どうせ暇だったし」

千歳「今度またはりはり漬でも持ってくるわ!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:36:21.69 ID:kIej0Ojp0


結衣「あはは、気持ちだけで十分だよ。 じゃあ私行くね」

千歳「ほなねー」

千歳「…綾乃ちゃん、うまいこといっとったらええけど」



ガラッ

綾乃「…」ズーン

千歳「あ! 綾乃ちゃんどうやった?」

綾乃「うぅ…千歳ぇ…」グスッ

千歳「…あかんかったんやね」

綾乃「緊張して何も喋れなかったわ…」

綾乃「歳納京子が一人でいるなんてこと滅多にないのに…」

千歳「大丈夫やって綾乃ちゃん次頑張ればええんや!」グッ

綾乃「うん…」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:41:08.06 ID:kIej0Ojp0


翌日


千歳「綾乃ちゃんおはよー」

綾乃「千歳、おはよう」

千歳「歳納さんは?」

綾乃「まだ来てないみたいね」

千歳「今日は歳納さんと話してないんやね」

千歳「ほな提案があるんやけど、歳納さんのこと歳納京子やのうて『京子』って呼んでみん?」

綾乃「えぇぇっ!?」

千歳「一概には言えんけど初対面の人やったりすると普通苗字で呼ぶやろ?」

千歳「やっぱり下の名前で呼ぶんは親しみの表れやと思わん?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:45:48.29 ID:kIej0Ojp0


千歳「歳納さんやって『綾乃』って呼んどるわけやし」

綾乃「で、でもいきなり下の名前で呼んだりしたら…」

千歳「綾乃ちゃん、今必要なんは素直になることやで!」ズイッ

綾乃「わ、わかったわよ。呼べばいいんでしょ呼べば」


京子「とうちゃーく!」バンッ

結衣「うるさい! もっと静かに開けろよ」

千歳「ほら、早速歳納さん来たみたいやで」ヒソヒソ

綾乃「…!」ゴクリ

京子「おーっす! 綾乃に千歳おっはよー!」

結衣「二人ともおはよ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:49:14.02 ID:JN1D6sG70

俺「き、京子っ!!」

京子「ふぇっ?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:50:09.50 ID:ean6NQun0

>>18
お前じゃねえよwww


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:51:59.60 ID:kIej0Ojp0


千歳「二人ともおはようさん」

綾乃「ふ、船見さんおはよう。  …京子も」ボソッ

京子「ん? 綾乃?」

綾乃「な、…何よ」

京子「なんだよーまだ調子悪いのかー?」

綾乃「」

千歳(綾乃ちゃん! 多分今の聞こえてないで!)ヒソヒソ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:55:38.71 ID:kIej0Ojp0


結衣「どうしたの?」

京子「なんか昨日から綾乃熱っぽいみたいでさー勉強のし過ぎじゃない? 無理はよくないぞー」

綾乃「…そ、そうね。ちょっと保健室行ってくるわ」スクッ

千歳「え!? 綾乃ちゃん? ほなうちは付き添いで一緒に行くから先生に言うといてくれる?」

結衣「あ、うん分かった」

京子「変な綾乃ー」

結衣「…」







24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 11:58:59.14 ID:kIej0Ojp0


保健室



綾乃「…失敗した失敗した失敗した失敗した失敗」ブツブツ

千歳「綾乃ちゃん…」

綾乃「やっぱり私には無理な話だったのよ…」ズーン

千歳「…」

千歳「なあ綾乃ちゃん」

綾乃「…何?」ドンヨリ

千歳「突然やけどうち綾乃ちゃんのこと好きやで!愛しとるわ!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:03:43.24 ID:kIej0Ojp0


綾乃「うぇええ!? なな何よ藪から棒に!」

千歳「…」

千歳「うちに好き言われてどう思た?」ニコニコ

綾乃「ど、どいういうこと…?」

千歳「気分悪くしたかな?」

綾乃「え…? 驚いたけど別に不快な気持ちにはならなかったけど…」

千歳「せやろ? 誰も好き言われて悪い気はせえへんよ」

綾乃「で、でもそんなの、恥ずかしいに決まってるじゃない!」

千歳「なんで? 何が恥ずかしいん?」

綾乃「だって自分の気持ちがばれちゃうから…」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:06:12.95 ID:kIej0Ojp0


