FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

唯「さわちゃんさわさわ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/31(火) 23:48:34.07 ID:aFpbaVfvP

唯「さわちゃんせんせー」

さわ子「どうしたの?これから軽音部にお茶しにいくところだったんだけど」

唯「えへへー」ピトッ

さわ子「ちょっと、何でいきなりくっついてくるのよ」

唯「実は、さわちゃんに相談がありまして」

さわ子「相談?」

唯「うん。みんなの前じゃ言いにくいから・・・」

さわ子「そう、じゃあ個室の面談室に行きましょうか」

唯「ありがとう!」ギュー

さわ子「その前に離れなさい」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/31(火) 23:51:36.35 ID:aFpbaVfvP

・・・

さわ子「それで、相談っていうのは何かしら?進路のこと?」

唯「うん、まあそっち系かなあ・・・」

さわ子「もうすぐ受験だもの。不安になるのはしょうがないわ」

唯「受験も不安だけど、そういうことじゃなくっていうか」

さわ子「違うの?」

唯「えーっと、うーん・・・」

さわ子「言い辛いことならゆっくりでいいわよ」

唯「わ、わたし実はっ!」

さわ子「?」

唯「さわちゃん先生が好きなんですっ!」

さわ子「・・・」

唯「・・・」

さわ子「そう、なの」

唯「・・・」コクン


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/31(火) 23:54:38.70 ID:aFpbaVfvP

さわ子「(どうしよう・・・)」

さわ子「(女子高の教師やってると、こういうこと結構あるのよね)」

さわ子「(唯ちゃんは私の本性知ってるしそんなことは無いと思ってたけど・・・)」

さわ子「えーっと、好きっていうのはつまり」

唯「もちろんラブの方だよ!」

さわ子「(ですよね)」

さわ子「(こういうのは大抵、憧れと恋愛感情を勘違いしちゃってるから、いつもはそういって断るんだけど)」

さわ子「(受験前の不安定な時期につっぱねていいのかな・・・?)」

唯「さわちゃん、ごめんね、変なこと言っちゃって」

さわ子「いや、いいのよでも」

唯「わかってます!」

さわ子「え?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/31(火) 23:58:14.19 ID:aFpbaVfvP


唯「さわちゃんの気持ちは分かってるから大丈夫だよ。私なんかがさわちゃんと吊り合わないもんね、えへへ」

さわ子「唯ちゃ

唯「そのかわり!最後の思い出ってことでこれから私とデートして!」

さわ子「え、デート

唯「はい、いこう!」ギュ

さわ子「えええ?」

ドタンバタン


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/31(火) 23:58:37.92 ID:aFpbaVfvP

・・・

さわ子「外に連れ出されちゃった」

唯「じゃあ行こう♪」ギュ

さわ子「行くってどこに?っていうか手・・・」

唯「いいじゃん、デートなんだから」ムスー

さわ子「(あ、ふくれてる・・・可愛い)」

唯「さわちゃんとお散歩できればそれで満足だからっ」グイッ

さわ子「(生徒と手繋いでるの見られたら色々まずいんだけど・・・まあいっか)」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:04:32.83 ID:2gco+ekZP

・・・

スタスタ

唯「ふふふふーん」

さわ子「ずっと歩いてるだけなんだけど、楽しいの?」

唯「うん!さわちゃんと二人っきりなんて久々だし!」

さわ子「そう・・・」

唯「もっとくっついちゃおー」ガシッ

さわ子「もう、恋人みたいに腕組んできて・・・」

唯「ほんと?恋人みたいに見える?」

さわ子「ふふ、どうかしらね」

唯「えー」ブー

さわ子「(なんかだんだん可愛く思えてきちゃった)」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:04:57.33 ID:2gco+ekZP

さわ子「(いえ、可愛いっていうのは妹とかそういう可愛さで決してそういうあれでは)」

唯「どうしたのー?」

さわ子「なんでもないわ。そういえば、この近くに私の好きな喫茶店があるんだけど、行く?」

唯「おー!いくいく!」

さわ子「私も仕事があるからね、お茶飲んだら帰るわよ」

唯「うん、わかった」シュン

さわ子「いい子ね」ナデナデ

唯「~っ///」

さわ子「(あ、つい撫でちゃった)」

唯「えへへ、幸せだなー」ニコニコ

さわ子「(そんなに喜ばれると、逆に辛いじゃない・・・)」

さわ子「・・・」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:07:55.65 ID:2gco+ekZP

唯「あ、またボーっとしてるー」

唯「さわちゃんさわさわー」サワサワ

さわ子「ひゃっ!?」

唯「驚いた?」サワサワ

さわ子「く、くすぐったっ・・・ちょっやめなさい!」

唯「はーい」

さわ子「全く、行くわよ?」ギュッ

唯「あ、さわちゃんから手つないでくれた」

さわ子「あっ」

唯「嬉しいなー」ニコニコ

さわ子「もうっ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:08:51.74 ID:2gco+ekZP

・・・

唯「美味しかったー」

さわ子「ここは奢るから、このことは秘密ね?」

唯「わーい!」

さわ子「そういえば、荷物持ってないけど」

唯「うん、また軽音部に戻るから」

さわ子「勝手にこんなに抜けて大丈夫だったの?」

唯「大丈夫だよーみんなにも言ってあるし」

唯「さわちゃんも一緒に戻ってお茶しようよ!」

さわ子「今飲んだばっかりじゃない」

唯「これが最後のお願いだから!ね?」

さわ子「うーん、そこまで言うなら、いただこうかしら」

唯「よかったあ」ホッ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:10:59.62 ID:2gco+ekZP

・・・

さわ子「で、部室にきたけど誰もいないじゃない」

唯「うん」

さわ子「みんなもう帰っちゃったんじゃないの?」

唯「うーん・・・」

さわ子「(唯ちゃん・・・)」

さわ子「ねえ唯ちゃん」

唯「なにー?」

さわ子「唯ちゃん、わたし

パンパンパンパンー!!

さわ子「!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:11:37.67 ID:2gco+ekZP

バッ

唯「さわ子先生!」

律澪紬梓「お誕生日おめでとうございまーす!」

ジャジャーン

さわ子「み、みんな!隠れてたの?」

律「へっへー、驚いた?」

紬「唯ちゃんお見事♪」グッ

唯「ありがとう♪」グッ

澪「すいません、先生が来るまでに誕生会の準備が終わりそうになかったから、唯に足止めしてもらってたんです」

梓「わ、わたしは普通に祝った方がいいと思ったんですけど、唯先輩がどうしてもサプライズがいいって」

唯「私が提案したんだよー」

さわ子「へ、へえー(なんだ、サプライズのための演技だったのね・・・)」

律「ほらほら座って座って!」

紬「先生のために特製ケーキを持ってきました!」

さわ子「みんな、ありがとうね」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:12:57.82 ID:2gco+ekZP

律「あれ、さわちゃんが素直だ」

さわ子「私が素直じゃ悪いかしらー?」

律「い、いえーとんでも!」

さわ子「(もう、演技なのにちょっと唯ちゃんに心動かされちゃったじゃない・・・)」

唯「ねえねえさわちゃん」

さわ子「なによ?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 00:13:44.30 ID:2gco+ekZP

唯「私、嘘はついてないからね」

さわ子「え?」

唯「みんなー!早くローソクに火つけようよ!」

律「おお、そうだったな!何本だっけ?」

澪「こらっ!失礼だろ!」

梓「澪先輩も失礼では・・・」

唯「えへへー」



Happy Birthday さわちゃん


お わ り



関連記事
スポンサーサイト