FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

まどか「おなかが減ったね。ほむらちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:18:56.09 ID:mXUj+BG20

ほむら「もうそんな時間なのね…貴方と要ると時間を忘れるわ」

まどか「ウェヒヒ!私もだよ!ほむらちゃんといるとすごく楽しいよ」

ほむら「///そ…そう、それじゃぁご飯にしましょうか。

    まどかは何が食べたい?」

まどか「クリームシチュー!!…と言いたいところだけどずっと三食シチューで少しあきちゃったな」

ほむら「ごめんなさい…」

まどか「あっ!ほむらちゃんのクリームシチューは大好きなんだよ!?でも久しぶりに他の物も食べたいなって」

ほむら「そうね…そういえばここ数ヶ月クリームシチューしか作ってなかったわ」

まどか「うん。だから久しぶりに違うものも食べよ? あ、そうだ!今日は外食しようよ!!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:21:52.94 ID:mXUj+BG20

ほむら「まどかと外食…」

ほむら(夜景の綺麗な超高層階レストランで最高級の食事…俯瞰からの絶景にまどかは大はしゃぎ。
    食前酒のワインですこしフラフラのまどか…おいしい料理を二人で舌鼓…
    そして食後の会計。「カードで」とわたしはこの日のために作ったブラックカードをさらりと出し
    「すごい!ブラックカードなんて始めてみた!!ほむらちゃんかっこいい!抱いて!」
    そのままホテルに直行
    興奮したまどかと私はそのまま朝まで愛し合って…

    数ヵ月後
    _______
    _____
    __
    「…できちゃった…///ほむらちゃん…責任…取ってくれる…?」

    「もちろん。一生貴方を守って見せるわ」

    「ほむらちゃん…!」キュン

    「お腹の子の名前を決めないとね」

    「んー…暁美ほむか……暁美まむら………まどら!暁美まどら!」

    「じゃあお腹の中のまどらのために私たちもがんばらないとね」

    「うん!」                            )

ほむら「そして結婚!」

まどか「えっ!?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:24:13.28 ID:mXUj+BG20

ほむら「あ・・・あぁ、なんでもないわ。それよりまどかは何が食べたい?フランス料理?それとも…」

まどか「私牛丼が食べたい!!」

ほむら「!?…まどか?お金は気にしなくてもいいのよ?それよりももっと雰囲気のいいところで…」

まどか「お金なんて気にしてないよ?ただ牛丼がたべたいなって」

ほむら「そう…まどかがそういうなら…」

ほむら(牛丼…まずいわ。まさかそこまでまどかが庶民派だったとは
    …いえ…発想をここで逆転させるわ…牛丼…牛丼……

    家から出た私たちは牛丼つゆだくは邪道か否かおしゃべりしながら、なか卯に向かう
    「やっぱり卵ははずせないよね。つゆだくであれば尚いいよ」「私は紅しょうがさえあればいいわ」
    楽しい牛丼議論…まどかは少しムキになっちゃってかわいいな…

    店内に入り券売機に行き食券を購入。私が卵を買わなくてスネちゃうまどかもかわいい…
    券を渡すと1分もしないうちに牛丼が来る。すごいわ。なかう
    卵つゆだく牛丼を食べるまどかは私の牛丼を見て。
    「ほむらちゃんこれ本当においしいんだよ?一回食べてみて」と私に牛丼を勧めてくるわ

    そして私はまどかが混ぜた卵が掛かった、おそらく数mlは入ってるであろう
    まどかが口内から分泌した。まどかの唾液、まどか汁つゆだく牛丼をゆっくり。牛肉に気をつけながら
    一粒一粒。まどか汁をからませながらまるで氷上のバレリーナのように滑らかに口に入れる


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:26:34.63 ID:mXUj+BG20

まどか汁と米は舌に絡まり、深深と体でまどかを感じられる…私は幸せに包まれていくわ…
    それを見たまどかは「じゃあほむらちゃんのももらうね」と私の唾液たっぷり牛丼を口の中に…
    つゆで薄まってない私の唾液を口いっぱいにほおばったまどかは数分すると特製唾液の媚薬成分が効いてきて
    「ほむらちゃん///…トイレ…いっしょにいかない…?」と頬を赤らめながらモジモジと恥ずかしげに…。

