FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スネーク「創価学会……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 21:32:55.57 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「スネーク、創価学会って知ってる?」

スネーク「創価学会……?」

オタコン「あぁ。もしかして知らないのかい?」

スネーク「聞いたことがない」

オタコン「ふむ。まぁいいや、話を続けるよ」

スネーク「あぁ」

オタコン「実は創価学会にお金を寄付しようと思うんだ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 21:36:41.15 ID:Pnw6SV2F0

スネーク「ちょ、ちょっと待てオタコン!」

オタコン「なんだい?」

スネーク「いや……なんでまた学会なんかに寄付を?……こう言っては悪いが、お前は表の世界で活躍することは……」

オタコン「そうなんだけど……実はもう振り込んでしまったんだ」

スネーク「ハァ……。それで、いくらなんだ?」

オタコン「その……ゴニョゴニョ」

スネーク「はっきりと言え」

オタコン「ひゃ、百万ドル」

スネーク「……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 21:38:52.21 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「け、けどスネーク!彼らは良い人達だよ!」

スネーク「……」

オタコン「そんなに睨まないでくれ……いくら僕でも流石に怖いよ」

スネーク「……」

オタコン「……」

スネーク「オタコン」

オタコン「なんだい……?」

スネーク「創価学会とは何の集団だ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 21:41:41.50 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「さ、さぁ……僕も知らないんだけれど……」

スネーク「全く呆れたもんだ。今すぐ取り戻してこい」

オタコン「えぇっ!?僕が!?」

スネーク「他に誰がいる」

オタコン「す、スネ(ドンッ!)ビクッ

スネーク「とりあえずサポートはしてやる。分かったら早く向かえ」

オタコン「わ、分かった……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 21:58:40.00 ID:Pnw6SV2F0

スネーク「オタコン、これを見ろ」

http://www.sokanet.jp/

オタコン「HP?」

スネーク「あぁ。どうやら連中、中国にベッタリのようだな」

オタコン「ふむ……正直興味がないね」

スネーク「あぁ。とりあえず死ねば良いのにな」

オタコン「そうだね。池田大作とかもう本当になんなんだろうね」

スネーク「全くだ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:01:19.55 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「それに……うわっ、見てよスネーク」

スネーク「なんだ?」

オタコン「これ、君ならなんて読む?」

希望の譜

スネーク「……きぼうのふ、だが」

オタコン「違うよスネーク、よく見て」

スネーク「……きぼうのうただと?おいおい、中学生が幹部でもやっているのか」

オタコン「とんでもない!彼らはれっきとした大人達だよ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:05:24.25 ID:Pnw6SV2F0

スネーク「ハッハッハ、良いセンスだ」

オタコン「スネーク、冗談で言った訳じゃ無いよ」

スネーク「何!?まさか本当なのか!?」

オタコン「そのまさかさ」

スネーク「これは驚いた。FOX DIEもビックリだ」

オタコン「FOX DIEもビックリ!!」

スネーク「急におかしなポーズを取るな」

オタコン「ご、ごめん」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:08:18.43 ID:Pnw6SV2F0

スネーク「……なになに?」

創価学会は、大乗仏教の真髄である日蓮大聖人(1222~1282)の仏法を信奉する団体です。 その目的は、
仏法の実践を通して、一人一人が真の幸福境涯を確立するとともに、生命の尊厳 を説く仏法哲理を根本

に、恒久平和、豊かな文化、人間性あふれる教育の創造を推進し、人類 社会の発展に寄与することにあります。 1930(昭和5)年の創立以

来、日本では827万世帯、海外にも192カ国・地域の会員が日蓮大聖人 の仏法を実践し、各国の繁栄と平和を願い、活動しています。
「創価」とは価値創造を意味しています。その価値の中心である「生命の尊厳」の確立に基づ く「万人の幸福」と「世界の平和」の実現が、
創価学会の根本の目標です。 日蓮大聖人は「自分の幸福を願うならば、まず周囲の平和を祈るべき
である」と述べ、個人の 幸せは世界の平和・安穏なくしてはありえないと説いています。その意味で創価学会は、一人 一人の幸せのみなら