千歳「別に好きな人に好意が伝わるんは何も後ろめたいことやないよ? とっても素敵なことやと思わん?」ニコッ

千歳「他の人にばれても綾乃ちゃんを冷やかす人なんておらんし、おったらうちが成敗したるわ!」

綾乃「そ、そうよね…うん。ありがとう千歳」

千歳「ええんよ~。綾乃ちゃんの為やったら一肌でも二肌でも脱ぐで!」グッ

綾乃「…うん」

千歳「…ほな、また新しい作戦考えよか?」ニコッ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:09:18.53 ID:kIej0Ojp0


別の日


千歳「なあ歳納さん、今日の綾乃ちゃんかわいいと思わへん?」チョイチョイ

京子「ん? おおー! 普段ポニーテールの綾乃がツインテールになってるー!!」

結衣「ほんとだ。その髪型も似合ってるよね」

京子「急にどうしたのー? …あ、さては綾乃! 誰かに恋してるなー!?」

綾乃「ひっ!!?」ビクッ

京子「いったい誰だー! 白状しろ―!」ジリジリ

綾乃「そっ」

京子「そ?」

綾乃「そんな人いないわよー!!!」ダッ

千歳「ああ! 綾乃ちゃん!?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:12:54.27 ID:kIej0Ojp0


また別の日


京子「あー!? しまった数学のプリントやってくるの忘れたー!!」

千歳「!」チラッ

綾乃「…!」コクリ

京子「どうしよー、ねぇ結衣見せて―」

結衣「しょうがないなぁ京子は。今日だけだぞ」ペラッ

京子「結衣様~ありがたき幸せ~」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:16:13.48 ID:kIej0Ojp0


綾乃「ぁ…」

綾乃「…」ショボン

綾乃「ん…? え、嘘…」

千歳「どないしたん?」

綾乃「昨日他の勉強してて私もプリントできてない…」ガーン

千歳「へぇー、綾乃ちゃんが忘れるなんて珍しいなぁ」

綾乃「生徒会副会長としたことが不覚だわ…」

千歳「ふふっ、このところ綾乃ちゃん色々立て込んでたからなぁ。疲れとったんちゃう?」

千歳「ええよ、うちのプリント使い?」ピラッ

綾乃「うぅ…ありがとう千歳…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:19:49.53 ID:kIej0Ojp0


様々な策を講じるも戦果は上がらないまま数日後


千歳「…なあ、綾乃ちゃん」

綾乃「何?」

千歳「このままじゃ埒があかんわ」

綾乃「え…?」

千歳「もう小手先の技では無理や。直接気持ち伝えるしかないわ!」

綾乃「…実は情けないことに私ももうそれ以外大して効果がないんじゃないかと思ってたの…」

千歳「…そっか、ほな行くで!」

綾乃「どっ、どこによ!?」

千歳「歳納さんのとこに決まっとるやろ!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:23:39.07 ID:kIej0Ojp0


綾乃「ちょっ、ちょっと待ちなさいよ!」

綾乃「確かにこ、…告白するしかないとは思うけどちょっと急すぎるわ! 心の準備が必要よ!」

千歳「綾乃ちゃん! こういうんは勢いも大事やで! 先延ばしにしたら結局有耶無耶になると思わん?」

綾乃「うっ…分かってるわ! でも今は無理。前みたいに緊張して何も言えない気がするの…」

綾乃「…三日後。三日後の放課後に呼び出して告白する」

千歳「わかったわ。三日後やな。でももしちゃんと告白せんかったや罰金バッキンガムやで!?」ニコッ

綾乃「の、望むところよ! 罰金でもなんでも払ってやろうじゃない!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:28:12.93 ID:kIej0Ojp0