    いっしょにトイレに入るとまどかは恥部の部分が滲んだパンツを見せる。「私の卵牛丼…つゆだくだよぉ…」
    辛抱たまらん私はまどかと接吻を始め、そのうち行為はエスカレートしていき…
    「ほむらちゃんの硬くておっきな紅しょうが…私のつゆだく牛丼に…いれて…」「まどかぁ!!」

     喘ぐまどか。どんどん激しくなり、私も限界に近づいていく。
     「ほむらちゃん!とろろ追加トッピングしてぇ!!」「まどか!なか卯に出すわ…!うっ ううっ うっ…」

      二人で抱き合い絶頂を感じあう。
      「…まどか、とろろトッピングはすき屋しかないわ」「もう!ほむらちゃんの馬鹿///」
    ____
    ___
    __
    数年後…

    まどら「ママァ!あうあうあ~!」
    
    ほむら「よしよし」

    まどか「まどらちゃんはやんちゃさんだね~!それにしてもほむらちゃん大好き!もう一人つくろっ!」 )


ほむら「いやっふううううううううううううううう!!!」

まどか「ど…どうしたのほむらちゃん・・・さっきからなにかおかしいよ?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:28:59.37 ID:mXUj+BG20

まどか「なにか体の具合でも悪いの…?もしそうだったらすぐに行ってね。私保健係だから」

ほむら「ごめんなさい。まどかと外食するのがうれしくて、つい…」

まどか「外食で興奮するなんてほむらちゃんおこちゃまだね」

ほむら「それなら外食で牛丼が食べたいなんて言うまどかもおこちゃまよ」

まどか「えー牛丼おいしいとおもうんだけど」

ほむら「ふふっ。じゃあいきましょうか。ちょうど家の近くになか卯があるのよ」

まどか「……は?」

ほむら「?どうしたのまどか」

まどか「いまほむらちゃん、なん……え?…もう一回いってくれる?」

ほむら「家の近くになか卯があるからそこにって」

まどか「え。ちょっと。なにいってるのほむらちゃん…?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:32:05.33 ID:mXUj+BG20

まどか「なか卯……え?なにほむらちゃん、もしかしてなか卯派?」

ほむら「え・・・なにかおかしかったかしら…?なか卯っていったらキン肉マンのモデルにも…」

まどか「なか卯っていったら吉野家に牛丼戦争に負けた負け犬の店だよ!
    それにアニメ版では吉野家だよ!モデルになったはいいけど知名度では劣ってる。
    そんななか卯で食べる負け犬はしらたきと椎茸でも食ってろよって。思ってしまうのでした!」

ほむら「まってまどか!白滝と椎茸は今年の春になくなったわ!
    それになか卯は100円プラスでこだわりの卵とお味噌汁をつけてくれるのよ?
    吉野家よりサービスは…」

まどか「みそしる笑 アレ前から思ってたけどなんでオクラがはいってるのかわからないよね。はっきりいってまずいよ。
    オクラ臭い味噌汁つけて犬みたいに客に尻尾振ってる暇あったら吉野家よりうまい牛丼つくってみてよって」

ほむら「でも、お高いんでしょう?並が吉野家380円に対してなか卯は290円、実に100円近い差があるわ
    しかもこっちはたまごと味噌汁セットのコストパフォーマンスが…」

まどか「吉野家の並は674カロリー、それに対してなか卯は605カロリー、
    味も、カロリーもこっちのほうが上。差は歴然だよ!
    それに味噌汁味噌汁ってうるさいけど吉野家にも味噌汁や豚汁、けんちん汁があるもん。
    吉野家はサイドメニュー程度の値段にガタガタ言う社会のゴミが来る場所じゃないんだよ!!