ず、真の平和・幸福社会の実現を目指しているのです。
名 称 創価学会 (Soka Gakkai)本部所在地 〒160-8583 東京都新宿区信濃町32番地電話番号 03(3353)7111創立日 1930年 (昭和5年) 11月18日名誉会長 池田大作
会 長 原田 稔 (2006年11月就任)理事長 正木正明 (宗教法人創価学会代表役員兼任)世帯数 827万世帯
青年部員数 男子部:275万人 女子部:168万人教学部員数 260万人
主な機関紙誌 聖教新聞(日刊) 大白蓮華(月刊) グラフSGI(月刊)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:09:05.41 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「難しいな、三行で頼むよ」

>>20


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:10:16.82 ID:KnjU3v7h0



か氏ね


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:13:43.21 ID:Pnw6SV2F0



か氏ね

オタコン「なるほど、つまり金と権力目的の団体って訳か」

スネーク「きめぇ」

オタコン「全くだよ。スネーク、百万ドルは諦めよう!」

スネーク「……突然何を言い出すんだ」

オタコン「彼らに関わると僕までろくでもない事になるかもしれない!怖い!」

スネーク「ステルス迷彩があるだろう」

オタコン「せやね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:18:19.49 ID:Pnw6SV2F0

~葬火の建物~

オタコン「スネーク、現場に到着したよ」

スネーク『よし。ではまず入り口を探せ』

オタコン「入り口……ここか」ガチャ

ナントカ大作「!」ファン!

オタコン「スネーク!見つかった!」

スネーク「なんだと?ステルス迷彩はどうした!?」

オタコン「なんやかんやで壊れた!起こられそうだから黙ってたんだごめん!」

スネーク「とりあえず隠れろ、NPCはバカだから通気孔に隠れれば大丈夫だ」

オタコン「分かった!あ、捕まったわごめん!」

スネーク「……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:22:30.80 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「くっ、離してくれ!」

ナントカ大作「そうか」

オタコン「頼むよ!僕にはやるべきことがあるんだ!」

ナントカ大作「そうか」

オタコン「所持金を全てあげよう!」

ナントカ大作「創~価~創価創~価~♪」

オタコン「ふぅ、とりあえず解放されたよスネーク」

スネーク「……創~価~……♪」ボソッ

オタコン「……スネーク?」

スネーク「はっ、俺は一体……」

オタコン「大丈夫かい?」

スネーク「あぁ、とりあえず創価学会に入れば人生上手く行くよ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:27:48.49 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「スネーク!?」

スネーク「俺は創価学会に入って変わった!どれも全部大作名誉会長のお陰だ!ヒャッフゥ!」

オタコン「スネーク……まさか無線越しに洗脳されてしまうなんて……えんがちょ」ブチッ

スネーク「さぁ!貴方もそうか

オタコン「さてこれからどうしよう……スネークは既に敵だ。ほぼ間違いなく僕の邪魔をしに来るだろう」

スネーク「待たせたな!」シュババババ

オタコン「ほら来た」

スネーク「オタコン!お前がアメリカのスパイだったとはな!」

オタコン「まずい、確実に洗脳されている!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:34:23.11 ID:Pnw6SV2F0

スネーク「裏切り者には重いペナルティを与える。それによって組織の団結力を高めているのさ」

オタコン「くっ、まさかスネークに命を狙われる日が来るとはね……ん?あれは……」

ナントカ大作「ブツブツブツブツブツブツブツブツ」ブツブツブツブツブツブツ

スネーク「ブツブツブツブツブツブツブツブツ」ブツブツブツブツブツブツブツブツ

オタコン「創価分かった!スネークはあいつに操られているんだ!そうかそうか」

スネーク「悪く思うなよ」

オタコン「あぁ、悪く思うなよ!」カチャカチャカチャカチャ……

スネーク「はっ!」ガバァッ

オタコン「これで!」ッターン

ジジジュイエエエン

スネーク「ぅ……」バタン

ナントカ大作「こ、これは!?」

オタコン「洗脳電波さ!これでスネークのコントロールは僕に移った!」

ナントカ大作「そうか……」

オタコン「さぁ。おとなしく金庫に案内してもらおうか」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:39:04.76 ID:Pnw6SV2F0