三日後

千歳「綾乃ちゃんええ?」

千歳「うちが放課後になったら歳納さんの靴箱に校舎裏に呼び出す手紙入れるから、綾乃ちゃんは歳納さんがおることを確認してからいくんやで?」

綾乃「わわわわかってるわよ」ガクガク

千歳「綾乃ちゃん落ち着いて…放課後まではまだまだ時間あるで? はい、深呼吸して」

綾乃「そ、そうね、千歳の言う通りだわ」ヒッヒッフー ヒッヒッフー

千歳「それはラマーズ法や・・・」


オイ、モウキョウシツダゾハナレロヨ   イイジャーンヘルモンジャナイシー

千歳「ん? 船見さんと歳納さんの声や…」ガラ



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:30:35.54 ID:p7Fe5HWq0

oh…


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:32:21.39 ID:kIej0Ojp0



結衣「それにそんなにくっつくと暑苦しいだろ」

京子「えー、結衣のいけずー」

結衣「帰ったらいくらでもくっついていいから今は離れろ」

京子「言ったなー! 後悔させてやるー!」ニシシ



千歳(これは…)

千歳(歳納さんと船見さん…最近妙に仲ええとは思っとったけどまさかそういうことなん…?)


綾乃「千歳どうかした?」

千歳「綾乃ちゃんうちちょっと用事思い出したわ、すぐ戻るから!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:36:26.64 ID:kIej0Ojp0


1年の教室


向日葵「あら? 先輩おはようございます」

千歳「おはようさん。突然で悪いんやけど赤座さん来とるかな?」

向日葵「赤座さんですか? ええ、いますわ」

千歳「ちょっと呼んでもらえんかな?」

向日葵「わかりましたわ。少しお待ちを」

千歳(ごらく部は大抵いっしょやから吉川さんも来てるはずやけど…あ、あそこやな)

千歳(…)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:41:31.41 ID:kIej0Ojp0


あかり「先輩おはようございます! 私に何か用事ですか?」

千歳「おはようさん。うん、ちょっとごらく部について聞きたいことがあるんやけど…」

あかり「はぁ、ごらく部ですか?」

千歳「単刀直入に聞くけど、最近船見さんと歳納さんって付きおうとるん?」

あかり「!! え、えっと、その、そういうことはあんまりあかりの口から言っちゃいけないような気が…」

千歳「赤座さんは優しいんやな、ごめんなうちも突然変なこと聞いて」

あかり「い、いえ何て言うかその、ごめんなさい…」

千歳「赤座さんは何も悪いことしてへんよ。時間取らせてごめんな、じゃあこれで」

あかり「はい…」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:45:46.04 ID:kIej0Ojp0


千歳(…ごめんな赤座さん、もう赤座さんの態度でわかってしもたわ)

千歳(吉川さんは船見さんに気があったはず…ひどい隈が出来とったしまるで抜け殻やった)

千歳(間違いなく歳納さんと船見さんは付きおうてる…これやったら綾乃ちゃんが告白しても…)

千歳(…)



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:50:21.85 ID:kIej0Ojp0


2年の教室


綾乃「もう! 千歳どこ行ってたのよ!」

千歳「ごめんごめん」

千歳「なあ綾乃ちゃん」

千歳「突然なんやけどちょっと今日の計画は中止して綾乃ちゃんの家行ってもかまへんかな?」

綾乃「え!? 中止?」キョトン

千歳「赤座さんに聞いたら今日は学校終わったらすぐごらく部のみんなで買い物行く予定らしいんよ」

綾乃「あ、そうなの? それじゃあ仕方ないわね…」

千歳「…」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:53:34.21 ID:kIej0Ojp0


綾乃の家


綾乃「ふー、全く私は腹を決めてたっていうのに何だか拍子抜けした気分だわ」

千歳「ははは、そうやね」

綾乃「じゃあ月曜日決行ね。いや、念を入れて先にごらく部の予定を調べておいた方がいいのかしら?」

千歳「…綾乃ちゃん、そのことなんやけど…」

綾乃「ん? どうしたの?」

千歳「実は今日ごらく部で買い物行くっていうん嘘やねん…」

綾乃「えっ!? どっ、どうして?」

千歳「…」

綾乃「千歳…?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 12:57:04.34 ID:kIej0Ojp0


