FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

アルト「クリスマス俺と…」シェリル「ランカちゃんと過ごすわ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:10:07.38 ID:RKL2POl00

アルト「えっ?」

シェリル「この前、ランカちゃんからクリスマスにお誘いがあったのよ」

シェリル「心を動かされたと言うか…。今年のクリスマスはランカちゃんと過ごしてもいいかな、って思ったのよ」

アルト「……」

シェリル「そういうわけだから、ごめん!諦めて」

アルト「お、おう…」

シェリル「おっと、もうこんな時間!じゃあね、アルト」タッタッタ

アルト「じゃ……」


アルト「……」

アルト「(マジかよ…。クリスマス楽しみにしてたのに……)」

アルト「はぁ………ん?」

アルト「(待てよ?本当は単純にクリスマスも仕事なんじゃないか?)」

アルト「(確かに仕事が名目だと断り辛いし、ランカと仕事するってんなら強ち嘘でもない)」

アルト「なぁ~んだ、クリスマスも仕事か。なら仕方ないな」

アルト「ま、俺も年末忙しいし、クリスマスのことは忘れるか」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:18:22.04 ID:RKL2POl00

~12月23日 SMS~

アルト「……」カチャカチャ

オズマ「おう、アルト。ちょっといいか?」

アルト「……ん?」

オズマ「お前……クリスマスにランカと過ごしたりしないよな?」

アルト「えっ!?な、なんでランカと……」

オズマ「……」ジーッ

アルト「……?」

オズマ「フッ、そうだよな!お前は今はシェリルと付き合ってるんだもんな!」

アルト「そ、そうですよ…(なんだよ、急に……)」

オズマ「いやな、ランカの奴が『クリスマスは大事な人と過ごすの!』とか言い出して…」

アルト「えっ!?」


アルト「そ、そうなんですか~。まぁ、きっと友達ですよ!男じゃなくて女の!」

オズマ「そ、そうだよな!男なんか許さん!……で、お前はシェリルと過ごすのか?」

アルト「うっ!!……いやぁ、ちょっと仕事が終わりそうにないんで……ハハハ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:25:19.90 ID:RKL2POl00

オズマ「そっか……。そうだよな…」

アルト「いや、年末は忙しいのが当然だし……ハハハ」カチャカチャ

オズマ「……」

オズマ「……スカル小隊、集合!!」


ミシェル・ルカ「……?」タッタッタ

オズマ「お前たち、仕事の方は捗ってるか?」

アルト「(なんだぁ?急に……)」

ルカ「え、え~っと……」

ミシェル「…申し上げにくいのですが、まだ半分も……」

オズマ「そんな調子じゃ、クリスマスも仕事だな」

ミシェル「うっ……」

ルカ「……」

アルト「(別に俺はいいけどな)」

オズマ「……仕方がない。お前たち、残った仕事は俺に任せてもうあがれ」

アルト・ミシェル・ルカ「えっ!?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:32:56.26 ID:OvFY1oLN0

ランカちゃんはガチにゃんとは違います!


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:33:21.02 ID:RKL2POl00

オズマ「チンタラ仕事しているのを見ると腹が立つんでな……。あとは俺がやる」スッ

ルカ「た、隊長……」ウルウル

ミシェル「俺たちの為に……」ジーン

アルト「(ちょっ、何カッコつけてんだよ!)」


ミシェル・ルカ「隊長……」ジーン

オズマ「何をしている!仕事の邪魔だ!!さっさと帰れ!!!」

ルカ「じゃあ、お言葉に甘えて…」スッ アルト「ちょっ、ちょっと待ってください!!」バッ

オズマ「あぁ?」

アルト「俺も残って隊長の手伝いを……」

ミシェル「アルト……」ガシッ

アルト「な、何すんだよ!ミシェル!!」

ミシェル「(隊長の御好意に甘えようぜ。お前もシェリルが待ってるんだろ?)」ヒソヒソ

アルト「ちょ、おま…… ミシェル「隊長!我々3人は足手纏いゆえ帰ります!」

オズマ「おう!しっかりやれよ!!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:41:53.22 ID:RKL2POl00

~更衣室~

ミシェル「いや~、まさか隊長が仕事を引き受けてくれるなんてなぁ」

ルカ「本当ですね。おかげでナナセさんと……うひひ」

ミシェル「俺もクランに『スカル小隊はクリスマスないのか?』なんて馬鹿にされずに済みそうだ」


アルト「……」ヌギヌギ

ミシェル「おいっ、アルトぉ……。何カッコつけてんだよぉ…?」ニヤニヤ

アルト「うぇっ?なんの話だよ…?」

ミシェル「とぼけるなよ。お前だってシェリルがいるくせに『俺も残って…!』なんて言っちゃってよ」

ルカ「そうですよ!せっかく隊長が気を使ってくれたのに……」

アルト「そ、それは……」

ミシェル「まさか、クリスマスは独りなのか……?」ニヤニヤ

アルト「ば、馬鹿っ!!独りなわけ……」

ルカ「ですよね~。シェリルさんは自分でスケジュール調整出来るらしいし」

ミシェル「そんなレベルのアイドルとデートだなんて羨ましいね~」

アルト「(ど、どうする……クリスマス……)」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:48:03.76 ID:7TEDRK0/0

アルトはん・・・


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:49:52.37 ID:RKL2POl00

~12月24日 朝~

アルト「……」トコトコ

アルト「(そうだよ。クリスマスにやることはあるじゃないか)」


~シェリルの部屋の前~

アルト「……」コソーリ


   ガチャ


シェリル「じゃあ行ってくるわね!」

グレイス「いってらっしゃ~い」

シェリル「~♪」トコトコ


アルト「(出てきた!)」

アルト「(今日一日ちゃんとシェリルが仕事出来るように、隠れて護衛しないとな!)」

アルト「(ストーキングに間違われないようにしないと……)」


シェリル「~♪」トコトコ   アルト「………」ススス


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 18:56:58.99 ID:RKL2POl00

シェリル「~♪」トコトコ

アルト「(駅前の方に向かってるのか…?やっぱ仕事か)」ススス

シェリル「え~っと……」キョロキョロ

アルト「(ん?何やってんだよ、駅はこっち……)」

シェリル「あっ!いたいたぁっ!」タッタッタ

アルト「!?」


ランカ「………」ソワソワ

シェリル「………」コソーリ ススス…

ランカ「……」ドキドキ

シェリル「だ~れだっ?」バッ

ランカ「うわぁっ!?えっっと…シェリルさん!」

シェリル「ぴんぽ~ん!正解っ」ニコッ

ランカ「も、もぉ~!ビックリしたじゃないですかぁ!///」

シェリル「ふふふっ」

アルト「(あ、あれ…?)」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:06:12.13 ID:RKL2POl00