ナントカ大作「だが断る」ブボボ

モワッ

オタコン「うわっ!PCが!」

ナントカ大作「着いてこいスネーク!偉大なる創価学会の為に」

スネーク「あぁ」ダッ

オタコン「しまった、これでは元の木阿弥だ!」

プルル、プルル

オタコン「……こちらオタコン」

??「ん……?スネークでは無いのか」

オタコン「……雷電かい!?」

雷電「あぁ、久し振りだな」

オタコン「本当だよ……何の用だい?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:43:52.86 ID:Pnw6SV2F0

雷電「いや、紹介したい物があってな」

オタコン「ん?」

雷電「創価学会

ピッ

オタコン「とりあえず武器の調達だ。彼らはきっと武器を持っているはずだ、そうでなければおかしい、話の展開的に」ダッ

~格納庫~

オタコン「まさかメタルギアがあるとは……はっ!」

セキュリーティー「侵入者確認。これより幸せへ導く」シュゴー!!

オタコン「うわぁっ!追ってくる!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:48:08.84 ID:Pnw6SV2F0

セキュリティー「ちょっと待てって!この機会を五感に装着するだけで良いんだ!」

オタコン「マジキチ」

セキュリティー「……やむをえん、発砲する」ダンダン

オタコン「うわっ!」サッ

セキュリティー「チッ、外したか」

オタコン「待ってくれ!僕は敵じゃあ無い!」

セキュリティー「ほぅ、ならば何者だ」

オタコン「僕は……」

セキュリティー「……」

オタコン「……そうさ、創価学会の人間さ!」

セキュリティー「そうか」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:52:56.39 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「分かってくれたかい?」

セキュリティー「あぁ、悪かったな。だがここに何のようだ」

オタコン「実はこのメタルギアの開発者で

セキュリティー「これを開発したのは大作名誉会長だ!貴様ではない!」

オタコン「……会長の手伝いをしたんだ」

セキュリティー「あぁ。それで?」

オタコン「(マジキチ)実は大作名誉会長から代わりにメンテナンスを頼まれてね」

セキュリティー「そうか」

オタコン「そう。そんなわけで」スタスタ

セキュリティー「そうか、頑張れよ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:55:37.27 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「基本的にバカばっかなんだな……ん?」

スネーク「……待たせたな」ニヤリ

オタコン「スネーク!無事だったのかい!?」

スネーク「ああ。雷電に助けられてな」

雷電「やぁ」

オタコン「え?」

スネーク「どうした?」

オタコン「いや、その……何でもないよ」

スネーク「そうか」

雷電「そうか」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 22:59:25.92 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「じつはさっきセキュリティーに呼び止められたんだけど、メンテナンスクルーって事で誤魔化せたよ」

スネーク「そうか」

雷電「そうか」

オタコン「だから、上手く行けばこのメタルギアで脱出出来るかもしれない」

スネーク「そうか」

雷電「そうか」

オタコン「けどそんなことをすれば当然気付かれる。だからシステムを掌握するまでの間時間を稼いでほしいんだ。」

スネーク「そうか」

雷電「そうか」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:01:52.50 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「おい、2人ともちゃんと聞いてる?」

スネーク「そうか」ニタニタ

雷電「そうか」ニタニタ

オタコン「……!?」

スネーク「さぁ入ろうよ~♪」

雷電「創価学会~♪」

スネーク「幸せ掴む~♪」

雷電「合い~言~葉~♪」

オタコン「う……うわぁぁぁぁぁぁぁ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:06:00.47 ID:Pnw6SV2F0