千歳「綾乃ちゃん」

綾乃「何?」

千歳「今から言うこと綾乃ちゃんにとってショックやと思うけど落ち着いて聞いてな」

綾乃「…」



千歳「…歳納さん、船見さんと付きおうてるみたい」





綾乃「…そう」





52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:00:25.71 ID:kIej0Ojp0


千歳「直接確認したわけやないけど、赤座さんと吉川さんの様子からそれしか考えられへん」

千歳「…何より本人たちの雰囲気が前とは違うわ」

千歳「もう一度言うけどうちは直接確認はしてない」

千歳「綾乃ちゃんが直接歳納さんに確かめたい言うんやったらうちも協力する」

綾乃「…」

千歳「綾乃ちゃん…」

綾乃「ありがと、千歳」

綾乃「でももういいの」

綾乃「私もなんとなくわかってたもん」

綾乃「歳納京子と船見さんがお互い友達以上の気持ちを持ってるって」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:00:39.09 ID:0voSbYWZ0

うう…あああ…


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:04:39.89 ID:kIej0Ojp0


綾乃「ふふっ、あーあ、結局告白できなかったから私ったら罰金バッキンガムね!」

千歳「…」

千歳「…」ギュッ

綾乃「あはは、は…」

千歳「…明日休みやから目が腫れるまで泣いてもええよ?」

千歳「無理に我慢する必要あらへん」

千歳「うちならずっとおるから」ナデナデ


綾乃「…ぅ…」ウルッ

綾乃「ぅぅっ…うぇっ…っ…うわぁぁあぁぁっ! あああああぁぁぁぁああああ!!!!!!」




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:09:00.77 ID:kIej0Ojp0


深夜

千歳(綾乃ちゃん泣き疲れて寝てしもた)

千歳(…)ナデナデ

綾乃「………きょ…こ……」スースー

千歳(…)ナデナデ




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:13:30.41 ID:kIej0Ojp0




綾乃「…んん…あ、千歳おはよう…」

千歳「ふふ、綾乃ちゃんおはよう。でももうおはようやのうてこんにちはの時間やで?」

綾乃「え!? やばっ! どうしよう完全に遅刻っ…!」

千歳「今日は土曜日やで」クスクス

綾乃「あ、そっか…」

綾乃「…」

綾乃「…あの、千歳昨日はありがとう。思いっきり泣いたらなんだかすっきりしたわ」

千歳「別にええんよ。それより顔洗ってきたら?」ニコニコ

綾乃「うん」



綾乃「…ひどい顔…今日が休みでよかった…」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:17:34.68 ID:kIej0Ojp0

月曜日



京子「結衣暑い―」ベッタリ

結衣「じゃあ離れろよ」ベッタリ

京子「へへーっ、やだよーだ!」ニヤニヤ

結衣「もー」

ちなつ「京子先輩、ちょっとこれ音読してみてください」スッ

京子「んー? 何かなー? …なんだこれ?」

京子「この漢字何て読むんだろ? 見たことないしよくわかんない。何よりめんどくさいー 」ポイッ

ちなつ「…チッ」

あかり「お、おかしいな、今ちなつちゃんから舌打ちが聞こえたような気がするよぉ…」

結衣「なになに・・・姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノはt」

ちなつ「結衣先輩は駄目ですーっ!!」バッ

結衣「えっ」

あかり(今のって…!?)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:22:13.09 ID:kIej0Ojp0


綾乃「歳納京子ーっ!!!」ガラッ

千歳「おじゃましますー」

京子「お、綾乃だー」

綾乃「ちょっと歳納京子! どういうことよ! 金曜日が締め切りのプリント2枚提出してないじゃない!」

京子「?」

綾乃「忘れたとは言わせないわよ! 進路調査書と生徒会アンケートの二つよ!」

結衣「おいお前まだ出してなかったのか」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:26:13.97 ID:kIej0Ojp0