シェリル「今日は一日、大丈夫なんでしょ?」

ランカ「はいっ!私も仕事入れずに済みました」

シェリル「よしよし」


アルト「(ど、どういうことだ…?やっぱ仕事じゃないのか…?)」

アルト「(いや、えーっと……あー、なんだこれ……わけが……)」


シェリル「私を誘ったからには、今日のデートプラン、しっかり組んできたんでしょうね?」

ランカ「い、一応……。も、もしかしたらつまんないかもしれないけど…」モジモジ

シェリル「……ほらっ」スッ

ランカ「……えっ?手……?」

シェリル「私の腕、取ってくれないの?エスコートして欲しいんだけど」

ランカ「あっ!はい、喜んで!」スッ

シェリル「ふふっ、楽しい一日になるといいわね」トコトコ

ランカ「はい……///」トコトコ


アルト「(……あっ、やばい。付いて行かないと……。はぁ……)」ススス


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:13:43.67 ID:RKL2POl00

ランカ「え~っと、始めはですねぇ……」キョロキョロ

シェリル「んん~?何処行くの?」

ランカ「えと……あっ!ここです!」

アルト「(!?!?)」


~映画館~

ランカ「夜は混むから、朝映画観た方がいいかと思って……」

シェリル「なるほど。デートと言ったら映画ね」

ランカ「あっ、すみません…。単純で……。」

シェリル「何言ってるの、単純と王道は違うわ。…で、何観るの?」

ランカ「えと、これです!凄い面白そうで……」スッ

シェリル「どれどれ……?」


[[ 超時空恋物語 ]] バァーン


シェリル「超時空恋物語ねぇ……。面白そうじゃない♪」

アルト「(うーわ、つまんなさそう)」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:22:25.00 ID:RKL2POl00

シェリル「じゃあ早速チケットを……って」


 ざわ ざわ ざわわ


シェリル「既に結構人が並んでるじゃない。座れるの?コレ」

ランカ「安心してください!ちゃんと良い席予約してありますから!」

シェリル「あら、クリスマスの時期の席を取っておくなんてやるじゃない」ナデナデ

ランカ「ふふん!それくらい私だって出来ますよ!///」デレデレ

アルト「(や、やべぇ……。俺の席は何処になるんだろうか……)」


~受付~

ランカ「予約してた者なんですけど…」

係員「番号は?」

ランカ「えっと、この番号です…」スッ [メモ]

係員「少々お待ちください……」カタカタ

シェリル「へぇ~。予約した席ってそうやって番号でわかるのね」

アルト「(やば…。周り皆カップルだ…。俺だけ浮いてる……)」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:30:44.81 ID:RKL2POl00

係員「え~っと、この席ですね」

ランカ「はいっ!お願いします!」

係員「はい、じゃあ大人2枚で2000円になります」 ※面倒だから\

ランカ「えっ?大人1800円だから、3600円じゃないんですか?」

係員「今日はクリスマスキャンペーンなので、カップルの方は一律2000円になります」

ランカ「おぉっ!デカルチャ~!!」ピョン

シェリル「ふふっ、ラッキーじゃない」

ランカ「はいっ!ちょっとだけどお得になりましたね!」

シェリル「(私たち、カップルなのね)」ヒソッ

ランカ「えっ?……あっ///」

シェリル「(いや~、今日服カッコ良く決め過ぎちゃったかしら、私)」


係員「次の方、どうぞ~」

アルト「大人1枚」

係員「大人1枚……えっ?」

アルト「1枚でいいです……」ズーン


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:39:27.46 ID:RKL2POl00

シェリル「じゃあ行きましょ!」グイッ

ランカ「あっ、ちょ、ちょっとぉ……」

シェリル「ん?どうかした?」

ランカ「い、いえっ!なんでもありません……」

ランカ「(今日誘ったの私なのに、全然リード出来てないなぁ…)」シュン

シェリル「あ、ポップコーン食べる?売店あるけど」

ランカ「あっ!食べます食べます!」

シェリル「わかったわ。今買ってくるから待ってて」スッ

ランカ「はぁ~い……」

ランカ「(ま、いっかぁ…。この方が……)」


アルト「(ちっくしょぉ!!何がカップルだ!)」

アルト「(何がクスマスキャンペーンだ!!)」

周りにいるカップル「いちゃいちゃ」

カップル「キャッキャウフフ」

アルト「(た、耐えろ……。2人を探すんだ…!!)」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:46:39.79 ID:RKL2POl00

シェリル「買ってきたわよ~♪」 [ポ ッ プ コ ー ン]

ランカ「おかえりなさ……って、でかっ!」

シェリル「ふふん、これもクリスマス限定なんだって」

シェリル「2人で食べましょ?」

ランカ「な、なるほど…。2人でひとつのを…」

ランカ「(クリスマス最高!!)」


~売店~

アルト「ポップコーンとお茶!」バン!!

係員「!? か、かしこまりました……。サイズの方は?」

アルト「さいずぅ?」

アルト「あー、じゃあこのクリスマスサイズで」

係員「……お客様、このサイズは2人用ですが宜しいでしょうか?」

アルト「あぁん?俺1人で喰えないように見えるか!?」

アルト「畜生!ミシェルもルカも死ねや!!」

係員「(誰…?)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 19:56:44.81 ID:RKL2POl00

アナウンス「まもなく上映いたします~」 ピンポンパンポーン


シェリル「あっ、大変!始まるわ」

ランカ「じゃあそろそろ行きましょ~。……きゃっ!」 ドン!