スネーク「みんなの明日を~♪」ガシッ

雷電「創~価学~会♪」ガシッ

オタコン「は、離せ!離してくれ!」バタバタ

スネーク「輝く~光~は~♪」

雷電「大作名誉会長から~♪」

スネーク&雷電「「さぁっ!」」

オタコン「ひぃっ!?」ビクッ

ナントカ大作「おいでよ創~価~♪」

スネーク&雷電&大作「「「ルルルールルールルンルルルー♪」」」

オタコン「やめてくれ~♪」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:09:23.45 ID:Pnw6SV2F0

スネーク&雷電&大作「「「さぁ!」」」

オタコン「みんな~で~つか~もう……」

スネーク&雷電&大作「「「創価学会♪」」」

オタコン「は……ははは……楽しいなぁ……これが創価学会……」

スネーク「そうかそうか」ニタニタ

雷電「そうかそうか」ニタニタ

ナントカ大作「そうかそうか」ニタニタ

オタコン「……はは……はは……そうかそうか……」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:15:03.60 ID:Pnw6SV2F0

スネーク「そうかそうか」

雷電「そうかそうか」

ナントカ「そうかそうか」

スネーク「……創価……」

オタコン「……学会……」ガクッ

雷電「……」

ナントカ「……」

オタコン「じゃなーい!!」デエエエエン

スネーク&雷電&大作「「「!?」」」

オタコン「はっ!システムの掌握はとっくに終わった!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:20:22.60 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「メタルギアを使って脱出するさ!」スタタタ

スネーク「オタコーン!」

雷電「同志よ!」

ナントカ「戻ってこい、我らの元に!」

オタコン「はっ、誰が戻るものか!」

AI『ご希望のコースをお選びください
[ナチュラルハッピーコース]
[クリティカルハッピーコース]
[クリエイティブハッピーコース]』

オタコン「ん?なんだいこれは?まぁいいや、>>60で頼む!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:37:58.93 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「りのん」

メタルギアAI『データがありません』

オタコン「りのん」

メタルギアAI『データがありません』

オタコン「りのん」

メタルギアAI『データがありません』

オタコン「りのん」

メタルギアAI『りのん.mgsを作成中……』

オタコン「……何かを作り出した」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:40:07.93 ID:Z6pSWZDZ0

バロスwwww


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:42:20.79 ID:Pnw6SV2F0

メタルギアAI『りのん.mgsをインストール中……』

オタコン「……何かをインストールしている」

メタルギアAI『インストールが完了しました』

オタコン「何かが終わった」

メタルギアAI『ご希望のコースをお選びください
[りのん]
[りのん]
[りのん]』

オタコン「……りのん」

メタルギアAI『 りのん でよろしいですか?
[りのん]
[りのん]』

オタコン「なんかはいといいえみたいなノリで出てきた」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:46:13.02 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「……りのん」

メタルギアAI『音声を認識出来ませんでした。正しい発音で行ってください』

オタコン「……り↓の↑ん↓」

メタルギアAI『本当にキャンセルしますか?
[りのん]
[りのん]』

オタコン「り↓の↑ん↓」

メタルギアAI『 りのん でよろしいですか?
[りのん]
[りのん]』

オタコン「り↑のん↓」

メタルギアAI『りのんを開いています』

オタコン「……」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:50:21.46 ID:Pnw6SV2F0

メタルギアAI『不正な動作を検知しました。データを全消去後、再起動を行って下さ』ガシャーン

オタコン「動け、り↑のん↓!」

メタルギア『シュゴオオアアア』

スネーク「メタル……ギア……!?」

雷電「そうか……そうか……」

大作「らりるれろ!らりるれろ!」

オタコン「金庫を探せ、り↓の↑ん↓」

メタルギア『……』ピタッ

オタコン「……り↑のん↓」

メタルギア『フシュアアアアア』



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:55:15.48 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「クソウザいなこのAI……」