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:34:29.00 ID:mXUj+BG20

ほむら「………そう、わかったわ。そこまで言うなら吉野家に行きましょう…」

まどか「わかってくれたんだね!信じてたよほむらちゃん。
    きっとほむらちゃんは吉野家を選んでくるって…
    やっぱり業界トップは吉野家だよ!!」

さやか「プーッ クスクスクス

    まどかって、実はサイコな電波さん?」

ほむら「美樹さやか…どこから…」

まどか「あーあ、すき家厨がきたよ。どこにでも現れては他店相手に火病ってうざいんだよね。
    おとなしくすき屋でキムチ牛丼でも食ってたら?チョンが牛丼を語るなんておこがましいんだよ!!」

さやか「ハッ!吉牛教のまどかに言われたくないわよ。無理やりほむらを入信させようとしてさ。
    気持ち悪いんだよね。過去の栄光にしがみついて…もう痛くて見てられないわ。
    吉野家神話はもう終わったんだよ。とっくのまえにすき家に売上高まけてるってのに
    そんな落ち目の店で食わされるほむらの気持ちになってみなよ!?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:35:54.69 ID:G1RDPScN0

やばいぞコイツラ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:37:54.38 ID:Krno3JOV0

今すぐ病院行け

頭のな


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:38:44.12 ID:mXUj+BG20

ほむら「あの…私はまどかと外食に行きたいだけで…」

まどか「ほむらちゃんだまってて!

    これだからすき家厨は、吉野家の素晴らしさがわからないから困るよ。
    あんな乳臭い食べ物は牛丼とは呼べない、離乳食だよ!
    それに牛の上にネギはともかく、メンマにキムチにチーズに明太マヨネーズを乗せるなんてイカれてるよ!!」

さやか「ハッ!おいしかったらなんでもいいのよ!それに吉野家だってチーズやトロロのトッピングがあるじゃない!」

まどか「あれは牛鍋丼だからいいんだよ!!!」

さやか「牛鍋丼(笑)」

まどか「牛まぶし(笑)」

まどさや「あ?」

ほむら(帰りたい………あ、ここ私の家か)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:40:49.66 ID:mXUj+BG20

さやか「吉野家は高いんだよ!牛丼並に300円以上だせるか!!!」

まどか「吉野家は伝統の味を保ち続けた由緒あるお店なの!それを食べる権利のある選ばれた者が集う場所なんだよ!
    乳臭い牛丼を280円で食う場所と一緒にしないで!
    一食に380円も出せないクズが集まるあんなところで食べる神経がわからないよ!
    とくに新メニューの牛まぶしなんてゲロとなにが違うか具体的に説明できないくらい
    まずいっておもってしまうのでしたーはい論破」

さやか「はぁ!?狂牛問題で真っ先に牛丼停止して豚丼(笑)出して逃げたのはは吉野家だろーがwww
    あれから味もさらにひどくなったし。
    それに吉野家のメイン客層は土方とリーマンだろーが!!権利www選ばれた者wwwww伝統wwwwwww
    その点、すき家はお子様セット実装でファミリー層に人気なの!底辺の集いの吉野家とはちがうんです!」

まどか「さやかちゃんのくせに言わせておけば!よーしパパ特盛のコピペ見たことないの!?
    それ以上吉野家を汚すとぶち殺すよ!!」

さやか「ん?やるの?あきらめなよ、すき家に勝てるわけないってwww」

ほむら「あ、あの」

さやか「あぁ、ほむら。やっぱり吉野家じゃなくてすき家にいきたくなったんだね!さやかちゃんはいつでも歓迎だよ!」

まどか「さやかちゃんってほんと馬鹿。ほむらちゃんは私と吉野家に行くの!!ね?ほむらちゃん!」

ほむら「あ…あのね。
    …間をとって……
    松家に行かない…?
    なんて……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:45:24.22 ID:mXUj+BG20