シェリル「危ない!」ガシッ グッ

ランカ「あっ……///」 ギュッ

カップル「……」ジーッ ランカ「す、すみません。前見てなくて…」


シェリル「まったく、ちゃんと前見て歩かないとダメでしょ?」

ランカ「すみません……。あと、ありがとうございます」ペコリ

シェリル「ん?何が?」

ランカ「そのぉ…///転びそうになった時、抱きかかえてくれて…」モジモジ

シェリル「何言ってんの。大したことじゃないわよ」シレッ

ランカ「でも、嬉しかったです…///」

シェリル「そ、そう…?そんな、そこまで言う程じゃ…///」テレッ


アルト「………」コソーリ ジーッ ポリポリ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:03:47.62 ID:RKL2POl00

シェリル「ほらっ、ランカちゃん」ギュッ

ランカ「あっ…///シェリルさん…///」

シェリル「ま、また人にぶつかるといけないから…。し、しっかりくっついてなさい!」ツン

ランカ「………///」ぴとっ

シェリル「わ、わかったの!?」

ランカ「はい……///」

シェリル「もぉ……///」




アルト「……」 ジーッ ポリポリ

アルト「……」 グイッ ゴクゴク

アルト「ぷはっ」

アルト「不味い……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:05:31.86 ID:or4PA1AW0

ポップコーンにお茶って……


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:11:29.86 ID:RKL2POl00

~上映場~

シェリル「え~っと、私たちの席は……」キョロキョロ

ランカ「あっ、ここですよ!シェリルさん!」

シェリル「あらぁ~。真ん中で見やすくて、良い席じゃない」

ランカ「えへへ~。頑張りました♪」

シェリル「よしよし、頑張ったわね~」ナデナデ

ランカ「(えへっ、もっと褒めて~///)」デレデレ



アルト「(えっと……俺の席はっと……。あそこか)」キョロキョロ


カップル「キャッキャ」  [アルトの席]  カップル「ウフフ」

アルト「(カップルに挟まれてる……)」

アルト「あっ、すみませ~ん。ちょっと通ります…すみませ~ん」

アルト「……」チャクセキッ

アルト「(うーわ……。きまずい……)」

アルト「(しかも最前列だから、シェリルの様子が見れない…)」ズーン


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:19:32.91 ID:RKL2POl00

~超時空恋物語 上映中~

女「男…!あなたへの私の想いはフォールド波を帯びてしまったわ!」

男「駄目だ……。俺とお前の間には分厚いフォールド断層が……」

女「そんな……」ウルウル


シェリル「……」

シェリル「(もし、私もこんな目に合ったら……)」

ランカ「……」ウルウル

ランカ「(可哀想……。この2人……)」ウルウル

アルト「……」

アルト「(面白れぇ!!!)」


男「けど……。必ず帰ってくるから」

女「えっ?」

男「女……ずっと、愛してる……!!」ひしっ


アルト「(はぁ?)」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:21:38.37 ID:7TEDRK0/0

アルトきゅんがどんどん非リア思考になっていく


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:22:41.26 ID:/1enbd110

いつもながら不憫だなアルト


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:27:00.10 ID:RKL2POl00

~終盤~

女「男……」

女「約束したよね?必ず帰ってくるって……。死んだなんて嘘だよね……?」


シェリル・ランカ「……」ドキドキ

アルト「(いや、男は死んだろ。あの大爆発の中生きていられるはずがない)」


女「……」

トントン(ドアをノックした音)

女「あら?受信料の件かしら? はぁ~い!」タッタッタ

  ガチャ

男「よぅ……女……」ヨロヨロ

女「お、男!!」


シェリル「(か、帰ってきたわ!!)」

ランカ「(愛の力だ……///)」ポロポロ

アルト「(はぁ?)」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:35:02.34 ID:RKL2POl00

女「お、男……?本当に男なの…?」ポロポロ

女「男ぉっ!!」ひしっ

男「……心配かけたな」

女「でも、どうやって…?」

男「あの大爆発で死んだかと思った時、お前の声が聞こえた気がしたんだ。『男に会いたい』って」

女「私の声が…?」

男「だから俺も思ったんだ。『女に会いたい』ってな」

男「そうしたら奇跡が起きた」

女「男ぉ……」ポロポロ

男「これからは、ずっと一緒だ…」ぎゅっ


ランカ「(良かった……。本当に……)」ポロポロ

   ぎゅっ

ランカ「あっ……///シェリルさん……」ぴとっ

シェリル「凄いわね……。愛の奇跡って……」

アルト「(ちょっと意味がわかりませんね)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:43:18.05 ID:RKL2POl00

~映画終わり~

 わいわい がやがや


ランカ「いや~、面白かったですね~!」

シェリル「ふふっ。ランカちゃんたら、横でボロボロ泣いちゃって~」クスッ

ランカ「だ、だって!だってぇ…」

シェリル「え~ん、奇跡が起きて感動したよぅ~。って感じかしら?」ニヤニヤ

ランカ「もう!からかわないでくださいよ!!」プンプン

シェリル「あははっ!」

ランカ「も、もう…。………。」

シェリル「ん?どうかした?」

ランカ「あの……。もしシェリルさんが映画みたいな目にあったら、私のところに帰ってきてくれますか?」

シェリル「えっ?」

ランカ「………」ジーッ

シェリル「……フッ。あったりまえでしょ?私を誰だと思ってんの?」

ランカ「!!」ピョン


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:51:53.24 ID:RKL2POl00

アルト「(あー。首痛いし、腰痛いし、映画は意味わからんし)」

アルト「(最悪なクリスマスだな……)」

アルト「(いや!気合を入れろ、俺!シェリルを護るんだろうが!)」

アルト「(そうそう、見護るためにここにいるんだからな)」コソーリ


シェリル「さてと……。次は何処に行くの?」

ランカ「え~っと、次はお昼なんですけどぉ……」

シェリル「えっ?もうそんな時間?」

ランカ「ポップコーン食べたから、あんまりお腹減ってませんね…。すみません……」

シェリル「う~ん……。いいわ、お昼行きましょ?」

ランカ「いいんですか?」

シェリル「えぇ。のんびりお話でもしながら食べればいいのよ。ね?」

ランカ「そ、そうですね!じゃあ行きましょう!」


アルト「(ん……?そろそろ昼飯か……?)」ススス


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 20:59:43.72 ID:RKL2POl00

ランカ「えへへ……///」ぴとっ

シェリル「ん?どうかしたの?」

ランカ「なんでもないですよ~♪」

シェリル「……?」

ランカ「(シェリルさん、2人でいる時はいつも優しいんですね……///)」トコトコ

シェリル「(ったく、子供みたいに懐いちゃって……。悪い気はしないけど)」トコトコ


アルト「……」ススス

アルト「(ちっくしょう……あいつら……)」ギリッ


ランカ「あっ、ここです!」


~レストラン~

シェリル「あら、随分小さいお店ね」

ランカ「小さくても、凄く美味しいんですよ!早く入りましょう!」

アルト「(うーわ、あの店ちっさ……)」コソーリ

アルト「(流石にあの店に俺が付いて行ったらバレるだろ……。どうするかな……)」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:07:34.22 ID:RKL2POl00