メタルギアAI『不当な扱いを検知しました。報復を開始します』ビーッ

オタコン「うわっ!?」

りのん「り→の↑ん↑」

オタコン「な、なんだこいつ……」

りのん「オラッ」ガッ

オタコン「り↓の↑ん↓っ」

りのん「り→のん↑?」

オタコン「え?」

りのん「オラッ」ガッ

オタコン「り↓の↑ん↓っ」

りのん「り→のん↑?」

オタコン「……り↑のん↓」

りのん「オラッ」ガッ

オタコン「意味が分からないっ」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/24(火) 23:58:36.35 ID:Pnw6SV2F0

オタコン「……なんとか消えてくれた」

メタルギアAI『反省していますか?
[はい][ええ]』

オタコン「なんだこの一択は……とりあえずはい」

メタルギアAI『謝罪を確認しました』

オタコン「……(本気でなんなんだこのAI)」

メタルギア『シュゴオオアアア』ガシャンガシャン


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/25(水) 00:05:25.45 ID:+m2kpJQa0

オタコン「……あった、金庫だ!止まれ!」

メタルギア『シュゴオオアアア』ガシャンガシャン

オタコン「おい、どうした!止まれって!」

メタルギア『シュゴオオアアア』ガシャンガシャン

オタコン「まさかさっきので壊れたのか!?」

AI『はい』

オタコン「壊れて無いじゃないか」

AI『矛盾を検出。解決します』

メタルギア『……』ピタッ

オタコン「……」イラッ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/25(水) 00:08:58.37 ID:+m2kpJQa0

~五分後~

オタコン「……」

AI『矛盾点を修正しました』

メタルギア『シュゴオオアアア』ウィーン

オタコン「よし、金庫につっこめ!」

AI『りのん』

メタルギア『シュゴオオアアア』ガシュイーン

ドォゥン

オタコン「いてて……よし、金庫への潜入成功だ」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/25(水) 00:18:49.31 ID:+m2kpJQa0

オタコン「……ひとまず降りて百万ドルを回収しよう」シュタッ

AI『自動停止。生体反応はありません』

オタコン「急にADAを意識し始めたな……おや?」

AI『目標額の紙幣を確認、早急に撤退することをお勧めします』

オタコン「そうしよう」サッ

AI『常盤台、妙見口……』

オタコン「今度はMGSでお馴染みのバグネタを!?分からない人には分からないな!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/25(水) 00:22:43.51 ID:+m2kpJQa0

AI『……生体反応が三件接近中。うち一体は人工的なものであると分析します』

オタコン「あの三人が!?まずい、ひとまず外へでよう!」

AI『了解しました』ピピッ

メタルギア『フシュアアアアア』ガシュイーンガシュイーン

大作『その綺麗な顔を吹き飛ばしてやるぜ!!!!』ゴアアア

オタコン「す、凄い殺気だ……スピーカー越しに伝わってくる」ビリビリ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/25(水) 00:28:38.19 ID:+m2kpJQa0

雷電「ふんっ」スパッ

オタコン「うわああっ」

AI『脚部損傷。ホバーモードへ以降するため両足をパージします』ビービー

メタルギア『フシュアアアアア』ガコンガコン

スネーク「はっ」パシュッ

オタコン「うわああっ」

AI『頭部損傷。サブカメラによる簡易映像に切り替えます』

メタルギア『フシュアアアアア』カシャカシャ

オタコン「っていうか予備機能多いな!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/25(水) 00:35:55.14 ID:+m2kpJQa0

ナンカ「金を返せ。さもなくば貴様の、命を返せない借り方をする」

オタコン「ダメだ、元々寄付したのは僕だ!金は返してもらう」

ナンカ「そうか……なら奪い合いこそ真の戦いだ。カモーン!」パチンッ

オタコン「きめぇ」

ナンカ「どうだ、凛々しいだろう!」ニヤニヤ



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/25(水) 00:40:14.52 ID:+m2kpJQa0

オタコン「なんだい?それは」

ナンカ「これこそ創価学会が開発した創価合体・ソウカロボ!」

オタコン「先制しろ、AI」

AI『了解』ゲシッ

ソウカロボ『フシュアアアア』バタンドカーン

こうして、大作名誉会長は倒された。

お終い


関連記事
スポンサーサイト