まどか「まwwwwwwwwwwwww」

さやか「つwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

マミ「や」

ほむら「!?」

まどさや「……マミさん!?」

マミ「暁美さんが松家デビューと聞いて駆けつけてきたわ。牛丼…いえ、牛飯のことなら私に聞きなさい」

ほむら(なんか増えたわ…ちょっとどうするのよこれ)

さやか「……あれぇ~すき家の半分程度の売り上げの松家の信者マミさんじゃないですか~
    いったいどうしたんです?ここに松家派が座れる椅子はありませんよ~?」

まどか「それに私たちは『牛丼』についてお話してるんです。『牛飯』なんておよびじゃないんです!!」

マミ「牛丼でも牛飯でもかわらない……いえ、格が違ってるもの。松家を他の店と同じと考えてもらったら困るわ」

さやか「っていわれても、松家って味も値段もあんまり特筆するものもないしなぁー」

まどか「なんていうか…地味だよね」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:49:30.78 ID:mXUj+BG20

マミ「何もわかってないわねあなたたち。いい?松家の並は320円、
   さすがに強盗養成学校の卒業試験会場のすき家には負けるけどそれでもすき家よりおいしいし吉野家より安いわ。
   丁度すべてのクオリティが中間にある店なのよ
   そして近年の牛丼チェーンの主力、豚丼は他店を大きく上回る味…!!!
   それにこの値段でお味噌汁サービスつきよ!!!コスパにおいても安さだけが取り柄の
   すき家を凌ぎ、他店にも負けない味を持つ!松家に死角はないわ!!」

さやか「くっ…それでも…すき家には…メガ盛りがある!!!」

マミ「フッ…残念よ美樹さん。松家は特盛520円1352カロリー
   それに対してすき家メガ盛りは610円1124カロリー

   おかしいわね?松家の特盛にカロリーも値段も負けてるわよ?メガ盛の価値なんて、いえ、
   すき家の価値なんてあるのかしら?」

さやか「うっ…くそぉ…!うううぅぅぅううううう!!!」

ほむら(さやかが血の涙を流している…こんなの絶対おかしいわ…)

まどか「……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:50:50.67 ID:ZXzwSrBS0

さやさや……


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:52:10.34 ID:mXUj+BG20

マミ「あら、そういえば吉野家さんを忘れていたわ。カレーのおいしさも豚丼のおいしさもこっちに部があるわよ?
   やはり松家に死角は…

まどか「…ビビン丼」ボソッ

マミさやか「!!!」

まどか「デミ玉ハンバーグ、ラー油カクテキ牛飯、キムカル丼」ニヤリ

マミ「や…やめなさい!!その話題は…!!」

さやか「そ、そうか…!松家の弱点は期間限定牛丼の糞まずさ!!」

ほむら「たしかにビビン丼はゲロ以下だったわね」

まどか「マミさん…まだ続けるの…?」

マミ「ぐっ…たしかに丼メニューはクソ以下よ…でもそれ以外の点では松家のほうが上よ!!」

さやか「確かにこれだけでは…なにか…何か後もう一つ…!!」

まどか「…やっぱりまだ続けるんですね…ごめんねマミさん


    ソ ー セ ー ジ エ ッ グ 定 食 !!!!!!!!!!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:55:28.60 ID:mXUj+BG20

マミ「あ・・・あああぁぁあああああ!!!!!!!朝ごはんの話はやめてぇぇえええ!!!」

ほむら「…そうか!!松家の朝メニューのラインラップと味は最悪のレベル…!!」

さやか「焼き魚定食のパサパサの鮭、ソーセージエッグ定食のゲロマズソーセージ、おかずが納豆だけの朝の定番定食…!!

    牛丼家なのに牛がないなんて体たらく…松家は朝ごはんにおいて他店全てに劣る…!!!」

まどか「弱小チェーン店が吉野家に楯突くなんて100年はやいよ」

マミ「うぅぅ…確かに季節限定メニューも朝の定食もまずいわ…でも!牛飯は!スタンダードは最高なのよ!!
   暁美さんならわかるわよね」

まどか「そんなこといっても最高は吉野家にきまってるじゃないですか
    だよね、ほむらちゃん」

さやか「ドイツもコイツも…業界最王手のすき家を差し置いて話を進めるなんて…みんな一番の店に行きたいんだよ
    ねーほむら」

ほむら(どうしよう…私はまどかとお食事したいだけなのに…)

「まったく。みちゃいられねぇっつーの」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:56:16.41 ID:ZXzwSrBS0

あんあん!