シェリル・ランカ「……」スッ

アルト「(くっそ~。昼は外で待機してるしかないか……?)」

アルト「……ん?」


ブレラ「……」ススス

アルト「おい!そこの怪しい男!」

ブレラ「何っ!?バレた……って、なんだお前か」

アルト「お前、何やってんだよ?」

ブレラ「………」

アルト「どう見てもストーキン……ハッ!?まさか!?」

ブレラ「………?」

アルト「お前、ランカをクリスマスに誘ってフラれたんだろ?」ニヤリ

ブレラ「………」

アルト「まったく、悲しい奴だな。ま、気にすんなよ」

ブレラ「……勘違いしているところ悪いが、俺は『仕事』でランカの護衛をしている最中だ」

アルト「え……?仕事……?護衛の……?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:15:59.61 ID:RKL2POl00

ブレラ「そうだ。だから邪魔するな」スッ

アルト「ちょ、ちょっと待て!」

ブレラ「……?」

アルト「お、俺もその仕事に加えてくれ!」

ブレラ「馬鹿を言うな。ほいそれとやらせる仕事じゃない」

ブレラ「邪魔だ、帰れ」

アルト「た、頼む……!シェリルの事が気になるんだ……!」

アルト「なんで……なんで俺じゃなくてランカを選んだんだ……」

ブレラ「……フラれたのか?」

アルト「あぁ!そうだよ……。クリスマスなのに、こんな目に……畜生…」

ブレラ「………」

ブレラ「ほら……」スッ

アルト「……?これは……?」

ブレラ「盗聴器だ。お前の姿は目立つからな。外でそれを付けてろ」

アルト「ブ、ブレラ……!」ジーン


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:21:41.74 ID:RKL2POl00

ブレラ「……」スッ

店員「いらっしゃいませー」

アルト「………」


~店内~

店員「お一人様ですか?」

ブレラ「あぁ」

店員「ではこちらの席にどうぞ。ご注文お決まりになったらお呼びください」

ブレラ「わかった」

ブレラ「……」チラッ


シェリル「雰囲気が良いお店ね~。こんな所にこんなお店があったなんて」

ランカ「私もたまたま見つけたんですよ~。本にも載ってなくてビックリ!」

ランカ「人もうるさくないし、和む感じが…」


ブレラ「(あそこか……)」ピン

盗聴器「…」ヒューン カチッ


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:29:55.86 ID:RKL2POl00

~外~

アルト「……」

   「…いいですよね~」

アルト「(おっ?聴こえてきた!)」


シェリル「本当。こうやって2人きりで話すには最高ね」ニコッ

ランカ「……///」ジーッ

シェリル「ん……?どうかした?」

ランカ「あっ!すみません!な、何話そうかなぁ…って///」キョドッ

シェリル「ふふっ。こうやって、対面するの恥ずかしい?」

ランカ「ま、まぁ…。こんな風に面と話したことないし……」

シェリル「写真撮影とかで良く顔が近くなるじゃない」

ランカ「あ、あれは仕事で……」

シェリル「……」スッ

ランカ「あっ!」

アルト「(…………)」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:38:08.85 ID:RKL2POl00

………………

アルト「うん?どうしたんだ…?いったい……?」

アルト「声が急にしなくなったけど……」


シェリル「………」ジッ

ランカ「(あ、あわわ……/////)」カァ

シェリル「ふふ、大体これくらいの近さよね?」

ランカ「ちょ、ちょっと近すぎじゃないですか……?////」キョドキョド

シェリル「えぇ~?この前2人でした写真撮影の時はこんな感じじゃなかった?」ニヤニヤ

シェリル「あっ!もっと近かったかな~?」

ランカ「だ、ダメぇっ!////」バッ

シェリル「あらっ」

ランカ「も、もうっ!キスされるかと思ったじゃないですかぁっ!」プンスカプンスカ

シェリル「冗談に決まってるじゃな~い。顔真っ赤にしちゃって」ニヤニヤ


アルト「………」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:46:16.80 ID:RKL2POl00

ランカ「もぉっ!シェリルさんなんか知らない!」プイッ

シェリル「うふふ。かわいい~」

ランカ「むぅ~」プクー


店員「お待たせしました~」

シェリル「あら、来たわね」

ランカ「ほぇ?うわぁっ!美味しそう!!」

店員「お熱いのでお気を付けください」 コトッ コトッ


ランカ「うわ~い!いっただきま~す!ぱくっ」

シェリル「ぱくっ。もぐもぐ……うん!美味しい!」

ランカ「もぐもぐ……でしょう?このお店はオススメです!」


アルト「………」

アルト「(腹減ったな……)」

アルト「(コンビニでパンでも買ってくるか……)」

アルト「(ハハハ……クリスマスの昼飯がコンビニのパンとか……ハハハ)」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:54:00.71 ID:RKL2POl00

~コンビニ~

店員「いらっしゃいませー」

アルト「……」トコトコ


シェリル「トマトの良い味が出てて!ぱくっ」

ランカ「私のカルボナーラも美味しいですよ!」


アルト「(スパゲッティか……。美味そうだな……)」

アルト「(俺は焼きそばパンにでもするか……)」スッ


シェリル「へぇ、確かに美味しそうね。 ねぇ、分けっこしない?」

ランカ「えっ?分けっこ!?」ズキューン

シェリル「待っててね……」クルクル

シェリル「はい、ランカちゃん。あ~ん…」スッ


アルト「『あ~ん』してんじゃねぇ!!」

コンビニの客「!?」ビクッ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 21:54:27.89 ID:cEoWwoASO