京子「ごっめーん☆、書いてはいたんだけど提出するの忘れてたー」ゴソゴソ

綾乃「今回は大目に見てあげるけど次忘れたら罰金バッキンガ…」



京子「ん? どうした綾乃ー」


綾乃「…何でもないわ。ちょっと目にゴミが入ったみたい」

千歳「大丈夫綾乃ちゃん? 目洗いにいこ? ほなおじゃましましたー」




綾乃「ありがとう千歳」

千歳「ええんよ。辛いようなら無理する必要はないんやで?」

綾乃「ううん。もう大丈夫」




63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:30:17.48 ID:kIej0Ojp0




綾乃「ねぇ千歳」


綾乃「どうして?」

千歳「え?」

綾乃「どうして千歳はそんなに優しいの…?」

千歳「そんなん決まっとるやん、綾乃ちゃんが辛そうにしとったらうちも辛いからや」

綾乃「…そうじゃなくて!」

綾乃「面倒じゃない。私みたいな意気地なしがずっとうじうじしてるのに付き合い続けるなんて」

綾乃「今までずっとそう」

千歳「…」

千歳「…ごめんな、余計なお世話って気付かんかったんよ」

綾乃「そうじゃないわ!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:35:34.53 ID:kIej0Ojp0


綾乃「千歳は優しすぎるのよ…  …勘違いしちゃうくらいに」

千歳「…!」

綾乃「…ごめん、突然変なこと言って」

綾乃「おかしいわよね、千歳は私と歳納京子の間を取り持ってくれようとしてただけなのに」

千歳「綾乃ちゃん」

綾乃「…何?」

千歳「うち綾乃ちゃんが思てるような優しい子やない。意気地なしで狡い子なんや」

千歳「綾乃ちゃんが歳納さんと仲良くするんを手伝う言うたら聞こえはええけど、ほんまは下心があったんやと思う」

千歳「うち、綾乃ちゃんのことが好き」

千歳「うちみたいな意気地なしは正面から本当の気持ち言う勇気なんてあらへんから」

千歳「自分の方に振り向かせる程の魅力も無いくせ、諦め切れん弱い心やから」

千歳「…言い訳が欲しかったんやと思う、一緒におるための」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:39:49.02 ID:kIej0Ojp0


綾乃「…」

綾乃「…ふふっ」

千歳「え?」

綾乃「じゃあ私と一緒ね。本当の気持ちを言えない意気地なしって」

千歳「…」

綾乃「この前、私が落ち込んでるとき千歳が私のこと好きって言ったの覚えてる?」

千歳「あ、あれは…」

綾乃「うん、わかってる。あの時の千歳が私を元気づけようとして言ってくれたって」

綾乃「でもとってもあったかい気持ちになったし安心した」

綾乃「それに今になって気が付いたんだけど、やっぱり私千歳がいないとダメみたい」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:43:41.53 ID:kIej0Ojp0



綾乃「私も千歳が好き」

綾乃「…でもまだこの好きがそういう好きなのかどうかわからないの」

綾乃「そういう目でいままで千歳を見てこなかったし…」

綾乃「だからこれからもっと知っていきたい。あなたのこと」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:48:35.03 ID:kIej0Ojp0


千歳「ほんまに…? でもうち綾乃ちゃんと釣り合うようなええ子やないよ…?」

千歳「歳納さんと船見さんが付きおうてることが分かったとき、うちちょっとだけホッとした」

千歳「これでまだ綾乃ちゃんの側におれると思て」

千歳「それに綾乃ちゃんが傷ついてるときにこんなつけこむようなこと言うて」

千歳「そんな嫌な子なんよ…?」

綾乃「…きっとそれが普通よ。私も歳納京子が船見さんと仲良くなる手助けをするとしたら同じこと考えたと思う」

綾乃「それにこれはその分を差し引いた上での気持ちなの」

綾乃「…ダメかしら?」

千歳「ううん、うちも綾乃ちゃんが好きや…!」グスッ

綾乃「ちょっ、ちょっと泣かないでよ!?」オロオロ

千歳「うぅ…綾乃ちゃん、うち今すっごい幸せや…」ギュ

綾乃「うん、私もよ千歳」ギュ



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:51:25.63 ID:kIej0Ojp0

                            おわり


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 13:54:36.81 ID:YBL30M6u0

乙!
ちなつちゃんのあれは音読したらあかんでぇ…


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 14:14:33.34 ID:DDJsrd7VO



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。