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/29(土) 23:58:09.14 ID:mXUj+BG20

ほむら「杏子…」

杏子「お前ら…ほむらが困ってんじゃねえか、揃いもそろって自分の我を通すことしか考えない馬鹿ばかりで…」

マミ「誤解よ。私は暁美さんにおいしい牛飯を食べてもらいたいってだけで…!」

杏子「バーカ、それが間違いなんだよ。こいつはまどかと飯に行けたらそれで幸せなんだよ」

まどか「あ…///」

ほむら「ちょっと///」

杏子「それをお前らは食べやしないサイドメニューやら値段ばかり…おまえらは自分の考えを認めさせたいだけで
   ほむらのことは全然かんがえてねーじゃねーか」

さやか「だからさっきからほむらに何処がいいかってきいてるんじゃない!」

杏子「あー…あれだ、もうめんどくせぇ…」バキィ

さやか「う・・・おげぇぇぇ。。。女の子に腹パンて…」ドサッ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:00:46.01 ID:5ZESYHd60

杏子「この話は私が預かった。要はさ、全員が味に満足できてほむらはまどかと飯が食えたら良いんだろ?
   なら話ははやい、ついてきな。よいしょっと」サヤッ

______
___
_
まどか「ごめんほむらちゃん、私、ほむらちゃんにおいしいもの食べて欲しいって思って
    ほむらちゃんのことを思ってなかったよ…」

マミ「私もよ、松家を馬鹿にされてついムキになってしまって…」

ほむら「もう気にしてないわ…まどかや…みんなと仲良くご飯を食べれるならね」

マミ「暁美さん…」

杏子「さ、ついたぞ」

まどか「こ…ここは…!」

マミ「ランプ停…そういえば食べたことないわ…」

ほむら「私は名前も聞いたことがないわ」

杏子「お前らの話を聞いてる限り名前が挙がってなかったからな
   少し値段は張るがまぁ全員の間を取ったらここが一番だろ」

まどか「盲点だったよ…そういえばそんな店もあったね」

杏子「全員はじめてか?なら都合がいいじゃねえか、さぁ、食おうぜ!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:03:19.01 ID:5ZESYHd60

マミ「へぇー塩牛丼なんて始めて見るわ。私はこれにするわ」

まどか「ほむらちゃんはなににするの?」

ほむら「まどかは何にするのかしら?」

まどか「私は初めてだし牛丼にしよっかな」

ほむら「じゃあ私はこの醤油牛丼にするから半分こしましょ?」

まどか「うん!」

杏子「おいさやか、いい加減おきろ」

さやか「う・・・うぇ。口が胃酸の味する」

杏子「さっさと注文をきめな」

さやか「ん…今食欲ないわ…杏子が頼んだのすこし頂戴…」

杏子「あー悪い、ちょっとやりすぎた。親子丼でいいか?すみませんー注文おねがいしますー」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:05:22.59 ID:5ZESYHd60

オマタセイタシマシター

「「「「いただきまーす」」」」

マミ「塩牛丼なんてたのんじゃったけどどうなのかしら…」パクッ

マミ「こ…これは…!
   外見からは想像もつかないタレの深いコク…!牛肉は食べやすいように細かくカットされ、
   それがタレとガツンと絡まるわ…!!!ネギは香り付けだけでなく塩と抜群に相性がよく
   脂っこい牛を含んだ口には一服の清涼剤となりお箸が…お箸が止まらないわ!!」ハムハム ハフハフ