アルト…w


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:01:04.46 ID:RKL2POl00

ランカ「ぱくっ……もぐもぐ」

シェリル「どう?」

ランカ「お、美味しいです!」

ランカ「じゃあ、今度は私が…」クルクル


アルト「(く、くそ…。本当ならそこにいるのは俺のはずなのに……)」

コンビニ店員「お客様?」

アルト「あっ!?はい……」

店員「店内で大きな声はちょっと……」

アルト「すみません……」ショボーン


ランカ「はいっ、シェリルさん!あ~ん」

シェリル「あ~ん…ぱくっ! う~ん」

シェリル「これも美味しいわね~!凄い濃厚だけど」

ランカ「ですよね~。ぱくっ (シェリルさんの口付いたフォークペロペロ)」


アルト「(俺は、甘く見ていた……)」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:08:48.61 ID:RKL2POl00

コンビニ店員「焼きそばパンと、あんパンと、お茶で360円になります」

アルト「……」チャリン

店員「400円お預かりします」

アルト「(人生を、甘く見ていた……)」

店員「40円のお返しです。ありがとうございましたー」

アルト「……」トコトコ


ランカ「わ、私、もう一口トマトのスパゲッティ食べたいな…」チラッ

シェリル「うん? いいわよ、ちょっと待ってて…」クルクル

シェリル「はい、あ~ん」スッ

ランカ「あ~ん///」


アルト「(俺は幼少の時から結構モテてた)」

アルト「(ロリシェリルに花束貰えたりもした)」

アルト「(だから気づかなかった……!!)」

アルト「(人生…いや、敗北に……!!)」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:16:40.12 ID:RKL2POl00

~しばらくして~

レストラン店員「ありがとうございました~」


シェリル「ふぅ~。満足したわ」

ランカ「(私も……///)」

シェリル「この後は何処に行くの?」

ランカ「え~っと、お買いものしたり、ゲームセンターで遊んだりとか…」

シェリル「(買い物か……。お腹膨らました後にすることじゃないわね)」

シェリル「…よしっ!ゲームセンターに行きましょう!」ビシッ

ランカ「ほぇっ!?凄いやる気ですね…。何か得意なゲームがあるんですか?」

シェリル「う~ん、パンチングマシーンとか?」



レストラン店員「ありがとうございました~」

ブレラ「……」

アルト「よぉ。昼飯、美味かったか?」

ブレラ「アルト、お前焼きそばこぼしすぎだ」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:24:52.92 ID:RKL2POl00

アルト「そんなことより、今の俺がどう見える?」

ブレラ「(急に何言い出すんだコイツ……)」

ブレラ「まぁ…元気には見えないな」

アルト「人生負けてることに気付いたからな……」

ブレラ「………」

アルト「ブレラ、お前は勝ち組だよな。妹の護衛ができてよ…」

ブレラ「………」

アルト「俺には、もう護るべきものもない……」

ブレラ「………」

アルト「だが、ここで立ち止まってたら何もできない。飛べない!」

ブレラ「………」

アルト「まだ、シェリルがランカに取られたわけじゃないもんな。諦めるものか!」

ブレラ「………」

アルト「行くぞ、ブレラ!2人はゲーセンに向かった!!」ダッ

ブレラ「お、おう……」タッ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:32:28.53 ID:RKL2POl00

~ゲームセンター~

がやがや わいわい ぴゅーんぴゅーん

シェリル「やっぱゲーセンはクリスマスでも人がいるわね~」

ランカ「だって、クレーンゲームとか凄い盛り上がりますもん!」

シェリル「ふぅ~ん」

ランカ「わぁ、取れる取れる!あぁ~……みたいな!」

シェリル「なるほどねぇ……。ランカちゃんはクレーンゲームできるの?」

ランカ「えっ?ま、まぁ……」

シェリル「じゃあ、取って見せてよ」

ランカ「えぇっ!?」

シェリル「なぁ~に?私のために取って見せてくれないのぉ?」

ランカ「うぅ……よ、よぉ~し!!」グッ


ブレラ「……ゲーセンは結構人がいるな」

アルト「ファック、カップル!!ファック!!」

ブレラ「(アルト……。俺がレストランにいる間、外で何があった……?)」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:40:53.01 ID:RKL2POl00

ランカ「え~っと……」キョロキョロ

シェリル「ん?何してんの?」

ランカ「いや、取りたい物がなかなか無くて…アハハ」

ランカ「(本当は、取りやすい景品を探してるんだけど……ないなぁ……)」キョロキョロ

ランカ「(ど、どうしよ……)」キョロキョロ

シェリル「ん~……あっ!これはどうかしら?」

ランカ「えっ?」

シェリル「これよ、これ!ランカちゃんのぬいぐるみ!」  [ランカぬいぐるみ]

ランカ「(うーわ……取りづらそう……)」

ランカ「しぇ、シェリルさん?そんなもん取ってもいらないですよぉ……」

シェリル「そっかぁ……。せっかくベッドに置いて一緒に寝ようと思ったのに…」

ランカ「!?」ピクッ

シェリル「仕方ないわねぇ……」

ランカ「シェリルさん!取ってあげますよ!!」キリッ


ブレラ「(ランカ……。無茶はするな……)」コソーリ ジーッ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:49:27.46 ID:RKL2POl00

シェリル「本当?」

ランカ「任せてください、シェリルさん!」チャリン ピコン

シェリル「こんなこと言うのは恥ずかしいんだけど、あんまりゲーセンで遊んだこと無いのよねぇ」

シェリル「だから取ってるところ、見せてね?」ジッ

ランカ「……!!//// ま、まっかせなさい!!」


ブレラ「………」コソーリ ジーッ

ブレラ「(大丈夫か、ランカ……?)」

アルト「取れるな、取れるなよ……?」

ブレラ「おい」

アルト「ん?どうかしたか?」

ブレラ「お前…どうしたんだ、一体……」

アルト「俺は今、ランカの気持ちを理解したんだよ」

ブレラ「ランカの気持ちを……?」

アルト「あぁ。選ばれなかった者の気持ちだ!『取れるな!!』」

ブレラ「」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 22:56:58.38 ID:RKL2POl00

ランカ「……」ピロリロリーン ピロリロリーン グイーン

シェリル「……」ドキドキ

  スカッ [ランカのぬいぐるみ]

シェリル「あぁっ!」

ランカ「………」ガーン

シェリル「もぉっ!何よ、これ!全然掴んでないじゃない!」


アルト「よしっ!」コソーリ

ブレラ「……それがランカの気持ちなのか?」コソーリ

アルト「あぁ。恋のライバルがヘマをしたら全力で嬉しいんだ」

ブレラ「(クズ過ぎる……)」

アルト「よぉーし、次もスカれぇ~」

ブレラ「………」

ブレラ「…アルト」

アルト「……ん?」

ブレラ「ビデオゲームでもやりに行くか……?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:04:53.61 ID:RKL2POl00

~ビデオゲームコーナー~

アルト「なんだよ、急に……」

ブレラ「………」

ブレラ「(今の嫉妬心の塊のお前を見ていられないからな…)」


カップル「キャッキャウフフ」

アルト「くそっ、こんな所にまでいやがる……」

ブレラ「………」

アルト「おいっ!乱入するぞ!」

ブレラ「お、おいっ!」

アルト「2vs2のゲームだからな。ブレラは僚機として頼むぞ」チャリン

ブレラ「ちょっ…」

アルト「カップルのコンビネーションが如何ほどの物か見てやるぜ」ピッピッ

ブレラ「(殺る気満々だな……)」

ブレラ「(いや、ここで不満を発散させた方がいいだろう。殺らせるだけ殺らせるか)」

ブレラ「………」チャリーン


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:12:53.13 ID:RKL2POl00

~しばらくして~

アルト「……」カチカチ

ブレラ「……」カチカチ


  YOU WIN !!


アルト「よしっ!10連勝!」

ブレラ「………」


カップル「……」スッ

アルト「おっ?あいつら、もう連コしないみたいだぞ?」

ブレラ「そのようだな。まぁ、あれだけやられれば…」

アルト「おぉ……!!」ゾクゾクッ

ブレラ「どうした?」

アルト「いや、『勝つ』って気持ちがいいな!」

ブレラ「……。ランカとシェリルを見に行くか?」

アルト「そうだな!いや~、スッキリした」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:22:05.57 ID:RKL2POl00

ブレラ「(ランカ……どうしてるだろうか……)」トコトコ

アルト「……あれ?まだランカ人形取ってるのか……?」トコトコ


ランカ「………」ピロリロリーン

シェリル「………」ドキドキ

  ググッ [ランカぬいぐるみ]

  ポトッ ドサッ

ランカ「あっ!!」

シェリル「取れた!凄いじゃない!!」

ランカ「やっと取れたぁ……」ウルウル [ランカぬいぐるみ]

ランカ「はいっ!どうぞ、シェリルさん!」スッ

シェリル「いいの?こんなに頑張って取ったのに……」

ランカ「えへっ///だって、これはシェリルさんのために取ったんだもん」

ランカ「大事にしてくださいね♪」

シェリル「ありがと……///本当に大切にするわ!」ぎゅっ[ランカぬいぐるみ]

ブレラ「(良かった……。取れたんだな……)」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:31:15.94 ID:RKL2POl00

シェリル「うふっ、可愛い~♪」 ナデナデ [ランカぬいぐるみ]

ランカ「………」ジーッ

シェリル「ん?なぁに?」

ランカ「あの……『本物』も撫でていいんですよ?///」

シェリル「うふっ、そうだったわね。よしよし」ナデナデ

ランカ「えへへ……///」デレデレ

シェリル「本当、楽しい時間だったわ。ありがとね」ナデナデ

ランカ「も、もぉ~っ。褒めすぎですよぉ……///」デレデレ

シェリル「だって、ほら。もうこんな時間よ」[時計]

ランカ「うわっ!2時間くらいやってたんですね…」

シェリル「買い物、行く?」

ランカ「はいっ!行きましょ…」 シェリル「………」スッ

ランカ「……ん?なんですか?シェリルさん?」

シェリル「エスコート、勿論してくれるわよね?」

ランカ「あっ…!もちろんです……////」スッ


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:39:18.55 ID:RKL2POl00

ランカ「じゃ、じゃ、じゃあ……何買おうかなぁ…」キョドキョド

シェリル「なんだったら、散歩するだけでもいいわよ」

ランカ「さ、散歩ですか……。ど、どうしよ…」

シェリル「ほら、しっかりして…」スッ

シェリル「何処へでも付いていくから。ね?」ジッ

ランカ「!!!」ドッキーン

ランカ「じゃ、じゃあ公園でのんびりしますか!」

シェリル「オッケー!」

キャッキャ ウフフ


ブレラ「(良かった……)」

ブレラ「ほら、アルト。2人に付いていくぞ」

アルト「………」ゴゴゴ

ブレラ「アル……うっ!」

アルト「くそ……デレやがってぇ……!!」

ブレラ「お、落ち着け!」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:47:27.02 ID:RKL2POl00

アルト「おい!今の見たか!?」

ブレラ「お、おう…」

アルト「シェリルの奴、普段は『付いてこい派』なのに、デレると『付いていく派』になるんだよ!」

ブレラ「そ、そうか…」

アルト「何が『何処へでも付いていくから』だァァァ!!」

アルト「ホテルにでもかァァァァァ!!!」

ブレラ「ま、待て!!」

アルト「あぁ!?」

ブレラ「話を聞いてなかったのか?2人は公園に行ったんだ」

アルト「それが!?」

ブレラ「ホテルになんか行ってない!2人はそう…」

ブレラ「『友達』なんだ……!」

アルト「『友達』……?」

ブレラ「そうだ。クリスマスに恋人じゃなくて、友達と過ごしたい時もある!」

ブレラ「それだけだ…」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:54:39.84 ID:RKL2POl00

アルト「とも……だち……?」

ブレラ「そうだ。仲の良い女というものは、あれくらいイチャイチャしてるんだ」

アルト「………」

ブレラ「大したことじゃない、大したことじゃないんだ……」

アルト「そうか……」

ブレラ「わかったか?」

アルト「あぁ…。そうだよな…。女同士だもんな……」

ブレラ「………」

アルト「悪い、どうかしてたな。俺…」

ブレラ「いや、わかればいいんだ…」

ブレラ「2人の後を追うぞ」スッ

アルト「あっ!待ってくれ、公園に行くんだろ?」

ブレラ「……?それが?」

アルト「急に鳩に餌をやりたくなってな…。コンビニで食パンを買おう」

ブレラ「(もう好きにしてくれ……)」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23(金) 23:59:01.18 ID:qpRi5g440