まどか「ほむらちゃん、醤油牛丼はどう?」

ほむら「醤油の臭いがきつくてびっくりしたけど食べると気にならなくなるわね。味も悪くないわ。」

まどか「へぇぇ、じゃあ一口頂戴!!」アーン

ほむら「ええ、はい」

まどか「えーーほむらちゃん私が口をあけてるんだからアーンだよ!」

ほむら「えっと…あ…あーん///」

まどか「はむっ…ん…おいしいよ。ほむらちゃんもはい、あ~ん♪」

ほむら「…んっ…お、おいしいわまどか…///」

まどか「ウェヒヒヒ!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:07:45.13 ID:5ZESYHd60

杏子「これで一件落着だな!」

さやか「わたし、殴られ損な気がするわ…」

杏子「あはは…わるかったよ。ほら。ここの親子丼は絶品なんだ。」

さやか「まぁいいわ。じゃあ一口だけ…」パクン モグモグ…!!

さやか「な…なんとぉ!!!
    半熟卵がお口でとろふわっ!!タレや肉は少ないがそれが卵のコクを際立たせるッ…!!
    トッロトロの卵がご飯と肉に絡まるこの悦び!!!幾らでも食べれるわ!」パクパクガバガバ

杏子「おい!お前の分も注文してやるから全部くうな馬鹿!!」
______________
___________
________
______
___


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:10:06.79 ID:5ZESYHd60

数日後、巴宅

まどか「やっぱりマミさんの淹れる紅茶はおいしいです!!」

マミ「ふふっ、ありがとう鹿目さん。」

ほむら「確かにおいしいわ…私に淹れ方を教えてくれないかしら」

マミ「ええ、いいわよ」

さやか「ほむらはまどかのためならなんでもするなぁー」

ほむら「ちょっ///さやか!」

まどか「…!マミさん、私にも紅茶の入れ方教えてください!」

ほむら「まどか…?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:12:53.09 ID:5ZESYHd60

まどか「ウェヒヒ…私もほむらちゃんにおいしい紅茶を淹れてあげたいなって」

ほむら「そ…そう///」

杏子「おーおー、お熱いねぇー」

さやか「あんたさっきから食ってばっかね…」

杏子「マミのケーキは絶品だからな」

マミ「あらあら、あんまり食べると晩御飯食べれなくなるわよ?」

まどか「そうだ!今日またこのまえみたいに皆でご飯食べに行きませんか?」

さやか「おっ!まどかナイスアイディア!!ほら!そういうわけだからそろそろ食うのやめな」

杏子「ちぇ…」

マミ「ふふっ、ご飯の後家に寄ったらまた出してあげるわ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:15:33.27 ID:5ZESYHd60

ほむら「それじゃあご飯はどこに行こうかしら…」

マミ「無難にファミレスで良いんじゃないかしら?」

さやか「さやかちゃんの懐事情的にもファミレスはありがたいわ」

杏子「そうだな…私もそんなに金もってないし」

まどか「すごく楽しみだよ!!」

マミ「じゃあ隣のロイヤルホストにいきましょうか」

まどか「えーっココスのドラえもんのハンバーグがたべたいなって」

さやか「なにいってんの、安くておいしいサイゼリアでしょうが!」

ほむら「……」

杏子「はぁ…まったくお前らときたら…」

ほむら「きょ…杏子…!!」ホッ

杏子「今ガストの800円のチーズハンバーグが390円なんだぞ!?今期はガストに決まってるだろーが!!」

ほむら「」

END


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:16:50.17 ID:H/yQCqBJ0

乙でらんぷ亭ってなに?


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:21:05.94 ID:5ZESYHd60

>>52
神戸ランプ亭という関東圏の牛丼チェーンさんです
知名度ゼロなんでこの機会に布教してみました
親子丼おいしいよ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:32:24.34 ID:EL4izaMG0

まったく牛丼どこで食うか?
最寄にすき屋が一軒自転車で40分の俺に選択の余地などない


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 00:36:58.05 ID:sQW5IfKv0

ファミレスはビッグボーイ最強
※ただし肉しかない


関連記事
スポンサーサイト