ブレラが人格者過ぎる


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:01:22.84 ID:Vk5rqb6q0

~公園~

カップル「イチャイチャ」  カップル「ちゅっちゅ」


ランカ「うわぁ……。結構人いますね……」

シェリル「そうね。何にも無いけど、デートにはそれが良い所なのよね」

シェリル「自然に囲まれて、なんか落ち着くし…」フッ

ランカ「シェリルさん……///」

シェリル「あっ!ほら、あそこ」

ランカ「ベンチが空いてますね…。木の影だからちょっと暗いけど……」

シェリル「暗いくらいがちょうど良いわよ。さぁ、行きましょ!」



ブレラ「………」コソーリ ジーッ

ブレラ「(上手くいってるみたいだな……)」

アルト「それぇ~」バラバラ  鳩「ぽっぽー」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:04:55.36 ID:HqwNlng/O

アルト壊れたww


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:06:43.41 ID:Vk5rqb6q0

ブレラ「アルト……」

アルト「ん?」バラバラ  鳩「ぽっぽー」

ブレラ「楽しいか?」

アルト「あぁ。なんか……癒されるな」

ブレラ「そうか。俺は2人を護衛しに行くから」

アルト「ん?移動したのか?」

ブレラ「木陰のベンチにな。ここからじゃ不意打ちに対応しきれない」

アルト「そっか。じゃあ俺はここで餌やってるわ」

ブレラ「わかった……」


ブレラ「(これでアルトも落ち着いたし、問題ないだろう)」

ブレラ「………」ススス


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:15:21.49 ID:Vk5rqb6q0

~木陰のベンチ~

ランカ「おぉ~」

シェリル「遠目から見たら暗いだけだけど、実際は神秘的な雰囲気があるわね」

ランカ「そうですね…。なんか、凄くいい気分……」

シェリル「ランカちゃん……」スッ

ランカ「えっ?」


ブレラ「………」ススス

ブレラ「(さて、どうなって……!?)」


    チュッ


シェリル「んん……」

ランカ「ん……ぷはっ!……あ、あの……////」アタフタ

シェリル「ずっと……こうしたかったんじゃないの……?」

ランカ「あ……あぁ……///」

ブレラ「(なん……だと……?)」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:20:53.37 ID:xb5CGV4A0

アルトェ・・・


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:21:51.12 ID:tX1SD+H/O

今のアルトならメサイア呼べば来るな


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:24:46.20 ID:Vk5rqb6q0

ブレラ「(キス……だと……?)」

ブレラ「(落ち着くんだ……!女友達でキスはある!あるはずだ!!)」

   「おーい!」

ブレラ「!? この声は……!!」

アルト「餌なくなっちまったよ。ちぎらずそのままやったら一瞬でさ~。ハハハ」

ブレラ「ちょっ、来るな……!」

アルト「シェリルとランカはどうなtt………」


シェリル「んっ……ちゅっ……」

ランカ「はぁっ……ちゅっ……えあ……///」

シェリル「ふぁ……ねぇ、今日から、ランカちゃんは私の物よ……?いいでしょ?」

ランカ「は、はい………/// んん……」


アルト「え?」

ブレラ「アルト、女友達でもな、キスは……」

アルト「え?」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:27:40.42 ID:u6I2FnVU0

男友達でもキスはあるよな


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:28:02.23 ID:0kIcrZFM0

>>120
申し訳ないが


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:28:32.35 ID:W3gxIkLD0

やめてくださいアルトくんが壊れてしまいます


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:33:18.94 ID:Vk5rqb6q0

シェリル「んっ……」ススッ

ランカ「んん……んっ!!あっ、駄目っですよ……///こんなところで……///」

シェリル「…いいじゃない。どうせ遠目じゃわからないし……」

ランカ「あ、あの……。実は……///」モジモジ

シェリル「ん?」

ランカ「そういうこと……したことないんで……///」

シェリル「な~るほどぉ……」ニヤリ

シェリル「じゃあ、行くわよ」スクッ

ランカ「………///」コクリ



アルト「ちょ、シェリル待てtt……もごもご……」

ブレラ「待つのはお前だ!ここで出ていったら……!」ガシッ

アルト「でもッ!!でもよぉ……」ギリッ

ブレラ「わかる……!!辛いのは……わかる……」ウルウル

アルト「え…?ブレラ……?」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:41:54.92 ID:Vk5rqb6q0

ブレラ「……!?俺が……涙だと……?」

アルト「ブレラ……?まさかお前……」

ブレラ「……」ゴシゴシ

アルト「お前、本当は今日仕事じゃないんじゃ……」

ブレラ「………」

アルト「本当は、今日ランカを誘って、断られたんじゃ……!?」

ブレラ「今日は……護衛の仕事だ……」

アルト「もういい!!もういいんだ……!!」

ブレラ「くっ……くそぉ………!俺は……」ポロポロ

アルト「うぅ……」ポロポロ

アルト「誰か教えてくれ!クリスマスって一体なんなんだ!?」



アルト「俺たちは……」ポロポロ

ブレラ「まだだ……。まだやることがある……」ゴシゴシ

アルト「……!?」ポロポロ


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:48:03.73 ID:Vk5rqb6q0

アルト「やることって……?」ポロポロ

ブレラ「今日一日……。ランカを見守ると決めた……」

アルト「よせよ!?そんなことして、誰が得するんだ!?」

ブレラ「………」

アルト「お前が傷つくだけだろうが!!」

ブレラ「それでも……」

ブレラ「それでも俺は行く……!!」

アルト「ブレラ……」ポロポロ


ブレラ「……」ザッ

アルト「……待てよ」ゴシゴシ

ブレラ「お前はここにいろ。お前が傷つく姿はもう見たくない」

アルト「何勝手なこと言ってるんだ……それは俺も同じだ」

アルト「最後まで『護衛』してやるよ。シェリルを……!!」

ブレラ「……。……すまない」グッ

アルト「……」グッ


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 00:56:01.36 ID:Vk5rqb6q0

~ラブホテル~

ランカ「………////」

シェリル「どうしたの?ランカちゃん」

ランカ「だ、だって……。こんなところ入るの初めてで……」

シェリル「安心して。私が付いてるわ」

シェリル「今日が素敵な思い出になるようにしてあげる……」チュッ

ランカ「あぅ……///」ぴとっ



ブレラ「………」ビシュッ

盗聴器「」ヒューン ピトッ


アルト「やったか?」

ブレラ「あぁ。今度はシェリルのイヤリングに付けた」

ブレラ「寝るまで着けたままだろう……」

アルト「あぁ、『寝るまで』な……」

ブレラ「覚悟はいいな?俺は出来てる」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:03:07.12 ID:70Yd3cdpO

なんだろうこのダメ男どもが好きだ


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:04:21.10 ID:Vk5rqb6q0

~しばらくして~

アルト「………」

ブレラ「………」


シェリル「あぁ~、シャワー気持ち良かった~」ホカホカ

ランカ「しぇ、シェリルさん……///」ドキドキ ハァハァ

シェリル「なぁ~に?そんなに心待ちにしてたの?私がシャワー浴びてる間……」ポフッ [ベッド]

ランカ「あ……あ……!シェリルさぁん!!」ガバァ

シェリル「あっ!ちょ……っ!もうっ!」

ランカ「ハァ……ハァ……」ヌガシヌガシ


アルト「始まったみたいだな……」

ブレラ「あぁ……」

アルト「修行を始める僧侶ってこんな気分なんだろうな……」

ブレラ「……骨は拾ってやる」

アルト「……頼むぜ」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:12:48.28 ID:Vk5rqb6q0

ランカ「ハァハァ……あっ……!」ヌガシッ

シェリル「………////」

ランカ「お…おっぱい……!」

シェリル「も、もう…!あんまり見ないで……?///」

ランカ「(シェリルさんのおっぱい、こんな形と色してるんだぁ……////)」

ランカ「ハァ……ちゅ……ちゅぱっ」モミモミ

シェリル「んっ……///」



アルト「ぐっ……!!ヤバいっ!!」

ブレラ「アルト!?」

アルト「シェリルのおっぱいは知ってるから……脳内に画像がッ!!」

ブレラ「……ッ!」

アルト「あ……うわああああああ!!!」

ブレラ「アルトぉぉぉ!!」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:22:03.75 ID:Vk5rqb6q0

ランカ「れろ……ちゅううう……」モミモミ

シェリル「あっ……んはぁ……」ピクッ クネクネ

ランカ「(シェリルさん……。おっぱい遊ばれて、こんな声出すんだぁ…///)」モミモミ

シェリル「……やっ……ぅん……///」

ランカ「(可愛い一面見ちゃったなぁ……)」ジーッ

シェリル「………!」キッ

ランカ「……!? えっ?……あっ!」

   ガバッ ドサッ

ランカ「あ……///あの……///」ドキドキ

シェリル「ランカちゃんに押し倒されるのって、なんか癪なのよね……」ヌガシヌガシ

ランカ「あっ、ちょっと……///」モジッ

シェリル「今更恥ずかしがることじゃないでしょ?あら…、スポーツブラなんか付けちゃって///」

ランカ「(し、しまったぁ~っ////)」カァァ


ブレラ「ぐ……ぁっ!」

アルト「(くっ!!いつまで続くんだ!? この拷問は!?)」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:32:10.97 ID:Vk5rqb6q0

ランカ「み、見ないでぇ~……///」ウルウル

シェリル「そうねぇ……。このスポーツブラ、外すの勿体ないわ」

シェリル「ずらすだけにしちゃお」ペロン

ランカ「やぁっ!取ってくださいよぉ……恥ずかしい……///」ウルウル

シェリル「なぁに?私のやり方が不満なの?そういうこと言う子には……」クリッ

ランカ「ひゃあっ!?」ビクッ

シェリル「お仕置きしなきゃねぇ……♪」クリクリ

ランカ「んぁっ……。乳首……そんないじらないでぇ……////」ピクッ

シェリル「えぇ~?こんな可愛い乳首苛めないわけないでしょ…っ!」キュッ

ランカ「ひぅっ!!」ビクッ


ブレラ「うっ……」ドサッ

アルト「ブレラぁぁっぁ!!!」ガシッ

ブレラ「すまない……。俺は……ランカの風呂を覗き見したことがあって……」

アルト「間違ってない!お前がしたことは間違ってない!!」

ブレラ「どうやら俺は……、ここで『リタイア』だ……」ガクッ


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:34:34.95 ID:964Q5eP50

>アルト「間違ってない!お前がしたことは間違ってない!!」

クソワロタwwwww


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:39:28.82 ID:Vk5rqb6q0

アルト「馬鹿野郎!!お前1人、リタイアさせるかよ!」

アルト「うおおおおおおおおお!!!」

ブレラ「(アル……ト……)」

アルト「ああああああああああっっ!!!!」

アルト「(いくぞ!! シェリルうううう!!!)」




アルト「………というわけだが」

ブレラ「あぁ」

アルト「終わったな。クリスマスも……」

ブレラ「あぁ」

アルト「寂しいクリスマスだったけど、なんかどうでもいいな」

ブレラ「あぁ」

アルト「あっ、そういや明日(25日)もクリスマスか……。どうするかな……」

ブレラ「……行くぞ」スクッ

アルト「えっ?何処に?」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:49:01.67 ID:Vk5rqb6q0

ブレラ「ゲームショップだ」

アルト「ゲーム?今時何を買うって言うんだよ」

ブレラ「モンハンP12G」


モンスターハンターポータブル12G  2059年12月発売!!


アルト「あぁ、そういやモンハンとかあったなぁ……。でも俺P12触ったことないぞ?」

ブレラ「今日の夜から始めるぞ。アルト」

アルト「えっ?」

ブレラ「クリスマスが終わるまでにG級行くぞ。わかったな?」

アルト「……ったく、わかったよ。独りで過ごすよりはマシだからな」スクッ

ブレラ「フッ………」

アルト「(シェリル……。良いクリスマスを過ごせよ……!)」


    俺たちのクリスマスはこれからだ!!



     ~終わり~


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 01:50:13.96 ID:964Q5eP50

うおおおおおおおおおおおお


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 02:01:04.03 ID:N6L5+nWx0



関連記事
スポンサーサイト